広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 我が声は妙法

我が声は妙法

 

 「声仏事を為す之を名けて経と為す」(御義口伝708P)・・・

 私達は人との対話にしても、また独り言にしても、声に出してやっています。(病で声を出せない方もおられます。)ネットでは声ではなくそれが文字であったりしますが、いずれにしてもみんなとめどなく心の思いを吐き出しながら生きているものです。

 「言(ことば)と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(三世諸仏総勘文教相廃立563P)という御文からしますと、我々は心の思いを言葉に乗せて話している・・・同じ言葉でもその人の心によって、響き方が違うということはよく体験するところです。中には心より先に、言葉や手が出ているという、すごい人も見受けますが・・・(笑)

 その心の思いというのはまるで息を吐くように世界に、宇宙へと拡散していきます。我らの声は小声であっても実は宇宙の果てまでくまなく届くと仰せです。

 また今日一日、私達の念々に起こる心も、すべて宇宙に届いています。口に出さなければバレないだろうと思っても、人を妬んでも、悪しき考えをしても、すべてお見通しです。私など立派でないものでそれは大変です。(笑)





 IMG_1141a_R.jpg





 修羅界で怒鳴り散らしますと、その心、声が宇宙に拡散していきます。お題目で仏様を讃嘆しますとその心、声も宇宙に拡散していきます。もちろん謗法や邪宗の読経の声も空へ宇宙へ、唱える人の生命にと広がっていくことでしょう。

 そう考えますと、心や声と言うものが自分の幸不幸に大きく関わっていることがわかります。それらはやはり山びこのように自分に返ってきます・・・・そして因果具時の因となって自分の命に刻まれます。謗法や怨嫉、愚痴の心などは怖いものだと思います。またそういうのに限ってよく出ますね。(笑)
 
  「南無妙法蓮華経」は仏様の称号であり、この世でもっとも清浄で智慧と生命力と歓喜に溢れた美しい言葉です。

 この声を聞きますと宇宙にいる諸天善神も春風を受けるように気持ちよく、「うれしいな、ありがたいねえ」と法味を舐めて喜んで動いてくれます。時には美しい音楽を奏でながら、宝物を載せてやってきたりします。そんな時にはこちらも感応して、鼻歌や口笛が出たりするものです。

 一方、「南無阿弥陀仏」などと唱えますと、諸天も精気を無くし、「念仏は臭い!」と宇宙の奥にすっこんでしまいます。黒い雲に太陽は隠れ、時に大雨を降らせ突風が吹きます。あまり聞かせすぎますと「奪命者」や「悪鬼」となって出てきて、その人の生命を食ってしまいます。

 昨日は自治会で葬儀があり、真言宗での葬儀でしたが、まったく陰鬱なものです。黒い袈裟の坊主がさも厳かに読経して、ありがたげに高野山からの弔電を披露し、生前の故人の信仰を称え・・・と、ありがたくないものをありがたく見せようと、それはそれはもっともらしくやるものです。へたな芝居を観たような気分ですが、出演料だけはがっぽりと取って帰ります。(笑)

 そんな中、私一人、故人に真心こめて「南無妙法蓮華経」を送って帰りました。

 宇宙も「南無妙法蓮華経」、我が生命も「南無妙法蓮華経」です。我ら学会員は高らかに「南無妙法蓮華経」を唱え、その心と声を大宇宙に響かせていきたいですね。

 苦しい声では我が生命の仏界を呼び覚ますことはできません。粘り口だったり、怒鳴るようであったり、口ごもるようなお題目ではいけないと私も注意しています。白馬が春の野をパッパッと駆けぬけていくような、軽やかなリズムのいいお題目で、自分自身が若々しく、感謝と歓喜のお題目をあげていきたいと思っています。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

強くなるために試される
編集
おはようございます。

職場では、自分の生命を試されますね。
相手から不満や愚痴を言われることがあるし、私も「そうだよね~」と言ってしまうこともあります。
人間革命の修行の場ですね。

あの人がどうしたとか、この人がああ言ったとか言わないようにしています。同じことで生命がぐるぐるまわって、壁を破ることが出来ないからです。
人の好き嫌いは、自分で決めることなので仏眼でみることが出来なくなります。
そうだなと思ったことは、今にいきています。
壁を破れたことは本当です。

熊本の地震は大変になっています。
余震も続いていますし。
これからお題目を送ります。

2016年04月16日(Sat) 09:12
Re: 強くなるために試される
編集
プリッツ様

熊本は大変な様子ですね。
私も大きな被害はありませんでしたが、兵庫で阪神淡路大震災に遭遇しました。
タンクに水を積んで、神戸市内の公園へと支援に何度も走りました。

今、外へ出ますと強い風が吹いていて、半月の横を黒い雲がすごいスピードで流れています。
諸天が怒りを為す、鬼神が乱れる・・・そんな文言が浮かんできました。

科学や文明が発達したとはいえ、宇宙で起きる出来事は人智を越えています。
鎌倉時代と何ら変わりないものです。
「立正安国論」が現在に生きていることを災害に遭遇するたびに感じますね。


信心が深くなると、人の悪口はでなくなりますね。
それは相手の仏性を傷つけることがわかるからです。
そして好き嫌いを越えた「人間主義の眼」が開いてくるように思います。

陰口はいけない、言いたいことは本人に直接言うように気を付けたいものです。
やはり境涯革命をするしかありません。
自分が変わる・・・そのための信心ですね。

共々に変革していきましょう。
2016年04月16日(Sat) 20:44
こんにちは。
編集
阪神淡路大震災当時、大変なことでしたね。
王者の剣さんも、支援へと行かれたんですね。
今日の新聞「名字の言」を読みながら、負けたらあかんとの思いを乗せてとありました。
王者の剣さんも、そのような思いだったのでしょう。

学会の九州災害対策本部の手配で、直ちに福岡から熊本の各会館へ救援物資が届けられたのですね。
そして、長田区や兵庫区からの励ましの連絡があり、どんなに心強いことだったことでしょう。
被災地への応援は「物」だけではないとありました。
私の友人のご家族は熊本にいらっしゃいます。
なかなか連絡が取れなくて、伝言板で確認が取れたと安心されていました。
離れて住んでいて心配されているご家族もいます。
励ましの声を掛けていくことなんですね。
私も被災者の無事安穏を祈っていきます。

王者の剣さん、ありがとうございます。
2016年04月17日(Sun) 15:43
Re: こんにちは。
編集
プリッツ様

神戸の時は私も若く、組織にも余り出ておりませんでした。
それでも仕事の関係で神戸市に出入りしていたもので、区役所の方と話をして
水が一番ありがたいということで、届けに走りました。
農業をしていましたので、コメを供出したりもいたしました。

市内の近くでは異臭と粉塵、この世のものと思われない廃墟寸前の神戸がありました。
正直、怖くて近寄れなかったものです。

震災との戦いは長期にわたりますね。
ましてご家族を失った方の心の傷は一生続きます。

阪神淡路、東北、そして熊本と・・・こうなるとどこで大きな地震が起きても不思議でありません。
縁する人に少しでも寄り添い、自分が力になれることを果していくしかありませんが、
日頃から真剣に国土の安穏をご祈念していくことの大切さも感じています。


2016年04月17日(Sun) 22:08
No title
編集
おはようございます
私にとって とてもありがたい記事でした
十悪業に気をつけねばと 思っています

コメ欄でのお話 九州の事もありますし 地震について ご自身の体験をもっと詳しく教えていただけたら有難いです
2016年04月19日(Tue) 06:31
Re: No title
編集

ちよさんへ

私の住まいは兵庫でも北寄りの地域ですので、阪神間からはかなり離れています。
ですのでお話できる体験はそれほどありません。

それでもその瞬間は震度4~5の強い揺れに立っていられないほどでした。

これは近くが震源地だと思い、しばらくしてテレビを付けましたら、神戸市内のすさまじい状況が
映し出されているではありませんか。あまりのすごさに「これは現実か?」と思ったほどです。

ちょうどそのころ、神戸市の垂水区という場所に仕事の現場を持っており、翌日に向かいました。
神戸市の西のはずれですので、被害もそれほどでなく道路も通行できました。

少し様子を見に、2号線を東の中心部方向に向かい車を走らせましたが、須磨区あたりに近づくにつれ状況は一変してきました。
まるで空襲でも受けたような惨状が広がり、きな臭い匂いと煙や粉塵が立ち込め、救急車や消防車のサイレンがけたたましく
鳴り響いています。ちょっと怖くなり、これ以上近づいてはやばいと思い、引き返しました。

当時、公共関連の仕事をしていましたので、行政の人と連絡を取り、「何かできることはありますか?」とお聞きしたら「とにかく飲料水をお願いしたい」ということでした。、農業用のでかい給水タンクに水道水を満タンに詰めて、軽トラで指示された避難所まで2~3時間かけて走りました。

一日一回が限度でしたが、一週間ほど通ったと思います。行きますと学校などの校庭で列を作って並んでおられます。皆さん「ありがとう、助かります」と仰って、ペットボトルなどに入れられました。最後の人まで行き届かない時はつらかったですね。

道路なども分断され、危険なところが多く、とても市内の中心部には入っていけません。私の住まいの自治体や自治会でも婦人を中心におにぎりを作り、衣類、紙おむつなどを集めては、急を要する病院や避難所に届けました。冬場でしたので衣類もよく出しました。(新品限定ということで。)

支援やボランテアといっても、自治体などと連絡を取り、指示を聞いてすることが大事です。私達も事前に自治体の情報をもとに不足しているものは何か、何をすれば助けになるか、聞いてから動くようにしました。善意が混乱を招いてはもともこもありません。

パン食が普及した時代ですが、やはり非常時にはコメが喜ばれるようです。力が出るのでしょうか?それとも腹持ちがいいのか?我が家のお米も余っているものは出しました。東北の震災にもやはり米がいいと聞いて自治体に届けました。

熊本の震災で知ったのですが、透析患者の方などは本当に大変ですね。透析には水と電気がたくさんいるそうです。4時間の透析を2時間に減らし、水を分け合っておられるそうです。水を病院に届けたのもそういうことがあったのかもしれません。


本部長に話を聞きましたら、当時、男子部でボランテアが招集され、兵庫池田文化会館などで物資の配布などに従事したそうです。よく被害の中心部まで行けたものだと思いますが、やはり移動にはバイクが活躍したようですね。

その頃、ぷー太郎でボランテアに従事した男子部の人が、みんなりっぱに現在、学会の壮年柱になっておられるそうです。失業も大いに役に立ったと懐かしく言っておられました。


東北も復興半ばだというのに、今度は九州です。いかなることが原因でこうした災害が続くのか・・・私も「立正安国論」を今一度しっかり拝読したいと思います。現実的な支援と合わせて、私達がその場でできることは、九州の人達にお題目を送ることだと思います。それは目に見えませんが、熊本の人の心、空に、諸天へと必ず届きます。「余震がありませんように」「雨が降りませんように」「食べ物がいきわたりますように」と・・・一連の震災を通して、私も平時より「四表の静謐」を祈っていくことの大切さを痛感しています。


2016年04月19日(Tue) 11:39
Re: ありがとうございます(涙)
編集
非公開nk様

コメントをありがとうございます。
こちらこそ感謝申し上げます。
2016年04月19日(Tue) 14:42
No title
編集
詳しいお話し ありがとうございます
遠いいので ネットを使った励ましぐらいしか 今は出来ませんが 今後のために 非常に役立つお話です
バイク隊は 記憶にあります
焼け野原のような光景
想像を超えますね

お題目の応援 よろしくお願いします
2016年04月21日(Thu) 17:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31