広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 百千万年くらき所

百千万年くらき所



 今年も我が家の田植えが終わり、植えたばかりの緑の苗が水を湛えた圃場で気持ちよさそうに風に揺らいでいます。「水よし、風よし、光よし・・・」本当に心が休まる平和で美しい日本の風景です。

 それで「すべてよし」なのですが、私は生まれて初めて腰痛が出てしまい(笑)、農作業にも仕事にもつらい日々を送っておりました。不思議な事に、私の92の母にも、また奥さんは地域のバレーボール大会で、時を同じくして腰痛が出たのです。3人で湿布を腰に貼りあって(笑)痛みを慰め合いました。こうなると一家の宿業です。(笑)

 私は一か月ほど痛みがあったのですが、「どうか広宣流布のために丈夫な腰をください」と祈っておりましたら、これが見事に治ってきました。嘘のようですが本当に痛みが出なくなり、腰ももとに戻ってきました。本当にありがたいことです。


 「南無妙法蓮華経」と唱えて生きる・・・悩みはあっても、その喜びの方が勝っていれば、人生は必ず勝利です。

 信心しているのに愚痴や怒りばかり・・・それではまるで渋柿のようです。渋い幸福なんてどうもいただけません。実は私もついこの間までそんな感じでした。自分で自分がおいしくないのですから、まして人はなおさらそう思うでしょう。諸天だってソッポを向いて寄りついてくれないのです。(笑)





砂丘1a_R
                                  <鳥取砂丘>



 「御本尊様、私は御本尊様だけ抱きしめて生きていきます。他には何もいりません。御本尊様だけあれば十分です。」今はそう思って毎日を生きています。いつからかそう思える自分に変わってきました。「不求自得」(ふぐじとく)です。お金なんか追いかけたら信心がおかしくなります。御本尊様だけ求めていくのがほんとうです。「南無妙法蓮華経」があれば大丈夫・・・それが私の確信です。

 私は金銭的には裕福ではありませんが、心の財は誰にも負けない、世界一幸せ者です。私ほどの幸福者はいない・・・そう思い生きていけるようになりました。

 妙法尼御前御返事には 「悪人も女人も畜生も地獄の衆生も十界ともに即身成仏と説かれて候は、水の底なる石に火のあるが如く百千万年くらき所にも燈を入れぬればあかくなる、世間のあだなるものすら尚加様に不思議あり、何に況や仏法の妙なる御法の御力をや」(1403P)とあります。

 私のようなひどい人間にも妙法の灯火(ともしび)が一つ入れば「闇転じて光」へと変わり、自分の素晴らしさが見えてくる。自分には財(たから)などないと思っていたのがそうではない、灯りがついて見れば、いっぱい財が見えてくる。誰であれ暗くて見えないだけなのです。それほど妙法の光は自分を照らしてくれる。そして「暗を明」に、「悪を善」に、「魔を仏」に変じていくのですから、どれほどありがたいか。「御法の御力」は絶大であり、「人間革命」ができるのもまさに道理ですね。

 私など入信した時はさしずめ、第六天の魔王が中央に座を張り、妙法が奥深く冥伏(みょうふく)していたのでしょう。何をやってもうまくいかない、自分がひどい人間だということ以外信じられない、と来る日も来る日もそんな心ばかり出ていました。それが生きることが楽しく、生き生きとして歓喜を覚えるようになった・・・これが「変毒為薬」であり「人間革命」の現証だと思います。

 百千万年暗き私の生命にも仏法の光が煌々と輝きはじめました。「譬へば人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし」(食物三徳御書1598P)・・・この御文のように今度は人様と世の中を明るく照らしていきたいですね。

 「ほら、光をあてれば君もこんなに輝いている、素晴らしい魅力にあふれているんだ。妙法で一緒にそれを顕していこう!」そう呼びかけながら、未来に向かい歓喜の対話に励んで行きたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

今年のスローガンは超変革
編集
王者の剣さん こんばんは。

いよいよ、超変革うちわや超変革タオルを使う時期になってきました。
まあ、これを使っても「暗を明」に「悪を善」にできるわけじゃありませんが。

ところで一等たかえさんも、なかなかの虎キチらしいですね。
嬉しいですね。応援してますよ。
2016年05月25日(Wed) 20:25
Re: 今年のスローガンは超変革
編集
虎キチさん

お久しぶりです。お元気ですか?

伊藤たかえさんが虎キチとは知りませんでしたが、尼崎出身で宝塚在住ですので
さもありなんですね。六甲山も良く歩かれたそうですよ。

弁護士経験も豊富で、粘り腰のある政治家になりそうな方だと思います。
じわじわと寄っていくのが強そうな、芯の強い感じですね。

また近々、講演会でお目にかかることにしています。
握手をして、手の感触で人柄を感じてみたいと思います。(笑)

知名度がないので、名前を覚えてもらうのが大変です。
「伊藤に行くならハトヤ、はっきり決めた、伊藤に決めた」(笑)
婦人部が歌うハトヤホテルの替え歌には笑ってしまいました。

トラキチでなくても応援はしますが、阪神ファンでよかったですね。
6月が勝負です。ともに戦いましょう!










2016年05月25日(Wed) 22:36
びっくり!?
編集
こんにちは (^▽^)/  

写真は、鳥取砂丘とすぐ分かりました。なぜって、私の故郷です。
王者さん、行かれたのですか?とても良い所でしょ。
なんと美しい写真なの ٩(ˊᗜˋ*)وイエーイ
これまで沢山砂丘の写真を見てきましたが、一番!!美しい砂丘の写真です。
青い空、砂、スリバチといい・・・・毎日見とれています (*˘︶˘*).:*♡

私は、すご~く!!ビックリしています。これ以上ビックリさせないで。
---------- w(°o°)w オオッ !! ----------
創価大学・通信教育を2013年3月に卒業しました。
卒業してすぐ、2013年4月に「王者の剣」のブログを見つけ、心に沁み入り、楽しく勉強させていただいています。
ブログの写真を見て、なぜか見たことのあるような景色なのです。
もしかしたら、篠山を通り越して丹波地方の風景でないかしら!?と思っていたらやはりそうでした。
折伏された友人が福山在住とのことですが、広島県福山市であれば夫の故郷です。
よく、ブログになつかしい東京の思い出を書かれていますね。
私は二人子どもがいます。
娘は東京の皇居が見える所で働いています。
息子は丹波地方で働いています。
息子は、もしかしたら!?王者さんとスレ違ったことがあるかもしれませんね(笑)
私は保育士でした。奥さんも保育士で働かれているのでは!?と思うときもあります(ブログに書いてないことはお返事しないでくださいね。個人情報を理解しています)

毎日、毎日、子どもを思って東京と丹波に心が向かいます。丹波にはよく行きます。
なんだか似ているところが多くあるような・・・・不思議な気がするのです。
でも、信仰面では全く似ていないのです(笑)スミマセン
王者さんを尊敬しています。「丹波平和講堂」「丹波文化会館」で体験発表されるときがあれば、聞きに行きたく思っています。

私は息子にコメントを出していることを秘密にしていますから、くれぐれもよろしくお願いします。

今回も勉強させていただきました。
ありがとうございました (o^∇^o)ノ
2016年05月28日(Sat) 10:58
Re: びっくり!?
編集

neko様

こんにちは。

鳥取砂丘は私も大好きな場所なのです。
とはいえ、そう多く行ったわけではありません。3回ほどでしょうか?

30代の頃、車で寝泊まりしながら山陰地方を旅をしたことがあり、明け方、鳥取砂丘についたのが
はじめてでした。

とても幻想的な光景だったように思います。空には白い月が残っていました。
そのフィルムが行方不明(笑)・・・出てくればまたアップしたいと思います。

とにかく不思議な場所ですね。また家族で夏にでも行きたいと思います。

丹波は関西墓園もありますしよく行きますよ。
丹波講堂では同中もやっていますので。

兵庫県の山間部はみな丹波のような風景ですね。
丹波で撮った写真も何枚かはブログで出したかもしれません。
仕事で数年通っていたこともあります。

ネットでの御縁でも過去にその因があるのでしょう。
息子さんだけでなく、nekoさんとだってどこかで御縁があったと見るのが正しいと思います。(笑)

「やあ、今世もまた出会ったね。」なんてわかったなら面白いですね。

こちらこそドキッとする話をありがとうございました。







2016年05月28日(Sat) 13:00
えっ!!
編集
えっ!! !Σ(×_×;)!!

空に白い月が残っていた写真は、どれだけ貴重な写真か王者さんは分かっていないみたいね。
鳥取県人でも写真家を別にして、そのような写真を撮れる人は少ないのです。
時間・天候などの問題があるのです。

テーマ、「月の砂漠」の写真じゃないですか。
一度、探してみてくださいね。

( ^0^)θ~♪♪ つきの~さばくわ~ ♫ 🎶

2016年05月30日(Mon) 11:09
Re: えっ!!
編集
Re: えっ!!

neko様

白い月が三日月だったように思うのですが、薄暗い夜明けでしたのでどんな感じだったか・・・
記憶も定かではありません。砂丘もシルエットのように映っていたと思います。暇を見て探してみますね。

もう一枚、別のフィルムがあって、砂丘、青空、男女、白い月が映っています。
昼間ですので白月は珍しくはありませんが・・・
それはパソコンにスキャンしていました。20年以上前ですので、よく見ると退色やカビが出ています。

その写真に写った男女は偶然、しかも他人同士で、私の前に現われたのです。
まるで何かに導かれて、カメラに入ってきたように思いました。

見たいということであれば次回の記事に載せましょうか?(笑)

旅はいいですね。山口、出雲、鳥取と気の向くまま車で一人旅…そんなことができたのも若き日の思い出です。
いろんな意味で鳥取砂丘は私にとって、思い出に残る特別な場所です。

古い記事ですが、2014.9「ILOVEYOUの電波に乗せて・・・」2015.2「「題目」で「開目」してますか?」も
写真は鳥取砂丘とどこかの海岸です。その日の砂丘は風が強くて、
カメラに砂塵が舞い込むのを気にしながら女性たちを撮ったことを覚えています。(手持ちで望遠でブレブレですが・・・)

また2014.4「山谷曠野」の桜は丹波・関西墓園、その前の記事のモモとレンギョウも墓園の近くですよ。(笑)
2016年05月30日(Mon) 14:00
写真
編集
【2014.9「ILOVEYOUの電波に乗せて・・」2015.2「「題目」で「開目」】
上記は山陰の海岸だとは思いませんでした。
【2013.8「其の国の仏法」】を見て、山陰のどこかの白兎海岸ではないかと思いました。

【「2014.4「山谷曠野」の桜は丹波・関西墓園」】
上記は一発で分かりました (^_^)v
私の愛する場所です。
この写真を見て、王者さんが丹波市でなくても丹波地方の方だと思ってしまったのです(笑)

鳥取砂丘の写真は、「月の砂漠」ではないみたいね(ザンネン)
私って、勘違いばかりね(笑)

私はコメントを出したのは最近ですが、王者さんの写真の全てをUSBに取り込んでいます。
悪い事には絶対使用しません。
できれば、先々で「王者の剣」のブログを本にしていただけたら、なんて思っています。
一番!!に買います v(*'-^*)-☆ ok!!
厚かまし過ぎる~ (`(エ)´)ノ_彡☆ブーブー!!  (何か声が聞こえてきたよ)
お叱り受けそうだから、逃げま~す スタタタ・・(≧∇≦)ノ~~バイバーイ♪






2016年05月30日(Mon) 20:21
Re: 写真
編集
nekoさんへ

何度もありがとうございます。

写真は昔取ったものも時々交えています。
古いものは撮ったきりで使い道もないと思い、せめてブログで日の目を見せてやりたいと思って出しています。
稚拙な写真ばかりですが、まあ少しお色気があってもいいかと・・・

フィルムはパソコンに取り込む作業が面倒ですので、なかなか保存が進みません。
信心サボっていたころは、写真も撮りに出かけましたが、今は時間がありません。

こんな記事を本にしたら仏様からお叱りを受けます。
あくまでブログで気ままに書いていつの間にか消えていくのがいいです。(笑)

ちなみに「其の国の仏法」の海の写真は福井県の東尋坊です。
いつか、どこか行かれた時に、「あ、この風景どこかで見たことがある。そうだ王者さんのだ」なんてこともあるかもしれませんね。(笑)




2016年05月31日(Tue) 11:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30