広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 私のハッピーロード

私のハッピーロード

 


 私事ですが、今月17日で「無冠の友」が10年を越え、11年目に突入いたしました。三日坊主が常なる私にしては、粘り強くやってこれました。(笑)

 毎朝、5時過ぎに起床。5時半から一時間ほど、2,30軒、10キロ余りの道のりを車で配達しています。一年約355日、年間4000キロ、10年で40000キロとなり、ほぼ地球一周を聖教新聞を携えて走ったことになります。

 10年ほど前、他地区の方が配っておられたのですが、仕事上、配達が遅く、会員の人の不便もあり、自分が配達を志願いたしました。当時は組織にあまり熱心ではなかったのですが、少し思うところがあり、学会活動に賭ける決意をしたのです。


 車での配達は、なんといっても交通事故が心配です。早朝は車の量は少ないのですが、その分、スピードを出す人も多く、配達を始めてすぐに接触事故をやりました。見通しが悪く非はこちらにあったのですが、実は軽トラックを買ったばかりで保険に入るのをすっかり忘れていました。(アチャ)そのため自費で修理費、25万円を請求されたのもほろ苦い思い出です。

 2年目からワゴンRに乗り換え、昨年まで私の善き伴侶として、凹みと錆の浮いたボデーで走行30万キロを走ってその役目を終えました。仕事に、活動に、配達にとまさに車として走りに走ってくれました。(笑)

 配達時には外部の方との会話が楽しみです。一般紙や牛乳を配達している人、散歩をする人、仕事前に農作物の手入れをする人・・・等々。野菜や稲の育て方から、健康、生活、信心の話、選挙のお願いまで多岐にわたります。見慣れた風景に感動する事もあり、四季折々、カメラを向けることも楽しみです。








IMG_0411q.jpg
                        





 
 実は配達も大変ですが、意外と集金が大変です。訪ねても不在であったり、またお金を扱いますのでどこかに集金袋を置き忘れたりと、そそっかしい私には苦手なことです。1,934円という新聞代も微妙ですねえ。(笑)


 「無冠の友」・・・それは誰が見るともなく一人咲きゆく「野の花」のような使命かもしれません。なぜ、自分が配達員をしているのか・・・思えば不思議な使命です。

 「誰も見ていない、華やかではない、喝采もない陰の地道な戦い。その中で真剣に我が使命に徹していけるか。それとも、手を抜いてしまうか。そこに自分の本当の信心が現われる。」(大白蓮華6月号・幸福と平和を創る智慧P.99)

 信心に魔法などない・・・まさに粘り強い陰徳にじわりじわり本物の功徳は宿るのです。

 「誰も見ていない」・・・・いえいえ、日蓮大聖人様と池田先生はきっとご覧になっておられます。そのお二人に誓いを果していく人生こそ誉れの人生です。聖教や創価の悪口を言う輩には、この心の中の清らかな誓いなどわかるはずもないことでしょう。

  福運も拙(つたな)く、様々に苦悩を抱えながら走ってきた道です。それでもどんな時も朝は訪れ、真新しい聖教新聞の束が我が家に届きます。ビニールに包まれたその束を見るたび、「使命があるんだよ!」そう励まされているような気がして、一日を出発してきました。

 凡夫ゆえの悩みの中を「広宣流布」に向かってまっすぐ前進していくことほど、この世で誇らしいことはない・・・苦しみの渦中にはそう思えないかもしれませんが、きっとそれが人としての「無上道」なのです。

 早朝、山の端から昇りゆく太陽に日蓮大聖人様を浮かべ、「南無妙法蓮華経・・・」と朗々とごあいさつ申し上げ、また池田先生に「今日も戦います」と誓いながら走る地域の道・・・それが私のハッピーロードです。

 これからも「無冠の友」であることに誇りと感謝を持ち、足取りも軽やかに、「私が配達します。」という若き後継者が現われるまで、それとも「じいさん危ないからもうやめて」と言われるまで(笑)・・・広布のタスキをつなぐ思いで走り抜いていきたいと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

No title
編集
配達11年目 突入 おめでとうございます

こういうお話は 思い出がよみがえります
配達員 10年目にして 鬱状態
当時の支部長から 変わってはどうかと打診があり 卒業となりました

具合の悪い時には 当時の旦那さんが 牙城会本部担当から帰ってから 一緒に配ってくれたこともありました
集金もなかなか大変でしたが 今となっては いい思い出です

どうか 無事故で 次の方にバトンタッチされるまで 健康に気をつけて ハッピーロードを歌いながら 地域貢献に頑張ってくださいね
2016年06月28日(Tue) 22:57
Re: No title
編集
ちよさんへ

鬱の出た時は大変だったことでしょう。

あまりに福運がないので、「配達をして徳を積みなさい」とこれはきっと仏様のご慈悲なのでしょう。
本当に三世に薫る福徳と感謝しています。

集金は外の方とゆっくりお話しするいい機会でもあります。

すべてを前向きにとらえて生きていくところに、信心の素晴らしさもあると思います。

池田先生のお手紙、生命とも言える聖教新聞の配達に携われる歓びの心で
早朝より地域を潤していきたいと思います。


2016年06月29日(Wed) 11:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31