広布の大河に君ありて tori

TOP「沖縄・・二人の対話」 ≫ 声の力・「沖縄・・二人の対話」から

声の力・「沖縄・・二人の対話」から






IMG_2062a_R.jpg






 「沖縄について」ということで、うるとらまんさんとポラリスさんには、このカテゴリで対話をしてもらっていました。沖縄の公明党の対応について、お二人の間で見解の相違があり、それを埋めるべく始めた対話です。沖縄・・二人の対話①

 コメント交換ではいささか話がこう着した状態となりましたので、そこでお二人に、「直接電話で話をされては?」と私から勧めました。

 数日たってポラリスさんからお電話をいただき、うるとらまんさんと電話で2時間ほど話をされたとの事。声を交わすことで話が弾み、双方の考えの溝も一気に埋まったと、ポラリスさんの声も弾んでいました。そして8月には二人で沖縄で会うということでした。

 二人は沖縄出身、同じ年ということもあり、「なんか幼馴染のようだな」と、私も前から感じていました。

 それにしても声による対話というのは、あらためて力があるものだと教えられます。ネットでは匿名でのコメントのやりとりが主です。声もなければ、相手の生活の様子、顔も見えません。信頼を感じていく足場が少ない中を、文字だけのやりとりですから、勢い、話が理屈っぽくなっていくように思います。逆に言うと心情や微妙なニュアンスは届きにくい、誤解されやすい媒体かもしれません。

  御書には「言(ことば)と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(三世諸仏総勘文教相廃立563P)とあります。 「「言葉」自体に力があるわけではない。人の胸を打つのは、「言葉」に乗ったその人の「心」である」と指導にあります。文字で書かれた「ありがとう」より、声で届く「ありがとう」の方が、その思いをちゃんと感じれるのだと思います。それが対話に安心を生むのかもしれません。

 ポラリスさんと私も2.3回、ゆっくりと電話でお話いたしました。これまでブログではよくコメントをいただいていたのですが、想像していたイメージとは違って、快活で屈託ないおしゃべりで(失礼)、次々と話が出てくる聡明なお方でした。私は朴訥(ぼくとつ)で寡黙(かもく)、少し頑固なイメージ(またまた失礼)を抱いていましたので、全然違っていましたね。(笑)

 うるとらまんさんはネットで投稿されている通りの、熱血漢とも言えるお方で、そのバイタリティあふれる生命力には圧倒されます。さすがにいろいろと苦労もなされ、障がい者のために頑張ってこられた人の粘り強さがあり、一本気で骨太なお方です。

 お互い、考えの違いはあっても、声と声を交わすことにより、人間的な共感、信頼感が生まれ、それが話の理解を深め、いい方向に向かって行くのだと思いました。さらに実際にお会いしての対話なら、尚の事、いい話になると思います。(泡盛にオリオンビールですか?ふるさとの味に舌鼓を打ち、話が弾む光景が目に浮かびます。(笑))

 池田先生も稀に往復書簡という形がありますが、対談集の大半は、膝を交えての直接対話です。会ってお互いの人格、姿を目で確かめ、その上で心を開き、語りあっていく・・・宗教や主義に違いがあってもまずは相手も自分も「同じ人間」という基盤に立って対話されます。そこに対談の内容もさることながら、お互いの心が融合し、一体に溶け合う世界が生まれていくように思います。

 地域の活動においても、自分で足を運び、相手の眼を見つめ、声を聞き、何かを感じとっていく・・・家庭訪問の大切さ、楽しさを私も感じています。対話はどこかキャッチボールに似ていますね。まずはこちらから出かけて行ってボールを投げてみる。 「体調はどうですか?最近いいことはあった?」といった軽い声掛けから・・・

 友好週間ですが、信心に夏休みはありません。 私も友の「声」を求めて、一人また一人と題目を送りながら、家庭訪問に汗を流したいと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

No title
編集
8月上旬にポラリスさんと那覇市の居酒屋でお会いしました。
沖縄問題について、かなり突っ込んだ話となりました。
やはり、お会いして良かったと思いました。
お会いしないでネットだけでの会話だけなら話は平行線でした。

人は考え方が違うと攻撃的、排他的になりやすいですがポラリスさんは違いました。相反する意見を聞き入れる度量ある人でした。
一度お会いしただけで話し合いがまとまる事はないと思いますがお互いの信頼関係は構築できたと思います。
老後はバンド活動で全国行脚する夢があります。
ポラリスさん、王者の剣さんの自宅近くでライブあるとき、お会いできることを楽しみにしています。
ポラリスさん、王者の剣さん、暑い日が続いています。
お体には気をつけて。


2016年08月14日(Sun) 14:31
No title
編集
ハイサイうるとらまんさんへ
その節はお世話になりました。ウチナータイムで遅れて来られるかと思ったら、
だいぶ前から来られていたようで、少しびっくりしました。オリオンビールと泡盛がスーパードライと梅サワーになって話が盛り上がりましたね、お互い熱く信念を貫くタイプの為、今の学会の組織では活躍できませんが、うるとらまんさんは手話のバンド活動で自己の広布の使命を実践されていて、私も会社で荷重労働、人間関係で病んでいる社員を励ましています。広布とは先生の心こそ大切なれとその御振舞いを地域社会に広げていくことだと確信しています。ウチナーで言えば島ぐくるを大切にすることかもしれませんね
先生は「一番苦しんだ沖縄が一番幸せになる」と言われ、この地から世界的な指導者が必ず出ると、その先駆けとしてウチナンチュウとして使命を果たしていきましょう。来年も父親の法事がありますので、またお会いしましょう。宜しくお願いします。
2016年08月15日(Mon) 18:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30