広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 「感謝するから幸せになる」

「感謝するから幸せになる」




IMG_3088q.jpg
 



 <幸せだから感謝する>以上に<感謝するから幸せになる>のである。

 これは池田先生の「ありがとうは奇跡の言葉」(「人生は素晴らしい」より)という一文の中の一節です。信心していくものにとって、この言葉は深く考えるべき言葉ではないかと私は思います。

 世間では「お金持ちになり悠々自適にでもなれば、感謝するよ」といいます。確かにそうかもしれませんが、仏法ではまず感謝できる自分になることが先で、その後に幸せになるのだというのです。ですからお金持ちになろうという願いよりも、感謝して生きていける自分になることの方が先に来るべきなのかもしれません。

 私自身もお金も欲しくて信心してきたのですが、気が付くとお金より「感謝や歓喜」の方が先にやってきました。こんな私にも他者の幸福をガンガン祈りながら毎日を生きる・・・自分のこともままならないのに、そんな世界が俄然、開いてきたのです。

 「ネットだから王者の剣はまたきれいごと言ってるよ」と言われそうですが、「六根清浄」の功徳ある信心をしているのですから、30年もやってそうならない方がおかしいのだとも言えます。

 「感謝するから幸せになる」・・・これを応用しますと、「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいことが起こってくる」「元気だから人を励ますのではなく、人を励ますから元気になる」・・・という風にすべて、物事の順序が逆になってくるのです。信心が強ければ病気に感謝、貧乏に感謝、そして御本尊様に感謝となり、それでその苦しい宿命に勝てるのだと思います。

 私の地区でも「今の私では誰も信心しない。もう少し幸福になったら折伏する」という人がいます。それでは駄目ですよね。貧乏でうだつがあがらない自分のままで折伏に歩くから、仏様から功徳をいただいて立派になっていくのですから。

 この一文には次のような一節もあります。

 「ありがとう」と言えない時、人の成長は止まっている、成長している時、人は他人のすごさが見えるからだ。成長が止まると、人の欠点ばかりが目につくからだ

 うーん、まさにこの通りですね。「人を見下げて高いところにいたい、自分が中心でないと面白くない」・・・そういう根性の人は「ありがとう」が出ないものです。人の欠点をあげつらうことによって、自分を立派そうに見せる・・・そういう人は成長が止まっていると仰せです。人の素晴らしさを感じることができるか・・・そこに人を鏡として自分の成長も見えるというものです。

 
 昨夜は同中に参加しましたが、素晴らしい同中でした。海外の友の弾ける笑顔・・・「青年よ21世紀の広布の山を登れ」の大歓喜の合唱に私も心が打たれました。家内も感動していました。明日は外部の友人を連れてもう一度、同中参加です。その友人も任用試験を受けてくれることになりました。(笑)

さあ、行動の秋きたる・・・私も一段とエンジンを吹かして、他者の幸福のため、地域を奔走したいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

編集
信心が強ければ病気に感謝、貧乏に感謝となり、それでその苦しい宿命に勝てるのだと思います。
⇧王者さんの言う通りです。この命が出たり入ったりしています。まだまだ修行なんですかね!
特に最近は真面目でなくて、気をとりなおし頑張ります。
2016年09月10日(Sat) 00:05
Re: タイトルなし
編集
糸吉さんへ

お久しぶりです。

>特に最近は真面目でなくて、気をとりなおし頑張ります。

そうですか?誰しも波はありますね。そしてそこを強い心でやり続けるというのは至難の技ですね。

私も波はありますよ。でも沈んでもう駄目かと思ったら、また浮かんでくるので不思議な信心です。
信心にゴールはないので、やり始めた以上はある程度のところまでは行ってしまわないと、後悔しますよ。
弛(たゆ)ませようとする魔も必死ですので、勝ち切るには忍耐と負けじ魂がいりますね。

今年の後半戦に、もう一度決意し直して挑戦していきましょう。
どうか応援していますので頑張ってください。




2016年09月10日(Sat) 10:27
No title
編集
感謝は大切ですね。
ちよさんところに昨日の後輩との出会いを書きました。
http://tomotiyoo.exblog.jp/25855361/
後輩との出会いと王者の剣さんのアップが重なりました。
感謝です。
2016年09月12日(Mon) 10:48
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

活動体験読ませていただきました。

粘り強い戦いこそ、うるとらまんさんの本領ですね。
つい「無理だろう」とか「ここまでやったから」とか自分に都合よく見切りをつけてしまうものですが、
相手が立つまで最後まで戦うことの大切さを私も痛感しています。

どの人も仏の生命である以上、決して諦めてはいけないと思います。
相手を信じて、何度でも挑戦していこうと思います。

私も「信心はどうしてもできない」というある壮年に、「任用試験」への挑戦を約束してもらえました。
「どうしてもできない」という壁を私の一念と題目で破って見せる決意をしています。

共々に挑戦者の気概で前進していきましょう!
2016年09月12日(Mon) 13:43
編集
初めてコメントを書かせてもらいます。
『広布の大河に君ありて』
良いブログ名ですね。
当初からずっと読ませてもらっていて、いつも「あっ、そうか!」と気付かされることがあって、勇気をもらい、「よ–し、戦うぞ!」と決意させてもらっています。

私は今、職場の人間関係や経済苦と戦っている最中なんです。
毎朝4時過ぎに起きて、一時間のお題目をあげて、一番早く出勤して、残業して最後に退社する。そんな日々なので、仕事が休みの土日は、三時間のお題目をあげてから、家庭訪問や対話に、一日中活動に頑張っています。
でも、なかなか変わらない現実に、ついつい「信心頑張っているのに、どうしてだろう(´・_・`)」「自分だけは、現状を変えられないのではないかな」と(ちょっとした迷い)」が出てきて、落ち込んでは、ダメダメと決意し直す繰り返しです。

先日、妻から「感謝のお題目をあげれてる」と聞かれました。「確かに真面目に頑張っているけど、最後の最後で、御本尊様を信じ切れていない。そこが、あなたの一凶だと思うわ。今の悩みは、早く気付きなさいと、御本尊様から与えてもらった功徳だと感謝しないといけないんじゃない」と言われて、ハッとさせられました。
私は、22歳で入信して、今月で丸26年になります。自分自身の一凶を乗り越えていない自分に、ようやく気づき始めて、今は、自分自身を見つめて、お題目をあげています。
今回のブログを読ませてもらって、「そうそう、今の自分に足りないのは、まさにココなんだな。このことを生命で感じなければ、いつまでも自分は本当の人間革命ができないんだ」と思いました。
王者の剣さんも、数年前に、生命の底から確信が出てきたと書かれていましたね。
これまで、長年大変苦しい思いをされながらも、御本尊様と池田先生から離れなかった忍耐で掴まれた勝利ですね。
煩悩即菩提ですから、苦難が信心を深めさせてくれるんですよね。
今回の同中でも、池田先生はそう御指導してくださっていましたもんね。
私も、今この時に自分の一凶を見つめて、壁を破らなければいけないと、今回のブログで、さらに決意できました。
六根清浄の功徳と自分の仏界を、この生命で感じて、本当の揺るぎない確信を掴みたい。
その時は、必ず報告いたします。
長くなってすいませんでした^^;
勇気をくださるブログ。
本当にありがとうございます(^^)
2016年09月12日(Mon) 20:56
Re: タイトルなし
編集
薫風様

コメントをいただきありがとうございます。

朝4時起きで仕事に信心に頑張っておられる姿に頭が下がる思いです。
善知識のしっかりした奥様がおられるので、尚の事素晴らしいですね。

>先日、妻から「感謝のお題目をあげれてる」と聞かれました。「確かに真面目に頑張っているけど、最後の最後で、御本尊様を信じ切れていない。そこが、あなたの一凶だと思うわ。今の悩みは、早く気付きなさいと、御本尊様から与えてもらった功徳だと感謝しないといけないんじゃない」と言われて、ハッとさせられました。

奥様の言葉で他に何も言うことはないかもしれません。女性は鋭いですね(笑)

私も願いが叶わない中を随分ともがきながらやってきました。
やはりどこか信じきれないし、感謝の思いが薄いんですよね。
このブログをやれてるのもそういう「不信」との葛藤の時代があったからかもしれません。
そうやってもがいて信心とは何ぞや?と少しずつ知ることができました。
結局、自分で悩み苦しむ以外に信心はつかめないですね。人から教えられてわかるものでもありません。

私もこれまで誰も頼らず一人で歩いてきました。ただ池田先生だけは深く信じてきました。
結局、どこまでも御本尊様への強い「信」を出す以外にありません。
「信」だけが「不信」を変毒為薬し、本当に道を開いてくれるのです。

そしてようやく「蔵の財」ではなく「心の財」と呼べるものをかすかですが教えていただきました。
その財とは「広宣流布」であり、「師弟」であり「我が使命」であり「人間革命」です。
まさに生命内在の仏の財です。

信心は冥益が本当ですので、どうか目先のことに一喜一憂することなく、3年後、5年後を見据えて
「一回り大きな人間になるのだ」と決めていくべきだと私は思います。

48歳・・・一番いい時ですよ。私も40代半ばで創価に賭けてやろうと決意を固めました。
薫風さんのこれまでの心労、労苦が報われる時がきっと来ますよ。

どうか冥の照覧を確信されて、自信を持って日々を精進なさってください。
陰ながら応援の題目を送らせていただきます。

2016年09月13日(Tue) 10:15
編集
返信ありがとうございました。

いつか、このブログにコメントをしたいなと、ずっと思っていました。
でもそれは、自分自身がもっと成長してからにしょうと考えていました。
でも結果は、一番落ち込んで、自分が小さく見えて、気持ちが揺らいでいる時になりました。
ブログを読ませてもらって、今のそのままの自分自身の姿で、王者の剣さんに、自分の思いを伝えて、それを自分自身の本当の人間革命をする決意発表にしようと思ったからです。

コメントをさせてもらって、本当に良かったです。^ ^
返信の文章を読ませてもらって、涙が出てきて止まりませんでした。

>私も願いが叶わない中を随分ともがきながらやってきました。
・・・そうやってもがいて信心とは何ぞや?と少しずつ知ることができました。
結局、自分で悩み苦しむ以外に信心はつかめないですね。人から教えられてわかるものでもありません。
この言葉は、そのとおりだと深く身にしみてわかる思いがします。
信心は綺麗ごとでは、ダメなんですね。
以前、王者の剣さんは、「御本尊様の前で、泣いてお題目をあげたことがない人には、本当の信心はわからない」と書かれていたことがありましたよね。
それを読んでから、御本尊様の前で沢山泣けるようになりました。
これからもっともっと、自分の思いを御本尊様にぶつけて、「心の財」をかすかでも掴みとっていきたいです。

>信心は冥益が本当ですので、どうか目先のことに一喜一憂することなく、3年後、5年後を見据えて「一回り大きな人間になるのだ」と決めていくべきだと私は思います。
窮屈になっていた心が楽になりました。
あの苦しかった時があったからこそ、こんな自分になることができたと言えるようになりたいと思います。
「冥の照覧」はこんなにも凄いのか!と実感するその時まで、一日一日を「じっと堪えて、今に見ろ」との思いで精一杯戦っていきます。

最後に、今朝の配達ご苦労様でした^^;
時折、雷が鳴って、無情にも叩きつけるような激しく降る雨の中での配達ではなかったですか?
私も関西ですので、今朝もお題目をあげながら、聞こえてくる激しい雨音が心配になって、配達員さんの無事故を祈らせてもらいました。
雨の日、ポストから新聞を取り出す時は、特に「ありがとうございます」との思いが強くなります。
一凡夫の私でさえそう感謝するのですから、御本仏日蓮大聖人様の思いは、どれほど凄いものかと思います。
「陰徳あれば陽報あり」
今日のわが友に贈るにも、池田先生の感謝の思いが、溢れていることを感じました。
王者の剣さんの配達地域は、広大だと思います。
どうか無事故の配達を続けてください。
王者の剣さんが、私に応援のお題目を送ってくださるのと同じように、毎朝私も配達員さんに無事故のお題目を送っていきます。

2016年09月13日(Tue) 19:17
Re: タイトルなし
編集
薫風様

返信ありがとうございました。

幸せになる信心をしたのに、なぜにこんなにも苦しむのか?そう思いますよね。
実はそこに信心の醍醐味ともいうべき深い意味があると思います。

「一番苦しんだ人が一番幸せになる」との先生の言葉は本当に奥の深い言葉ですね。

大きな功徳、菩提を得るためには大きな煩悩、業、苦がでなければならない。
大悪が起こって大善が来るのも同じ原理ではないでしょうか?

一生懸命信心して、自分がつぶされるくらいの煩悩が出た人は、それだけ大きな使命のある人です。
また大きな功徳を身に受けることのできる人です。

「苦に徹すれば珠となる」とは吉川英治氏の言葉ですが、私はいつもその言葉に励まされてきました。
生命の金剛の珠を顕すために今の苦悩があるのだと思えば、心は希望に満ちてきます。
しかも薫風さんは私よりもはるかに素晴らしい信心をされています。

「広布の大河に君ありて」の「君」とはそういう苦しみを越えて創価の使命に生きる人の意味です。
苦悩もたくさんありますが、誉れの「創価の栄光」を背負って生まれ来た私達でもあります。

大いに我が生命に確信を持って前進していきましょう!
どうか池田先生を求め抜いて生きていかれますように。

拙いブログですが今後ともよろしくお願いいたします。
2016年09月13日(Tue) 22:45
随分ご無沙汰です
編集
随分ご無沙汰しています。私も人生いろいろありましたけど、勤行・唱題ができること、健康で無事故で会合に出れることに感謝。 ご飯が食べられることも感謝、お金では買えないものが大切だと自分の人生の経験したこと、人の姿からも教えてもらったことが今・私の人生の宝になっています。失敗したことにも感謝。なぜか。失敗してマイナスになったことも、信心でプラスにしてきたからです。先生は一人ももれなくみんな人材なんです、と話されています。創価長の主人と一緒にブロック・地区の皆さんのことを祈り・今日も勤行・唱題・会合・折伏・広宣流布のために使命を果たせることに感謝しています。その中で今一家和楽で自由に楽しく生きてることに私は感謝しています。
2016年09月24日(Sat) 01:52
Re: 随分ご無沙汰です
編集
花百連様

お久しぶりです。
お元気な様子で何よりです。

といっても、パワフルな花百連さんですので、華奢な私としては少し体力を分けてほしいぐらいです。(笑)

波乱万丈のすさまじい体験談・・・いつも本当に感動ものですね。
すべてに感謝していけるのがこの信心ですね。感謝するからまた功徳が出ます。

花百連さんなら何が来ても大丈夫・・・そんな強さを感じます。
すでに勝利の人ですよ。
またお邪魔して体験に学ばせていただきますのでよろしくお願いいたします。

お身体を大切に・・・お互い事故などにも気を付けて、人生勝利の道を「報恩感謝」で前進していきましょう。
2016年09月24日(Sat) 12:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30