広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 始めは事なきようにて

始めは事なきようにて




 10月の座談会御書、御書講義は「聖人御難事」です。「月々日々に強(つよ)り給え、少しもたゆむ心あらば魔たよりをうべし」の御文が出てきますね。私も支部の壮年の皆さんと一緒に研鑽することができました。同志が寄り集まって、膝を交えともに御書を学ぶ・・・その小さな会座(えざ)こそ、大聖人様のお心に添ったものであり、地域広布の核となるものと思います。

 「過去現在の末法の法華経の行者を軽賤する王臣万民始めは事なきやうにて終にほろびざるは候はず」これは大聖人様の27年間のご難について述べられたものですが、池田先生や創価学会員である法華経の信者を軽賤し、迫害、誹謗する人々も同じ末路を辿るものと私は思います。

 姿はどうであれ、御本尊を信受し、妙法を唱えゆく人は仏であり、不軽菩薩の振舞を見ても敬わなければなりません。同志誹謗、信者誹謗は厳に慎まなければならない。相手の尊厳のためにもまた自分の福運を消さないためにも、気を付けたいと思います。

 「始めは事なきようにて終にほろびざるは候はず」・・・と、厳しく仰せです。やがてその人の生活は破たんし、精神は悩乱し、敗残者となっていくのであり、私もかつての友人にその姿を見ていますが、罰の姿は恐ろしいものです。





 IMG_1490b.jpg
                   






 精神が悩乱し、魔に誑(たぶら)かされると人は他者を認めたくなくなり、そして相手の長所ではなく欠点をあげつらうものです。正を邪に見せ、邪を正に見せる・・・まさにそれが「魔の行動」です。大聖人様の法難に於いても権力者は大聖人様を邪悪の人へと貶(おとし)め、自分たちが正義であるがごとき画策をし、行動に移し、弾圧しました。

 私がある役職をいただいた時ですが、前任者が私の悪口を会員に言ってまわったということがありました。「あいつの信心はおかしいから気を付けろ・・・」等々、プライバシーも含め根も葉もないことでした。「真偽」や「正邪」と言うものは、言葉巧みにすり替えようと思えば、表面上はある意味簡単です。その前任者の心は私へのやきもちだったのでしょう。常日頃、「我こそは先生の弟子」と名乗りながら、本性はケツの穴の小さな御仁です。(笑)

 「特定の会員のことをことさら悪く語らってくる人には気を付けた方がいい」・・・ということを私もその経験から学びました。それらの多くは怨嫉、憎悪がもとにあり、「一切衆生を幸福に」との仏の境地とは真逆の「私情」や『私怨」です。本当の仏法者は相手を認め、相手を自分以上の高みへと引き上げようとするものです。人を非難し、貶める人は本当の信仰者ではない・・・そこにその人の善悪を見極める鍵があると思います。

 それ故に我々は常に同志と集い、団結し、同志の間を分断する魔を見破り、お互いに注意していかねばならない・・・信心の根本道場たる地区・地域の会座に出ていって切磋琢磨する・・・そういう場所がより大事になってくるのだと思います。組織に是々非々ありますが、本来、組織は会員一人一人の信心を守り育てるためにあるのです。組織に参加する意義はとても大きいと、組織嫌いの私が言うのですから本当です。

 今年は台風も多いですが、秋も本番を迎えていますね。地元では祭りの笛の音なども聞こえていますが、私も夜はできるだけ唱題に励むようにしています。「一家の幸せ」、「地域の方の幸せ」、「縁ある人の幸せ」を祈りながら、「実り多き秋」にしていきたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

 

Comment

No title
編集
王者の剣さんの講義を受けてみたいと思うアップです。
麗しい創価家族でありたいですが王者の剣さんは辛い体験があったのですね。
10界の命は学会員あるなしに関係なくありますから、それに振り回されない自分になることが肝要と思います。
地元では多様な問題が勃発しています。理不尽な事あります。
そのような理不尽に負けない自分にと心に決めています。
お蔭様で題目があげられない日々ありましたが1時間半題目が定着して三カ月になりました。題目を上げていたから理不尽に冷静に対処できたと題目の力を実感
しています。
月々~の語金言のごとく生き抜く人生でありたいと思います。
2016年10月05日(Wed) 16:34
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

台風の被害はいかがですか?
こちらは今、雨脚がひどくなってきました。
今夜がピークですが、早めに帰るようにします。

御書講義は汗をかきかきやっています。もちろん冷や汗です。
確信だけは伝えたたいとその一念でやっています。

組織で私の悪口を言った前任者は、結局、地域からもひっそりと姿を消しました。
一緒になって悪口を言った婦人部もいましたが、みんな信心がおかしくなっています。

同志誹謗の罰は厳然と出ますので慎まねばなりませんね。

私も題目が快調に上がっています。
「題目をあげきった人が最後は勝つ」これが先生の指導です。

一人一人偉大な使命があります。
低い次元の話に粉動されずにうるとらまんさんも「師弟の大道」をまっすぐにお進みください。

沖縄の明るい太陽のような笑顔でよろしくお願いします。(笑)



2016年10月05日(Wed) 17:09
編集
はじめまして!はす子と申します。いつもブログ読ませていただいてました。
信心は好きだが組織は嫌い、という方もいますが、自身を磨いて行くためにも組織は大切ですよね。嫌だなーと思うことがあっても組織から離れないこと、素晴らしいとおもいました。
2016年10月05日(Wed) 21:12
Re: タイトルなし
編集
はすこ様

はじめまして。
コメントありがとうございます。

ブログを始められたのですね。
親孝行を思って、信心はじめられたということで、素直でいいですね。

それにしても20代とはうらやましい限りです。私も27歳で入会しました。
何があっても負けないで地域の同志の方と前進してください。

またブログを拝見させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
2016年10月05日(Wed) 22:09
No title
編集
若い婦人部がブログを始めたとのこと。嬉しく思います。
彼女のブログ読んでみると元喜になります。
私は単細胞なので読んで気持ちが良いブログを選んでいます。
逆は、全く興味ありません。
私のことを書いているのもあります。でも興味ありません。

王者の剣さんのブログが素敵なのは他人がどうのこうのではなく
自分がどうなのかを焦点に当てていることだと思います。
創価村でいくつか頻繁に投稿しているブログに共通していることは王者の剣さんのように〔自分〕があります。

社会、地域、組織での問題をどのように向き合い、信心を深めていったか、人間革命の軌跡を感じます。
さて、私は、どうだろうかと王者の剣さん達のブログを読んで自問自答しています。
勉強してきた資格試験が終わり、これからの生き方を考えています。
1つ言えることは、比べるのは他人ではなくても昨日の自分と今日ご自分、明日の自分であることです。
そのために目標を定め、先生との誓いの人生を自分らしく生きる自分でありたいです。
王者の剣さんのブログを長年愛好したら、そのような自分になりました。
2016年10月07日(Fri) 14:02
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

私は自分の信仰体験や日々の思索をもとに書くことしかできません。
正直、人のことは書けませんしわかりません。

自分を見つめ、仏法を信じて行く中で、何を感じ、どう変わっていくか?
それ以上に大事なことはないように思います。

「足下を掘れ、そこに泉あり」との格言があります。
自分と格闘して人間革命することが一番大事です。
自分が「弱い人間」「駄目な人間」と知っているから、まずはそれからです。

池田先生の指導だけ写して書けば間違いはありませんが、それでは「個の輝き」がありません。
いろんな花があるから面白いのだと思います。
ましてや三毒の強い凡夫・・・間違いや欠点もありながらでいいと思います。
世の中、華やかなバラの花ばかりではつまらないですよね。(笑)

人のことをあれこれ書く人の気持ちが私にはわかりません。
御本尊を信仰する人はどの人も尊い仏だと説かれます。
お互いに讃えあっていきなさいというのが先生の指導です。

御本尊から見てうるとらまんさんは悪い人か?
絶対にそんなことはありませんよね。
沖縄の組織でいろいろありつつも同志のために奮闘し、日々、題目で生命を磨いている・・・
御本尊から讃嘆されゆく「地涌の菩薩」そのものですよ。

「世間の眼」と「仏の眼」は違います。
誰にでも善悪や欠点はあり、仏にも善悪はあるのです。
ことさら悪く言おうと思えばひとのことなどどうとでも言えます。
池田先生ですら、日本一、悪口を言われておられます。(笑)

御本尊と自分、池田先生と自分・・その世界を求め抜いて題目をあげぬくしかない・・・
私はそう思いますし、それだけが自分を成長させ幸福にしてくれます。
自分が感じたその世界を少しでも書けたらというのが私のブログです。

私はうるとらまんさんのことを素晴らしいと思っています。
私にはないいいところをたくさんお持ちです。
何より熱いハート、まっすぐな気性がまぶしい。(笑)

人からなんと言われようと金剛不壊の信念を手に入れた人が勝者です。

自分の信念を大事に!お互い、信心で足下を掘っていきましょう!
2016年10月07日(Fri) 16:55
Re: タイトルなし
編集

ゆうじ様

若い人の気持ちをくみ取って、今後、やっていくことは大事なことだと思います。
創価学会も宗門と別れてからだいぶ教条的なスタイルから脱皮してきました。

音楽、ダンスなどを取り入れた本幹などなども盛んですし、
芸術部の人や夢に生きる若者の姿なども多く取り上げています。

お年寄りの方からは「本当に創価学会はここ10年で変わったね。」と言われます。

先輩たちの築き上げた学会を土台に、これからは若者が自分たちの手で新しい学会を作る時代が来ています。
またそうあるべきです。

世の中、一見、そうでないように見えて、若者や時代が宗教を求めていることも確かです。
本当の素晴らしい宗教を知らないから宗教を嫌いますが、生きがいという観点からも、
人生の羅針盤を心のどこかで求めている若者は多いのではないでしょうか?
私も入会した時はそうでした。生きる虚しさ、つらさを越えるものを求めていたのです。

創価学会の信心は本来、そうした人の心を満たすに十分な哲学です。
確かにコンサートのようにその場が楽しいものではありませんし、唱題にしろ、法戦にしろ
地味な活動の方が多いのも事実です。毎日毎日、「南無妙法蓮華経」の繰り返しです。
会合も同じことの繰り返しのように見えますが、こちらのやる気次第でいくらでも楽しいものになり、功徳も出ます。

信心の喜びは自分が変わっていくことです。若い人にそうした本当の仏法の素晴らしさ、
生き方を教えていくのは大変ですが、それが一番、その人のためであり、値打ちがあるのです。

それは仏法は小善ではなく大善の世界なのです。その場の楽しみを与えるのは小善です。妙法をたもち、
苦難を乗り越える生き方こそが大善なのですから、やる方も教える方もそれは身を切る勇気がいります。

学会全体のイメージ作りも大事ですが、それ以上に一人一人が、この信心で輝くことが大事ですね。
私もそういう人になりますので、ゆうじさんもどうか、その一人になれるよう精進してください。
人間に魅力がなくてはどんな企画をやっても本当の信頼は築けません。

海外のように広宣流布の始まった国と、広布が成熟した日本では環境も違います。
高齢化、少子化もあり、ある意味、少数精鋭となることをこれから覚悟しなければなりません。

私の地区も田舎で青年部がいません。自分が青年の心でやっていくしかありません。
その悪い環境で戦えることが誉れです・・・そこで一人立てば功徳は大きいと感じています。

小手先の方法ではなく、また相手に気にいってもらうということでもなく、
「我々は最高の仏法をたもっているのだ」との大確信で、歓喜に燃えてどっしり構えてやっていくことが大事ですね。
2016年10月11日(Tue) 16:58
仏法の峻厳さ
編集
「始めは事なきようにて終にほろびざるは候はず」

仏法の峻厳な裁きは、三世に亘って免れることはできません。
ましてや、仏意仏勅の団体や、真面目に仏道修行にはげみ、
世界広布に汗する地涌の闘士をばかにし、仇為す行為をする者は、
やがては、いかにも無惨な最期を迎えることでしょう。
そして、学会員である者、学会員であった者ほど、その罪は深い。
それを彼らは、生命の奥底で観じていない筈はないのですが…。

例示された御文の後に、大聖人は仰せです。

「一定として平等も城等もいかりて此の一門を
さんざんとなす事も出来せば眼をひさいで観念せよ」

大聖人御在世中に、御家人筆頭格である安達泰盛(秋田城之介)や
北条執権家御内人筆頭格で、軍事権・警察権を握る平左衛門尉は、
大聖人の命を狙うのみならず、在家の有力檀那を弾圧し、更には、
一部の農民信徒の命を奪うなど、悪逆の限りを尽くしましたが・・・
彼らのたいそうな権勢は、衰えることはなきように見えました。
しかし・・・
大聖人御入滅後には、先ず、安達泰盛が身内の密告と平左衛門尉の
策略により、一族が無惨な最期を遂げ、その後には、平左衛門尉も
北条家から謀反の罪を着せられて一族が滅亡しています。

大聖人の弟子でありながら、反逆した三位房たちはどうだったか。
これらの輩は、御在世中に現証歴然でしたね。

日本仏教の総本山たる比叡山延暦寺は、益々真言の害毒に染まり、
念仏の勢い愈々盛んで、法華経軽視の風潮を改めることができず。
結果、日本は・・・長い戦乱の時代へと堕ちていきます。

我が組織にもいます。
詳細は書けませんが、本年に入って病苦、借金苦、一家離散の
現証が全て一気に噴き出してしまった幹部が。

過去世の宿業が突然噴出したのなら、「よし来たか!」と、
信心で乗り越えることができます。
しかし、彼は、親分風を吹かせながら、組織では体裁ばかりを繕い、
陰で行ってきた所業は・・・女に金・・・奥様や家族の境涯を破壊する
魔の所業そのものでした。

そういう人は、そうなってさえ気が付けない。
これまで彼に関わり、巻き込まれて、もうどうしようもない
ところまで追込まれた周囲の人たちは、きちんと指導を受け、
蘇生に向けて新たな一歩を確実に歩み始めましたが、本人だけは、
ここまで堕ちて尚、自らの宿業と真正面から向き合うことが
できずにいます。
手を差し伸べようにも・・・本人の自覚がなければどうしようもない。
「はやく気づけ! あらためよ!!」

「始めは事なきようにて」
肝に銘じたいと思います。
2016年10月15日(Sat) 13:55
Re: 仏法の峻厳さ
編集
福島の壮年様

確かにいろんな人がいますね。
それこそ仏から提婆達多まであらゆる衆生がいるのがこの娑婆世界ですね。

善縁にあえば悟りとなり悪縁にあえば迷いとなります。
そして善縁は少なく、悪縁が多いのが現実社会です。

それゆえに「魔を魔と見破る」智慧がどれほど大事か・・・同志を守るためにもリーダーの人は
鋭い眼力が問われます。

学会や同志を誹謗する罪は必ず報いとなってその身に出るものだと思います。
たとえ、相手が悪くても妙法を受持する人を謗り怨嫉すれば、その人に罪があり、罰が出ます。
私の地域でも権威やカリスマ性のある壮年が、多くの同志を引連れて退転した姿を私も見てきました。

結局、我々は相手を憎むのではなく、その人の幸せを祈っていくしかありません。
その上で、厳愛の注意や指導があるのだと思います。

仏法は三世にわたっての生命観ですし、子孫七代までその人の信心が及ぶともあります。
今世、その人に事なきようにあっても、犯した罪が生命から消えることはありません。
業となって命に刻まれ、事故や病気、経済苦や人間関係など、様々な不幸となって
いつか現われることになります。

私も過去に法華経誹謗をし、妙法受持の学会員を謗ったのだと、自分の不幸な姿で感じています。
それだけに、今世にこの妙法を受持し、「一生成仏」に向かって励めることがどれだけありがたいことか・・・
この千載一遇の機会を何としても逃したくないと思います。

過去の謗法の罪を消すためにも、折伏に汗を流し、命のあらんほどは妙法を唱え抜いていきたいと思います。
ご教示ありがとうございました。




2016年10月15日(Sat) 15:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30