広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 題目の力

題目の力




IMG_3385r.jpg




 朝晩、少しづつ寒くなってきました。聖教配達も朝5時起きですが、布団から出るのに苦労しています。(笑)

 毎朝、配達を終えると、一息入れて、奥さんとの勤行を交えて、一時間ほど題目をあげます。その題目も昔に比べて、強く軽やかにあがるようになりました。

 苦しくても題目、楽しくても題目・・・題目が良くあがっていれば、心には希望が湧き、勇気が湧きます。じわじわと歓喜が体に湧きあがり、人から悪口を言われても「ああ、ありがたい。これでまた悪業が一つ消えた」と感謝の心が湧きます。

 水の流れる如く、毎日題目をあげぬいていく・・・それが私の生きるエンジンです。その積み重ねに確かな冥益が約束されるのだと思います。

 戸田先生は言われています。「(御本尊の利益は)生命力が絶対的に旺盛になるということである。生命力が旺盛であれば、悩みだ、苦しみだ、貧乏だなどと、いろいろな愚痴をいう世界が明るい楽しい世界に変わる。」

 あの人が悪い、周りが悪いと愚痴をこぼすうちは、自分の生命力が弱く、信心が足りないということになります。環境は同じでも信心が強ければそれが楽しい世界に変わる。悩みを題目で楽しい世界に変えるからこそ宿命に勝てるのに違いありません。

 世間では「恨む」「憎む」ということがよくあります。しかし、仏法の世界にくると、どこまでも相手の幸福を祈っていく、その自分になることを目指して行くことを教えていると思います。それは人との間に起こる出来事も全部、自分に因があると捉えていくからであり、その自身の業を転換すること、さらに相手の幸福を祈れる自分になることで「人間革命」を果たせるのだと思います。

 更に戸田先生は、「題目の力は偉大である。苦しい業を感じる生命が、あたかも花園に遊ぶがごとき、安らかな夢のごとき状態に変化するのである。」・・・こうなふうな生命になるともう「絶対的幸福」の境涯ですね。我々も題目でそうなれるに違いありません。

 誰しもある意味、苦しいものです。みんな悩みや病を抱えて生きています。楽な悩みなど一つもありません。それでも生命力強く笑い飛ばして生きていけるのが妙法です。悩みの姿のままで、御本尊様に題目をあげぬいていく・・・そこに不思議にも悩みを見下ろして、宿命転換に挑む逞しき自分が現われてきます。

 10月の座談会御書では「おのおの師子王の心をとりいだして」とありました。師子の心を自分から出しなさいと仰せです。臆病な人にも、魔を恐れず、魔と戦う師子の心があります。信心強き人とは「何ものをも恐れない心」の人だといえるかもしれません。

 決して不幸を恐れない、病気を恐れない、悪を恐れない・・・それらと勇敢に戦う師子王のごとき人間となれば、きっとこの世が花園のように楽しい世界に変わるのだと思います。私もその境涯を目指して、今日も題目で自身を磨いていきたいと思います。

 
 ※創価大学、箱根駅伝出場おめでとうございます!並み居る強豪校の中で3位とは本当にすごいですね。素晴らしいです。これに力をいただいて我らも頑張って行きましょう!

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

王者の剣 様
編集
>水の流れる如く、毎日題目をあげぬいていく・・・それが私の生きるエンジンです。その積み重ねに確かな冥益が約束されるのだと思います。

その言われる意味よくわかります。
『南無妙法蓮華経と唱うるより外の遊楽なきなり』
池田先生も「お題目を、思う存分唱えることができる。実はこのこと自体が、世界一、富める者であることを意味しているんだよ」と仰っておらるますもんね。

仕事のことですが、退職願を出しました。
選択の道はそれしかありませんでした。
今月末退職に向けて、後任の方に引き継ぎをしている日々です。
その間も上司から、嫌味を言われますが
「またひとつ、悪業が消えた」と感謝で受け止めて、再就職先を探しています。

以前、王者の剣さんは、信の題目と行の題目のことを紹介して下さっていましたね。

今朝も、信のお題目から出発して
壮年合唱団の練習、地元個人会館での同中役員、午後からは青年部と任用試験受験推進の家庭訪問、その後壮年部員への任用試験推進アタック、夜は会館での同中任務と、有難くも一日中広宣流布のために戦わせてもらっています。
そして、その合間を縫って自宅や会館で、信のお題目を唱えています。

池田先生の仰った、この信心は「難即悟達」なんだという実証するために、力強く生きるエンジンであるお題目を唱え続けて、祈り抜いて戦い抜きます。


2016年10月16日(Sun) 12:40
編集
新聞の1面は、創価大学箱根駅伝へ!
おめでとうございます。
名字の言葉の中で、日頃の猛練習で培った「チーム力」の成果だとありました。
私達も日々の活動の中でのことも、一緒なんだと思いました。元気を頂いた思いです。

さて、職場は人間革命の道場の場なのですね。
12日のわが友に贈るには、『誰も見てない所で 努力を重ねる人は最後に必ず信頼される。策や要領に走るな!誠実な振る舞いで勝て!』とありました。
仕事は人にあれして、これしてと口先で言う、相手が自分の思った通りにしてくれないと、愚痴や陰口を言う人には人は集まって来ないですね。
関わるとこちらも疲れますから。
見てないようでまわりの人は見ていて、協力しながら仕事をしています。
相手の人に感謝ですね。頑張れる自分になれる!

先程、ご近所の独り暮らしのご高齢の方が、救急車で病院へ搬送されました。
ご近所もですが、組織(地区)でも独り暮らしの方がいらっしゃいます。
ご近所の人とお話をしながら、何かあった時にどうするか?と考えていかなくてはならない問題だと思いました。

朝晩寒くなりました。
新聞配達も大変になりますね。
王者の剣さん、奥様とお身体だけはお気をつけて下さい。

追伸
同時中継も素晴らしいものでしたね。
2016年10月16日(Sun) 17:02
Re: 王者の剣 様
編集
薫風様

退職されたとのこと、ここからが信心ですね。真面目に頑張っておられるのですから、きっと
新しい道が開けるものと確信しています。

>池田先生も「お題目を、思う存分唱えることができる。実はこのこと自体が、世界一、富める者であることを意味しているんだよ」と仰っておられますもんね。

その通りですね。。題目があることはありがたいことです。キリスト教や天理教では神様にすがるしかありません。しかし、私達は題目で自身の仏界を湧現していくことができる。その力で開かないものはありません。きっと前以上の素晴らしい仕事に就けることと思います。

>壮年合唱団の練習、地元個人会館での同中役員、午後からは青年部と任用試験受験推進の家庭訪問、その後壮年部員への任用試験推進アタック、夜は会館での同中任務と、有難くも一日中広宣流布のために戦わせてもらっています。
そして、その合間を縫って自宅や会館で、信のお題目を唱えています。

本当に良く頑張っておられますね。苦労も多いと思いますが、青年の心意気でやりましょう。私も今回、2名の方に任用試験の推進ができました。ともに教学を学んでいきたいと思います。

「難即功徳」「難即悟達」であり、大悪おこれば大善来るです。愚痴をこぼしたり、気持ちで負けたりしないで、感謝の題目で御本尊にぶつかっていけば、きっと大善が来るに違いありません。

どうか焦ることなく、「広宣流布のために」との祈りで道を開いて行かれますよう、お祈りいたします。


2016年10月16日(Sun) 18:04
Re: タイトルなし
編集
プリッツ様

今日は神戸で記念の兵庫総会があり、参加させてもらい、先程帰ってきました。
出席された幹部さんが、駅伝のことも詳しく話してくださいましたよ。

力のある3名は自由に前を走り、残り9名が集団で走るという作戦がうまくいったと仰ってました。
1月の駅伝は一人一人で走るので、あまり過度な期待はしないようにと言って、笑わせてくださいました。
集団で走る時に創価の選手だとすぐわかるように、あのサッカーのバルセロナのような(笑)派手なカラーの
ユニフォームにしているとも教えてくださいました。これで正月の楽しみが一つ増えましたね。

ここの所、忙しく、同中も今夜、最後の放映で見に行きます。

私も地区の同志に怨嫉が出たこともありますが、今はその人の幸せを祈れるようになりました。
そうなるまで10年ほどかかったかもしれません。その経験、葛藤を体験し罰も感じたので今があります。

プリッツさんもお体を大切に・・・疲れを残さないように、よく寝てリフレッシュしてください。
決して、身体をいじめてまで頑張るのがいいということではないですね。上手に疲れを取りながら、溌剌と活動する・・・
そういう智慧が、仏法だと思います。

いつもありがとうございます。
2016年10月16日(Sun) 18:39
No title
編集
王者の剣さんへ

久しぶりに、今朝朝出発に参加してきました。男性は地区部長と私だけで、婦人部が六名でしたか、内容はやはり新聞啓蒙の話でした。そこにあるのは、啓蒙で先生にお応えしましょうと、啓蒙で功徳を頂くとの婦人部らしいお話でした。残念ながら、そこにはノルマと成果主義しかありませんでしたが、私は一人立ち、必ずこの地区を先生の人間主義のあるヒュウマニティ溢れる組織革命を決意し、そのあと、難病の娘が折伏している友人の所へ伺い入決を得、この30日に本流することになりました。一人本物の弟子が先生の人間主義の指導を肉化すれば、道が開け、多くの人々が集う組織に変革していくことを決意実践して参ります。これが「一人立つ精神」だと思います。
2016年10月16日(Sun) 21:15
Re: No title
編集
ポラリスさんへ

聖教新聞は広宣流布のために大事な手段となるものだと思います。
戸田先生が「世界中の人に読んでもらいたい」と思われた心とは一切衆生にこの仏法の素晴らしさ、
正しさを教えて、幸福にしてあげたいという慈悲の心だと思います。

ノルマ、数字ではなく、どこまでも相手の幸せのために啓蒙していくことが大事ですよね。
私もそのことを訴える幹部さんが少ないのを残念に感じています。

娘さんの折伏のお話は素晴らしいですね。
難病ということで、それに負けずに折伏に励まれていることはすごいことです。
私にも娘がいますが、本当に愛しいものです。
ポラリスさんと娘さんの幸せを祈り、いっぱいお題目を送らせていただきます。

>私は一人立ち、必ずこの地区を先生の人間主義のあるヒュウマニティ溢れる組織革命を決意し

単に、組織、幹部を批判するのではなく、自分が境涯を革命し、慈悲の実践者となって、
暖かい血の通う組織にしていくしかないと思います。
組織の人々に語りゆくとともに、自分が成長する以外にその答えはないと思います。

何と言っても組織は仏子が集う広宣流布の第一線の場です。
組織を嫌うのではなく、その中でもがきながらでも、人間主義のあふれる組織を目指して行きたいと思います。


2016年10月17日(Mon) 02:00
No title
編集
五百万の題目上げてから、題目があげられない日々が数か月ありました。
選挙の忙しさから、題目が減り、選挙終わっても題目が上がりませんでした。
思い切って三〇分題目から始めて、すこしづつ、題目を増やしていき、今は1時間半時間題目が定着しています。
1時間半時間題目が定着してから展望が開けるようになりました。
前途多難ではありますが楽しくいきたいと思います。
2016年10月17日(Mon) 21:50
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

私も御本尊様の前に座って題目をあげるのがつらい時があります。
そんな時は胸中唱題があります。また地域の唱題会が週2~3回ありますので
それで調子を戻したりできます。どんな時も妙法を求め唱え抜いていくしかありません。

30代は家が真言宗の状態でしたので、家では拝みづらく、車を川の土手に止めて仕事の帰りも
勤行唱題していました。「必ず真言を倒して学会の家にしたい」その祈りが7年目に叶いました。

顕益、冥益とありますが、お題目の力は偉大ですね。
どんな問題も策ではなく、題目で解決していこう・・・その人がりっぱな学会員ではないでしょうか?

魔が競う以上、波はありますし、修行の枝は曲げられるともあります。
そんな時こそ、先生と共に、同志とともに励まし励まされ前進していきたいですね。

生活を始め、一切に道が開きますようお祈りいたします。
2016年10月17日(Mon) 23:02
Re: タイトルなし
編集
ゆうじ様

ありがとうございます。また素晴らしい決意に感動しています。

信心は環境のせいでない・・・全部自分で変えていく世界だと思います。
そのために、決意、確信、題目ですね。

私も自分のような人間でも「もっと正しい生き方をしたい」「仏を知りたい」
「人を憎むよりは愛して生きていきたい」・・・と、そんなふうに「人間革命」を追い求めてやってきました。

求道の心、持続の信心に必ず冥益は出ると確信しています。

>いままでなかなか越えれなかった壁を超えたいとそればかり考えてます。

私も御本尊様に「本当にすごい信心なら、この信心に賭けてやりますので、そのすごさをこの身に教えてください。」と
談判しながらやってきました。信行とも未熟ですが、30年たって冥益を生命に感じています。
きっとどの人も越えたいと決意した壁を越えられる信心です。私もいくつもの壁を前に信心しています。


「信強きを名づけて仏界となす」・・・信心はこの御文通りですね。
いろんな雑音に迷うことなく、只々御本尊一筋で進んでいかれますようお祈りいたします。



2016年10月18日(Tue) 11:10
編集
こんばんは。

野球ドラフト会議で創価大学から田中投手と池田投手の2名が指名されました。
「何度も創価大学の名前が言われるたびに、凄い時代になった」と座談会で皆さんからの話が出ました。
駅伝部、野球部と先生は大変よろこんでおられることでしょう。

私は地区の人と2人で新聞推進拡大へ、催しのお誘いへと行ってきました。
お留守があったり、「新聞は友人より来年から講読をさせて頂きます」と、もう既に先約がありましたが、一人でも学会を知ってもらうことはとても嬉しいことですね。
差し上げたPR版は、とてもよろんで下さいました。

また、会合に出られない部員さんを支えていくことの大切さ。
関わり続けていくことが大事なことなんだと教えられました。

11月号の大白蓮華は、「幸福と平和を創る智慧」では、組織の中で切磋琢磨し、自分の生命を磨いていくことが大切であるとあります。
人と接しない人は、自分に閉じこもり、わがままになり、小さな考えになり、自己中心になりがちである。要するに、組織を嫌う人は薄情なのである。そこに慈悲はない。切磋琢磨もない。
一人でも多くの人と語った人が勝利者である。人の面倒をみてあげた分だけ、勝利である。いろんな人々と、がっちりギアをかみ合わせて、広宣流布へと向かわせてあげた分だけ、自分が勝つ。と一部抜粋ですが、私は地区の中では、教えて頂くことばかりです。
共に祈り、共に行動し、共に成長できる同志がいることはとても幸福なことであります。感謝の思いで一杯です。
地区の人達と一緒に行動していくと、自分の悩みなんて小さなことだなあと思いになりました。

まだまだ、これから、これから。
『いまだ懲りず候』の心で行きます。

最近は暑かったけれど、また寒くなりました。
体調を崩されませんようにお過ごし下さい。
2016年10月23日(Sun) 20:50
Re: タイトルなし
編集
プリッツ様

コメントをありがとうございます。

私も田中選手、池田選手のドラフトは注目していました。田中選手クラスだと逆指名してもよさそうですが、どの球団でも行くという姿勢は潔いですね。ソフトバンクファンで学会員の方は喜びが大きかったのではと思います。
池田選手もテレビで大きく取り上げられていましたね。創価大の野球部マネージャーの方が神戸の出身で、そちらの地域からもメールが入ってきていました。いろいろと苦労された方だと知りました。楽天でぜひ花開いてほしいですね。

創価学会は今やいろんなところで注目される存在です。それは仏法正義の証明であり、また創価に偏見を持つ人に実証でその力を示していくことになります。田中選手や池田選手の姿が、マスコミを通じて仏法理解の大きな力になるのだと思います。

組織についての池田先生の指導は峻厳ですね。

>人と接しない人は、自分に閉じこもり、わがままになり、小さな考えになり、自己中心になりがちである。要するに、組織を嫌う人は薄情なのである。そこに慈悲はない。切磋琢磨もない。

組織を嫌う人は薄情である・・・・厳しい言葉です。私も無慈悲な自分を乗り越え、組織と一体となって戦える自分に「人間革命」しました。組織での信頼を勝ち得る・・・これが社会での信用や勝利を勝ちうる一歩だと思います。幹部を批判していた私が、今では幹部さんを尊敬できるまでになりました。それは決して幹部のイエスマンになっということではありません。組織の大切さ、そこに集う人々を仏のごとく敬っていくことが、不軽菩薩の振舞に通じるのです。それが「師弟不二」「異体同心」の正しき信心になっていくのだと思います。

>一人でも多くの人と語った人が勝利者である。人の面倒をみてあげた分だけ、勝利である。いろんな人々と、がっちりギアをかみ合わせて、広宣流布へと向かわせてあげた分だけ、自分が勝つ。

その通りですね。
和合僧の心を大事に、皆さんと協調し、楽しい広布の組織を目指していきたいと思います。

プリッツさんもお体を大切に。ともどもに自分に打ち勝つ日々でありますように。


2016年10月24日(Mon) 10:01
Re: タイトルなし
編集
ゆうじ様

重ねてのコメントありがとうございます。

大成功の地区総会おめでとうございます。

>大変気を使いましたが、嬉しかったです。

そうですね。会合を企画運営するものとして、その準備は大変なものがあります。
「家庭訪問の分担をどうするか?」「あの人への連絡は大丈夫か?」「どうやって会場まで来られるのか?」「体験発表の方は困っておられないか?」「お樒もきれいなものに取り換えよう、お仏壇のホコリは?」等々、無事に会合が終わり、みなさんが帰宅されるまで、何かと気が抜けないものです。終わったら終わったで、「皆さん喜んでおられただろうか?」「信心に励む気持ちが増しただろうか?」とそれも思うところです。

人の幸福に責任を持つのですからそれは大変ですし、疲れもでます。でもそれは快い疲れですし、仏の使いとしての歓喜の疲れだといつも思います。その分、力をいただいて溌剌とした自分に生まれ変わるのが妙法の功徳だと思います。

>あとは自分の大確信の対話で絶対に良くなると激励してあげたいです。

素晴らしいですね。歓喜と確信で語っていくしかありません。それが相手の生命に通じないわけがないと思います。いつか自分が死んでいく時に(まだ少し早いですが)、「私は常に語り切った、言い切った」と言える信心でありたいですね。

ともに次なる戦いに向けて前進していきましょう。
ゆうじさんの大成長を楽しみにしています。
2016年10月24日(Mon) 10:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30