広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 烏(カラス)の黒きも鷺(サギ)の白きも

烏(カラス)の黒きも鷺(サギ)の白きも



 今月の本幹では四国の愛唱歌「紅の歌」が紹介されました。私も朝の配達時、車中で「学会歌」を聞きながら走ることがあります。ちょうど朝の太陽が空を染めて、「紅の歌」に乗せて、私の心には創価の太陽が昇ります。


 池田先生はご自身の入信について「日蓮仏法の難しいことは何もわからなかった…ただ、権力から弾圧を受け牢獄に入られた戸田先生という人を信じたのです。」という意味の話をされています。きっと出会われたその瞬間に、法華経の「師弟」を悟られたのだと思います。

 私はと言いますと、27歳で折伏を受け、生まれて初めて「妙法」の話を聞いたのですが、他の宗教はことごとく拒否反応が出ていたにもかかわらず、「妙法」だけは何の疑いもなく、命に溶け込むようにその場で入ってきました。そしてその夜から一人題目を唱え始めたのです。自分も気がつかないところで、生命は奥深くその時を渇仰していたのだと思います。まわりにも学会員がいたのですが、みんな私だけは信心しないだろうと思っていたそうです。(笑)

 入会しても私は池田先生をそれほど求めたわけではありません。学会活動にも出ていましたが、信心を教えてくださった先輩が、宗門の話を良くされましたので、お山にも良く行った方ですし、近くの寺院にもよく行っていたのです。
 もちろん出家などは考えたことはありませんが、もしそうしていたら、今頃、放蕩三昧の悪僧として、「創価新報」で叩かれていたでしょうか?(笑)



81_R.jpg





 私は心中、僧俗和合を願っていたのですが、ある日、宗門問題が明るみになり、学会が破門されるという事態が起こりました。その時、即座に「これは宗門がおかしい」と直感しました。

 理屈は抜きにして、これだけ創価学会や会員からご供養を受けていて破門するというのは、人の道に外れているというのが率直な感想でした。立派なお説より、やはり人は振舞ですね。正本堂の破壊など、狂気の沙汰としか思えない所業です。

 今となってはその事件によって、自分は学会一筋の道に、池田先生だけを求め行く道へと入ることができたのですから、ありがたい出来事となりました。私の僧侶や寺への尊敬の念も、泡のごとく消え果てました。私の多くの大切な友人が法華講へといきましたので、それはまさしく信仰上の分岐点であったのです。

 振り返りますと、信仰の道も理屈ではなく、過去の宿縁、因果ということに引っ張られていくことを強く感じます。戸田先生は仏法を邪魔する僧について「大聖人様の御時代に、あるいは良観とか、あるいは法然の弟子とか、そういう者(の弟子などになる連中)は、いったい過去にどういう者だったかというと、昔、仏法をくさした外道の者が生まれてきて、仏法をやってですね、そうして今度は正法を邪魔するんです。そうすると今度どうなるか、あいつらが死ぬと、今度は日蓮正宗のなかに生まれてくるんだよ。誠にこれはおもしろいもんだぞ」(佐渡御書講義)と言われています。

 今の所業が因となって、人は次なる生の果報を受ける・・・因を作った以上、その果は避けられないものです。生命の因果を深く知悉されている戸田先生ならではの言葉だと思います。

 御書には「烏(カラス)の黒きも鷺(サギ)の白きも先業のつよくそみけるなるべし」(佐渡御書959P)とあります。いかなる先業をもったものか、凡眼の私には自身の因果すら見えません。ただ今の自分を見て過去の自分を察すれば、学会と池田先生に縁が強かったことは確かなことです。

 ともあれ私の一生は「創価の師弟」で生きていく人生となりました。その信念が自分の生命に宿っていたこと、それが幸福の土台のごとく生命に現われたことを本当にうれしく思います。晴れ晴れと生きていけるこの「師弟の大道」を我が生命に染め抜いて、今日も地域の同志とともに、朗らかに前進していきたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村









Comment

No title
編集
僧侶が数千万円するクルーザー、高級車を乗り回している姿に外部の友人から僧侶は質素と思っていたが裕福なんだね。と嫌みを言われたことを思い出しました。正本堂の破壊には絶句しました。

今月の初めに上京した折に信濃町平和会館で何度か題目を上げにいきましたがインドからのメンバーの多さに世界的創価のスケールを実感しました。
凄い時代になりました。宗門とおさらばしていなければ、宗門に縛られて世界的創価の発展はなかったですね。


2016年10月26日(Wed) 21:12
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

宗門問題は学会史上、最も大きな革命的な出来事の一つであったと思います。
その後の一連の改革も含め、これこそ「発迹顕本」だったのだと思います。
宗門、法主に隷属する「迹」の姿を払い、民衆が主役の「本」の姿を顕す・・・
世界広布をなしていく上で、宗門の権威からの離脱は必然であったと思います。

もちろん学会を尊ぶ立派な法主であればこうはならなかったと思いますが、
すべては御仏智であり凡夫の思念を越えた出来事としか言いようがありません。

日顕宗が学会のご供養で、堕落している間に、池田先生はその弾圧に耐えつつ、
世界広布への布石を着々と打ってくださっていたのだと思います。
命がけで広宣流布する人は誰なのか?その人こそが「死身弘法」の人であり、
「地涌の菩薩の棟梁」であり、仏意の人だと思います。

池田先生がその人であり、世界の民衆に仏法をたもたせたいという先生の一念が
今、世界各地で爛漫と花開く時代となりました。
本当に想像を絶するスケールの大きな大勇の師匠ですね。

その意味で、学会もこれからが新たな時代であり、会員は安閑とはしていられないと思います。
また今までにない新たな魔が競うことも覚悟しないといけないと思います。
先生が言われるように一人一人が「池田大作」となって広布の責任を持って戦う時ですね。
私もその陣列に加わり、自分の使命をよく見極め、同志の皆さんとともに先生の魂を継いでやっていきたいと思います。
2016年10月27日(Thu) 12:52
Re: タイトルなし
編集
はすこ様へ

宗門に関連したコメントでしたので、もう一通のほう(会則改正の記事)にまとめて返信しております。
どうぞ、よろしくお願いします。
2016年10月28日(Fri) 17:49
鯉(カープ)の赤きも
編集
昨年、虎キチ仲間(学会員です)と野球のオールスター戦の観戦に広島のマツダスタジアムに行ってきました。
オープニングセレモニーに「創価ルネサンスバンガード」が登場。
隣の奴(学会員です)は「これで来年は広島が優勝するなぁ」と。

昔、甲子園で学会の文化祭が開催された年に、演目者として参加していた奴は
「喜べよ、これで来年は阪神の優勝やぞ」とのたまわっていましたが
なんと阪神はリーグ優勝し日本一にもなりました。(日本一はこの1回のみ)

今回もあらら、ほんまに広島はリーグ優勝してしまいました。
先日「広島ほんまに優勝してもたなぁ」と奴に言うと
「びっくりしたわ。阪神が優勝すると思てたのにな」
「去年、これで来年は広島が優勝するな、って言うてたやろ」
「まさかほんまに優勝するとは思てなかったわ。25年ぶりやろ、
25年前と言えばなぁ、学会は魂のどくり・・」「分かった、もうええから」

でも創価ルネサンスバンガードはお世辞抜きで素晴らしかったですよ。
マーチングファンからは「ルネバン」と呼ばれているらしいですね。
2016年11月06日(Sun) 16:09
Re: No title
編集
うなぎ犬様

コメントをありがとうございます。
うなぎ犬さんの心の景色はおもしろいですね。
私も早く虚空会の儀式を思い出さねばなりません。

>学会員でも光っている人と光っていない人がいますね。

そうですね。誰しも輝いて生きていきたいものです。
同じ信心なのに何かが違うのでしょうか?

生命に太陽が昇れば誰しも輝きます。
輝いていない人は太陽の昇りっぷりがまだ弱い人ですね。
どうすれば太陽が勢いよく昇るのか?
御本尊を信じ、題目と折伏、学会活動に人一倍励めば太陽が昇ります。
過去はどうあれ、現当二世・・・強い信心を起こせばたちまちのうちに
悩みは晴れ渡る・・・それが妙法だと思います。

そのためにも精進していきたいと思います。



2016年11月07日(Mon) 15:05
Re: 鯉(カープ)の赤きも
編集
虎キチさんへ

絶妙なタイトルでありがとうございます。

私の甥っ子が大阪ですが、虎キチです。以前は年に必ず一度、甲子園に誘われお供してました。
縦じまのユニフォームにメガホンもって背中には「HIYAMA]の文字が・・・(もちろん甥っ子です。)
あのすさまじい応援団の中で私も観戦しましたよ。

あの熱狂ぶり、勝っても負けても阪神愛を貫く皆さんには頭が下がります。
学会も同じ、勝っても負けても学会が大好きで池田先生愛で生きています。
どちらも過去の先業としか言いようがありません。(笑)
体のどこを切っても虎キチだったり、学会員だったり・・・それでこそ本物ですよね。

私も虎キチさんのためにも阪神に勝って欲しいですけど、どういうわけか勝てません。
育成からチームフロントに一貫したポリシー感じられないのは素人目でしょうか?
営業的にはファンがついてきますし、御の字でしょうからね。

外人もはずれが多いですし、ドラフトも創大の正義君を指名しませんでした。
全体的にやることに強気の芯がないような・・・

金本監督にも厳しい1年でしたね。重圧と監督経験がないのがきつかったですね。
今年はどのチームにも優勝のチャンスはあったと思いましたが。
もっとも広島だって緒方さんはあまり采配が良くないようですけど、
若手の台頭、いい外人、投手の柱に黒田さんがいたことが大きかったですかね。

阪神には少し経験のある理論派の監督がいいように思いますが、次は掛布さんでしょうか?
個人的には岡田さんに運を感じるのでもう一度やってほしいと思っています。

以上、独断と偏見の虎分析でした。(笑)勝手な意見で大変失礼しました。

広島球場は芝が気持ちいいですね。ルネパンの生演奏とはそれはすごいです。
それだけでも広島行く値打ちあると思いますよ。

来年の金本阪神に期待しましょう!
2016年11月07日(Mon) 15:49
そんなに阪神を語って下さるとは
編集
王者の剣さん こんばんは
いやぁ、本題からソッポを向いたような私のコメントでしたのに、
それにもかかわらず、見事な虎分析のために文字を費やしていただき恐縮するやら、感激するやらです。
この手の話の返信は超長文になってしまいますのでグッと我慢します。
ありがとうございました。


理事室から、音楽が広宣流布に何の関係があるのか、と反対をされる中、池田青年室長のポケットマネーから始まった、「師弟の手作り」から始まった音楽隊。
池田SGI会長の先見はルネバンによって見事に開花。
いまや日本のマーチング界をリードするような存在ですからね。
広宣流布に何の関係があるのか、どころではなく最先端をいっているんじゃないでしょうか。
「創価の師弟」を厳然と貫いた結果なのでしょう。
師弟共戦だとこんな境涯になるんだ、という見本を見せてくれているようなものでしょうね。
2016年11月08日(Tue) 22:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31