広布の大河に君ありて tori

TOP未分類 ≫ 体験発表

体験発表






IMG_3565q.jpg





 先日はわが地域で圏の記念総会があり、圏長から指名を受け、私と家内二人で体験発表をいたしました。

 圏長に「他にもいい人がおられるのにどうして私達に?」と聞きましたら、「今、圏でもっとも輝いているからですよ。」との事。「確かにあちこち輝いていますが・・・(笑)では家内がOKすればやりましょう。」とその場でお受けすることにしました。

 後は家内をどう口説くか・・・作戦を練りつつ帰ってその話をしましたら、「私やるよ!」との返事。拍子抜けしましたが、本来、私とは違って物おじしない奥さんです。

 当日も体験発表が成功するように一緒に題目をあげるつもりが、「私はうまくやる自信があるから」と言って、娘と買い物に出かけてしまいました。(笑)題目をあげないで堂々、学会活動できる珍しいタイプの人です。(決して真似はしないように願います。(笑))

 たいていの人が大勢の前での体験発表と言いますと、尻込みされるようですが、長年信心しているなら体験談を堂々、語れるようでありたいですね。

 どんな小さな体験でも良い・・・機会がめぐって来れば「やります!」と手をあげる方がいいと思います。体験発表をやることが、実は素晴らしい活動であり、勇気を出す体験そのものです。「声、仏事を為す」との言葉通り、多くの人に信心の功徳を語る・・・それは仏を讃嘆することであり、同志を勇気づけることとなり、広宣流布の波動を広げる歓喜と感謝の立派な「化他行」です。

 家内は病によって信心に目覚めていく自己の体験を、私は34年の信心で自分の内面がどう変わったか自身の人間革命を中心にお話しました。そして、最後に地域の広宣流布のために一生懸命戦っていくことを、皆さんにお誓いいたしました。

 「お金が儲かった」「病気が治った」という体験は目にもわかりやすいですが、生命の功徳というものは言葉では説明しにくいものです。しかし、本当の人間革命は「心の財」ですので、あとは自分の「十如是」を見て感じてもらうしかありません。

 その意味で私は当日、内容もさることながら、声の力が大事だと思っていました。「確信ある堂々とした声」、「歓喜あふれる声」、「張りのある健康な声」によって、私の「蘇生した生命」を感じてもらおうと思ったのです。

 会合の後、普段、お話しない会員の方からも「すごく良かった」とたくさん声をかけていただきました。ある婦人部の方からも「初めて聞く体験で感動しました。」「こんないい体験をお持ちの方だとは思っていませんでした。」男子部からも「僕も負けずに頑張ります。」等の声をいただきました。本当に同志はありがたいものです。

 婦人部、女子部の方はストレートにありのまま感想を言ってくださいますね。また壮年の方からも今回は多くの感想をいただきました。私も以前、名前も知らない方の体験談の後、階段を追いかけていって、「良かったです。感動しました。」と言いに行ったことがあります。やる方からすれば勇気を出して発表するのですから、一言でも声掛けしてもらうと嬉しいものです。

 総会の模様は婦人部がアルバムにして先生奥様に届けるそうです。「先生、ありがとうございます。あんなにもひどかった私ですが、こんなにも蘇生して、元気に学会の先頭に立って頑張っていますよ。」そんな歓喜の心をお届けしたいと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment

編集
奥様との体験発表、お疲れさまでした。
大勢の前での体験発表は、緊張しますね。
王者の剣さんの毎日の活動と祈りが、奥様を素敵な方にされているんですね。

私は原稿が修正が多くて、大変でした(笑)
だけど、発表してる途中にも、「ほーっ」と感嘆の声が聞こえたり、終わってからも「良かったよ!」と沢山の人に声を掛けて頂いて嬉しかったですね。
ひとつひとつと境涯が大きくなってきたように思います。

折伏も、職場の人に自然と話せました。不思議な感覚でした。
こんなこともあるものだなあと。
今は3つぐらい難は来てますが、それだけ宿命転換が近いのだと思っています。

王者の剣さんの記事は、ご自分の体験を書かれているのでいつも勇気を頂いています。ありがとうございます。
『広宣流布のために』と活動し、祈る、そして先生を求めていくと、生命は強くなっていくものですね。

同時中継も、良かったです。
先手!ですね。後手になってはいけないですね。
駅伝部の中で、3人会員だと聞きました。駅伝部の選手全員のご両親は、会場にご招待されていたそうです。
凄い時代になりましたね。

寒くなりました。
健康第一でお過ごし下さい。
2016年11月12日(Sat) 17:55
Re: タイトルなし
編集
プリッツ様

体験発表はいろんな意味でいい体験になりますね。(笑)
ブログで記事を書いていたことも原稿の役に立ちました。

同中も良かったですね。
特に創価大駅伝部は爽やかでした。
聖教新聞にも連載がありますが、どんなことも一歩中に入るとドラマがあります。

「人間革命」は総体革命でもありますので、「家庭革命」も大事な要素ですね。
「一家和楽」と言われる所以です。

我が家も結婚当初は喧嘩も良くしましたよ。
結局、自分を革めることで良くしていくしかありません。
たとえ相手が悪くても「相手が悪い」と言っているだけでは子供の喧嘩ですよね。

さて、今日は家族で関西墓園に行ってきました。
紅葉や銀杏の木が色づいてとてもきれいでした。

創価三代の師匠のお墓にもご挨拶してきました。
天気も良く、広々として空気もきれい・・・・
我が家は墓は所有していませんが、やはり死後は学会墓園で安らかに眠りたいものです。(笑)

宿命を使命に変える・・・それが先生の指導です。
宿命が深い、たくさんあるということは使命が大きいということですよ。

そう心得て、また力強く前進していきましょう。

いつもありがとうございます。




2016年11月13日(Sun) 18:48
Re: タイトルなし
編集
ゆうじ様

私もそういうところをたくさんやってきました。
思い通りに行かない時はつらいものですよね。
でも信心さえ強くいくならば、後から見るとそれでよかったと思えるものです。

信心の目的は目先の祈りを叶えることででなく、自分が大樹と育つことです。
また自分の小願に生きるのではなく広宣流布という大願に生きることです。
小願に生きる人は、願いがかなわなければ退転していきます。
ひとつ叶っても次が叶わなければやっぱり疑うものです。
それが「無明」と「魔」の常に狙うところですよ。

自分の祈りが叶う叶わないに関係なく、広宣流布に生ききる人が「信念の人」、「仏」です。
私は「信念の人」「仏」になれるならそれでもう幸福です。

思い通りにならない時、「それは仏様のお計らいなのだ」「きっと意味があるんだ」と潔く吹っ切って、
「ありがとうございます」と題目で御本尊にぶつかっていく・・・
そして広宣流布という大願へ目覚めていくのが信心の道だと思います。

行き詰ったところから、祈りが叶わないところからが信心ですね。
そこを頑張って行けば新しい世界が開く・・・そう確信できれば歓喜と感謝が湧いてきます。

「不信」と「愚痴」を「歓喜」と「感謝」に変えるのが本当の信心ではないでしょうか?
2016年11月14日(Mon) 11:36
No title
編集
夫婦での体験談お疲れ様!
体験を語っていくことは大事と思います。

聖教掲載されているような素晴らしい体験があるのに私の体験を聞いて信心発心したと言われたときは驚きと複雑な気持ちになります。
体験の原稿を作成していると自分の信心について整理できて良いと思います。
漠然と考えていたことが鮮明になり意外な盲点を発見して反省することあり
体験発表聞く側より話す側が信心が深まると感じています。
いつの日か、ご夫婦の体験をきける日が来ることを楽しみにしています。
2016年11月21日(Mon) 14:46
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

御夫婦の体験談はうるとらまんさんが先輩ですね。

我が家は体験と決意発表を兼ねたものとなりました。
それでも因習の深い地域ですので、私のように学会を元気でやるというだけで
波動が広がります。また体験発表する功徳はとても大きいですね。

私も夫婦で10分でしたので、文章をだいぶ整理しました。
今週、別の地区と交流があり同じ体験談をもう一度、先方の要望ですることになっています。
多くの人の前で功徳を語れると思うと益々元気になります。

文証理証より現証です。
身に出た功徳を語れるかどうか・・・そこに本当の信仰の姿があるのだと思います。

歓喜と功徳があふれている・・そうなった人が何と言っても一番ですね。
下手な理屈など、チリのように吹っ飛んでしまいます。(笑)







2016年11月21日(Mon) 16:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31