広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 「創価学会仏」の世界

「創価学会仏」の世界



 12月に入り、今年も残すところ、後1ヶ月となりました。まだ一年を振り返るのは早いかもしれませんが、今年の反省もしつつ、そして明年に備え、心の準備もしていきたいと思います。

 世間では「一年の計は元旦にあり」ですが、年が明けて計を立てたのでは遅いですね。「来年の計は師走にあり」です。来年をどう生きるか、戦うか、今年以上に唱題と折伏戦に挑戦している自分を描きつつ・・・スタートダッシュをかけたいと思います。

 「過去は問わない」・・・栄光も挫折もいろんなことがあったとしても、すべては瞬時に彼方へと去ってしまいます。そして未来が止むことなくやってきては、また彼方へと去っていきます。去った過去をくよくよしたところで、幸福の因にはなりません。決意も新たに前進するのみ・・・それが本因妙であり、幸福への前進です。




IMG_3699.jpg




 今、わが地区には、男子部の活動家はいませんが、他地区の男子部との交流を私は大事に、楽しみにしています。私自身が27歳の入会と、男子部としては遅かったのですが、今、男子部に接しますと、当時の自分を見る思いで「まっすぐに大きく育ってほしい」と願わずにいられません。

 まさに「光陰矢のごとし」・・・青年はアッというまに壮年、婦人になるのです。老いるということは容赦のない現実ですが、せめて若き時を私のように愚かに過ごさないためにも、学会活動の素晴らしさを語り、青年を励ましていきたいと思います。

 学会では縁する同志を「自分以上の人材に」と言うのが合言葉です。それこそが菩薩行です。相手よりも自分が上にいたいのは修羅界です。その人の一念がどうなのか?人をだませても仏様はお見通しでしょう。それは再び自分に報いとして返ってきます。それ故に自他共の幸福に生きる生き方こそが、未来の幸福を作ることになります。弘教に励む学会活動には「師弟不二」「異体同心」「広宣流布」「人間革命」「世界平和」等々、すべてが包含されており、もっとも確かで理にかなったものだと思います。

 私もできれば来世は19歳ぐらいで、池田先生の元に早々に集って広宣流布に貢献したい・・・これは私の「来世予想図」です。もう放浪、堕落はこりごりですから・・・(笑) 必ずそうなれる信心ですので、来世に行くのも楽しみというものです。

 若木の如く、いつでも青年の心で生きていけるのが妙法です。「自分を高めていこう!」「まっすぐに伸びていこう!」「先生と共に生きていこう!」その心があればいつでも青年です。その一念に御本尊は感応し、その人の生命の隅々にまで、若いエネルギーが、蘇生の滋養がいきわたるのだと思います。


 今月12月号の大白蓮華巻頭言の先生の指導は、苦難と戦っている人への素晴らしい励ましです。特に須達長者のお話、北海道のご夫妻のお話等、私も命に刻む思いで読ませていただきました。

 私も一人の須達長者です。今は貧乏の方をやっていますが・・・(笑)
本当に法華経の比喩や説話はすべて我が身に当てはまるものだと思います。

>夫妻で吹雪に胸を張って「創価学会」と書いた信心のゼッケンは、一生涯、命から離さない!」と広布に走り続けた。
と北海道の夫妻のことを讃えておられます。

 我らもその心で進めばやがて仏界に至るのは大聖人様のお約束です。それを知るために、わざと苦難の人生を歩むのです。苦難のない信心は、「変毒為薬」の妙味のない、つまらないものだと言えます。

 最後に、開目抄の一節を引かれ、「自然に仏界にいたるべし」との実証を示せるのが、「創価学会仏」の世界だと結論されています。

 先生の指導に100万馬力の力を得て、吹雪に胸張る青年の心意気で、本年、最後の月を疾駆していきたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

No title
編集
お久しぶりです

28日の私の題と一緒\(^o^)/

「もう放浪、堕落はこりごり」
これも一緒(笑)

「今は貧乏の方」
これも一緒(大笑)

暇なとき 読んでみてください

http://tomotiyoo.exblog.jp/27057989/

何だか 自分の宣伝になっちゃった(o^―^o)ニコ

お互い 生涯青春でいきましょうね
これからも よろしくです
2016年12月03日(Sat) 09:39
Re: No title
編集
ちよさんへ

そうでしたか?
うっかりしていました。

先日もある記事を書こうとしましたら、ある方が同じような意味のことを書かれていて、
没にしたことがありました。

同じ信心で同じ新聞機関紙を読んでいますので似たようなことがでてきますね。

まだ20歳とはいきませんが、35歳ぐらいまでは若返ってきました。
そういえば年から30歳引いてと言われますので、あと一息です。

ちよさんは血の気の多い分、お若いのではと思いますが、どうでしょう?

お互い、妙法の血脈で命を染めて若返っていきましょう。

2016年12月03日(Sat) 12:34
No title
編集
こんにちは

私 血の気多い?(笑)
単なる 江戸っ子気質だと思ってました(*^-^*)

元々は 貧血だったんです(そういう事じゃないよね・・・)
でも これ マジで
医者に出された 鉄分を 長い間 飲んでました
う〇こが 黒くなる・・・

金欠もありまして 財布の中は 診察券がいっぱい
でも 最近は 歯医者だけになりました

「年は・わかうなり福はかさなり候べし」でしょうか?
本当に 健康になりました(o^―^o)ニコ

今度 一緒に 成人式でもしましょうね
2016年12月04日(Sun) 13:21
Re: No title
編集
ちよさんへ

血の気というよりは負けん気かもしれませんね。

病気の人は病気する前より健康にならなければいけないという指導もありました。
池田先生も弱い身体を変毒為薬され、寿命を延ばされています。

「生も歓喜、死も歓喜」その世界に入って、来世へと出発できるように、
日々、精進したいと思います。

103歳になったら、成人式をして旅立つ・・・そういうのがいいですね。
2016年12月05日(Mon) 15:01
No title
編集
負けん気 嬉しいですね
負けじ魂 ここにありは 私の友人も好きな歌です

https://www.youtube.com/watch?v=mFTPV39A5Rc

ヒエ~
103歳ですか~?
じゃぁ もう少し お酒は控えないといけないかも~?
多分 王者の剣さんの方が 私より少しお兄さんだと思いますので(?)
王者の剣さんが103歳になった時 考えますね(笑)

2016年12月06日(Tue) 12:11
Re: No title
編集
ちよさんへ

私は103歳は無理だと思いますが(そこまで生きたいと思うかどうかですが)
家族のために米寿まではいたいと思っています。
今は「生は歓喜」ですが、その頃には「死も歓喜」となっていることでしょう。

御本尊様と、学会の信心は絶対です。間違いありません。
嬉しくてありがたい歓喜と感謝の世界がそこにあります。

「命限り有り惜(おし)む可(べ)からず遂に願う可きは仏国也」(富木入道殿御返事、955㌻)で
いきたいと思います。

「仏国土行」の特急列車に乗って、今日も朗らかに前進です。
2016年12月06日(Tue) 16:51
No title
編集
年内は過去最高の題目を上げると決めて5時間題目を半月以上続けています。
これだけ題目上げたのは初めてです。
最終的には信の一字が問われていると不信との戦いです。
不信に迷うとき、御書を拝し1月2日折伏決めると題目を上げています。

2016年12月12日(Mon) 12:14
Re: No title
編集
うるとらまんさんへ

5時間題目ですか?

まだまだですね・・・私は18時間題目です。
寝るとき以外は朝から晩まで題目です。(笑)

境涯、生命がますます開きゆきますことをお祈り申し上げます。

私も勝負の時を迎えて、本気の戦いをやりたいと思っています。
共々に創価の黄金柱として、戦っていきましょう。
2016年12月12日(Mon) 13:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31