広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 誇り高き「幸の城」

誇り高き「幸の城」



22.jpg 




 昨夜は支部の唱題会があり、新入会の婦人が、紹介者の男子部員とともに参加して下さいました。支部長からも「入会前より、顔が明るくなりましたね」と言われ、30分の唱題を元気にあげられました。何かあるごとに私にも電話が入ります。入会前から築いた信頼関係を大事にして、「学会に入ってよかった」と言ってくださるように、これからも力になっていきたいと思います。

 この信心は実生活と離れてあるのではなく、「信心即生活」とあります。その指導は永遠に学会員の柱とするべきものだと思います。「信心は観念の遊戯ではない」との戸田先生の指導もありますね。信心は行動、実践によって、現実の自分を変革し、周りの環境をも変えていくことを目指します。たとえ相手や環境が悪くても、自分を変革することによって、解決していけるのですから、結局はすべて自分に因を求めるものだと思います。

 その体験をつかんだ人は強いですね。なぜなら何があろうと、自分の信心で解決できることを知るのですから、頼もしい限りではないですか?

 その意味で自身の変革を決意して挑戦の信心をしたいものです。どこまでも自分を変える・・・内道探求の信心です。「自分はこうなりたい」「こう変わるんだ」と決めて挑戦です。確かに決意した時に、すでにそうなっていることが、今では私も感じるようになりました。

 私など仏様が功徳を受けられるようにたくさんの悩みや業苦をつけてくださいました。幸福になるための燃料には事欠きません。(笑)それをありがたいと思うか、つらいと思うか・・・どうせなら「ありがたい、やってやるぜ!」と笑っていきたいものです。

 自分が生きる地区、地域が生活に根差した本当の「人間革命」の道場であり、そこを離れて仏法はない・・・それが「信心即生活」の基本だと思います。私自身は相手も見えない、自分も見せないネット空間を「信心修行の場」と考えたことはありません。一人の人間を信仰に立たせ、自分が「人間革命」していくということも、地域という生活の大地で戦って一つ一つ勝利したいと思います。

 「人柄はどうか?」「生活はどうか?」「信頼はできるのか?」鏡のように地域では自分が映し出され、実像が等身大でさらけ出されます。ええかっこいってもすぐにメッキがはがれるのが実につらいところですが(笑) 現実を直視してこの姿で勝負です。日ごろの振る舞い、人間性が常に問われ、それによって信頼も決まってきます。

 「組織が面白くない」という人の気持ちもよくわかります。私もかつては組織が大の苦手でした。しかし組織がなければ「世界広布」も「人間革命」もできないでしょう。そこに身を惜しげなく投じて戦えば、確かに学会の組織というのは素晴らしい「人間革命」の道場だと必ずわかります。

 現実社会で悩み苦しむ人々が集い、顔と膝を突き合わせ対話する・・・一軒一軒家庭訪問し、唱題会を持ち、座談会を開き、一所に集いあって信心を学んでいく・・・そんな小さな会合を毎日のように私もここ10数年続けてきました。それは鑿(ノミ)で岩盤を打つような地味な作業の繰り返しですが、その中に「人間革命」の真髄があることを確信します。

 学会の組織こそ「師弟不二」「異体同心」の二義が厳然と備わっているご本尊様直結の「修行場」です。 そうであるなら田舎のこの小さな地区こそが私の誇り高き「幸の城」であり、「人間革命の港」です。何よりも私はその場所を愛している・・・今は心からそう思えるようになりました。

 
 「春はもうそこまで」と言いながらまだまだドン冷えの冬ですね。しかし、私の心にはポカポカ温かな春風が吹いています。地区の人たちを愛し、励まし、ともに成長しながら、御本尊と池田先生への「信」の一字をもって今日も前進しています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

編集
こんばんは。

まだまだ、寒いですね。
職場も地域、地区も「信心即生活」が基本ですね。

職場は、人間革命の場だと思い、誠実に真面目に努力して4年目になりました。
最初は仕事を覚え、力をつけるまでは耐えていくことでした。
人のあら探しをして、鬱憤を晴らす人がいますが、今ではその人は問題の人となっています。
まわりの人達ともお互いに助けていける環境になりました。
大変だったからこそ、頑張ってこれたのだと思っています。

地区は、団結出来るかどうかなのだと思います。
合う、合わないは人によってありますが、人ではなく自分自身なのだと思います。

組織での学会活動はしない、同志への批判はする、人のあれこれをネットに載せる、言葉だけのやり取りだけが広宣流布ではないと思います。
御書や先生の指導を学び、祈り実践することが、体験を人に語っていくことが広宣流布ではないでしょうか。

春はもうすぐ!
そんな思いでいきます。
2017年02月13日(Mon) 19:13
Re: タイトルなし
編集
プリッツ様

こんばんは。
毎日ご苦労様です。

地区も学会組織も私は修行の場だと捉えています。
そこに入ると、毎日、たくさんの問題や人間関係にぶつかります。
そういうことの一つ一つが自分を磨いていく上でとても大事だと思います。

芋の子を洗うように、気がつくといつしか自分の悪しき皮が取れている・・・
人としてもだんだんと包容力や輝きが出てくるのが本当です。

組織も言葉ではなくやはり心だと思います。
心が相手に通じれば、相手も変わります。言葉だけでは人は動かないものですね。
幹部さんの話であっても、人はみんなその心を見ています。

建設は死闘、破壊は一瞬といわれますが、信頼を作るのは地味で誠実さが問われる作業です。
そうして築いた信頼も傲慢な一言で崩れてしまいます。気を付けたいものです。

そういう信頼される誠実な自分になっていくことが「人間革命」であり、「広宣流布」だと思っています。
決して華々しい折伏成果だけが広宣流布ではない・・・そういう自分になることが立派な信心の証だと思います。

その模範が池田先生ですよね。我らも先生に続いて、先生から学び、広布の人材となって、今世を戦い抜きたいものです。

プリッツさんの健闘を祈っていますよ。苦難の坂を越えて晴れやかな勝利の頂上を目指して行きましょう!

2017年02月13日(Mon) 22:56
はじめまして
編集
ボクも創価学会会員です。
毎日御書を拝読しています。
2017年02月17日(Fri) 14:17
編集
こんばんは。

今日は地域の方にPR版を持って、新聞購読のお願いをしました。
前回お断りされたので、自信はなかったのですが、朝祈りながら、行動をしてみようと思いました。
今回、購読をしてくださるようになりました。
法戦の時もお願いに行ってたのですが、再度、新聞も挑戦出来て嬉しかったです。

今、決着をつけるとの思いがあるので、上の幹部の方に近々ご指導を受けに行きます。
その前にひとつでも挑戦出来ることがあればと思いもありました。これでまた更に祈りが深くなります。
2017年02月18日(Sat) 18:21
Re: はじめまして
編集
稔様へ

たぶん初めてではないようですが。

毎日御書を拝読されているのですね。
私ももっと御書を研さんしなければと思います。

ともどもに頑張っていきましょう!
2017年02月19日(Sun) 20:51
Re: タイトルなし
編集
プリッツ様

いつも頑張っておられる姿に頭が下がります。
悩みをバネに、宿命に決着をつけていかれようとする戦いに
必ず勝利が訪れますようにお祈りいたします。

絶対に勝つと決めて、強い祈りで三障四魔を打ち破っていってください。
2017年02月19日(Sun) 20:57
いつもありがとうございます
編集
こんにちは。昨年11/18にご指導をいただきましたケイです。ご無沙汰をしました。

あれから僕は年末だけでもと座談会に出席しました。
そこから1月度の座談会には巻頭言で出席。
2月の座談会には御書講義と、あれよあれよと復活しています。
なかなか、ぼちぼちといかないから、ふとした瞬間に自身の魔も入りそうなのですが、もう3月も、お陰様で活動報告をする事になってます(笑)まだ何も手はありませんが(笑)

友人の折伏、そして自分と同じ境遇の未活メンバーを今再び活動に勇んで出られるよう、先日は10時間唱題にも人生初で取り組みました。

もっぱら自分の悩みは解決できてないので、何度も心が折れそうになるのですが『今日こそは』の気持ちを奮い立たせて頑張ります。

本当にありがとうございました。
また報告させて下さい。
2017年02月23日(Thu) 16:48
Re: いつもありがとうございます
編集
ケイ様

お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。
コメントはしましたが指導した覚えはありません。(笑)

みんなご本尊様の前では同列ですし、「我以外みな我が師」ですね。


>あれから僕は年末だけでもと座談会に出席しました。
そこから1月度の座談会には巻頭言で出席。
2月の座談会には御書講義と、あれよあれよと復活しています

座談会、御書講義とすごいですね。
この信心はいつか仏になるのではなく、今仏です。
ケイさんももちろん仏ですよ。

学会は不思議なところですよ。やればやるほど自分がまっすぐにいい人間になっていくから不思議です。
私なんかグネグネ曲がった根性曲がりですが、さわやかな好青年になってきました。(笑)

池田先生が遠い人と思っていたのが、あっという間に不二の関係になります。
「先生大好き、先生命」と男が男に惚れていきます。そうなってくるとうれしくて楽しくて・・・もう仏です。

悩みなんてどうってことない・・我々は御本尊の子供です。幸福になるに決まっています。
今は悩みが解決しなくても悩みに負けなければいいではないですか?
前に倒れる気持ちで学会活動に、信心に生きていくなら、いつか必ず思いもかけない世界が開けます。

もっともっと元気になって、今の悩みを吹き飛ばすぐらい元気が出れば勝利ですよ。
お互いに頑張りましょう!

こちらも元気をもらいました。ありがとうございました。


2017年02月23日(Thu) 17:37
No title
編集
王者の剣さん

「相手も見えない自分も見せないネット空間」

私が以前、創価カテにいたとき、感情のおもむくままに書き込みをしていた時期がありました。それでいろんな人を傷つけて自滅しました。

「教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候いけるぞ」

とのご聖訓からは程遠い行為です。

言葉というのは、人を励ます良薬にもなれば、人を傷つける刃ともなる。
自分の浅はかさを深く反省しました。

しかし、今から思うと創価カテから離れざるを得なかったことも功徳かな、と思っています。それから、私はグループ長になり現場での戦いに集中することができるようになったからです。

引っ越しして
新しい組織になったので早く馴染もうと、地区の歌を作詞したり、友好大会でキーボードを披露したりして自分なりに地区に貢献しました。三年たった今では、
「ランさんが会合にこないと明かりが消えたようになる」
と言ってもらえるようになりました。

広宣流布の主戦場は、今、自分のいるこの場所。

「法華経を持ち奉る処を当詣道場と云うなり此を去って彼に行くには非ざるなり」ですよね。

王者の剣さん,10年間も地道にコツコツ部員さんの家庭訪問、唱題会・座談会の開催と仏道修行に励まれてきたのですね。信心だけは真面目にやり通した人が必ず勝つと思います。

私も見習ってさらに、地区やブロックに貢献していきます(^^






2017年03月11日(Sat) 21:06
Re: No title
編集
ランさんへ

リアルでいい加減な人はネットに来てもやはり同じです。
地元で信頼されない人は、ネットでも信頼されないでしょう。

ネットというのはとても不確かな土壌ですね。
人間は本来、信頼関係でつながっていくものですが、ネットではそこが難しい。
信頼よりも言葉や理屈が先行する世界です。

そんなネットに軸足を置いて、信心する人は危ないとも感じます。
私も深入りしないよう、距離を置いてやるように気を使っています。

池田先生は「その人が本当に信頼できるかどうか20年は見ないとわからない」とも言われました。
退転者、反逆者を多く見てこられた池田先生ならではのお言葉だと思います。

役職のあるなしに関わらず、地域で責任ある行動、活動を主体にやっていくことが、自然といい信心になる要素
であり、また信頼される一歩だと思いますね。


2017年03月12日(Sun) 22:55
No title
編集
王者の剣さん

「ネットは信頼より言葉や理屈が先行する世界」

ネットやメールなどのやり取りは相手の顔も表情も見えず、文の表面上だけを見るので本当に気をつけないと誤解を与えてしまいトラブルのもとになるると思います。

文の表面上だけみて「この人はいい人」「悪い人」と決めつけ、相手を攻撃したり、挑発に乗ってしまったり。完全に「しくじり」ました(笑)

「その人が本当に信頼できるか20年は見ないとわからない」

これは本当にそうだと思います。
バリバリだった鼓笛隊の先輩が宗門側について脱会を勧誘したり、もと幹部たった人が退転して学会員の悪口を近所に言いふらしたり、いろんな人を見てきました。

人の心は恐ろしいです。
人間革命しようと、努力しているうちはいいですが、少しでも油断すると悪しき生命に支配され、一気に落ちていきます。
日々、己心の魔との戦いです。

今日は3・16。
聖教新聞のPR版を片手に友人知人にあたっていきます!
では、また(^O^)/


2017年03月16日(Thu) 06:41
Re: No title
編集
ランさんへ

いろんな経験や失敗が大事ですよね。
人間を知ることが仏法だと言えないでしょうか?まさに「人間学」です。

ネットの怖いところは、言葉や文章の奥にいる「人間」が見えにくいところにもありますけど、
その言葉の奥の人間がどんな人物であるか、見極めていくのも勉強ですよね。

それにしても自分という人間でさえよくわからない(笑)
いろんな縁に触れて、自分が現われていきます。
その縁に粉動されたり一喜一憂することなく、御本尊を求めていくのが信心の道だと思います。

常に前進の息吹を湧き立たせて、戦っていかねばならない・・・その戦う心に歓喜も湧きます。
さらに力強く前進していきましょう!
2017年03月17日(Fri) 23:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31