広布の大河に君ありて tori

TOP未分類 ≫ 反転攻勢の心意気

反転攻勢の心意気




 IMG_4693.jpg




今年の桜は雨にたたられることが多かったですが、それでも花の女王らしく、鮮やかに咲いていました。私もゆっくり眺める時間はありませんでしたが、栄光の5.3へと向かい、躍動の季節がやってきたことを実感します。

 信心しているのに、なぜにこんなにも苦しまねばならないのか?そういう思いをもって宿命と戦っておられる人も多いのではと思います。本当に生命の奥深く、謗法の罪、邪宗の害毒というものがしみ込んでいるものと、私も身に染みて感じます。

 その意味で順風満帆な信心などないと言えますが、長い一生、最後まで退転せじと願い、妙法流布に生き抜いていく・・・そして必ず不退転の境涯となって、悩める人々の力になりたいと、そう思います。魔も必死に信者を弱め、信心を捨てさせようとするわけですから、負けるものかと反転攻勢の心意気を絶えず燃やし続けていかねばならないと思います。

 戦う以外に退転を防ぐ手立てはありません。御書を励みに、また池田先生に呼吸を合わせ、谷底から這い上がる思いで信心に励んでいく・・・それが本当の法華経の信者の姿であり、多くの学会の方々の姿ではないかと思います。

 むしろ戦うべき宿業も難も出ずに、安閑とやってるようでは、かえっておかしい。吹き付ける北風に歯を食いしばりながら、宿命と抗い戦う人こそ、真の信者であり、やがて師子王となる人に違いありません。

 「佐渡御書」には、その地域に住んでいて、仮に地頭なりに支払いがたまっていても、そう強く取り立てられることはないけど、そこを出ていくとなると、容赦なく、強く返済を迫られる・・・私たちの法華誹謗の罪障消滅もそういうものだと、わかりやすい譬えで教えておられます。

 私など、今世で真言の家を出て、日蓮大聖人様の仏法に帰依しましたので、さぞかしきつく取り立てられているのだと思います。失業に貧乏、ノイローゼ、激しい神経痛に腎臓癌等々・・・罰も含め次から次へとよく出ました。信心に向かうほど、強い業が出てきます。またそのことを大聖人様は「護法の功徳力」であるとも仰せです。私も今、壮健で意気盛んな信者でいられることにその「功徳力」を感じるものです。

 難が起こった時にありがたいと感じるか、どうして自分だけこんな目に合うのかと思うか・・・一念は微妙ですが、そこが仏になるかならないか、「不信」と「信」の別れ道であり、魔は絶えずそこを狙っているのです。

 宿命と戦い、苦しんでいる人には励ましが必要であり、木が倒れないように支えるがごとく、ともに生きる同志の存在が必要です。私の周りにも、生活、人生のどん底で苦しんでいる人が何人かおられます。ある婦人ですが、乳がんと心臓の病、また神経病を抱えながら、年老いた母親と生活保護を受けながら、細々と生きておられます。かろうじて生きておられる・・・電話越しの声にそんな感じを受けるときもあります。

 私はいつもこの人こそ幸せになってほしい、功徳を人一倍受けさせてあげたいと願い、励ましています。

 またそういう宿命の嵐の中を生きる人を決して、軽んじたり、さげすんだりしてはならないと思うものです。現にこの方も幹部さんの命令的な振る舞いに苦しんだこともあるようです。幹部さんといっても、本当に自分の宿命と泣き泣き戦って乗り越えてきた体験がなければ、私はこうした婦人の本当の苦しい心は理解できないのではないかと思います。

 学会は庶民の集まりであり、決してセレブや社会的な地位の高い人が上位に座する団体ではないはずです。難と戦う健気な信心の人が、中央でなければならない・・・仏様の目的は不幸の人を救い出すことですから、一番苦しんだ人が一番幸福になってこその創価学会です。

 苦難の日々の中にあっても、信心の珠が輝くなら、そこから世界も輝いていくはずです。どんな嵐の中でも黒い雲の奥には太陽が燦々と輝いている。「俺もひどいけどあんたもひどいのか・・・ひどいもの同士一緒に拝もう!」そう声をかけ、我が身だけでなく、友の不幸をも吹き飛ばす勢いで、戦っていきたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

No title
編集
王者の剣さん

綺麗なお写真ですね(^^)雨の日の桜も風情があって好きです。

私の母方も真言の家系で、(正式には天台真言)その害毒の恐ろしさは身に染みています。父方の宗教は身延日蓮宗で一家離散、ノイローゼの宿命ももっています。

真言は柱を倒そうとする、身延は五老僧の師敵対、どちらも「忘恩」ですよね。忘恩は犬畜生にも劣るといいます。

私もこの真言と身延日蓮宗の、忘恩の生命が時々でてくることがあり、信心を教えてくれた学会と先生の御恩を決して忘れないよう、日々、己心の魔と戦っています。

「信心の軌道を踏み外していく人を見るのが一番つらいんだ」

と新人間革命で先生は言われていますが、大恩ある師匠を悲しませるようなことは絶対にしないと誓っています。

仏法は勝負。

記事にもあるように、「戦うしかない」ですよね。
真言や念仏、身延日蓮宗の害毒なんかに負けるか!との「反転攻勢」心意気で戦っていきます!






2017年04月16日(Sun) 00:29
Re: No title
編集
ランさんへ

今年は雨が多く、桜もかわいそうにありました。
それでも桜は桜・・・雨に映える風情もありますね。
私もようやく聖教配達の時に、この一枚だけ撮りました。

最近は功徳論が前面ですので、邪宗の害毒ということをあまり言いませんが、
まわりの多くの人の神経なり精神なりの病など見ますと、原因は過去世だったり、
家系だったり、邪宗や法華誹謗の罪だと考えさせられることが多いですね。

また身延のように同じ妙法蓮華経で、謗法となっている宗教の害毒は強いと聞きます。
学会内で反学会となっていく人もその原因は過去世にあると見るべきなのでしょう。

いずれにせよ、今世に学会員として、広宣流布の軌道で信心できることがどれほどありがたいことか・・・
その恩だけは裏切らない一人一人でありたいですね。

戦うほどきついものも出てくることを覚悟して、絶対負けない信心で生命を固めていくしかありません。
共々にやりましょう!









2017年04月16日(Sun) 09:52
No title
編集
ハイサイ王者の剣さんへ
ご無沙汰しておりました。いよいよ大白に創価三代の師弟が掲載されました。早速、壮年部勇士で勉強会を始めています。16ページもある先生の指導を読み合わせ、学び合っています。今回は特に牧口先生について学びました。
牧口先生が一生を通じて何を追及して、何を為そうとされていたのかを学びました。それは「民衆を利口にすること」また、一貫して改善しようとされたのは「権威に従順な民衆の卑屈さ」とあり、それを助長し、つけこむ「指導者の利己主義」と憎み戦いぬいたことです。"自分で考えない""人まかせにする"黙って権威に従う"これが昔からの民衆の態度であったと、一方、こういう従順さにつけこみ、指導者はますます権威主義になると言われ、これが日本の歴史であったと喝破されています。そして、「権威がなんだ」「地位が何だ」「有名人が何だ」「学歴主義が何だ」そんなものよりも「民衆が大事」だ、そのための学問であり、そのための指導者であり、そのための教育であり、宗教ではないのかと、その信念を貫き殉教されたのです。何と何と偉大な師匠でありましょうか、三代の師匠を師匠とし、その弟子であるならば、自己の悲哀を克服し、悩める民衆に飛び込み共に励まし合い師弟の道を貫こうではないか!
2017年04月16日(Sun) 19:05
納得!
編集
久々拝見しました。
どこを読んでも納得、うんそうだ、うんそうそう
と読み進めました。
私は三世になるのですが、歳をとってやっと、信心に向かう様になりました。
青春時代は活動していなくて、この20年くらい前から活動し始め、本気になったのが6年前からです。
もっと早くにと思っても今更後悔ですし、その分を今やり始めてるということですかね。
王者の剣さんの様に私も早くなりたいです。
2017年04月16日(Sun) 22:31
Re: No title
編集
ポラリスさんへ

ハイサイでございます。

お元気なご様子うれしく思います。

>いよいよ大白に創価三代の師弟が掲載されました。早速、壮年部勇士で勉強会を始めています。16ページもある先生の指導を読み合わせ、学び合っています。今回は特に牧口先生について学びました。

素晴らしいですね。日ごろ、ポラリスさんの言われる人間主義は創価3代の師匠の精神に脈々と流れています。それが学会ですので、そこを原点として学び、未来永劫戦っていけばいいのだと思います。
組織においてもその原点を忘れれば、学会の意義はない・・・後に続くものが、その精神を継承し、組織に広めていく以外にありません。私も研さん怠らないようやっていきたいと思います。

仰せのように、人数の多さで日本人は動く傾向がありますが、たとえ一人であっても牧口先生のように、法に殉じ、正義に生き抜く一人であらねばと思います。そのためにも日ごろの信心で生命を磨き、本物の師子となっていきたいと思います。

ポラリスさんの健闘、精進を引き続きお祈りしております。



2017年04月17日(Mon) 10:54
Re: 納得!
編集
糸吉さんへ

久しぶりの拝見、まことにありがとうございます。

お元気そうで何よりです。信心はオセロゲームのように、今日改めれば、昨日までのお休みの駒が
全部、活動したことへとひっくり返ります。(少なくとも私はそう思うようにしています。(笑))

私のようになりたい・・・本当ですか?そうなったら大変ですよ。(笑)糸吉さんはやっぱり糸吉さんを生きるしかありません。
私にはないいいものをきっとたくさんお持ちです。
またどちらが大聖人様からほめていただけるか、最後までいかないとわからないですね。

みんな一緒、横並びです。大きい小さいはあっても、宇宙から土手に並んだツクシを見れば大差ないのと同じです。

どうか自信をもって糸吉さんらしく前進していってください。
2017年04月17日(Mon) 11:07
疑問
編集
管理人さん
はじめまして、学会歴は長いですが
組織が嫌になり、会則改訂や創価学会仏とかの
出現で、未活動になったひとしと申します。
私は子供の頃から、今は離れている大石寺にある
大御本尊が全てと教えられてきて、御本尊に祈って、身体も良くなり、就職も出来ました。
平成2年暮れから宗門問題での学会の宗門批判等を目の当りにし、組織が嫌になり、度重なる会則改訂で、昔コロコロ会則が変わるのは邪宗門と
指導されてきたのに、疑問を持ち、
非活動になりました。
お袋がまだ活動しており、近所も学会員が多いので、正宗のお寺にも話を聞きに行けません。
でも、親父は正宗で葬儀入仏もしており、母親が
亡くなったら、友人葬ではなく、父と同じ正宗で
送りたいと考えています。
疑問として、何故昔教えて貰った事から
変わってしまったのですか?
対話をもとめてのblogで、沢山の方が学会が
詐欺団体と分り、未活動や辞めて無宗教になっているのですか?
書いてある内容は、私から見て的を得てると感じるのは何故。
2017年04月23日(Sun) 07:52
人生はオセロゲーム
編集
私も家庭の事情で 昼夜働いていた時期があり
なかなか活動に身が入らず負けておりました
自分でも失われた10年と思っていました

しかし 王者の剣さんのおっしゃるとおり
一念を変えれば
仏法は本因妙ですので
オセロゲームのように パタパタと変わっていきます
私もそれを信じて
決して 無駄な10年ではなかった と
思うようにしました。
この信心は過去までも変えられる

かなり焦った時期もありました
「先生申し訳ございません」
すると先生は 「ええねん。ええねん。これから頑張り〜や!」そう言ってくれてるようです ^_^
偉大な師匠を持った事 本当に幸せです

王者の剣さん
いつも勇気をありがとうございます
2017年04月23日(Sun) 16:08
Re: 疑問
編集
ひとし様へ

お話をお読みして、私自身は「信」と「不信」ということをまず思いました。
あなたが学会に不信を抱かれている・・・その眼で反学会の記事なりを読まれますと
「なるほど」と思われ、私が「学会は正しい、宗門がおかしいのです」といっても
素直に信じられないことでしょう。

あなたが反創価の記事を「私から見て的を得ていると感じる」のはあなたが学会不信の命で読まれるからであり、
学会を信じる私にはそういう記事のほうが逆におかしいと感じるのです。

いろんな理屈はあるでしょうけど、結局は生命内奥の「信」「不信」で決まるように思いますね。
私自身は学会と池田先生を信じていくことが信念であり、そこに迷いはなんらありません。

また大御本尊を受持しない意味も、会則の改正に出ており、多くの学会員は「それで良し」と理解しています。
仮に大御本尊が正しくても、日顕宗という謗法の地に安置されているゆえに受持しない・・・学会から取るものだけ取って、気に入らないものは破壊しつくしたのが日顕宗です。僧俗和合も嫉妬に狂って木っ端みじんに破壊したのですから、その大石寺に参詣したり、日顕書写の御本尊を拝むことのほうが、私はくやしいことであると考えます。

学会は、近年、世界に向かって大きく発展し、大聖人様の御遺命である世界広布を成し遂げようとしています。その学会に不信を持ち、学会批判のほうに回られることこそ、三世の悪道の因になるものと、お母様が学会で頑張っておられるだけに、私には残念に思われます。

私自身は晴れやかに、また朗らかに生命に大歓喜を受けながら、妙法を受持し、池田先生との師弟の大道を歩みたい・・・そう決意を固めて、悔いのない一生を生き抜いていきたいと念願しています。
2017年04月24日(Mon) 17:03
Re: 人生はオセロゲーム
編集
花水木様

こんにちは

私など、何事も自分にいいように考えて生きていますので(笑)
終わりよければすべてよしでいいと思っています。

いろんな出来事を自分でコントロールできるわけでもありませんし、
好き勝手に遊んで生きるわけにも行きません。

生きることの苦しさをどう、明るく楽しく転換していくか・・・そこに智慧がいると思います。
私も智慧が薄いものですから、妙法を頼むしかありません。

おかげで今では、楽観的にまた快活に生きていけるようになりました。
全部、学会の信心のおかげです。
先生に呼吸を合わせ、同志とともに妙法を唱え、行じていく。そこに行き詰まりはありません。
不幸が幸福へと、煩悩が菩提へと転換していく、功徳を味わいながら笑って前進できます。

花水木さんも功徳に浴され、不幸を幸福へと転じゆく妙法の軌道に乗って、「これでええねん、全部OKや!」
そういえる人生にしていってください。





2017年04月25日(Tue) 14:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31