広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 師弟の月・五月

師弟の月・五月

 5月に入り、学会員にとっては「師弟の月」ともいうべき意義深き月を迎えました。ゴールデンウイークは、私も農作業の合間をぬって、対話と家庭訪問に走りたいと思います。


 この5月3日を目指し、決着をつけたいと思っていましたある婦人の方への折伏が実り、昨夜は婦人部長と共に訪問、無事に謗法払いを済ませることができました。天理教、S会の祀り物、法然の姿絵、真言や般若心経の経本、数珠や仏具と、スーパーの袋いっぱい、邪念の染み込んだ謗法物を処分することとなりました。

 「「ヨン様」の写真はそのままでいいですよね。」といわれるので、壁を見ると、大小たくさんの「ヨン様」が微笑んでいます。もちろんそれはOKです。(笑)




IMG_4700b.jpg




 聖教新聞の購読が縁で対話するようになり、10年ほどかかりましたが、最近、難聴で悩まれるところとなり、何としても謗法との縁を切って、「一生成仏」の道に入っていただきたいと、私も一念を定めました。「なんとしても」・・・その祈りこそ通じていくものだと思います。

 隣の地区でも青年が折伏を決めており、5月3日、支部で2名の入会となります。「支部長を男にしたい」・・・その願いも叶いました。(笑)

 学会の信心はまさに「師弟」の信心です。池田先生は戸田先生に対し、一点の疑いもない、澄み切った心境であられたと思います。師匠の御構想実現のためにただ一人、「不二」となって命を捧げ、戦われました。反対に己心に疑いのある者は、師の苦境の時、「戸田の馬鹿野郎」と言って去っていきました。また臆病で名聞名利の強き幹部が、まさかの時に師匠を見限りました。人としてあまりにもあさましい姿ではありませんか?「ここぞ」という難の時にその人の本性がたまらずに出るものです。

 ある人曰く、「最近は学会に見切りをつけやめる人も多いですね。」
「「会則の改正」はいろんな意見があるのでもう少し様子を見ます。」
「ネットの反学会の記事のほうが頷けますよ。」等々・・・

 そんな人を見ると、私は学会や池田先生に対する疑念を感じ、歯がゆく思います。またなんと惰弱な「信」であることかと嘆かわしく思います。「学会が隆盛ならついていく、衰退し始めたら去っていく」・・・というのでは、「事業が成功している戸田先生にはついていき、苦境に立てば去っていく」、あの退転者たちと何ら変わらない根性ではありませんか?「その不信に魔が棲みついて、あなたこそ悔いを残すことになりますよ。」私はそう答えるほかありません。

 学会が衰退するならその時こそ、旗を振って自分が先頭に立って戦うべきです。身は学会員でありながら心は学会を冷ややかに眺め、傍観者でいる、そんな「身口意」が一致しない中途半端な信心に本物の功徳はない・・・功徳がないからさらに疑いを強めるという悪循環こそ、魔に支配された姿であると思います。

 「師弟」に生きる人は5月の陽光のようにさわやかに、輝くことができる。そして祈りは次々と成就し、生きていることがうれしいという歓喜あふれる絶対的幸福の世界へと入っていくことができる・・・これが私の知る学会の信心であり「師弟の世界」です。

 さあ、気候も良く一番動ける季節ですね。同志のため、友のため奮闘しゆく日々に、師匠への報恩を重ねながら、走りぬいていきたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment

編集
5・3おめでとうございます。
今日はお休みだったので、5・3記念勤行会へ参加してきました。
海外の人の御本尊授与式もありました。
海外の参加者もいらっしゃいました。

おめでとうございます。
対話が実り、無事に全てが終わり良かったですね。
次は海外の方を折伏されたらどうでしょうか?
今日の記念勤行会でいいなあと思ったのです。

私も書籍を渡した人に、感想を聞きに行ってこようと思っています。
ヤングミセスさんで、子育てと仕事で体調を崩したので、子供達がまだ小さいのでパンなど差し入れをしました。
先日久し振りに協議会に参加してくれたので、良かったです。
訪ねて声を掛けていくことは大切なことですね。

不信な人もいますが、「この人は救いがたい」と思ったら舎利拂になってしまいますから、自分自身が不軽菩薩になるようにと思っています。
試されることもありますが、祈りですね。
私の方が修行させて頂いて、ありがとうの気持ちです。
組織や職場での人間関係でもそうですね。

明日から友好期間ですが、信行学を地道にコツコツとしていきます。







2017年05月03日(Wed) 20:29
Re: タイトルなし
編集
Re: タイトルなし

プリッツさんへ

いつもありがとうございます。
また5.3おめでとうございます。

同志の祝福に包まれ、歓喜の中で御本尊授与、ご自宅での入仏式と終えることができました。
師匠にも、折伏の成果をもって、お応えすることができました。

海外の方にはご縁がいまだありませんが、私の周りには「何としても」と思う方が何人もいらっしゃいます。
その人たちの幸福を祈りぬいていきたいと思います。

これからは折伏の戦いです。「師弟」の道に徹する以外に、折伏勝利の要諦はないと思います。
また不信が起こす魔に打ち勝つには「信」の一字に徹したいと思います。

「戦いはいよいよこれから」と、挑戦の気持ちでまた明日から出発です。
ともどもに勝利を目指して前進してまいりましょう!

2017年05月04日(Thu) 00:23
Re: 昔と今
編集
Re: 昔と今

ひとし様

再三のコメントですが、同様の学会不信、批判のものですので、公開はしません。
また私としては先の返答で尽きております。

大御本尊への学会指導が以前と変わったのは、やむをえないことです。
その根拠となる肝心の相続和合が破壊されてしまったのですから。
大御本尊を否定するのではなく、日顕宗にあるがゆえに受持しなくなったものと私は理解しています。
その考えでやっていく学会を私は支持するということですし、あなたは支持されないということですので、
やむをえません。

学会に不信をお持ちということで、その気持ちもまったくわからないわけではありませんが、
最後は生き方、信念ということになります。私は池田先生と先生が築かれた学会で生きていきたい・・・
その思いがすべてに勝ったということです。

親身に対応させていただければいいのでしょうけど、 どなたであれ、
反学会の方とネット上で、延々論争することはしないことにしております。
今後は同様のコメントを入れられても、いちいち対応はいたしませんのでご了承ください。

あなたの目で地域の学会員や聖教等、ご覧になって、お母様も学会で信心なされていて、それで
疑いが晴れないものを、ここに言ってこられても、どうしようもありません。

私の考えについては、どうか日ごろのブログの内容でご理解を願います。

2017年05月04日(Thu) 13:55
訂正
編集
先のコメントで「相続和合」は「僧俗和合」の間違いでした。申し訳ありません。
2017年05月06日(Sat) 19:41
ご本尊流布おめでとうございます
編集
10年来の折伏 実ったのですね
大変におめでとうございます。

一人の人の幸せを願い
心をこめ対話をし 祈り そして又自身の葛藤や
不信との戦い
本当に色々なドラマが生まれますね
本当に良かった(^^)
私も3月に再会した友人に なかなか会えないので
手紙を書きました
帰ってきた返事は
2度と連絡してくれるな アドレスも電話番号も
削除してくれ…
というものでした。
真心込めて手紙を書きました。祈りました

でも逆に怒らせてしまった…
その時はさすがにちょっと凹みましたが
今は清々しい気持ちです
なぜなら 彼女に妙法の種を植えることができたから

連絡できなくなりましたので
水をやり 世話をする事はかないませんが
必ず誰か現れて その役目をしてくれるはずです

下種仏法です
とりあえず私は彼女に種をうえました
ずっと祈っています
これからも幸せを祈り続けます。

王者の剣さん
いつも勇気をありがとうございます
2017年05月06日(Sat) 20:09
Re: ご本尊流布おめでとうございます
編集
花水木様

いつもありがとうございます。

折伏は難事ですね。私も「学会の話だけは持ってくるな」という友人、知人がたくさんおりますよ。
対話に行って、何度、悔しい思いをすることか・・・(笑)

会友にはなっても、入会となるとこれまた大変です。時には根負けししそうですよね。
でも下種したのですから、「種は下ろせた、あとは芽が出るのを祈ろう。その間、題目をあげさせてくれる、こちらの信心を励ましてくれ、鍛えてくれるのだ」と思い返すようにしています。

他者の幸福を祈っていく・・・それだけでも素晴らしい生き方です。その生き方ができることがどんなに幸福な人生か・・・世の中の事件を見ても大半がその逆なのですから。相手の生命を敬い、慈悲と菩薩の行を一生懸命果たしていく・・・その人こそ、「国宝」であり、「仏」ですね。身は庶民であってももっとも尊い人です。

我らもその誉を確信し、堂々と誓願の道を生き抜いていきましょう!
2017年05月06日(Sat) 21:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31