広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 幸福の種

幸福の種


 昨夜は我が地区でも座談会があり、新入会者の方も参加され、15名ほどと、いつもより多くの方が集われました。尊敬する本部長、婦人部長夫妻もサプライズでやってこられ、元気にあいさつされました。
地域のトップを切って上半期ブロック1の弘教を達成し、静かな田舎の地区ですが、今、活気に満ちています。

 自分の進む道に一点の迷いがないことほど、活力に満ちて確かなことはありません。毎日、多くの人の入会と幸福を祈りながら、広宣流布のために生きていく・・・その日々の積み重ねに心と生活が豊かさを増していく。求めずともそういう自分になっていくのですから、法華経は不思議な力ある経です。





IMG_4838a_R_R.jpg




 御書には「譬(たと)へば人のために火をともせば・我がまへあき(明)らかなるがごとし」(食物三徳御書1598P)とあります。広宣流布(他者の幸福のため)に生きる人が幸福になっていく原理がここにも示されているように思います。
自分のことしか考えられないような小さな自分が、人の幸福を目指して生きようとしているのですからそれは偉大な「人間革命」に違いありません。


 宗門問題を契機に私も日顕宗を捨て、池田先生により深く随順していくようになりました。やはりそのことが私の信心において、とても大きな意味があったと思います。なぜならお寺にもよく唱題しに行き、猊下、僧侶を敬い、宗門の機関誌まで購読していた私が、一連の事件できれいさっぱり、寺、僧侶への執着を断ち切ることができたのですから。

 正本堂や大客殿まで破壊しつくしたあの日顕宗を許せない反面、池田先生と学会という自分の行く道をはっきりと教えてくれたという意味で、私にとっては「発迹顕本」といってもいい出来事でありました。それらの大難を今となっては「ありがたいことだ」とも思うものです。

 決意が人の未来を決定するのであれば、私は学会と池田先生に生きることを決意したのであり、それから俄然、生命が大きく回転し、幸福に向かい始めたことを感じます。植物が種に未来の花を内包するように、その決意こそ三世に花開く幸福の種であると確信します。

 先日、聖教新聞を購読していただいている外部の方とお話する機会がありました。「こんな田舎では学会のことはよくわからないですが、創価学会が日本だけでなく世界に花開いている。池田先生の世界との対話をはじめ、世界中に学会が発展していることに驚きです。」とおっしゃっていました。

 私もいいご縁になればと思い、その方の庭に咲いていた牡丹の花を写真に収め、朝の聖教新聞に挟んで届けました。するとその日のうちに、心温まる令状をもって私の家まで来られたのです。少し障害のある御婦人ですが、配達員の私の家を探しながら、1キロほどを歩いてこられたそうです。真心には真心が通じるものです。「この人もきっと胸中深く妙法を求めておられるのだ。そしてこの方の幸せを祈り、妙法に導くことが自分の責務なのだ」そう強く決意いたしました。

 口だけで学会や池田先生を批判することは簡単なことです。しかし、学会と同じ広宣流布の姿を実現することはいかなる人も団体もできません。その意味で批判する人々は遠くから師子を吠うるに等しいものです。現実に広宣流布の姿を現せない言葉だけの理屈に従って、「一生成仏」の軌道から離れていく人ほど、哀れな人はいないと思います。


 私も60歳を超えてある意味、残り少ない今世の命です。「四十にして惑わず」との言葉がありますが、「六十にして天命を知ったのだ」と思っています。あれこれ迷っているうちに皆さんもあっという間に年を取りますよ。(笑)

 学会一筋、「師弟」一筋を我が人生と定めきって、今日よりはさらなる大前進を開始していきます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

No title
編集
私はうつ病で生活保護を受けています。
信心から離れていたのですが、熱心に家庭訪問して下さる友に触発されてお題目と御書の拝読を開始しました。
その途端、国家権力からの迫害を受けています。
行解既に勤めぬれば三障四魔紛然として競い起る
正に御文の通りです。
理由があって転居したい旨を市の福祉課に報告すると、転居費用出すからよその市区町村へ出て行けと脅迫されました。
悪鬼入其身の極悪ケースワーカーは許せません。
私は断じて負けません。
必ず勝って同じ思いをしている人を救います。
駄文失礼しました。
祈りに祈りぬいて必ず謝罪させてみせます。
2017年05月22日(Mon) 00:32
Re: No title
編集
黄金魂様

うつの方は大変多くおられますね。
私の友人にも何人かいますよ。

市の福祉課との件は私にはわかりません。
あまり感情的になっても役所というのは制度があって、融通が利かないところです。
明らかに向こうがおかしいのであれば、一人でやらずに、専門の方や地元の公明党の議員さんなどに相談
されてはいかがでしょう?

あくまで話が円満に解決するように、また自身のそうした宿命が打開できるように、「自分を良くしていこう!」
と御本尊様第一で祈っていかれるのが一番だと思います。

2017年05月22日(Mon) 13:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31