広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 信心の「糸」

信心の「糸」

 先日、地元のある婦人部の方と話をしていましたら、「○○さん、信心は縦糸が「師弟不二」、横糸が「異体同心」ですね。どちらがかけても「広宣流布」も「人間革命」もできません。」と言われました。

 私は一瞬、中島みゆきさんの「糸」の歌を連想したのですが、確かにいい言葉だと納得して、「そうですね。先生を求めぬいて、同志の中で生命を磨くことですね。「師弟」に生きればおのずと「異体同心」となっていく。この二つも本来、「相即」の関係ですね。」と答えました。

「幸福と平和の智慧」(大白蓮華)には次のような指導があります。

 「師匠と弟子とは、針と糸の関係にもたとえられよう。師が道を開き、原理を示し、後に残った弟子たちが、その原理を応用、展開し、実現化していく。また弟子は師匠を凌いで行かなくてはならない。一方、師は弟子たちのために一切をなげうち、捨て石となる覚悟でなくてはならない」






IMG_9698b.jpg





また「それ(師弟)は、身分による上下の関係でもなく、利害や報酬に基づいた契約関係でもない。同じ目的を分かち合い、信頼を基盤とした最も自発的にして純粋な精神の融合といってよい。」
と仰せです。

 私も信心の「師弟」は「精神の融合」そのものであると思います。今やアフリカ、インドなど、世界のあらゆる地域で、「広布」と「人間革命」の布が織りあがり、はためく時代がやってきました。生涯、先生に会うことがなくても、幹部でなくても、先生を求める心が強盛であるなら、その瞬間から「師弟不二」となるのが、仏法です。

 私も信心をしていく過程で、自然と池田先生と「不二」になっていこうという自分になりました。その精神作業において、先生に対する「壁」が一枚づつ取れていったように思います。そして先生の生命力がダイレクトに自分の生命力となって返ってくるような、不可能と思えることも可能にできる、そんな師子の力が漲っていくのを覚えます。こんな自分にも青年の力が漲り、それが歓喜となって噴き上がってきます。

 その生き方になることが幸福なのだと思います。池田先生と「不二」になることに疑いを抱く人も多いことでしょう。しかし、私は信じることによって、「師弟不二」の道に「人間革命」「一生成仏」があることを確信できるようになりました。もはや自分が進む道に迷いはなく、後はこの道を一筋に、精進していけばいいのだと思っています。

 
 もう何年も池田先生は私たち会員の前に直接、出てこられていません。もちろん会員にとって一抹の寂しさはありますが、今こそ、弟子と決めた一人一人が「一人立つ」精神で、師の教えを実現する戦いに挑んでいく時だと言えます。

 池田先生は弟子達にその自覚を促されながら、あえて表に出ることなく、信頼をもって見守っておられます。「あの町には池田先生の精神を継承した立派な青年がいる。彼がいればこの地域の学会は盤石だ」といわれる、そういう一人が踊り出てくる・・・それを先生はきっと期待されていることでしょう。

 その時に「魔」は必ず「師弟不二」の「縦糸」を食い破り、「異体同心」の「横糸」を引き裂かんと動いてくるものです。

 「池田先生はおかしい」「学会幹部はおかしい」「今の幹部は池田先生の教えに背いている」等々、ことさらに吹聴する人は、結果として同志を分断し、迷わせ、信心を食い破る「師子身中の虫」となることを知るべきです。

 一人一人がそれらの魔を見破り、魔を寄せ付けない・・・そのためにリズムある地道な日々の仏道修行、学会活動が大事になると思います。誰が見ることもない、陰の地道な精進、それに励むことが肝要であり、そのための組織です。

 さあ、今夜も唱題会・・・強き信のこもった題目で、同志の方々と共に、一切の障魔を打ち砕く思いで前進です。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

No title
編集
『「池田先生はおかしい」「学会幹部はおかしい」「今の幹部は池田先生の教えに背いている」等々、ことさらに吹聴する人は、結果として同志を分断し、迷わせ、信心を食い破る「師子身中の虫」となることを知るべきです。』

本当に そうですね

先生ご夫妻は 昨日 荒川に行かれたようですね
東京が お世話になりますが よろしくお願いします

2017年06月07日(Wed) 09:28
Re: No title
編集
ちよさんへ

コメントをありがとうございます。

東京も何かと慌ただしく気ぜわしいことでしょうね。
こちらも支援先を探して頑張っています。

大田区、豊島区の知人にお願いしましたが、豊島区の方は偶然にも長橋議員の知り合いでした。
同窓生に確か東京在住がいたと思いますので、そちらにも当たりたいと思います。

こちらでは尼崎の市議選が、先日大勝利となりました。定数42に対し61名が立候補。公明党は1位から14位の間までに12名全員が当選、得票数も前回より増加したそうです。自民党も数名の方が落選する中での勝利でした。本当に尼崎は婦人部中心ですごいところです。

こちらでも会合の後に東京の歌である「ああ感激の同志あり」を歌っていますよ。私も初めて聞きました。
東京を大勝利して、血気盛んに7月を迎えたいと思います。

梅雨入りとなりましたので、食中毒に気を付けて、お体を大切にお過ごしください。
2017年06月07日(Wed) 19:01
No title
編集
王者の剣さん 

毎日の闘争、お疲れさまです。

私も4回、東京に入らせていただき、おとといは荒川にいきました。

戸田先生が出獄された同日同時刻に、池田先生が大阪事件で不当逮捕され、ご自分が矢面に立たれ牢に入ったのが7月3日。

そして今回の都議選は前日である7月2日が決戦の日。

仏法勝負の不思議な巡りあわせを感じます。

広布の本陣である大東京を勝たせて、師弟の月、7月に「都の月」を眺められるように全力で戦います!
2017年06月14日(Wed) 14:47
Re: No title
編集
ランさんへ

4,5日仕事の納期に終われ、忙しく返信が遅れました。
いつもコメントありがとうございます。

元気で頑張っておられる様子でうれしく思います。

公明党も都議会で、小池さんからの期待も強いようですね。
自公連立だけにこだわることなく、柔軟に住民本位で
よりベターな道をこれからも模索していってほしいと思います。

今回の選挙は今後の公明のあり方に新たな道を示しているように思います。

ランさんが元気ですとこちらもうれしく思います。
創価の道をまっすぐに、これからもランさんらしく前進していってください。



どの戦いも楽しく、信心の息吹にあふれ戦えば自身の服特になることを信じます。
2017年06月16日(Fri) 04:34
Re: Re: No title
編集
> ランさんへ

上記のコメントで「服特」は「福徳」の誤りです。
漢字変換を見過ごしていました。すいません。

2017年06月17日(Sat) 05:04
No title
編集
王者の剣さん

わざわざありがとうございます。

尼崎市議選、十二名全員当選、
遅ればせながらおめでとうございます。
6日の公明新聞に載っていましたね、さすが常勝関西です!

この前の座談会で、副本が、

「あの関西でも今は【常勝の空】を歌わずに【ああ感激の同志あり】を歌っているらしい」

って言ってました(^^

こちらでも会合のあとに曲が流れていますが、全然覚えていないので
口パクです(笑)

2017年06月17日(Sat) 13:41
Re: No title
編集
ランさんへ

ほんとごめんなさいね。
実はある方が親切にコメントで教えてくださったんですよ。(感謝)

そんな字書いてないと思って見たらばっちり書いてました。
元来が、おっちょこちょいなものでね。

それにしても「パソコン君「服特」ってなんやねん??」と思いますね。

関西でも歌っていますよ。「ああ感激の同志あり」
でも少しも覚えられない・・・これはきっと過去世に因があるのです。

過去世に歌っていないものですから、思い出せないのです。
それでも気持ちは東京に届けとばかり、今夜も座談会はこれをします。
東京の人以外、STBの前で全国口パクで歌っているのを想像するだけで、それはそれで面白いですが。

きっと来世までには歌えるようになっているかな?

2017年06月17日(Sat) 14:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30