2017
06.30

「宗教は人なり」-あなたは著名な学会員-

Category: 徒然の記




IMG_0580.jpg
 





 先日、聖教新聞を購読いただいているご近所の婦人から、思いがけず購読が終わるのを機にお手紙をいただきました。以前、そのお宅の牡丹の花の写真をさしあげたことで交流があり、そのことをとても喜んでくださっておりました。前記事のアマリリスの花も、実はこのお宅に咲いていたものです。

 聖教新聞が活気に満ちていること、希望にあふれ皆さんが輝いておられること、また新聞も文字が大きく、フリガナがふられ、カラー写真も多く、大変理解しやすいことなど書かれていました。「そして私の学会に対する認識もだいぶ変わりました」と・・・

 差し上げた写真を額に入れ、室内に飾っておられるそうで、その様子も写真に納めて同封してありました。

 わざわざ早朝の配達時を待って表に出てこられ、手紙を渡されました。牡丹の花の写真を差し上げた時も翌日、「オロナミンC」の10本入りを携えて、高齢の身で私の家を探し歩いて、お礼に来られました。

 ご友人の啓蒙でできたご縁ですが、私も時間を見つけ、手紙の返事を書きたいと思います。この方にとって、学会を知るきっかけの一人が、私であることは考えてみれば不思議なご縁というものです。

 以前、ある幹部さんの話として紹介しましたが、「外部の方にとって、学会員で知っているのはまず池田大作先生だと思います。その次に知っている人といえば、原田会長ではなく地元の友人の皆さんでしょう。その意味で皆さんは池田先生の次に著名な学会員であり、皆さんによって学会の実像が伝わるのです。」といわれたことがあります。

 私もその通りだと思いますし、この言葉はとても大きな意味を持っていると思います。どんなに立派な理屈を並べても、その人が信用されなければ、その言葉もその信仰も正しいとは伝わらない。我々の振る舞いによって学会がよくも悪くも映るのですから、責任を感じます。「信用」「信頼」を得ること自体が大きな折伏だと言えます。


 今日(30日付)の聖教新聞には「天使大学」の教授の方のお話が載っていました。私も初めて聞く大学で、「天使」という名前もインパクトがありますね。(ちなみに看護学科を中心とした2000年新設の北海道の大学です。)

 その教授は長年、創価学会を研究されているそうで、師事された宗教学者の先生からは「宗教は人なり」との指針をいただかれたそうです。その宗教を判断するとき、「テキストではわからない、信仰に励む人の姿を通してしか理解できない」との意です。

 この教授も多くの学会員と接する中で、学会へのイメージが変わっていったことを明かされています。

 またなぜ迫害があっても学会員は前進できるのか・・・それは「私たちは間違っていない」という信仰への強い確信と「疑似家族」ともいうべき固い団結に支えられていると分析されています。

 「異体」という各々個性を輝かせながら、池田先生と共に広宣流布に励む「同心」の集いが創価家族です。その団結ゆえに、これまでの広布と学会の発展があったのであり、これからもそれはすべてに優先する大事な条件だと思います。そのため「魔」はその団結を分断すべく、うごめいてくるものでしょう。

 そのことは「異体同心なれば万事を成じ同体異心なれば諸事叶う事なしと申す事は外典三千余巻に定りて候」(異体同心事・1463P)との御聖訓にある通りだと思います。特に「異心」であれば「諸事叶う事なし」と御断言なされている・・・学会が一枚岩の団結をもって、前進することの大切さが、ここに示されていると思います。

 仏法は人間のための宗教であり、各人が「人間革命」を果たすことが、一番の仏様の願いであると思います。「宗教は人なり」・・・「あのひどかった○○さんが人間革命したよ。確かに蘇生し、変わったんだ。」そういう一人の人間の姿、生きざまの中に、実証として脈打っていくものが、その人にとっての仏法の実体であるのだと思います。

 最近は私の地区も、みんなが仲良く切磋琢磨する雰囲気が出てきました。うれしい限りです。そういう変革も通り一遍の言葉ではできない・・・長年の地道な祈りや行動の積み重ね、試行錯誤や苦闘というべき戦いの中で、育ってきたのだと思います。

 愛する同志の方を抱きかかえ、ともに幸福へと前進しながら、歓喜の渦の中で、「もっともっと革命するのだ」との一念を燃えたぎらせ、まい進していきたいと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村





トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/222-107e817f
トラックバック
コメント
王者の剣さん

前記事のお花、アマリリスだったんですね。
いつも綺麗なお写真ありがとうございます。

王者の剣さんの誠実な振る舞いで
近所のご婦人の学会に対する見方が変わったとのこと、素晴らしいと思います。実証を示していくことが広宣流布につながるのですね。

今回の東京の法戦で自己の一凶を切っていこう!と決意して、
「自分の中の宿業、生命の傾向性」を徹底的に見つめ、ノートに書き込みました。

念仏の、現実逃避する癖、すぐあきらめる、同じ過ちを繰り返す、他力本願、愚痴、怨嫉、信心していても魔がおこるたびにご本尊を疑ってしまう「不信」の生命。
真言の忘恩、人を見下す傲慢な生命、。
↑これらの一凶をたたっ切る!(笑)との思いで、今、戦っています。

今、グループで立正安国論を皆で研さんしているのですが、
「如かず彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには」
との御文の中の「一凶」というのは時代を超えて様々な次元に通じるもので、自分の中の一凶、自身の成長を妨げる臆病、不信、愚痴、そういう生命と戦うことは私たち一人一人の人間革命においても不可欠であると、講義の本にありました。

今日の午前中は足立区にいきました。
あと一日ラストスパートです(^^)/



ランdot 2017.07.01 14:25 | 編集
ランさんへ

いつもありがとうございます。

法戦もあと一日となりましたね。
素晴らしい戦いをされたことと思います。
私も明日の朝の地区での出発、そして唱題で応援したいと思います。

自分の命の傾向性を見つめられたとはすごいですね。
私など怖くてとても見つめられません。(笑)

書かれている内容を見ますと、私ととても似ている・・・みんな同じ命ですねえ。(笑)
この厄介な命にどう解決つけるか?

山あり谷あり・・・最後まで信心の勝負はわかりませんので油断なく怠りなく
善知識に接して駒を進めてください。必ず勝つと決めて!

御書は私も日々拝読しています。
この間、大きな文字の御書を上下巻購入して、気合を入れ拝読に挑戦を開始しました。

また読書も最近、好きなもので、その分、ネットを開くことが少なくなったと思います。
小説でも哲学でもなんでも読みますが、時間がないので進みませんがひそかな楽しみです。

それでは明日の決戦の大勝利を目指し、勢いのある唱題で最後まで戦ってまいりましょう。


王者の剣dot 2017.07.01 19:40 | 編集
Re: タイトルなし

ポストポストポスト構造主義様

申し訳ありませんが、その種(創価学会としての方針や種々の事柄への総括)のお話等につきまして、個人的な見解はありますが、学会の根幹の問題であり、「お尋ねの問題に精通していないこと」「私見を述べることを極力避けたいこと」「丁寧に応対する時間がないこと」などのため、私には返答できかねます。

どうかあしからずご了承願います。
王者の剣dot 2017.07.01 19:46 | 編集
「学会が一枚岩の団結をもって、前進することの大切さ」
その通りですね

今回も 団結の大切さを感じました
何かあると すぐ 縁を切ろうとする現代社会にとって 創価家族の団結は 全世界に繋がりますね(^^♪
フランスの方も 東京に応援に来てくださったとの事
今回は 私も 兵庫 千葉 九州 中部の方々と 一緒にまわらせていただきました

本当に長い戦いでしたが お世話になりました
地区の皆さんにもよろしくお伝えください

ランさんも お疲れさまでした(^^♪
ちよdot 2017.07.03 10:47 | 編集
ちよさんへ

東京大勝利おめでとうございます。
本当によかったですね。

主に自民党を中心に、これから政局は波乱がありそうですね。
自民党が今回の民意から学び、生まれ変われるか?
そこに一つのカギがあると思います。
公明党もパートナーとして、いうべき時はしっかり意見を言ってほしいですね。


支援では最後になって、墨田区に小学校の同級生がいることがわかり、電話でお願いいたしました。
向島というところで、スカイツリーの近くだといっていました。

東京の皆さんは本当に大変な戦いだったと思います。

ゆっくり体を休め、また前進していってください。
王者の剣dot 2017.07.03 13:01 | 編集
おぉ~
向島といえば バカボンパパ(養父)の古巣です(笑)
隅田川のほとり 料亭街もありますよ
春は 桜
夏は 花火
何年か前は 故大川清幸さん(ご存知かしら?)と おかみさんたちにお願いに歩きました
なんだか 嬉しい~(^^♪

本当にお世話になりました
東京においでの際は ご案内いたします(^^♪

今度は 恩返ししますね\(^o^)/
ちよdot 2017.07.03 15:47 | 編集
こちらは那覇市議選挙の真っ最中です。
もう一踏ん張りと思いますが連日の猛暑に
負けそうです。
少し、体力が落ちた、歳を感じてしまいます。
しかし、
都議選の凄まじい戦いを思い起こし、奮起していこうと
思います。


うるとらまんdot 2017.07.06 23:13 | 編集
うるとらまんさんへ

お元気そうで何よりです。

那覇のことも公明新聞で見ましたが、大変なようですね。
定数40に67人の争いですから熾烈ですね。

公明議員が上位当選されるようお祈りいたします。
キシャバという珍しいお名前の候補もおられますね。

九州の雨による大災害が心配ですが、沖縄は猛暑とのこと・・・
こちらも雨続きでしたが昨日今日、ようやく太陽を見ることができました。
もう雨はしばらくいりません。

何をするにしても体力も大事ですね。でもうるとらまんさんはまだ若い。
学会は年は30歳引いて生きるということになっていますので、まだ20代ですよ。
私は30代ですが(笑)
「若い心が若い体を作る」これでいきましょう。

まもなく我が家でもゴーヤがとれますので、チャンプルーでも食べて頑張ります。

大勝利のご健闘をお祈りいたします。
王者の剣dot 2017.07.07 09:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top