2017
07.08

胸中の闇は深くとも・・・

Category: 信心


 世の中には様々な考えの人がおられ、創価に対してもいろんな意見を発信なされています。生まれついて、反創価の生命を色濃く宿しておられると感じる方もいれば、創価を信じたいのにどうしても現状の創価学会を肯定できずに悩んでおられる方もおられます。

 もちろんどう生きていかれるかはそれぞれの道であり、気安く干渉できるものではないかもしれません。私が学会で信心していくということは、自分の意思が好んでそうしているわけで、結局、どの人も自分の心に背いて生きていくことはできないと思います。

 私も一見、学会一筋のバリ活人間のように思われますが、人間の生命というものがそれほど単純でないことも、当の本人が一番よく知っています。池田先生とともに学会でやっていこうというところに命が定まるまでは、私なりの紆余曲折がありました。

 入信以来、陰に陽に魔が出来して、修行の枝は大きく曲げられました。学会に入ったものの、真言の家で10年近く過ごしましたので御本尊様の御安置から苦労したものです。周囲の反対以上に自分のひどさに苦しみ、思うようにいかない・・・御本尊様を恨めしく眺めたことも一度や二度ではないかも知れません。「もう信心はやめます!」と御本尊様を睨んで宣言し、布団をかぶってふて寝した夜もありました。(笑)



IMG_2507q.jpg




 特に池田先生と自分が一体で信心するという、「師弟不二」の入り口にたどり着くのに30年余りの時間がかかったのですから、いかに私の生命の闇が深かったか・・・その心が確立するまで、信じては疑い、疑ってはまた信じと・・・その反複作業を懲りずにやってきたように思います。そのたびに新たな「信」を奮い起こして前進してきたわけです。

 今、若き青年部が「池田先生」を師匠と求めて信心する姿を見て、「僕はとてもあのころ、あんなふうに「先生!」と叫べなかったなあ、組織にも不信があって参加できなかったし。そうできる連中が内心、不思議に見えてたよ。」と思ったりもするのです。

 その意味で信心の深化と共に自分は変わっていきました。今のように自分が池田先生を師と仰ぎ、「不二」で生きていきたいと思うようになるとは、さほど自分でも思っていなかったのです。

 「学会員だから先生と不二で戦え」というのは押し付けに感じる人もいることでしょう。私が幸運だったのは、人から言われるのではなく、先生と共に生きていこうという自分にみずから変化し、その思いが胸中に確立していったことです。蝶がさなぎから羽化するように、私も自然と「我」というコートを脱ぐことができました。
 
 それは私にとって「発迹顕本」ともいうべき出来事でしたが、それ以来、私の使命も定まったと思います。「学会員として、同志の方と共に妙法流布のために生ききっていこう!」そういう生命の土台が命に座ったのです。

 その功徳は、お金が儲かったというような現世の利益と違い、三世にわたる「心の財」です。「創価と共に自分は来世も生きていくだろう。そうであるならたとえ死んでも、御本尊様と学会のもとに生まれてこれる」・・・そう安心できるのです。

 一日の仕事を終えて、地域の会館、拠点に集い来る同志の方々を、私は本当に不思議な善なる人たちだと感じることがあります。久遠の同志でなくてどうしてここに集うことができるのか?宿縁深厚でなければとてもここに集うことはない・・・偶然、集まったなどということは絶対にないと感じます。

 凡夫の陣列である創価の同志が、御本尊を抱きしめて、それぞれの宿命へと挑戦していく・・・お金も智慧もない、あるのは「煩悩・業・苦」という中を、ただ「信の一字」をもって唱題し、その姿のままで折伏に走る・・・それが我ら地涌の菩薩の本領だと思います。

 たとえ胸中の闇は深くとも、その奥底に仏の生命を信じ、今日も創価の庭で戦う人たちと共に、私も仏界を呼び出だしながら、「太陽の人」となって前進していきたいと思います。







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/223-382b3ea8
トラックバック
コメント
王者の剣さん、都議会公明党完全勝利おめでとうございます!
お写真の夕焼け空、全同志の健闘を祝福しているかのように美しいです。

王者の剣さんも、真言の害毒に苦しめられた時期があったのですね。
私の実家も真言の家系なので、その恐ろしさは身に染みています。

釈尊を大日如来の草履とりにも及ばないと釈迦の頭を踏んずけて、最高の法である法華経を見下したので、真言の家系は体の柱である血液や骨の病、「手脚病来」で手足がねじれて使えなくなる関節リウマチなどの病が多いといいます。↑まさに私の実家の宿命そのものです。

大聖人は、邪な法を説き、人々を惑わしている念仏や真言、禅、律宗など
の諸宗の悪僧とは徹底して戦われました。
当時の人々がそういった悪侶に騙されて、心身が蝕まれていくことが
許せなかったんだと思います。

「布団をかぶって、ふて寝したこともある」

王者の剣さん、カワ(・∀・)イイ!! ですね。
なんだか、今の剣さんからは想像もつかないのですが(笑)
私も女子部のとき「やってらんない!もう部長をやめる!」と言って本部長に駄々をこね(笑)、ふて寝したことが何度もあります。でも、こんな私でも先輩は見放さず、粘り強くかかわってくださいました。本当に感謝です。

皆、人間革命の途中だし、信心していても紆余曲折あると思います。
それでも最後に「私は戦いきった!悔いはない」と思える人生だったら
いいと思っています。ちなみに今の私の願いは、霊山にいったときに
大聖人から「よく頑張ったね」とお褒めのお言葉をいただくことです(^◇^)
ランdot 2017.07.08 17:51 | 編集
記事を読ませて頂きながら、ある幹部に対して、「あの幹部の人が呼ばれるのなら、私は会合には出ない」と出なかった時期もあったことを思い出しました。
座談会へ呼ばれて、部員さん達に話が長い、それは今は言わなくてもいいと言われてたので、「座談会は部員さんが主役なのに、あれでは幹部のための座談会ではないですか!」と地区へ言ったのです。
だけど、幹部でもやはり人間革命の途中なんですね。そんなことを後々思うようになりました。

祈っては疑い、疑っては祈ることの繰り返しは、私もそうでしたね。
仏法対話をして、体験を積み重ねていくことで生命が変革していくことと、信・行・学の積み重ねがあり、相手を責めている間は、祈りはかなうことが難しいことも分かりました。
幾つもの難を乗り越えていきながら、意味があることなのだと、そしてそのことで全部どこかで繋がっていくものだと、自分の使命のこと、気がつかされることがありますね。
今は、一番に思うことは、先生と繋がっていくことだと思っています。

明日は沖縄市議選の投票日ですが、沖縄へ行くことが出来ないのと、人脈もなかったので、私が「沖縄のショップへいってみよう」と話をして、地区の人達と3人で行って来ました。
那覇市までは、繋がらなかったけれど、お店でお菓子を買った地区の人が、那覇市と書いてるので、お菓子がとても美味しかったと言って話した後に、市議選をお願いをしたのです。
電話に出た人は、那覇市ではないけど、那覇市の従業員があるので伝えますと言ってくれたと話してくれました。
私一人だとお店で終わってたと思います。
都議選も地区婦人部長が一緒だったけど、訪問先でお家に入れてもらい、お腹の中はお茶とお菓子で満腹でした(笑)
地区の人達と共に祈り共に行動すると知恵が湧き、団結力も大きいですね。地区の人達とも福運を積むことになりますから、福運一杯の地区になれるように日々そう願っています。

友好期間までは、着任もありますし、まだひとつの法戦もあります。
この夏は、御書拝読も引き続きやりきっていきます。

むし暑さが続きます。
食中毒や体調管理などにもお気をつけてお過ごし下さい。

プリッツdot 2017.07.08 20:33 | 編集
ランさんへ

本当に長くやっていますといろんな時がありますね。
何年やっても思うようにすっきりしないので、私もしびれを切らしました。
乞眼のバラモンに目を請われた舎利弗のごとく「もうやってらんねえ」という心境ですかね。(笑)

翌朝、渋々御本尊の前に座り、「昨夜はすいませんでした」とまた拝んだりして・・・

写真は夕陽ではなく朝日です。(笑)

真言はまやかし、盗人の宗教ですから、実に怖いものです。
実がないのにあるように見せかける・・・それも権威を後ろ盾に大衆を惑わす。
だから釈迦を踏んづけたりするんでしょうね。

私も神経というか、脳内に深く害毒が沁みていると感じますね。
邪見の生まれですので罪の重い方の衆生です。
その分、変毒為薬の功徳も大きいのだと思ってやっています。

田舎ではお寺に逆らうこと自体、タブー視されますが、
その権威と戦わねばならないのも、自分の使命です。

味方は少なし、敵多し・・・
先輩たちが通られた道を私も粘り強くやります。

ちなみに今は「信心はもうしません」と言わない私になりました。(笑)
王者の剣dot 2017.07.09 01:06 | 編集
プリッツさんへ

明日は沖縄の投票日ですね。
私も朝、しっかり祈りたいと思います。

私などスタートが本当にひどかったもので、変わりっぷりがわかりやすいのかもしれません。
人嫌いが人好きになり、幹部嫌いが「まあ、好きですよ」(笑)となってきました。
組織も嫌だったのが、何ともなくなり、私もいよいよ学会員になってきました。

そう思えば私の「人間革命」は「怨嫉革命」と言ってもいいかもしれませんね。

人が好きになればこれからいよいよ私の時代です。(笑)
中高年の星となって、地域の信心の先頭に立っていきたいと思います。
同志のために頑張っていきたいと思います。

プリッツさんもまわりの同志の方とスクラム組んで、楽しい信心をやっていってください。
夏に向かって、教学も研鑽しつつ、大成長を目指したいですね。

王者の剣dot 2017.07.09 01:30 | 編集
プリッツさん、那覇市議応援ありがとうございます。
感謝感激です。フェイスでも全国からの応援に涙です。
お陰様で全国行脚しながら公明党の応援ができる夢に
楽しく向かっています。
全国行脚の夢の前に那覇市議選挙を勝たねばなりません。
午前中に友人の確認は終わりました。
祈り、最後まで踏ん張ります。

うるとらまんdot 2017.07.09 15:14 | 編集
うるとらまんさんへ

プリッツさんへのメッセージをありがとうございます。
彼女もよくコメントをくださいますが、いつも頑張っておられます。

ここには他にも熱心な婦人部さんが何人かコメントをくださいますが、
みなさん立派な信心の方ばかりです。

那覇市議選も開票途中でしょうか?
先程、仏前で全員の大勝利をご祈念いたしました。

いい結果を期待しています。
王者の剣dot 2017.07.09 23:05 | 編集
王者の剣さん、プリッツさんへ
那覇市議選挙前回より、9パーセント近く投票率が下がりながら
6千票上乗せの大勝利でした。
厚く御礼申し上げます。
只今、御礼回りをしています。
頼んだ友人からの当選の喜びの声に涙です。
頑張って良かったです。

なお、私のブログは一般の方が見ていますので、プリッツさんへの
返答を兼ねてコメントしました。
これからもよろしくお願いします。。
うるとらまんdot 2017.07.11 13:49 | 編集
うるとらまんさんへ

全員当選おめでとうございます。
定数40ですので、那覇も大きな街なのですね。

投票率が下がる中で6千票上乗せとはすごい戦いをされたと思います。
公明党には自民の力づくの政治をしっかり監視して、いうべき時には県民第一で戦ってほしい
との期待もあると思います。基地の問題を筆頭にむずかしい対応が迫られるとは思いますが、
庶民の声が反映するように沖縄公明党には期待したいと思います。

うるとらまんさんも大変にお疲れさまでした。

王者の剣dot 2017.07.12 10:41 | 編集
いつも王者の剣さんのブログをみて
うんうんと頷いたり 又決意したりしています。

私は「常勝の空」が好きで
今再びの陣列に…

そうだ 久遠に誓い合った同志と
池田先生と 今現世で再びの戦いをしているのだ

そう思うと感謝と感激で胸が一杯になります

何としても久遠の誓いを果たして行こうと
「常勝の空」を聴きながら決意しています

都議選の戦いも全くゼロからのスタートでしたが
祈っていくうちに
気がつけば 5選挙区17名の方々にお願いすることが
できました。
そして大きな功徳を頂いたのです。

それは
どんなことがあっても 必ず宿命転換できる
私の功徳で子供達も必ず
後継の道を歩んで 幸せになっていくのだ!
といった確信がふつふつと感じられるようになったのです

そして何となく目の前の雲が
薄くなって 晴れ間が見えるような感じになってきました

絶対退転せず
最後には 信心しきった者が必ず勝つ!
先生のその指導を 忘れずに頑張りますね

王者の剣さん
いつも勇気をありがとうございます
花水木dot 2017.07.15 19:53 | 編集
花水木さんへ

いつもいつもありがとうございます。
また都議選での健闘、素晴らしいですね。

お子さんたちが後継の道を継がれることを
池田先生も一番喜んでくださると思います。

地道な戦いに、境涯は必ず変化し、一回り大きな自分となってあらわれるのだと思います。

苦しい中を、負けるものかと挑戦していくことが大事ですよね。
そこに悪が滅して善が生じる・・・命の中で変毒為薬しているに違いありません。

今回の功徳からさらに強い確信を持って、信心に励んでいく・・・体中で御本尊様を信じきって
いくことが一番大事だと私も思います。

次なる勝利の峰を目指して、不信の雲を蹴散らして、ともに前進していきましょう!
王者の剣dot 2017.07.17 00:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top