2017
07.25

あの日の分かれ道

Category: 徒然の記
 先日は、わが県で青年大会が開催され、私も同志の方々と、観覧で参加してきました。新しい若い力による溌剌とした演目、苦難から立ち上がり、現実で勝利していく青年の体験等、大変、スピードと勢いのある大会でした。特に、県知事や各界の来賓も招待して、外に開かれた大会であったことも良かったと思います。

 見終わった後、命に新しい活力が湧くのを覚え、同志と共に「良かったなあ」と、その感動に浸りながら帰路につきました。



IMG_6847q.jpg



 信心の功徳は生命の変革であり、「薄紙をはぐように」と表現されますが、本当に少しずつ生命の闇が晴れていく。その分、身も心も軽く、さわやかな風が命に吹き渡ります。

 この学会の信心の素晴らしさを、知らずに去っていった人の話を聞くたび、私はやはり淋しく思います。27歳で学会に入りましたが、そのころ、私と一番仲のよかった友人も、宗門問題で法華講へと去っていきました。もう20年ほど音信不通ですが、あの頃の笑顔が彼にあるだろうかと、時折、心配です。 彼が最後に「自分は大御本尊についていくよ」とポツリと言った言葉が今も耳から離れません。それは一瞬の会話でしたが、私には永遠の別れのように感じました。2度と彼が学会に戻ることはないように感じたからです。

 あの時、学会が正しいと直感した私、宗門が正しいと判断した彼・・・まさに運命の分かれ道がそこにあり、双方とも後戻りできないほど遠くまで離れました。そして宗門問題を契機に、私は学会に自分を懸けて今日までやってきました。
理屈ではなく、その活動と体験から、私は学会の素晴らしさを身で知り、人から何を言われようと決して崩れない命の財、幸福の土台を手に入れたと思います。その選択に、自分の身の福運を深く感じるものです。

 信心だけは休むことなく、学会で通すことができた・・・これが私の生命の勲章であり、御本尊様の照覧は確かであろうと確信します。この世を去る時、閻魔の前に立っても「学会員でやり通しました」と胸を張って言いたいと、その時が今から楽しみでもあります。


 日蓮大聖人様の御本尊は一切衆生のために認められたものです。宗門に相伝されたとはいえ、一宗にとどまるべきものではありません。人間の生命に大宇宙の営みに、躍動しているのが妙法です。大聖人様の御心が、一切衆生の口に妙法を唱えさせたいとの御心であるなら、一人一人の学会員の胸に喜んで、御本尊様をかけてくださることでしょう。

 「大御本尊を拝さなければ、血脈も、功徳もないよ」などという、そんな冷たい料簡でないことだけは確かだと思います。

 「会則の改正」をもって、学会は独立して心機一転、新しく船出しました。「創価丸」に乗り合わせた我らはきれいさっぱり、過去のしがらみから解放され、もう過去への執着もなければ、後悔もない・・・新しい心で、新時代へ、未来に向かって信心に励んでいけます。先生のご配慮で、本当に素晴らしい時代が来たことを、日々、感謝しています。

 学会もしばらくは夏季友好週間となり、活動もあまりありませんが、自身の充電期間ととらえ、また日ごろ会えなかった人との友好を深めながら、さらなる仏法対話の道を、開いていきたいと思います。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/225-fc45ba46
トラックバック
コメント
王者の剣さん
おはようございます。夏らしい花ですね(^^

「戒壇の大御本尊を拝まないと功徳はない」

大聖人が全民衆のために御図顕された大御本尊を盾にとり、破門したのですから拝みようがないですよね。広布に励んでいる在家の門下に、大聖人がそんな酷い仕打ちなさるわけがありません。

王者の剣さんの仲の良かったお友達、宗門側にいかれてしまったのですか・・・いつか、間違いに気づき、再び創価の庭に戻ってこられたらいいですね。
ランdot 2017.07.27 10:57 | 編集
ランさんへ

日寛上人は「法華経を信ずる心強きを名づけて仏界と為す」」と仰せです。

権威や形式を越えて、仏を求める心が強ければ、仮に御本尊を持たない内得信仰の人でも
仏様は功徳をくださるでしょう。

題目を唱えれば。仏界を呼び出だせる・・・そういう御書もたくさんありますね。

「此の御本尊全く余所に求る事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経 と唱うる胸中の肉団におはしますなり、
是を九識心王真如の都とは申すなり」との有名な日女御前御返事の御文もあります。
この御文をいただいた日女御前はどんなに嬉しく思われたことでしょう。まさしく御本尊とはあなたの生命ですよと
教えてくださったのですから。

私も仏の生命をこの身で感じますので、学会の信心でいいのだと主張しています。
理屈も大事ですが、この身に仏界が湧現しなければ財の持ち腐れです。

相手を批判するのではなく、自分の功徳を語っていくことがより大事だと思います。
その上で慈悲の心で相手の悪を取り除いてあげる・・・
「無明の酒に酔ったかわいそうな人だ。何とか救って差し上げたい」と、勇気をもって
時には厳父、時には悲母の心で語りかければいい。

学会理解を広げ、入会へと導く折伏はみんな「相手の悪を取り除く」ことになると思います。
慈悲とは「抜苦与楽」の事ですので、非難され笑われようと、どこまでも相手の幸福を祈っていくべきです。
私も「不軽菩薩の一人」となって、どなたに対してもそうしたいと思います。

本来はみな仏。「染浄の二法」で迷うか悟るかの違いですね。
学会だけが悟りの世界へと導けるとの確信で、我ら学会員は
迷える人に同苦しながら、楽しく明るく法を説いていこうではありませんか。

暑い日が続きますが、無理をせず体調に気を付けてお過ごしください。


王者の剣dot 2017.07.27 16:04 | 編集
広宣部の方々の戦いは、本当に地道な戦いをされています。
「こちらと相手との生命の戦い。罵倒されることもあるし、話も聞いてくれないけど、相手の中にある悪の生命を攻めて地獄から救うんだ」
「脱講するのに、10年かかったわ」とお話をされたことがあります。
そこに大きな功徳があるのですね。
私が折伏の話をする時にも、大きな心で励まして下さいます。寛容の心が大きくて、勇気をもらいます。

法戦も亡き父の故郷へ地区の同志と4人で行って来ました。行く前は、謗法の地でもあったので心配な点もあったので、お題目をしっかりあげて全てにスムーズに運ぶようにと。
親戚ですが、私達4人を快く迎えてくれました。
地域、職場もですが他宗の人達がいますが、嫌われてしまったら、支援のお願いや新聞のことも聞いてくれなくなります。
「あなたが言うなら」と信頼関係を築いてきたのですね。
人の振る舞いとの思いと、先生が仰る『対話』が大切なのだとこの頃はそんなことを感じています。
先生は世界へと行かれましたね。
どんな方とも対話を大切にされてきました。

これからも地区の同志と共に、頑張って行きます。
(夏季友好期間ですが、来月は作業に行きます)

王者の剣さんの記事やコメントは、ひとりひとり大切に対話されて、いつも学ばせて頂きながら勇気も頂いています。
ありがとうございます。
プリッツdot 2017.07.27 17:27 | 編集
広宣部ではなくて、教宣部です。
訂正いたしますm(__)m
プリッツdot 2017.07.27 17:43 | 編集
プリッツさんへ

いつもながらの戦い素晴らしいですね。
「行動の人」なので頭が下がります。

教宣の戦いは祈り会いに行くことですね。
難しい話などしてもかみ合いませんので、生命と生命をまず正面からぶつける・・・
会うことが一番だとおもいます。

私も今朝、偶然に法華講の人に会いました。
その人が蓮を栽培されていたので、その作業をほめたりもしました。
「咲いたら、写真を撮りに来るわ」といったのですが、「あんたと話すのは苦手やなあ」とそう言われました。
会った瞬間に何か命が騒ぐのでしょう。私にはよくわかります。
「はよ、こっちに帰ってきいや」といつものように、そう笑って別れました。

仮に相手が修羅界で攻めてきても、一緒になって修羅界で返したのでは、喧嘩になるだけです。
修羅界に対して、菩薩界で応戦してこそ、仏の信者です。
相手の仏界を尊敬しつつ悪を取り除いてあげたい・・・そういう心になれば
魔の思いをなす人であっても、「かわいそうな人だ」という思いが先に出てきます。

「あいつをやっつけてやろう」などと言う根性で行っても、相手にも修羅が感応して、お互いカリカリしている。
救ってあげたいという一念の言葉こそ、相手の心に沁みるのだと思います。

誰だって、本当に自分のことを思ってくれる言葉には、命が浄められて、いい心が出るもんですよ。

私もそこまでなかなかいけませんが、自分の生命に信念と確信がどんとできてから、
少しづつ相手を思って向かえるようになりました。

プリッツさんの現場での労を惜しまない活動に、功徳がたくさん出ますようにお祈りしています。

お体を大切に、元気な友好週間を!



王者の剣dot 2017.07.27 18:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top