FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
09.04

紙に書いた一本の線

Category: 未分類
 
 学会員が熱心に池田先生との師弟に生きている姿を見て、「あなた方は御本尊信仰ではなく池田教だ」と揶揄する人がいる。私も池田先生との師弟を根本に信心を学び、実践しており、そのことを記事にすることも多いので、そう思われることもあるかと思う。

 しかし、実際の自分の生活を見てみれば、決してそうでないことは明らかである。朝夕、一番に端座して拝するのは御本尊である。池田先生を慕う熱心な学会員の方ほど、題目第一を心掛けているのであり、さらに折伏、家庭訪問、会合など仏の使いである活動が、信仰の主軸になっている。

 その合間に御書の学習や「人間革命」の研さんなど、教学にも時間が割かれる。昔、私の先輩が池田先生にお会いした時、「教学が苦手でよくわからないのですが?」と質問したところ、「小説「人間革命」の中に、全部入れておいたよ。」とお答えになられたそうだ。聖教新聞にしても、「人間革命」の学習であっても、それらは仏法の研さんに通じており、体験談も仏法の偉大さを知る、生きた教学だと思う。

 これら学会員の生活を見ても、決して、「御本尊」や「御書」を軽んじているとは言えないのであり、「池田教」などという言葉は的外れである。大半の学会員は生活を抱えて仕事に励み、子育て、主婦業に励まねばならない。みんな忙しい中を空いた時間を工夫して、少しでもの思いで「行学」に励んでおられる。本当に尊い姿だと思う。一遍の題目に、けなげな心に功徳があると言われる。決して時間や量だけで、また教学の浅深で、信心を測ってはいけないと思う。

 私自身、池田先生を「信行学」においてこの世で一番の人であり、誰よりも尊敬申し上げている。そして先生との共戦の一念をもって、御本尊様に向かえば向かうほど、信心は良くなり、功徳が出ることを知っている。

 ネットなどでの信仰上の意見の対立を見ても、結局は池田先生との「師弟」を根本にできるかできないか、その違いだと思うことが多い。それは一念のわずかの違いのようであるが、いつか天地雲泥の差となって現れるだろうと、私は見ている。

 自分だけの修行や智慧ではタガが知れている。頭のいい人と悪い人とどれだけの差があるかと聞かれ、戸田先生は「紙に書いた一本の線の上と下」と言われたそうである。それならば頭の悪い私であるが、卑下することはない。(笑)

 「広宣流布」という仏の一大歯車に、また池田先生という人格の偉大な歯車に、自分の小さなギアをかみ合わせれば、宇宙大の大きな軌道に乗ることができる。駿馬にとりつく青バエは、千里、万里を悠々駆ける。何の立派さもないコバエのような私が幸せになるには、これしか方法がないと、その点は素直に認めよう。(笑)

 池田先生も、入会時、日蓮仏法のことはよくわからなかったが、戸田先生という人を信じてこの世界に入ったと言われた。戸田先生の一番弟子である池田先生が、戸田先生直伝で信心を学び、仏法を悟られたことは当然の結果であり、それゆえに「仏力」「法力」を得て、未曽有の広宣流布を果たされた。その現証により「仏意仏勅」の団体といえるのだと思う。

 戦中の牢獄で死身弘法の振る舞いを貫かれたのも、創価の師弟である。そこに御本仏の信頼と血脈が流れていることは、火を見るより明らかではないだろうか。軍部の圧力に屈し、神札を受け、御書を削除したのは宗門である。大御本尊という宝を持っていても、振る舞いが謗法では血脈も途絶えるに違いない。

 いよいよ世界宗教、民衆仏法にふさわしい体制となるために本部も前進している。我らも学会員であることを無上の誉とし、常に青年の息吹をもって、日々の戦いに、精進していきたいと思う。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/232-67b8ef88
トラックバック
コメント
王者の剣さん
おはようございます✨

日興上人は、『このほうもん(法門)は、しでし(師弟子)をただして、ほとけ(仏)になり候、しでし(師弟子)だにも、ちがい候へば、おな(同)じほくぇ(法華経)を、たもち、まいらせて、候へども・むけんぢごく(無間地獄)におち候なり』

(この大聖人の法門は、師弟の道を正して、仏になるのである。師弟の道を誤ってしまえば、同じく法華経を持ちまいらせても、無間地獄に堕ちてしまうのである)

と明確に仰られています。

同じ南無妙法蓮華経を唱えていても、誰を師匠とするかで人生は180度変わってくるのではないでしようか。私は、御書の通りに広宣流布をし、法のために難を受け、獄に入った池田先生こそ、御書を身で読み、大聖人の仰せ通りの正しい実践をされているので、師匠として呼ぶのにふさわしい方だと思います。


ランdot 2017.09.05 07:56 | 編集
おはようございます。

昨夜は大変失礼しました。

パソコンが無いので、私のコメントを公開してお返事下さっていたのが携帯電話の画面に表示されずに気づきませんでした。
寝る前に偶然確認して知りました。

貴方も私と足の引っ張りあいに時間を費やすのは望んでいないと思います。
貴方も今お住まいの地区の同士の方の激励や折伏に時間を費やしたいと考えておられる事と思います。

創価の時代に折伏を30人前後なさったにも関わらず、上の役職の方から注意を受けて退会し、組織を怨んでる方々については、退会した人の傲慢さに問題が有るのかも知れませんが、組織の対応の不味さも有ると思いますので寛大な対応をして下さる事を希望します。
法華講さんも学会員も無宗教の方に入会入講を勧める活動をなさる事を望みます。法華講の怨みを買うのは正論でも面倒なので自粛して下さると有り難いです。

嫌いな学会員がいるから退会したいといってる方の話を聞きに、本日昼から行ってきます。

貴方が寛大な方ならこれからも投稿を読ませて下さい。
折伏も毎月断られてるので、色んな方の文書を読んでます。



miudot 2017.09.05 10:26 | 編集
ランさんへ

いつもありがとうございます。

涼しくなって動きやすくなりましたね。
秋は地元で法戦もあり、教学試験、折伏、広布部員と何かと忙しくなりそうです。

師弟の道はどこまでもこちらが決めて、求めていくものですね。
やめれば一面、気楽ではありますが、失うものがあまりにも大きい。

正しく仏法を行じ、広宣流布を果たされた池田先生に師敵対や怨嫉することは、
やはり三世に無間の因になると思います。

信心をして難に会う人が御書を身で読む人だと言えますね。
入信したてで牢獄などに入れられたら、とても普通は負けてしまいます。
その意味で、創価の師弟はやはり本物です。

私たちもその師子の眷属であるなら、多少の苦しさに弱音を吐くわけにはいきませんね。

先日は「信仰の基本・信行学」という先生の本を買いました。
どなたか若い人にあげようと思って買ったのですが、御書中心でとても勉強になります。
自分でも手元において、何度も読みたいと思います。 

鎌倉時代の名だたる信者の方々も、今のように御書全集も学会の出版物もない中、貴重な紙にしたためられた
大聖人様からのお手紙を寄合い読まれて、信仰に励まれたのですから、素晴らしいですね。
きっと何度も何度も読み合わされたのではないかと思います。

今は読み切れないほどたくさんの教材があります。本当に恵まれていると思います。
行き詰れば、先生の指導を手にすることができるのですから幸せです。

お互い、最後まで師弟の道をたがえずに、報恩感謝の道を、悔いのない信心で荘厳していきたいですね。





王者の剣dot 2017.09.05 14:52 | 編集
Re: タイトルなし

miuさんへ

何度もコメントをいただきました。
最初の2通は間違いがあったということで公開はしませんが、ちゃんと読みました。
またこれまでのコメントについては、なんとも思っていませんので気になさらないでください。

miuさんも学会員なのですね。
これまで嫌なところを見すぎて、学会への不満や愚痴もあるようですが、
「信じたいけど信じられないよ」と、そういっておられるように思います。
本心は楽しく信心されたいのでしょう。

現状のご自分にも満足はされていないように思いますが、その自分を楽しい自分へと
変えていくのが信心だと思います。
泥をかぶったダイヤモンドではみんな捨てるかもしれませんが、
その中の宝を信じ、コツコツと磨いた人が、最後に財宝を得るようなものです。

少し、泥が多いので自分にうんざりしますが、その人ほど幸福も大きいと見るべきなのです。
「一番、苦しんだ人が、一番、幸福になる」というのはそういうことだと思います。

見ようによっては、私にはあなたが道を求めておられるように思えます。
疑いもいっぱい出ているように思いますが、不信の命が強いのですから、
それが出るのは、しばしやむを得ません。

私も疑いがたくさん出ましたが、今は学会も先生も信じられるようになりました。
そうなるとうれしいし、楽しいのです。朝から晩までありがとうで生きていけます。

信心すると命から過去の謗法のヘドロや毒がごうごうと出てきます。
それでまた疑が出るのですが、そこを辛抱してやっていくのです。
絶対に学会からは離れない・・・その信念がどうしても必要です。
またそれを迷わす魔の働きも生命から強く出てきます。

結局、生きていることが楽しくなれば、環境が変わります。
いつかヘドロが出てしまえば、きれいな甘い水が流れ出します。
そうなると、いい人や諸天善神が、ひいては幸福が集まってきます。
愚痴や不満ではヘドロがいっぱいですので、ハエや蛆が寄ってくるのです。
だから相手ではなく自分を変えるしかありません。
そのためには、題目をあげぬくしか方法はありません。

学会の信心は「人間革命」ですので、必ずそれができます。

miuさんは見どころがあってとても面白い人かもしれない。
きっと蘇生しがいのある器に違いありません。

忙しいのなら、それなりでいいではありませんか?
山にこもって御書を拝していても、幸福にはなれません。
学んだことを濁世で実践するからありがたいのです。
忙しい中を、貧しい中を、道の遠きところを、少しでもの思いで信心する人は素晴らしいし、輝いて見えます。

>貴方が寛大な方ならこれからも投稿を読ませて下さい。

たいしたことは書けませんが、もちろんいつでも気楽にお寄りください。
私もあなたの幸せを陰ながら祈ってまいります。

王者の剣dot 2017.09.05 18:21 | 編集
こんばんは

貴方に対して暴言の数々が合ったにも関わらず真摯な対応をして頂き心から感謝します

反省の材料としてコメントを何度も読ませて頂きます。

くだらない事を言ってないで折伏したら、外の人に認めてもらってこそ学会活動ですと大声をリアルで出します。

私は学会の役職が無いのにリアルではトラブルの解決をなぜかしてます。

今日のお昼

掃除が出来てない部屋で会合してほしくないと昨日大喧嘩の件解決

会場など提供してるだけで感謝してもらわないとねと相手を誉めて
家にいる時間少ないものねと誉めて
私が1時間前に行って掃除する

もう一人の喧嘩相手には
汚い所に座りたくない
皆が思ってることを皆のために改善したかっただけ

3ヶ月喧嘩した人が合わないようにして

私のようなタイプを2枚舌、どちらにも良い顔をする下衆な人と書いてる人もおられますが、どちらにも理がある。

取り合えず納めました。
幹部は我慢して下さいと言うだけなので解決出来ません
貴方が間違ってるとか言う人には嫌われますが、私は結果を上手くまとめるタイプです。

明日は近所の壮年部の方が今日万引きして、認知症だと言うことを信じて貰えず自作自演を疑われ、息子さんが困っておられるので医者に診断書証明書を書いてもらって警察に納得してもらう予定です

問題解決処理能力が私は低いので、色んな方の文章を読ませて頂きます。
これで失礼します。
miudot 2017.09.05 21:02 | 編集
その通り その通りと 読ませていただきました

何よりも 創価学会が好き
三代の会長が好き
そして お題目が好き 折伏が好き
自他共の幸福が好き

共々に 励まし合っていきたいですね(^^♪
ちよdot 2017.09.05 22:54 | 編集
ちよさんへ


コメントをありがとうございます。

創価を好きでいられることに運命を感じます。
過去の結縁がよかったのでしょう。

深い宿業の身の上ですので、私もお題目と折伏がもっと好きになれるように精進いたします。

どなたも仏の生命ですので、尊敬と励ましをもっていきたいものです。
私も他者の幸福のために、動ける自分に変わってきました。
唱題はもちろんですが、折伏が難事ですので、そこにより一層、挑戦したいと思います。

東京も涼しくなったと思いますが、どうかお体を大切にお過ごしください。


王者の剣dot 2017.09.06 10:41 | 編集
miuさんへ

再度のコメント、ありがとうございます。

あなたにはあなたの考えもあると思います。
信心する以上は、幸福に、また広宣流布のために、いい道を選んでください。

ネットの意見も参考にはなると思いますが、私は池田先生の書籍で、学ばれるのが一番いいと思います。

どんな縁にも振り回されない、信心の確たる芯を持てば、人は強いと思います。
それを基礎としてやっていけば、いつか素晴らしい人へと成長できるように思います。
私はそれを池田先生との「師弟」に見出しました。

どうか明るく強く楽しくをモットーに頑張ってください。
王者の剣dot 2017.09.06 10:56 | 編集
こんばんは。戸田全の紙に一本の云々、大好きです。
私は、しゅりはんどくのようになかなか覚えられません。

なので、賢くして下さいと祈っています。

とても為になる記事をありがとうございます(⌒‐⌒)
ペコばさまdot 2017.09.07 20:20 | 編集
ペコばさま

はじめまして。
コメントをありがとうございます。

私もすりはんどくの眷属ですよ。
智慧はありませんが、妙法が智慧ですので、心配はいりません。
自分の智慧を頼む人のほうが、かえっておかしくなることが多いものです。

「妙法を唱えて仏になることがもっともも大切だ」と御書にあります。
その通り、唱題に折伏に励む人が、御書を身で読む人です。
やがて賢人となられることでしょう。

またいくら御書を学んでも、池田先生に反旗を翻す人は、結局
大聖人様にも背く人だと思います。

創価学会の師弟こそが、幸福になる直道だと心得て
楽しく朗らかに信心していきましょう。

拙いブログですが、これからもよろしくお願いします。
王者の剣dot 2017.09.08 09:33 | 編集
ペコばさま様

あれ、少し前にペコさんのお名前でコメントをいただきましたね。
「はじめまして」ではないような・・・

楽しいブログも拝見いたしました。
元気で前進してくださいね。
王者の剣dot 2017.09.09 14:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。