2017
09.13

閻魔の笑った顔

Category: 信心
 信心だけでなく、どんなことでも、自分の命で体当たりし、もがきながらつかみ取ったものでなければ、本物とは言えないと思う。妙法という仏の良薬を服し、折伏を実践し、どのように自分が変わっていったか、その体験がその人にとっての仏法であり、その姿、確信が、周囲の人をも変えていくに違いない。

 自分に確たる信仰体験のない人が、理だけを学び人を指導しても、やはり説得力にかけるだろうし、仏法の素晴らしさを生き生きと伝えることはできないと思う。

 仏法を実践すれば歓喜が湧き、生命が躍動する。どんな御馳走も食べなければ、いつまでたっても「おいしそうだ」で終わる。実際に食べてみたら「おいしい!まいう~!」と身口意で叫べるのであり、その感動で、人も食べたい!と思うのである。

 そういう意味では、人に対しても想像や妄想の域で考えても、何もわからないし、何も変えられない。それよりは直接会いに行き、眼を見て話をしてみることが大事だと思う。一度でダメなら、二度三度とぶつかっていく。そこからきっと何かがわかり、何かが変わる。

 私は27歳で入会したけれど、入会したら周りに学会員がたくさんいることがわかった。それで私はその人たちに、「どうして君たちは、もっと早く僕を折伏をしてくれなかったんだ」と言ったら、「おまえだけは絶対、信心しないだろうと思っていた。」という返事が返ってきた。

 命のどこかで信心を求めていた私だったのに、誰も「そうではない」と決めつけていたのである。その経験からすれば、表面的な姿で人を決めつけてはいけない。決めつけるなら、どの人も仏法を求めていると見るべきだ。へたな鉄砲も数打ちゃ当たるというけど、名人であっても打たなければ、永久に当たらない。

 大聖人様御在世当時、熱原の三烈士をはじめ、名だたる信者の方にしても、御書全集があったわけでもなければ、教学の本の一冊もあったわけではない。もちろん「博文堂」でお土産を買うという楽しみもない。(笑) 農民の人などは、文字も読めなかったと思う。それでも命を捨てるまでの信仰を実践し、山賊の出そうな山海の道を、大聖人様を求めて旅をしたのだ。たとえ難しい法門は知らなくとも、人はここまでの信心が十分できるのである。それこそが「信」の持つ力だと言えないだろうか。

 そうやってみると、雪のような純白な求道心こそが、一生成仏にとって、絶対に必要だということであり、その清らかな信こそが一切の要であるといえる。

 自分がそういう心で信心しているか、その一念が問われるのであり、人の観察ばかりしていないで、自分自身を見つめることがとても大事なことだと、私も反省している。(笑)

 ともあれ仏法の実践は楽しいものだ。今月の座談会御書は「持妙法華問答抄」である。「須く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ他をも勧んのみこそ今生人界の思出なるべき(御書全集467p)と仰せである。折伏の好きな人なら大好きな御書である。この世の出来事は一睡の夢に終わるとも、実践した唱題と折伏だけは生命に刻まれ、命から消えることなく、冥途の衣装となるのである。

 閻魔大王もこの衣装を見れば、三途の川で笑って道を開け、「あちらで大聖人様、日興聖人様がお待ちですよ。」と案内してくれるやも知れない。皆さん、めったに見れない閻魔の笑った顔を見るためにも、「自行化他」の実践に悔いなく、励んでまいろうではありませんか。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/234-321c8e0d
トラックバック
コメント
王者の剣さん
おはようございます(^_-)-☆

「心の底では信心を求めていた私だったのに誰もそうではないと決めつけていた」

私の親戚や親兄弟はほとんど学会員なのですが、
その中でひとりだけ頑なに入会を拒んでいる叔母がいます。

叔母は、いろんな人から相当折伏を受けてきたので「叔母さんは今世では無理なのかな?」と思ってしまう自分がいます。でも、この記事を読んで自分の一念を反省しました。

新聞はとってくれているので、これからも叔母が信心につけるように粘り強く祈っていきます。
ランdot 2017.09.14 08:59 | 編集
ランさんへ

おはようございます。
いつもコメントをありがとうございます。

日本人は遠慮が得意ですし、静かなのが美徳の国民性ですね。
でも信心は、声も文字も姿も全部使って語っていかねばならないです。

記事に書いたことは今までの私のことでもありますので、
今は、大いに語ろうと決意しています。

気おくれや優柔不断、ネガティブ志向など、語ることを阻むものは己心にあります。
ランさんは勇気の人ですので、大いにおやりください。

厚かましいぐらいで、ちょうどいいかもしれません。
大阪のおばちゃんの信心が強いのも、臆せず、相手のところに押しかけていく・・・
その勢いにあるのではと思います。

相手に負けない勢いがあれば、勝負はすでに勝ったも同然です。

叔母さんの仏性を信じ、必ず仏法を求めているとの確信で体当たりしていってください。

王者の剣dot 2017.09.14 10:01 | 編集
「決めつけるなら、どの人も仏法を求めていると見るべきだ。へたな鉄砲も数打ちゃ当たるというけど、名人であっても打たなければ、永久に当たらない。」

ホント その通りですね
相手の仏性を信じ続ける
祈り続ける

あ~ 折伏したい
1.2に決めたい\(^o^)/
ちよdot 2017.09.14 15:56 | 編集
ちよさんへ

>あ~ 折伏したい

それこそ本音ですね。

怒涛の前進をするぐらいの勢いで、折伏しまくりたいですね。
私も今、ほとんど会う人毎に仏法対話ですよ。

しゃべってしゃべってしゃべりまくる・・・・
頭と口と足を仏法のために、捧げたい思いです。

相手の耳をこちらの手でこじ開けるようにしてでも語らないと、
おとなしくしてたら「いい子ちゃん」で終わってしまう。
(ちよさんにその心配はないでしょうけど・・・(笑))

どんな人も本当は妙法を求めている・・・無関心や、反創価やそんな心の
その奥に眠る仏の命に、「どうかお出ましください」と語りかけていきたいものです。

折伏戦のご健闘をお祈りいたします。



王者の剣dot 2017.09.14 16:25 | 編集
こんばんは。

昨夜の台風は、大丈夫でしたか?
被害がなければ良いのですが…。

今日の夜、座談会がありました。
司会は未来部3人のお嬢さん!
永井食堂の体験談を観ました。
自分自身が変わると人や環境が変わるということでしたね。
ピアノでの滝の如くと母よの曲を、各1コーラスを皆さんで歌いました。
その後子供達の九レンジャーの踊りがありました。

新聞のPR版の内容の話をしました。
帰りには2人の方が、渡したい人がいるということで、数部持って帰りました。
うちは、昼夜座談会の時に部員さんから渡します。
来られなかった方には、家庭訪問で渡します。
部数が残り少なくなりました。

来年は先生の1・2卒寿に向けて、地区で100万遍の唱題会がスタートしています。
今日の座談会では衆院選のことも、日程はまだ決まってないそうですが決まったとのことでした。折伏、新聞のことも後半戦は忙しくなりますが、地区で団結し異体同心でやっていこう!との話がありました。題目から!とのことでした。

御書全編拝読は、平成25年頃からスタートし、16日(土)に1回目が終えました。今日の座談会でお話をしましたが、全編拝読したのは、地区部長と私だけでした。
朝仕事へ行く前に、拝読して5年位掛かったと思います。御書は回を重ねていくと意味がわかるよと多宝会の人から言われていたので、明日から2回目を開始します。
平成25年2月からの1日3時間の題目は、17450万遍になり、このままいくと来年5月には2000万遍達成予定です。

御書を拝読をしていくうちに、不思議と自分に今置かれている状況と合うように一節一節と…出てきました。
御書を全文拝読してからは、捉え方が違ってきました。
題目が1700万遍達成した時と、御書を身で読めるようになりたいと思った時に、大きな難が出てきましたが、信・行・学としていくとこれは功徳なのだと思いました。
今まで、3人の上の幹部の方に指導をと、地区の同志が連れていって下さいました。
4回目の婦人部の幹部の方が(2回目受けています)、「草創期のような信心をしてきたのね。普通はそこまでなかなかしないのよ。人に恵まれてきたのも福運ですよ」と言って下さいました。

仕事もあり夜会合にかけつけて、役職もあるので、あまりのしんどさに逃げ出したい時もありました。
順風満帆ばかりではありませんでしたから。

20年以上前に、車で移動される先生と奥様にお会いしたことがありました。ずっと願ってきたことが叶った瞬間でした。
その後、ヤングミセスの地区責だったと思いますが、よく家庭訪問をしました。
今は副白ゆり長、グループ長、今年は香城会(1度、20年前位に着任してました)と新聞長をしています。
あの時の先生と奥様との出会いがあったので、「同志をよろしく頼むよ」とそんな意味があったのではと、私なりに思うようになりました。

仕事をしていなければ、職場の人に折伏をすることもなかったかもしれません。
来月は手術をするとのことでしたから、「私も祈るから、貴女も心の中でいいから祈るんだよ」と話をしたところ、頷いて聞いてくれました。
一歩一歩ですが、相手の幸福を祈り対話をしていっています。
大きな意味があるのですね。

一生成仏抄に『深く信心を発して日夜朝暮に又おこたらず磨くべし』とありますが、深い祈りと、コツコツ地道に11・18を目標にと決めています。

王者の剣さんもお忙しくなり、お身体だけは大切にされて下さい。

長文失礼しました。

追伸
本当に…自分で掴み取らないとわからないものですね。
プリッツdot 2017.09.18 22:52 | 編集
おはようございます。

忘れていました。
新聞を自宅に入れられない事情がある同志や、信心をしてない方など、聖教オンラインもあるので声を掛けていこうと地区で話をしました。
プリッツdot 2017.09.19 06:28 | 編集
プリッツさんへ

こちらは台風の被害もあまりななくすみました。
ご心配ありがとうございます。
私の地区も座談会が延期となり、昨夜の開催となりました。

また長文のコメントをありがとうございました。
私の3倍ぐらい頑張っておられますので、ただただ敬服です。
御書をよく拝読し、活動に歩かれ、題目もよくあげられて・・・

いろんなことがあると思いますが、必ず目標とされる宿命転換を果たされるものと思います。
またそういう戦いができること、学会の庭で戦えることが、三世に渡る福運と幸福なのだと思います。

>20年以上前に、車で移動される先生と奥様にお会いしたことがありました。ずっと願ってきたことが叶った瞬間でした

そうですか。素晴らしい思い出ですね。
先生を求める心があれば、自然と御本尊様にも通じていくものと思います。

様々な苦しみは一生成仏していくための方便であると心得、広宣流布という大目的に生きていけば
それ以下の願いも自ずと叶い、最後は所願満足となるものと思います。

「信心しきったものが最後は勝つ!」との確信で行きましょう。

お互い、大きな目標を心に掲げ、大勝利の人生となるように戦って行きたいものですね。




王者の剣dot 2017.09.19 14:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top