2017
09.20

私の「変毒為薬」

Category: 信心
 先日は我が地区でも座談会があり、台風一過の夜であったが、いつものように多くの方が参加してくださった。「広布のために人が集い合う」・・・これほど素晴らしい人の集いもないと思う。

 一人ひとりが宿命を抱えて生きている。私はそんな地区のみなさんの悩みも、少なからず知っている。それぞれ何かしら答えを求めて、またひとりでもがく日々に、力と希望を得ようとして集まって来られるに違いない。

 そんな人たちとともに、勇気と希望と歓びを分かち合って行くのが、この座談会の大きな目的だ。みんなで集えば、その場所は暖かく、光り輝く。私も地区の責任者の一人として、みなさんが喜んで帰っていかれるか、その表情をいつも見守っている。会合に来た人に元気が出なければ、その会合は失敗だったとさえ私は思う。

 そんな私も、もともと人付き合いがいい方ではなかったし、人と群れるより、一人でいるほうが好きであった。人が怖かったという時期もあったと思う。ところが今は、人の輪の中にいる自分が好きになった。これも私の大きな人間革命だ。

 地域でも自治会の役員を長くやったが、最初は「あいつは創価学会で、神社や寺も嫌っとる変わり者や」と、冷ややかに思われていた。しかし、一緒に地域の活動をやっていくうちに、私への見方も変わり、お互い、遠慮なく話せるほど仲良くなっていった。

 以前の私なら、そんな地域との関係も避けていたと思うけど、それができるようになった一番の原因は、やはり学会活動のおかげと言っていい。私の命の奥深く棲みついていた、「人嫌い」が、いつの間にか「人好き」に変わってきたのであり、そこに私は自分が「変毒為薬」をなし得たことを知っている。怨嫉の生命を転換し、人をより多く愛せるようになることは、幸せを得るための大事な要素である。

 学会が素晴らしいと常々言うのも、こうした自分の変革に、確信があるからである。どんなに反学会の意見が飛び交おうとも、私は実証を持って、「学会の信心には厳然たる功徳がある」と主張したい。

 ともあれ学会活動で「人間革命」を果たせることを、私は実践行動で知った。私とて理論や論理性は大事であると思うし、時には、本も読み、考え事もする。しかし、自分の汚れた脳みそに、仏法や池田先生を引き込んで、いいとか悪いとかいうのは好きではない。それよりはその大きな力を信じて実践したいと思うし、いつも疑わず「信」をもってぶつかっている。

 「こんな素晴らしいところから、どうして去って行くのか?」と、組織に批判的な人を見るたびに、私は残念に思う。それは長く組織を適当に考え、批判的だった私が、両方をやってみた実験証明の結果である。「良薬は口に苦し」と言うけど、自分が嫌だった学会組織の中に、私は自分が人間革命するための宝があることを発見した。つまらなく見える組織が、自分の取り組む姿勢で、宝土と転換する・・・まさにそれは恒河を火と見るか、甘露と見るかの違いと言っていい。

 学会に対し、いろんな意見があると思う。しかし、地涌の菩薩の皆さんが集う、仏の集団を嫌う命は、私は魔性の生命だと思う。「魔は分断を好む」と言われるが、ならば仏の生命は「異体同心」を持って、仲よく和合していくことではないか。私が学会で信心するのも、組織のためではなく、そこに愛する同志の皆さんがいるからであり、「世界平和」「広宣流布」と言っても、隣人や同志を愛せぬようでは、絵に書いた餅に等しい。

 その意味で、学会や同志の皆さんを裏切るようなことは、人として一番、やってはいけないことだと言うのが、私の信条だ。

 正しい仏法の実践と、人としての正しい生き方の中に、歓喜も感謝も滲み出てくる。そんな生き方を教えてくれた学会とともに、私も報恩の人生を生きたいと念じている。信心して30余年・・・私はようやく自分が学会員となったと思っている。あとは仏と不二なる生命の勝利をめざし、この道をただまっすぐに歩いていこう。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/235-2817cfaa
トラックバック
コメント
こんにちは。

『実験証明』ですね。
決めて、祈って、行動をすると、自分にとって良い方向へと行きますね。

組織でも職場でも苦手な人はいても、味方に変えていくと決め相手のことを祈り、行動していくと私を助けてくれる人になっていきますね。不思議です。

明日は、会館で活動者会があります。
支部、地区の皆さんも色々とあるので、その思いも一緒に、法戦に向けて一言発言(決意)をするようにとお願いされました。
今日の寸鉄にあるように、「軍には大将軍を魂とす」御書。
決然たる勇者の叫びが勝利を開く。さあ前進

元気いっぱい、叫んできます!
プリッツdot 2017.09.20 15:32 | 編集
プリッツさんへ

そうですね。
苦手な人でも自分の味方にできる・・・たとえ魔王魔民でも味方になると説かれます。
そうなっったら不可能はありません。
どんな悪条件であっても、己心の不信やあきらめを打ち破り、信を貫いていくなら
必ず祈りはかなっていくはずです。

一人ひとりが大将軍の心を持って行かねばなりませんね。

>元気いっぱい、叫んでいきます!

そうそう、その調子で行きましょう。
前に前に行けば、どこかで道は開きます。

お互いに頑張って行きましょう!

王者の剣dot 2017.09.20 16:20 | 編集
創価学会の日頃の活動が、どれだけ自分を成長させて
くれているか・・・「いざ」という経験を経ないと、
なかなか気付けないものでしょうね。

私が創価班大学校で訓練を受けていた時期---
ある日、会館任務(の訓練)に就いていました。

「とにかく、君は、何があってもこのピアノの前から動くな。
そして、何か不審な行動をする者を見かけたら、即座に近くの
創価班に連絡をするように」と。

会場の入口対面、須弥壇に向かって右奥。
グランドピアノが、そこだけ板敷になった場所に鎮座しています。
私は、言われた通り、余り目立ち過ぎないように、ピアノの陰に
半身が隠れるようにポジショニンングをし、板敷に正座し、
会合の準備段階から開始、終了時まで、そこに座っていました。
創価班の会合中とその前後の動きを客観的に学べる絶好の機会
でもありました。

その日は、任務終了後直ちに、別会場で区創価班会が組まれて
いましたので、急いで会場に移動。

創価班会も終了に近づき、区総括(現・区委員長)の指導中、
「今日の会館任務で、皆が忙しく会合の準備をしているのに、
ずっと会場内で座っていた馬鹿者がいる!
誰かは自分でわかるな!? 立て!!」

はい。そりゃあ、私でしょうよ。
正当な理由は当然あります。が、一言も言い訳をせずに、
「申し訳ありませんでした」
と、でかい声で謝りました。

終了後、総括から「何で、ずっと座ってた?」
「そういう指示を受けていました」。
「だったら、そう言えばいいじゃねえかよ」。
「創価班の任務では、一切言い訳をするなとは、
他ならぬ、総括から教えて頂いたと記憶していますが?」
「はは、そうだっけ」。

理不尽ですねぇ。
でも、それが創価班というところと、私は、割り切っていました。
おそらく、創価班になろうとした方、なった方は、殆どの人が
そうである筈。

それから5年後。
私は、某大手電機メーカーが主催するパソコン事業の展示会に
主催者側スタッフとして参加するために、4人の部下を従えて
宮城県に向かいました。
展示会場である、仙台市内の某有名ホテルの催事場に着くと、
既にメーカースタッフやパソコンのサードパーティーから
派遣されて来た人たちが、忙しく準備をしていました。

そして、「それじゃあ、自分たちも」と働こうとした時です。
「おめえら、何を今頃のこのこやって来てんだ!?
 指示した時間より1時間以上も遅れてんじゃねえかよ!
 ふざけたことしてんじゃねえぞ!!」

今回の催事全体を取り仕切る、主催事業部の副部長の方です。
ちなみに、私の所属部署は、この副部長とは別の部。
私たちは、直属の上司である部長から指示された時間よりは、
30分以上は早く会場入りしています。
つまり、この副部長と私の所属部署の部長間で、何かしら
行き違いがあったということですね。

が、私は即座に、
「申し訳ありませんでした。
お叱りは後でしっかりとお受けします。
遅れを取り戻すために、先ずは仕事をさせて下さい」
と、お応えして、部下に指示し、打合せをしてあった配置に
就かせました。

私が、もし、理を尽して自らに瑕疵のないことを副部長に話し、
反論を試みたとしたら・・・周囲では、もう他社の多くの方々が
準備作業を進めているわけで、副部長に非を認めさせれば、
副部長の顔を潰すことになるし、怒鳴り合いに発展すれば、
他社の皆さんに、自社・自部署の恥を晒すことになるし、
副部長が正しければ、直属の上司に泥を塗ることになるわけです。
ここで言い争いをしても、誰も得をしません。

私が全ての責任を被って、急いでこの現場でのトラブルを
収拾させ、先に仕事を黙々と進めている方たちの分を取り
戻すために、私たち5人が、いつも以上に汗をかいて頑張るのが
最も必要なとであると、無意識に判断しました。

こういうことを無意識に即断し、行動できるのは、まさしく
創価班で受けた訓練の賜物であろうと、私は思っています。
創価学会で日々奮闘している活動には、無駄がないのです。
人間関係も含めて、必ず、後々に生きてきます。

その日の夜。
副部長がやってきて、謝罪してくれました。
「部長からそう聞いてたんだって、悪かったな」と。
この方、後に、我が部の隣に席並べる部の部長に昇格するの
ですが、私を信頼し、随分とかわいがってもらいました。
仕事中に、「おい、福島。コーヒーを飲みに行こうぜ」と、
近くのホテル内のカフェに誘うのは勘弁して欲しいもの
でした(笑)が・・・・。

ちなみに、当時の我が区の創価班は、隔月で本山担当にも
就いていましたが、その出発前の指導会で、些細なことで
県委員長に怒鳴られて、それを恨んで、後に退転していった
者もおりました。
客観的に観て、間違いなく、怒鳴られた本人が悪い。
皆の前で恥をかかされたとでも思ったのかも知れませんが、
創価班とは、そういうところです。

いずれにしても、何があたとしても、退転してしまえば、
退転した者の負けです。
怨嫉したり、学会を中傷する行為は、必ずや悪業として
その人の命に刻まれ、積み重なっていきます。
そして、その先に待っているものは。
これ以上書くと、「創価学会は退転者を脅迫する」などと
言われかねませんので、やめておきますが、
仏法の因果の理法は厳粛です。
福島の壮年dot 2017.09.21 09:26 | 編集
組織で理不尽な体験をしてきました。
対話は一切、拒絶されました。
対話のない組織、1人を大事にしない組織に
1人、悶え苦しみました。
1人のために力をつけていこうと決意し、先生との誓いの手紙を
送りました。
先生から、手元に保管しておきなさいとのメッセージを添えて
送り返されてきました。
なぜ、先生が手元に保管しておきなさいと送り返してくされたのか、今になって、よく分かります。
先生との誓い、断じて完遂します。
うるとらまんdot 2017.09.21 11:04 | 編集
福島の壮年さんへ

私は20代後半の入会で、未来部も創価班も牙城会も経験がありません。
こちらで男子部で頑張っているメンバーを見ますと、ただ眩しいの一言です。

私にも娘がいますが、やはりいつか、凛々しい学会青年部と一緒になってほしい。(笑)

見ているとみんな好青年ですね。
うちの地区には男子部がいないので、家を建ててあげて、嫁さん見つけてあげるから
こちらに越してこないか?と冗談交じりにアプローチしています。それぐらい、貴重な人材です。

もちろん中には、壮年さんが言われたような理不尽なお話もあるでしょうね。
男子部女子部は、まあそんなもんでしょう。

私も男子部員に恋愛相談を受け、彼がお目当ての女子部の子に接触しようとしたら、
女子部の幹部から、「今は恋愛より信心を身につける時ですので、交際はだめです。」
と注意を受けたこともあります。(笑)

それでいてみんな、いつのまにか、青年部で結婚とかしているので、
まあ人の恋路は、誰も止められないものですが。(笑)

もちろん些細な事で怨嫉して退転することほど、愚かな事はありません。
若い時代に、「師弟」ということをきっちり身に付けること、あとは教学と実践でしょうか。
(結局、全部ですが。)

どんなことも信心には無駄がないといいますが、確かにあとになれば役に立って来ますね。
草創期の人なんか、もっと凄まじい、軍隊調の戦いだったと伺いますが、熱いうちにいい先輩に鍛えられた人は
幸せだと思います。筋金の入った人は、退転はしませんから。

私も何かと男子部の子が、寄ってきてくれますので、後継の立派な人材になってくれるよう
楽しくおおらかな気持ちで接するように心がけています。

>仏法の因果の理法は厳粛です。

信心は一生ですね。青年部時代頑張って、壮年、婦人になって弱まるようでは、元も子もありません。
また退転は、結局、敗残者となっていきますね。私も何人もの人の姿を見ています。

年をとっても、学会の庭で戦えることほど、素晴らしい人生はないと思います。
特に壮年さんは、青年部のの育成にぜひともがんばってください。
私もいよいよこれからと、思っていますので、ともどもに一兵卒でやってまいりましょう。

「勲等」は「薫陶」のほうですかね。
王者の剣dot 2017.09.21 12:26 | 編集
うるとらまんさんへ

お元気そうで何よりです。

いろんなことというか、組織内でトラウマも体験されたのですね。
普通なら、そこで退会する人もいるのに、うるとらまんさんも筋金入りです。

非人間主義的な幹部には困りますね。
どこにでも、そういう輩はいたりしますが、学会は仏法に照らして正しいかどうかであって、
役職とか上下とかは、本来関係ないと思います。
まだまだ勘違いしている人も多いですね。
コメントのような人は、正しい信心や池田先生の指導からも大いにずれていることでしょう。

池田先生へのお手紙のお話はいいですね。
きっと、その悔しさを忘れずに、同志のために戦っていきなさいということだったのでしょうか?

人間主義を標榜して、会員さんのための組織を作っていきたいですね。
私もはばかることなく、言うべきことを言っていきたいと思います。

決して学会から離れることなく、未来の学会の礎石になる決意で、
ウルトラマンさんの素晴らしい個性を発揮して戦っていってください。

王者の剣dot 2017.09.21 12:47 | 編集
恋愛は・・・まあ、なかなか思うようにはいかないですよね。
ただ、女子部には、結構、観られているものですよ。
男子部の活動の姿を。

これ、この後のコメントを読んだ皆さんには、福島の壮年は、
自分がもてていたんだと、自慢話を書いているんだなどとは、
けして勘違いをしないで頂きたいのですが・・・。
(私が結婚したのは32歳になる直前で、けして早くはなく、
もてなかったことがその一因でもありますから)

先のコメントの創価班大学校での体験は、私が学生部の時のこと。
それから転居を何度か繰り返して、やがて結婚もし、約十年後、
学生部時代に住んでいた地域に戻ってきたました。
引き続き、創価班として、かなりの回数、地元会館の任務や
本山担当の任務にも就いていました。

数年後、本山担当がなくなった少し後のこと。
隣の区に学会の会館ができました。
地元創価班の体制の問題やら諸事情があって、月に数回、
その新会館の警備担当を我が区の創価班が担うことになりました。
その日、早めに会館に到着した私は、念珠を新調しようと、
会館に隣接する仏具店に入りました。
応対してくれたのは、ヤングミセスと思しき店員さん。
すると、その店員さんは、女子部時代に私のことを知っていた
ようなんですね。

「○○文化会館(私の区の地元会館)で、創価班として
よく着任されていた方ですよね?」

「はい・・・よく覚えておられましたね?」

「私たち、女子部の時ですけど、皆の憧れだったんですよ」

そういう会話がありました。
勿論、『私に憧れていた』というより、会館任務を颯爽と行う
『我が区の創価班に』という風に受け止めましたが、
「自分が意識している以上に、会合に参加している会員さんたちは、
自分たちの挙措動作を細かく観察しているんだな」と、
身が引き締まる思いでした。
男子部が、気になる女子部がいてアピールしたいのなら、爽やかに、
日々活動している姿を見てもらうことですね。
但し、『わざとらしく』は厳禁です。
会合の運営いうよりも、むしろ、ふと気が抜ける瞬間があるような、
そういう場面。見ている人は見ています。
(一般社会でも同じですけどね)
それと、婦人部に好感をもたれないと・・・駄目でしょうね。
まだ独身だったある男子部・部長が、恋心を抱いた女子部がいて、
猛アピールをした時期があったのですが、女子部、婦人部から
ストーカー扱いされてしまい、後始末が大変でした。

ちなみに、家内も女子部上がりですが、私は、学会員以外は、
結婚の対象としては念頭になかったですね。
入会させてから結婚するとしても、学会活動で家庭を空ける時間が
多い状況になるのは目に見えているわけで、いちいち、気を遣ったり
遠慮したりは堪ったものではないですから。

追伸:「勲等」になってましたか? 失礼しました。
   御指摘の通りです。
福島の壮年dot 2017.09.21 15:43 | 編集
こんばんは。

無事に終わりました!
昨日の午後に急にお願いされたので、夜には原稿を✉で送りました。
4支部あり、支部の代表でしたから1分決意ですが、それでも緊張しました。
始まる前に、地区の同志の顔が見えたら、安心しました。ほっとしますね。
「元気があって、良かったよ!」と皆さんに言われたので使命を果たせました。
この歓喜を忘れずにさあ、前進だー!
プリッツdot 2017.09.21 17:32 | 編集
福島の壮年さんへ

なるほど・・・流石に様々体験がお有りですね。(笑)

女子部の憧れですか・・・・
ネット上の壮年さんを見ていても、女性にやさしいし、紳士でしょうし。

私など、見た目も中身も風変わりで、誰からの声もかからず、結婚の縁もなくきてしまいました。
ですから学会員でもそうでなくても、どなたでもウエルカム状態でしたよ。(笑)
何をやっても宿業の深い私です。いつもとことん、もう駄目かというところまでいって
やっと救われるタイプなのです。

私に相談した男子部は、とても真面目で、朝5時に起きて、「人間革命」を拝読、
勤行唱題を1時間やって出勤するような青年です。この1月に折伏も決めました。
でも一回目のアタックでふられたようです。本人はそう簡単には諦めないと元気ですが。
それでも地域では一番、信心でがんばっている青年ですよ。(ほんと、女性は見る目がないなあ・・・・)

女子部、婦人部は男女関係には勘が鋭いですね。確かに見てないようでよく見ていますね。
実はある婦人部長さんも、その二人が一緒になればいいのにと、思っておられます。
あとは彼女次第かな。

ここは田舎で信者も少ないですので、マジに青年が結婚して、一日でも早く未来部を育ててほしいと
勝手なことを思ってしまいます。

自分が結婚が遅かったにも関わらず、独身男子部には早く結婚したほうがいいと、尻を叩いている私です。(笑)










王者の剣dot 2017.09.21 17:34 | 編集
プリッツさんへ

一分間トーク、出演おめでとうございました。(パチパチパチ)
大勢の前で、体験なり、活動なり、決意なりを語る功徳は大きいですよ。
私も昨年、ゾーンで体験発表しましたが、それでまた一つ飛躍できました。

実は私もあがり症で人前ではうまく話せない方です。周りからはそう見えないようで、
なにかあると、いつも私にお鉢が回って来ますが、広布のためと、恥をかきに出ています。

婦人部の方など、1分間トークが5分も10分もと延々喋る人がいますが、あれは困ったものです。(笑)

>この歓喜を忘れずにさあ、前進だー!

そうそう、戦いは勢いがある方が勝ちですよ。
歓喜と感謝が出れば勝利は間違いありません。

楽しく、舞を舞うように活動にお出かけください。
ご健闘お祈り致します。




王者の剣dot 2017.09.21 17:59 | 編集
王者の剣さん、おはようございます(^^♪

記事の内容も素晴らしいですが、皆様の様々なエピソードを微笑ましく拝見させていただきました(^◇^)
私も結婚する前、信心強盛な憧れの男子部の方がいましたが、縁なくその方と一緒になることはありませんでした。でも、今では良い思い出となっています。
ランdot 2017.09.22 09:27 | 編集
ランさんへ

男女の中だけは思うようにいかないのが世の中ですかね。

八苦には「愛別離苦」「怨憎会苦」というのもありますね。
「求不得苦」も好きな人と一緒になれないことにも通じますか。
仏様も人間関係の難しさは知悉なされていたのでしょう。

好きな人とは一緒になれず、「あれ?」と思う意外な人と一緒になる・・・
どうなっているのやら、摩訶不思議なことです。

来世はバリ活男子部で、壮年さんのように女子部のハートを独り占め!といきたいですが、
そっちの煩悩も信心の妨げになりそうで、やはり程々にしましょう。

一度は女子から憧れて欲しかったものですが、それも叶わぬ今世の夢と散りました。(笑)


王者の剣dot 2017.09.22 10:41 | 編集
素晴らしい記事ですね。

組織って時代によってがらりと変わるときがありますから、その時に「あっしまった」と思わないように、来るなっていわれても学会にしがみついていきます(笑)

ありがとうございました。
星屑ビーナスdot 2017.09.26 23:10 | 編集
星屑ビーナスさんへ

コメントをありがとうございます。
詩人の方からのコメントは初めてです。

「詩心」を大事にする人は、生命真理の探求者ともいえますね。
まして仏法を基調に書いておられるということで、境涯の革命とともに
深い詩心が湧いてくるのではないかと思います。

池田先生も誰よりも「詩心」を大事にされていますね。
「詩」はそれ自体、「人間主義」に通じ、また「宇宙」にも通じていく・・・
仏法と合致していくものだと思います。

日曜版の先生の詩を拝せば、私は一週間、生命力が持ちますよ。(笑)

私も自分の信念で学会に殉じていきたいと思っています。
それが「師匠」への報恩の道だと信じて。

ともどもに「苦悩を突き抜けて歓喜に至る」とのベートーベンの如く
強き信念で、幸福勝利の道を開いて行きましょう。

これからのビーナスさんのご活躍をお祈りしています。
王者の剣dot 2017.09.27 11:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top