2017
10.03

ブラボーわが人生

Category: 徒然の記

 聖教新聞には、「ブラボーわが人生」と題して、信心のベテランの方の体験談の連載がある。いつも私はこの連載を楽しみにしている。それは人生の年輪、信心の年輪を重ねた人の言葉には、重みと温もりがあるからだ。そして山あり谷あり、波乱の体験に裏打ちされた、信心に対する確信が溢れている。そこにはいささかの迷いもない。

 今朝もまた九十二歳のおばあちゃんが出ておられたが、「おばあちゃん」と呼ばれることをよしとしない、青年の心の人である。

「食べ物はろくにねえ、借金がある。辛くって先輩に泣く泣く相談したんだ。「山田さん、1日や2日寝なくったって死なないんだよ。題目あげなさい」。線香を何本燃やしたかわからない。

「だけども、たとえお金があろうが、あるまいが、うちには御本尊様があるんだ。そう思っていけばいいんだ。」

「結局、苦労がなけりゃあ、信心もわかんねえさ。池田先生とめぐりあえばこそ、今の幸せがあんだもん。」・・・


 次々と確信の言葉がほとばしりでる。まさに市井の庶民の幸福博士、哲学博士だと思う。

 この方は苦労が大事だと教えてくださっている。仏法は頭の先の方で、少し考えたぐらいのことでは到底わからない。現場でまた生活で、辛酸を舐めながら、苦労しなければならないということだろう。仏法は智解ではなく信解だと説かれる。自分の知恵で観念観法したところでしれたものだ。かえって仏法を小さく考えるぐらいがオチなのだろう。

 そのことを思えば学会はありがたい。次々と戦いのステージがやって来る。昨日まで寝ていた人も、新しい戦いに参戦して陣列に加われば、そこからすぐに境涯は開いていく。現当二世なのだから、過去は問わない。

 法戦であっても、やりきらないと、本当の功徳はわからないと思う。なんでも中途半端では掴みきれない。戦いきった人だけが、厳たる功徳に浴せる。やらない人の批判には現証が伴わない。私は、外野から批判をする人より、先頭に立って、背中を見せて戦う人を見ていたい。第一、気持ちがいい。私もそういう人であろうと、自分に言い聞かせている。

 先日は、地方選の候補夫妻と、三十件ばかり、内外のお宅を訪ねて歩いた。残念なことに、昔に比べて、塩をまかれるようなこともない。どなたも友好的である。夜になって帰宅したが、戦いきった一日は、気持ちも清々しい。ご飯も美味しい。(笑)「御本尊様、池田先生、今日も戦って参りました。」そう仏前に端座して報告申し上げる。

 祈祷抄には、「行者は必ず不実なりとも・知恵はおろかなりとも・身は不浄なりとも・戎徳は備えずとも・南無妙法蓮華経と申さば必ず守護し給うべし、袋きたなしとて金を捨る事なかれ」と仰せである。

 ありのままの汚れた自分でいいと仰せである。御本尊を強く信じて妙法を唱えていけば、それで幸福になれる信心だ。難しいことなど何もない。そうしない人があれこれと迷うのだろう。仏法を根本に真面目に生活と取り組み、学会同志と連帯し、師弟不二で実践すれば、それが幸福への最高の道である。

 題目を高らかに唱えれば、体内の熱い血が燃える。そして前進する勇気と希望が湧く。逆境にあって、やる気と負けじ魂が出る。そしてそこから痛快な逆転劇が始まる。

 焦らなくとも、不安に思わなくても、必ず最後は信心しきった人が、学会員が勝つのだから、心配は無用だ。「僕が仏?最高だなあ」「君も仏、未来は明るいねえ」そう互いを励まし朗らかに生きれば、体の細胞も自然と若返り、健康になっていく。明るい心になれば、不幸も寄り付かない。そこから勝利の道が開いていくに違いない。

 この方の言われるとおり・・・「たとえお金があろうが、あるまいが、うちには御本尊様があるんだ。そう思っていけばいいんだ」

 今日はこの素晴らしい言葉を味わいながら、終わりにしよう。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/238-dbef8638
トラックバック
コメント
1日(日)の夜、私が帰宅したすぐ後に家内も帰ってきて、
壮年部員さんのところに寄ってきたところだとか。

(婦)本部長から「N地区の壮年部員さんが、御本尊のことで
お話があるというので、行ってくれないかと言われた」と。
「御本尊のことで話が」というのであれば、支部長以上が対応すべき
ですが、その日は、支部長は仕事中。
その人のことを一番知っているであろう副本部長は、所用で外出中
ということで、支部婦である家内に依頼が回って来たようで。

「会合には全く出たことがない人だというし、『返却したい』とでも
言われるのかと思ったらね・・・」

そこに娘も帰ってきて、話に加わりました。

その壮年部員さんが言うには、
『先日まで病気で入院していたんですが、震災の時に、御本尊が
 破れてしまって、どうしていいかも分からずにいたら、 病気
(大病)になっちゃって、手術しました。
 御本尊が破れちゃった罰じゃないかと思って、どうすればいいか
 お聞きしたかった』と。

妻「奥さん、未入会だしね・・・相談できる人もいなかったらしいし」
私「その人って、Aさんじゃないか? タクシーの運転手さんだろ?」
妻「あれ、知ってるの? タクシーの運転は定年退職したって・・・」
娘「その人、御書学には出てたの?」
(私が10年以上に亘って壮年部の御書学の講義を担当しているから、
 娘は、そう思ったらしい)

私「いや、全く会合に出てなかった人が、御書学だけ参加するって
  ことはないだろ(笑い)。
  十三・四年前に、N地区に担当で入っていたから、その人の
  ところにも随分と家庭訪問をしてたんだよ。
  5回に1回位しか会えなかったけど、会えば丁寧な話が
  できる人だったよ。
  本人に会えない時でも、2人の息子さんと話したり、
  奥さんにご挨拶したり。
  ご実家は会津の方で、これから墓参りに行くんだという
  ところに出くわしたりもしたなぁ・・・。
  まさに、『病によりて道心はをこり候なり』だな。
  ま、意図して御不敬したわけではないから、罰ではない
  だろうけど・・・でも、放置していたことと関係していない
  とは言えないか」

娘「でも、奥さんが未入会で、その人も活動はしてなかったのに、
  きちんと御安置はしてたんだね」

家庭訪問は、すぐには結果が出ないことも多いですが、
無駄にはならないということですね。
その地区、同じように私が担当で入っていた頃に、B長という
役職を持ちながら、未入会の奥さんに気兼ねして、活動が
できていなかった人が、昨年には、地区部長になりましたからね。

未活動であろうが、少なくとも御本尊を粗末に扱っていなければ、
いつか、何かしら発心するきっかけはあるものですね。
訪問者は、「時」を待つのみでなく、粘り強く「時」を創って
あげることも大事なのでしょう。
発心動機に繋がる「縁」であり「体験」--- 病であったり、
経済苦であったり、家族のことであったり、様々ですが ---
に遭遇した時に、家庭訪問してくれていた人の言葉を思い出す
なりして、気付きを得られるかどうか。
そこがポイントですよね。
福島の壮年dot 2017.10.04 11:53 | 編集
福島の壮年様

こんにちは。

政局の方も、安倍さんの支持が落ち気味で、野党に取っては風を起こすチャンスであったと思いますが、
前原さんがあまりにも信念がなかったと言うべきでしょうか?
自界叛逆ともいうべき、姿を露呈してしまいましたね。

一本、筋の通った理念がないゆえに、その場の風見鶏になってしまう。
党の名前すら大事に考えない姿に、支持者も頼りなさを感じたことでしょう。

信心も同じですね。何があろうと「師弟」の一念だけはふらついてはいけない。
富士の山の如く、堂々と不動の一念で、我らは戦っていきたいですね。
大事なことは、自分が窮地の時にどう振る舞うか・・・そこに本性が現れると言うことでしょう。

信心を最後までちゃんとやり通すというのは、至難のことですね。
その方にも、信心の心が、残っていたということだと思います。
まして大震災に会われたのですから、命が守られたというべきなのかもしれません。

御本尊様が破れなければ、そのまま冬眠だったかもしれない・・・御本尊様が身を呈して
その方の幸福を案じられたと言えるかもしれません。

これを機会に、御本尊様を大事にたもって、信心に励んでいかれればいいですね。

私も聖教の配達、集金を通じて、知り合った方に、今年、入会と御本尊流布を果たすことができました。
といってもその方は、50年ほど前に一度、入会されていたのです。10代の頃、ただ会社の社長に言われるままに
御本尊を受けたそうで、あとの面倒も、教学もないままに、やがて引っ越しされ、我が地域に越して来られました。

私と知り合ったときは、邪宗を安置して、御本尊様はタンスの中、入会して一度も仏壇にご安置したこともなかったそうです。
本人はそれでも「悪いことをしている」とは思っておられませんでした。

統監もありませんでしたので、再入会をしていただき、御本尊様も今のものとお取り替えいたしました。

私も事情がわかってから、なんとか邪宗を捨てて、御本尊様をきちっとご安置していただきたいと思い、通いましたが、その一念が実りました。

入会したけど、指導も活動もあまりないまま、信心のことを粗末にされる方も多いものです。再折伏の意味も込めて、仏縁を大事にし、そういう人を導いていくことも、大切な使命だと思いますね。

>発心動機に繋がる「縁」であり「体験」--- 病であったり、
経済苦であったり、家族のことであったり、様々ですが ---
に遭遇した時に、家庭訪問してくれていた人の言葉を思い出す
なりして、気付きを得られるかどうか。
そこがポイントですよね。

そのためには、その人の心の奥に楔を打つような、的を得た言葉掛けが求められますね。
私もより一層、境涯革命と、日々生命を磨くゆくことに精進したいと思います。

ともどもに頑張ってまいりましょう。


王者の剣dot 2017.10.04 14:52 | 編集
王者の剣様

こんばんは

いつも読ませていただいてます。

王者の剣さんのブログを見れなかったので私をアクセス禁止にされたのかと思いました。

折伏できる方は、私と意見や価値観が違っても文句はないです。

王者の剣さんも2015/6/19に蘭室の友の事を書いておらましたね。
先ほど読みました。
蘭室の友という言葉は10/2と10/4に新聞に載ってます。

私の場合は会合不参加の学会員が新聞読むの大変だと思うから、私が一押しを紹介してメールしたものをコピーしてブログに張り付けてます。

私は小学生でもわかるように説明をつけてる文章ですから、王者の剣さんには不要ですね
miudot 2017.10.04 20:19 | 編集
miuさんへ

こんばんは。
お元気そうで何よりです。

ブログもはじめられたのですね。
時折、拝見していますよ。

私はmiuさんは一緒に信心できる人だと思いますし、いい人だと思っていますので
アクセス禁止とか心配しないでいいですよ。(笑)。

私はそれほど理屈屋さんではないので、あまりたいそうなことはお話しできません。
私だって、理屈抜きで愉快で楽しい方が好きなのです。

蘭室の友といっても、心根のいい人が大事ですね。
心が通い合うのが、友情であり、本当の人間関係だと思います。
絵でも文学でも名作に触れると、心が清新になり、触発を受けますよね。
また自分を高めてくれるものです。

蘭室の友もきっとそうだと思います。自分を高みへと導いてくれる人が蘭室の友です。
ちなみに悪の酒を進め、信念を曲げさせ、退転へと誘う人は、「怨嫉の友」です。(笑)

お互い、気を付けないといけませんね。


「悪象は但肉身をやぶる悪知識は法身をやぶる、悪象の為に・ころされては三悪に至らず・
悪知識の為に殺されたるは必ず三悪に至る」(1209P)

信心のまっすぐで清らかな人に親近するのが一番ですね。
それが池田先生だと私は思っています。

お互いにがんばっていきましょう!
王者の剣dot 2017.10.04 22:56 | 編集
王者の剣さん、おはようございます(^^♪
今日はいよいよ公示ですね。
いろいろありましたが、魔に負けずに
最後まで走りぬいていきたいと思います。
ランdot 2017.10.10 09:21 | 編集
ランさんへ

こんにちは。

法戦は、広宣流布の戦いですので魔は競いますね。
まして日本中で戦いの渦が巻き起こるわけですから、魔も強いものと思います。
また個人においても戦おうとすれば、向かい風を受けるように、色々とありますね。

自分らしく、一生懸命戦っていけばいいのだと思います。
広布のために生きる人が一番立派で、黄金の歴史を作れることを確信して・・・

短期決戦ですので、足並みが揃ったほうが、勢いの強いほうが有利と思います。
公明は我ら学会員の団結の支援で勝利していきたいですね。

ランさんの健闘をお祈りします。


王者の剣dot 2017.10.10 12:09 | 編集
こんにちは。

公示となり、後10日間となりましたね。
期日前投票も始まりました。
連休中は日曜日から体調を崩したりしましたが、今は訪問したり、電話したりとお願いをしているところです。
東京の友人は2人いますが、「息子さんの所に来るときは、また寄って」と言われました。
地元の友人は、「電話待ってたよ」と言ってくれたりと動いた分だけ返ってくるんですね。
反学会公明の人にも、お願いしました。
返ってくる言葉は、いつものことですが相手も何だかんだと言いたいようですが、5937聞きながら、だけど私も負けずに笑顔で語ります(笑)

『とてもかくても法華経を強いて説き聞かすべし、信ぜん人は仏になるべし謗ぜん者は毒鼓の縁となつて仏になるべきなり』法華初心成仏抄

色んなことが起きても、言われても気にせずに明るく語って行こう!ですね。


プリッツdot 2017.10.12 11:39 | 編集
プリッツさんへ

こちらはもうかなり前から地方選をやっていますので、衆議院が始まっても
「もうやってるよ」という感じです。

法戦は「動くこと」「語ること」ですね。
短期決戦ですので、今回は私も電話で頑張っています。
私の年代はリタイヤして昼に自宅にいる人も多くなってきました。
電話を入れても、みなさん暇なのか、つい近況も含め、話が長くなってしまいます。

それでも政治には関心がある人も多く、そういう人との話ではあれこれと政局談義に
花が咲きます。

昨夜も友人が「公明党の山口さんは頭がいいね。言うことと言ってはいけないことを
わかってるわ」と言っていました。おそらくNHKの「日曜討論」を見たのでしょう。

一昔前に比べ、確実に公明党の存在感が浸透していると感じます。

もちろん半分の人は、いい返事をくれませんが、それで当たり前です。
それより「入れてあげるよ」と言ってくれる人が、以前よりはっきりと言ってくれることが
多くなったと感じます。

やはり日頃のお付き合いが大事ですね。あと、題目で生命を磨いて行くことだと思います。
相手がどうであれ、こちらが語った分だけ、こちらの功徳になります。
勇気と志に功徳が宿ることを信じてやっていきましょう。

楽しく、元気に法戦はやるべきです。
そうすると生命力が豊かになってきます。

風邪など魔も入りやすいので、体を大切に、戦いを進めていきましょう!

王者の剣dot 2017.10.12 12:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top