2017
10.12

信念の持つ力

Category: 信心
 
 今回の選挙は、「自公」対「希望の党」、そして「共産」「立憲民主」などのリベラルの3極の戦いだと言われている。その流れに集約される中で、私が一番、驚いたのは、民進前原さんの希望の党への参加であった。

 数年前(2009年)には政権まで取った野党第一党がいとも簡単に、自ら党を捨てたとも取られかねない行動である。党首自らが、名を捨て小池さんのもとに下るというのは、一見、情けない姿に思える。これでは代表自ら、「我が党では国民の信は得られない、政権交代は無理だ」と、白旗を挙げ、党に見切りをつけたと思われても仕方がない。

 憲法改正をはじめ、内部で意見が統一できないのが、民進党の大きな弱点であると言われる。そこにメスを入れ、篩いにかけ、安倍政権打倒を大義として動いたというなら、まさに捨て身の戦術だ。しかし、慌てて人(希望の党)の母屋に引っ越して戦うというのだから、足元がしっかりしているとは思えない。選挙後も含め、果たしてどうなっていくものか・・・前原さんの信念が、最後は問われる。

  生きていれば誰しも苦しいときもある。窮地に立ってあとがないという、状況に追いやられることもあるだろう。その時にどう生きるか、どの道を選択するのか・・・そこにその人の器も見え、真価も見える。要領や保身で道を選ぶのが、世間一般の多くの人の姿かもしれない。

しかし、「さすがに気骨があるな」と言われるだけの、己の信念を貫く人でなければ、政治の世界に限らず、人からの信用は得られないだろう。また大事を成し得ることもできない。その意味で厳たる信念を胸中に抱くことが、人生勝利の必要条件と言えるのではないだろうか。

  私も若い頃は、信念も確信もないままに、ただ流れに流されて漂よう枯れ葉のようであった。何か確たる信念がほしいと思ったものの、それをどうやってつかむのか、何が信念なのかさえわからぬまま、すべてに刹那的に生き、心に空しさを感じる日も多くあった。

 それが27歳でこの信仰にめぐりあい、以来、30数年、組織に出ないときもあったが、学会から離れずにやってきた。諦めやすい私が、粘り強く陰徳の日々を送ることができた。それは信心を教えてくれた偉大な先輩と、学会のみなさんのお陰である。そしてようやく生命に一つの信念を持てたと感じている。その信念とは「我が生命は仏である」ということに尽きる。どんなに辛い時も、この「信念の珠」を抱くならば、それで大丈夫だと思えるようになった。

  仏法を持つ人の信念とは、何ものにも絶対に崩されない強き生命の一念であり、その一念は人を救いゆく広宣流布への行動となる。どんな人の言葉にも惑わされず、またどんな力の前にも屈服することのない、鋼のような信念・・・それこそが、創価の三代会長が、自ら、大難を受けきって教えてくださった、仏法の真髄なのだと思う。
 
 私の生命に灯ったこの信念の珠は、まだまだ小さなものだ。これからこの珠にもっともっと磨きをかけねばならない。苦しみの中を学会正義の信念を貫いた人だけが、栄光の勝利を手にすることができる。どの人も一旦は谷底に落とされ、魔の試練を受け、そこから這い上がっていかねばならない。大事を成す人には大難大魔が競うというのも、ある意味、道理ではないだろうか。そうであるなら、大きな苦しみと戦う人こそ信念の強き、使命深き仏の人だと思いたい。

 私もこの先、何があろうと、この信念で難を乗り越えていく決意だ。そして信念の持つ力の偉大さを、私の立場で、現実に証明していかねばならない。

 信念のある人は、苦労が多くても美しい人生を生きる人だ。そして最後はその苦労さえも黄金色に輝く時が来るに違いない。逆に信念なき人は、世間的に華やかであっても、最後は虚しさの中で一生を終えるのではないだろうか。その人が何を求めて、何に命を捧げて生きていくのか・・・どの人もその一念で、人生も最後の臨終さえも決定していくに違いない。

 妙法をたもち、池田先生との師弟を求めて生きる、その不動の信念に生き抜く人こそ、「仏」であり、最高の「価値創造」を成しゆく人なのだと私は確信している。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/239-05500ee8
トラックバック
コメント
お久しぶりです。
いつもブログを読ませてもらい、勇気をもらっています。

〉信念のある人は、苦労が多くても美しい人生を生きる人だ。そして最後はその苦労さえも黄金色に輝く時が来るに違いない。

この信心は、一番苦しんだ人が一番幸せになる実証を示せる信心ですものね。

でもこの10年苦しんでいます。
特に昨年からの試練は辛く厳しいもので、この身が切られる思いの中、信心から先生から組織から離れず、踏ん張っています。

折伏にも挑戦して十数人に当たりました。
今ようやく悩みを抱えている青年に出会って、真剣に考えてくれています。

自他共の幸福・・自分が苦しくて精一杯の状況にあって、他人の苦しんでいる姿を見過ごす事が出来ず、励まして共に前を向いて進んで行く、何とかその行動を貫いています。

でも・・
この状況は変わらないんではないか。
自分だけは無理なのか?
そんな、弱い生命が出て来てしまいます。

前回のブログで、雪山童子の喩えをお話ししてくださいましたね。
改めて説話の意味が分かりました。
帝釈天が姿を変えて、我が信心を試して鍛えてくれているんですね。

王者の剣さんも、これまでそれはそれは辛く苦しい月日を過ごされて、信心の確信を、この身が仏だという信念を掴まれたのだと想像します。

だから私も、
地獄の底から這い上がってみせる。
この試練を与えていただいたご本尊様に感謝して、揺るがない信心の確信と信念を我が生命で掴み取っていきます。

薫風dot 2017.10.15 16:32 | 編集
薫風さんへ

こんばんは。

お久しぶりです。
またコメントをありがとうございます。

私も入会した時、すぐに幸せになるものだと思いました。(笑)
ところが修行の枝は曲げられ、真言の家で7年、信心も胸中唱題だけでつらい状況でした。

やがて母が入会し、家がようやく創価学会の家となりましたが、それからも大変で・・・
腎臓癌、原因不明の激しい神経痛、失業など、ひどいものでした。 
命の汚れがドバーと出たんでしょうね。

でもそのたびに、なんとか私なりに信心に挑戦していきました。
何でもそうでしょうが、最後まで貫くことが大事ですね。

そのおかげで、今はひとつの「信念」が成就したと思っています。  
命に幸福になる土台が出来ました。
これを磨いて、さらに成長していきたいと思います。

薫風さんも折伏の対話がすごいですね。
折伏をやり抜くことが、一番幸福になる近道だと思います。

悩みがおおきいほど、幸福も大きい・・・本当にそうだと思います。
悩みが深いと、自分を見失うものですが、その時こそ、まっすぐに創価師弟の道を進まれますように。

私も今日は友人に語り抜いてきました。
行動に打ってでることが、悩みに打ち勝つ秘訣だと思います。

頭で考えると悩み、行動に出ると、悟りになる・・・そういえるのではないでしょうか?

目先の小さな勝利も大事ですが、大きな目標を心に掲げてやっていきましょう。
ちっちゃな自分を乗り越えたいと、私も頑張っています。

前途に栄光あれ!とお祈り申し上げます。
王者の剣dot 2017.10.15 23:19 | 編集
ずっと未活で今年の頭に復帰したのですが、難に会って少しでも教学をとネットでうろうろしてたらこちらのブログを発見しました!
コメントとか苦手なのであまり書き込めませんが、毎日暇さえあれば読ませて頂いてるので、これからもこのブログ指導頑張ってください!
応援してます!

乱文ですいません(笑)
男子部員dot 2017.10.18 18:26 | 編集
男子部員さんへ

こんばんは。

コメントをありがとうございます。
またいつも読んでくださり、ありがとうございます。

男子部ですか?最高ですね。
私は27歳の入信ですので、男子部時代が短くて・・・
若い頃に、うんと苦労して信心をがんばれば、後がいいですよ。

ブログの方はこれほど続けるとは思っていませんでしたが、
皆さんに励まされて、ここまでやってきました。

これからも思うことをポツポツと書いていきます。
信心する道すがらの、休憩所としてお寄りください。
私も思いつくまま好きなことを書いています。

冷めた目で考察するような視線ではなく、活動家としての熱いハートでやっていきたいと思います。

男子部員さんの大成長をお祈りいたします。
共々に大前進、大勝利を目指して行きましょう。

今後ともよろしくお願いいたします。
王者の剣dot 2017.10.19 00:18 | 編集
今回の法戦は自身の限界に挑戦して殻を破りたいと
頑張っています
十数年ぶりに同級生の家を探して何人か会いに行ってきました
たまたまその日に家にいた人も何人かいて
日頃のお題目のすごさを感じています
全ての人に仏縁を結んで行こうと思います
お風呂に行って見ず知らずの方と話が咲き
支援のお願いをし 快く応じてくれた時は
やはり勇気が大事だと実感しました
もう頼める人には全部あたりましたが
まだまだこれからが勝負
師匠の戦いは
弟子の勝利を見届けること
必ず大勝利して 先生に喜んで頂きたい
今はその思いでいっぱいです
あと少し 頑張ります
いつも勇気をありがとうございます
チャコdot 2017.10.19 23:26 | 編集
チャコさんへ

法戦の戦いご苦労様です。
私も同窓生にたくさん連絡をとりました。
にわか同窓会の雰囲気で、特に私の年代になると女性の方のほうが、元気ですね。
男は仕事が一段落して、リタイヤモードに入っている人が多く、熱い人は少ない。
男性のほうが寿命が短いというのもなんとなくわかるような・・・
やはり婦人のパワーの素晴らしさを実感します。

元気に活動して動き語る・・・そこに健康と幸福の秘訣があると思います。

法戦は広宣流布の戦いに通じていきます。政治をよくし、国を安定させる。
友情を広げ仏縁を結んでいく・・・いい事だらけです。

今の日本に公明党があって本当に良かったと思います。
自民と反対する野党だけでは、喧嘩に明け暮れ、政治は乱れて行くことでしょう。
中心にいて舵を取るバランサーの役目も、公明党は果たしています。

外部の人も、公明党には一目おく時代がきました。
支援を依頼しても、以前とはだいぶ違いますね。
自信をもって、公明党の素晴らしさを語っていきたいと思います。

ともに大勝利で22日を迎えましょう。

お体を大切に、前進してください。


王者の剣dot 2017.10.20 10:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top