FC2ブログ
2017
10.26

多勢に無勢

Category: 徒然の記

 今回の選挙では公明が6議席を減らす結果となった。残念に思っておられる方もいるかもしれないが、気を取り直して新たに出発していきたい。私も勝ち負けではなく、戦いきった法戦の功徳を感じている。功徳というのはいただいた人でないとわからないと思う。そしてそれによって確信を得ていくことも事実だ。功徳を得ない人が、本当の確信を抱くことはできない。

 ちなみに今回の選挙における我が地域の得票率は、自民が39、希望が17、立民16、公明11、維新9.5、共産6.5、その他1.5(いずれも%)という結果であった。公明の全国比例では福岡、沖縄がトップで17.3%、平均では13.3%となっている。衆議院では465議席のうち29議席であるから、議席獲得率は6.2%・・・得票率に比して半分以下と、厳しいものだ。

 法戦のさなかに思ったが、我々は実に「多勢に無勢」の中で戦っている。前の記事にも書いたが、私の同窓生100人の中で学会員はどうやら私だけということが判明した。これは極めて少ない例かもしれないが事実であり、広宣流布でいえば、私は99対1の立場に立っていると言える。

 我が地域の世帯数で見ても1100世帯に対して、学会の世帯は30世帯ほど、これは2.7%、さらに自治会では200世帯で学会員は3世帯と2%にも満たない。
田舎と違い、都市部に行けば10%とかあるのかもしれないが、それでも9対1である。

 つまり我々はきわめて少人数で、邪宗の信者や反創価など異なる思想の人、他党の支持者、無宗教家といった人々に折伏を働きかけ、公明支援をお願いしていく。「娑婆世界は第六天の魔王の所領」と言われる通り、時には魔軍の人たちと戦うこともあるだろう。政党の支持団体ということで見ても、連合や民商が世の中から攻撃されることはないが、創価学会は絶えず目の敵にされ、攻撃にさらされる。それもまた「仏と魔」の戦いが根底にあるからに違いない。

 そんな「多勢に無勢」の中を、学会員は健気に戦いゆく使命を帯びている。その構図を思うと、批判や反発、逆風が多くて当たり前だ。「創価は立派だね。」「公明は素晴らしい。」と褒められることなど稀なこと。世の中全体が9対1なのであるから、学会員は少数派であり、逆風の中を生きることを宿命づけられている。

 それは一見、苦しいとも言えるが、そのことがわかればどうということはない。北風の中を歩くから、人間強くなれる。「よっしゃ、創価が正しい、池田先生が正しいということを、自分の信心で一生をかけて証明しようじゃないか!」と逆に私のように燃える人もいるだろう。(笑)

 妙法に反対する人が多くいるから、我々は宿命転換と広宣流布ができる。誹謗中傷、悪口罵詈(あっくめり)する人たちのおかげで、自身の過去の謗法も消滅でき、功徳を増すことができるのだ。折伏に言って悪口を言われることは、自身の悪業を転換するための最高の手段となる。だから決して悪口する人たちを恨んだり、言われるからといって悔やんだりしてはならない。むしろ法のために悪から迫害を受けて、「発迹顕本」するのだと喜ぶのが本当だ。


 「日蓮が一類は異体同心なれば人人すくなく候へども大事を成じて・一定法華経ひろまりなんと覚へ候、悪は多けれども一善にかつ事なし」(異体同心事1463P)・・・たとえ9対1であっても、その「1」が「異体同心」の一団であれば、悪を打ち破り、大事を成じることができると言われている。

 池田先生は誠実に日々仏法を実践する会員に対して、かつて次のようにスピーチされた。

 皆様は華やかではない。マスコミから脚光を浴びるわけでもない。しかし、どんな有名人よりも、戦争を起こすような指導者よりも、何千倍も大きな仕事をしている。人類の歴史転換の「底流」をつくっているからである。
「1999.7.3 記念本部幹部会のスピーチから)

 「人類の歴史転換の底流をつくっている。」との言葉をかみしめるなら、その偉大な使命に誇りをもち、焦ることなく、堂々と進んでいこう。謗法が充満する国土、地域であっても決して怖気づくことなく、粘り強く戦う中に、必ずや仏の生命は踊り出ていくものと思う。我が家でまた拠点で、人がどう言おうと黙々と唱題に励むのが学会員だ。その陰徳が必ず花開く時が来るのが、仏法の世界であり、大聖人様のお約束だと思う。

 賢人は、利(うるおい)や衰(おとろ)えなどの八風におかされない。ならば法戦の結果に一喜一憂することもなく、笑顔で今日から前進しよう。
 一段と爽やかな友好対話を綴りながら、明るく朗らかに次なる峰へと出発していきたいと思う。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/241-2eb983c8
トラックバック
コメント
こんばんは。
日々の激務、誠に御苦労様です。

私は他党から、直接選挙依頼されたことは、一度しかありません。
その一度は、職場の社長からでした。
既得権益そのものの業種ですから、自民党支援です。
私も依頼されて『はい、分かりました。(笑)』で終わりです。
後で、私が学会員だったことを社長が思い出して、お互い顔を見合して笑った。

考えてみれば、一般的には直接依頼は、仕事関係、利害関係によるものが多いでしょう。
また、テレビのニュース・ワイドショーの影響もかなり強い。
連合については、プリンス小泉進次郎が批判してましたね。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000001-asahi-pol

公明党は変わらなければいけませんね。すでに党勢拡大には限界ありです。
宗教政党だからダメなんだという陳腐な話ではありません。

公明党は、国民への政策発信力を、もっともっと磨かなくてはいけない。
あまりにも弱すぎる。共産党の足元にも及ばない。

支持組織力は日本一でも、今のままでは、皆が望む圧倒的拡大勝利は出来ない。

今回の短期間での総選挙に関して言えば、自民との都議会選挙でのしこりの中、
よく戦ったと思っています。
コスモdot 2017.10.27 23:49 | 編集
今回の戦い 本当にお疲れさまでした

今日の 『新・人間革命』
「心配ありません。
あなたがいるではありませんか」
有り難いね~

この記事を読んで ちょっと羨ましくなりました
我が家の並びは 10件中5件が学会員さん
小学校の同級生は 支部長 地区婦人部長など
中学の後輩は 販売店主
自治会は 会長 副会長が 学会員さん
団地の 草創の方の努力によって 今の環境があります

王者の剣さんのところ 大変だとは思いますが 
これからが 楽しみですね!(^^)!
ちよdot 2017.10.28 10:09 | 編集
コスモさんへ

おはようございます。
お久しぶりです。
お元気そうで嬉しく思います。

私も昔は選挙は熱心ではありませんでした。
信心とどう関係があるのだろうと、普通に思っていました。

それが自分で地区や組織によく出るようになり、やっているうちに広宣流布の戦いにつながることを理解できるようになりました。なんでも一生懸命、やってみないとわからないものです。

個人においては外交戦の拡大と友好拡大に、そして折伏につながっていきます。
政治面では仏法を基調として、国を安んずるために、民衆中心の社会を建設するために公明党に一翼を担ってもらう・・・様々な面で意味があると思います。

広宣流布はただ自分たちが拝むだけではなく、社会のあらゆる分野に打って出て創価の力を証明し、世の中に貢献していく戦いだともいえます。政治もその一つですし、まさに総力戦です。
それは仏法を世の中の根本に据え、広めていかんがためです。
法だけあっても、それを実践し、世の中の働きとなって現れないと、信心を証明できないのですから。

公明党もいろんな意味で成熟して来ていると思います。
一昔前に比べても、その存在は一目置かれるようにもなりましたね。
貧乏人と病人の集まりから、国の鍵を握る政治集団を育ててきたのですから、すごいことです。
そしてこれからがまさに正念場だと思います。

数も大事ですが、やはり議員の質を高めることだと思います。
地方にあっても、本当にやる気と行動力、賢い人を輩出しないと、他党に負けてしまいます。

専門家や政治家の間には公明党を評価する人も多いですが、一般にはあの安保法制にしても理解が浸透したとは言えません。
これからは憲法改正もあります。会員が語るには法律一つでもあまりにも難しいこともあり、その辺はおっしゃるように、党が発信力やPR力をもっと高めていってほしいですね。

党勢拡大には、様々な問題があるように思いますが、それはどの党も同じです。
民進がなぜこのように分裂したか・・・それはしっかりとした党の精神、理念がなかったからではないでしょうか?
労働団体をバックにした野合の集団にすぎなかったのではないかと思います。
その点、公明党には仏法をバックボーンにした党の精神、理念がしっかりあります。
常に原点に立ち返って、智慧をつくし、理想と現実の最高の妥協点を見出し、信念をもって戦っていってほしいですね。

私も引き続き、支援をしていきたいと思います。


王者の剣dot 2017.10.28 11:45 | 編集
ちよさんへ   

こんにちは。

様々な要因が絡み合って、今回はこのような選挙結果になりました。
先生からは関西の完全勝利を喜んでくださるメッセージが届きました。
結果に関わらず、誰しもがんばった分は三世の福徳です。

確かにこの田舎の状況の中で、私がどれだけ熱心な会員さんを求めているか・・・
またひとりの人がどれだけ大切な会員さんか・・・

「師子は伴侶を求めない」といいますが、やはり人が出ないことには始まりません。
その意味でも源となる一人が大事です。まずは自分です。
みんなでワイワイガヤガヤもいいですが、本物の一人がいないとそれは烏合の衆です。
そうならないためにも、自分が本物の師子になるしかありません。

>「心配ありません。あなたがいるではありませんか」・・・
池田先生にそう言われたら、もうこの人は逃げられませんね。(笑)

新聞にはその後に指導が続きます。

「あなた自身が、その地域で、皆から慕われる存在になっていくことです。(中略)仏法を持ったあなたが大樹のように、皆から慕われ、信頼されていくことが、そのまま仏法への共感となり、弘教へとつながっていきます。」・・・・

こんなりっぱになるには、まだまだ信心が足りません。もっともっと境涯を高めないといけません。
「この地で、あなたは法華経と創価学会に骨を埋めて戦うのです」・・・
実はどの人も仏様からそう言われているのです。
そのことに気づくかどうか、自覚できるかできないかだけの違いです。
そして自覚できた人から仏です。

都会への憧れを捨てて(笑)山と田んぼに囲まれたこの天地で勝負してまいります。
王者の剣dot 2017.10.28 13:04 | 編集
こんばんは

私はいつも暗くてすみません。

私の友達と知人二人は選挙終わって血圧が高くなったり起きれなくなったりしました。
私も今回は前回投票してない人4人が協力してくれたので公明党の議席が減るなど溜息ばかりです。
近所で公明党に投票しない人がいるのですが、他の学会員の人が三回も訪問なさったようで、勝たないといけないです。
言葉を選ばないですみませんが、公明党の議席が減ってやっぱりねと言われて、家の中で知人が倒れてしまい、数日前に見舞いに行ってきました。

そう思うならお前がもっとやれよ、お前こそ口だけ達者と思うかもしれませんが、単純にお願いしたから票につながるわけではありません。
学会員に公明党に投票してほしいです。
座談会止めてカラオケや飲み会でも良いです。
学会員の同情票や義理の票でもかまいません。
学会員でない人にお願いするのは友達に頼まれて応援票なのですから。

もう次の選挙やってます
投票日の次の日に投票棄権してる人が見つかりました。
皆から嫌われてる事を苦にしてる人でいきなりは無理だけど題目をあげることを勧めるつもりです。
会館は24時間開放してないから、昔みたいにお寺があればね
題目をあげてると当然本尊も必要になりますから学会員になってもらうことになります。
今年6人仏法対話しましたが結局入会には至らず、3ヶ月折伏止めて御書読んでました。

たまたま生きるのが辛いと言ってる人にめぐり合いもう一度自分の人生を話してみようと計画中です。

私は大変に浮沈みが大きいのでこれからもブログを読ませていただきます。
miudot 2017.10.29 17:58 | 編集
miuさんへ

こんにちは。

確かに暗いですね。(笑)
だから信心しているとも言えますが。

誰でもそうですが、愚痴が多くて歓喜や感謝の言葉が少ないときはどこか信心がおかしくなっているものです。

回りの環境もありますが、まず自分の信心を立て直すことからです。
自分が明るくなることからですね。
そうでないと回りも変わりません。

法戦ですので無理なことして選挙に勝たなくてもいいではありませんか?
第一、我々は選挙屋ではありませんよ。正々堂々とやればいい。
あなたが誠実にお願いすればそれだけでいいと思います。

仏法対話も、相手を思い誠実に話をすれば、入会にこだわらなくてもいいと思います。
成果がないと駄目とかではなく、自分が実践することに感謝や歓喜があればいいです。
そうしたら諸天が喜んで相手が協力してくれますよ。

「心こそ大切なれ」ですので、成果よりもプロセスが大事だと思います。
自分がどんな心で信心するか・・・たとえ一言でも語っていこう、目の前の一人の人を励ましていこう、自分が太陽の明るさで接していこうと、そんなふうに自分も人も元気が出るようにやることだと思います。

池田先生の随筆や指導から学んでいかれるのが、一番良いかと思います。
信心も御書(教学)も全部入っていますから。

王者の剣dot 2017.10.30 12:22 | 編集
こんばんは。

法戦も終わり今日の地区協議会から、11・18へ向けてのスタートとなりました。
地区として、ひとつの目標をということで、1人が1部の新聞啓蒙へ挑戦していくのか、お題目の挑戦していくのかとの話が出ました。
まだ決まりではないのですが、挑戦していくことは大切なことだと思いますね。
唱題会は週1回の夜ですが、地区のリズムを崩さないようにしてはとの思いがあったのと、11・18もあるのでそのように話したところ、引き続きすることになりました。
先生からのメッセージがありました。頑張ったことが一番なことだなと思いました。

明日から職場の人が手術をするので、病院へ入院するのですが、仏法対話をしてる人なのでLINEで励ましたりしているところです。
もうひとり、仏法対話をしたい人がいます。
折伏をしよう!そんな思いだけですね。
決めて、祈って、行動です。
さあ、しっかり祈りますよー!
プリッツdot 2017.10.30 22:47 | 編集
プリッツさんへ

日々の戦いご苦労様です。

法のため学会のため、また自他の幸福のために行動したことは、すべて幸福の因となって生命に刻まれ、三世の功徳になると思います。

人は褒めなくても、またわかってくれなくても、冥の照覧を信じ、師弟の道に勤しむことだけが、最後には最高の遊楽となります。

この世に生きて法のために祈り動く・・・それこそが幸福境涯です。
世の中の9割の人はそれを知らないままに、亡くなっていきます。

先日も50年ぶりに小学校の同窓生の女性に連絡したところ、ご主人が出られ、この夏に亡くなられたとのことでした。
若年性のアルツハイマーが出ていて、ある日車椅子で転倒、その後、病院で亡くなられたそうです。
小学校時代の彼女しか記憶にないのですが、追善のお題目を毎日送っています。

誰しも明日の命もわからない・・・そう思えば今日を一生懸命、仏法に生きることが最高の生き方ですね。
一回の唱題会を大切に、友好対話を大切にとの思いでやっていきたいと思います。

学会に心を入れて、いつもしっかり頑張っておられますね。
以前より、また一つ強くなられたでしょうか?
魔軍を抑えて、さらなる飛躍を期してやっていきましょう。

寒くなりますのでお体を大切にお過ごしください。

王者の剣dot 2017.10.31 12:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top