FC2ブログ
2017
11.10

「池田先生についていくんだな」・・・

Category: 徒然の記


IMG_7214a.jpg
       



 私は27歳で東京で入会、32歳で関西の片田舎にUターンしたのだが、家が真言だったこともあり、数年間は信心らしいことは何もできなかった。しかし、信心を捨てなかったのは、東京での5年間、私の命に信心を教えてくださった、ある先輩との出会いがあったからである。

 人との出会いが人生を決することを、その先輩との出会いによって私は学んだ。それは仏様が、私のあまりの不幸を憐れんで、天の配剤の如く、その人に巡り合わせてくださったものに違いない。その時は夢中でわからなかったが、時間が経ってみれば、やはり仏様の使いとして、その先輩は私の前に現れてくださったとしか思えない。

 その先輩が亡くなられる前に、私はご自宅を訪ねたことがあった。おそらく信心に行き詰まって、私は意を決して訪ねたのだろう。実は私はその人の前に出るととても怖くて、心臓がブルブルと震える自分をよく知っていた。その人の生命力もさることながら、自分のすべてを、それこそ三世まで見抜かれているようなそんな怖さがあり、その人の眼をまともに見ることができなかったのである。

 あとにも先にもそんな思いがしたのはその人だけである。その上、その方はいつも多くを語らない。その日も長い沈黙が続く中で、一言、「池田先生についていくんだな・・・」と言われた。それが先輩からいただいた、私への最後の言葉となったのだが、その時、その言葉は私の命の奥深く、楔となって突き刺さったのだと思う。その先輩が、私の命に、ここぞと打ち込んでくださったという方が正しいかもしれない。

 それから私が歩んだ道は、とても池田先生についていくというほど、立派なものではなかったが、それでも池田先生と学会を捨てずに歩み通してきた。今、その一念がいよいよ信念の巌となって私の命に根を下ろし、私は自分が広宣流布に生きる人だと覚悟するところまで、ようやくこれたのである。


 先頃の法戦では、協議会など通常の地区の会合のあと、本部の拠点に夜の9時から壮年が結集して3週間ほどの間、唱題会を行った。総県の幹部から分県、圏長、地区部長まで、早く来た人から横並びで、上下の隔てなく団子になっての唱題会である。

 毎夜、10名から15名が集い、力強く機関銃の如く題目が上がっていく。呼吸も乱れず、リズムもあってガンガンと上がっていくのだが、私はその中にいて、「ああ、この題目こそ関西の題目だ。池田先生に通じ、御本尊へと収まっていく題目だ・・・」そう感じていた。まさに唱題会の醍醐味を感じることができ、その魅力で私は片道20分かけて毎夜、その拠点へと通った。

 「池田先生についていくんだな」・・・私はそう命に楔を打って下さった先輩に、改めて感謝の思いをいだき、「なんとか池田先生についていっていますよ」と、己心で偲びながらお題目をあげていることもあった。

 その先輩にまみえた多くの友が、のちのち法華講へと去っていった。その命が私にもあると思われたのか、それとも創価の師弟に生きる私を見抜かれたのか・・・いずれにしろ、その方がかけて下さった最後の言葉に、私はこの人生を捧げてきたといえる。

 信心には善知識が必要である。私にとってはその方こそが最高の善知識の人であった。そして池田先生というさらなる善知識の師匠にめぐりあい、師弟の道を求道し、今日を生きている。それはきっと来世へと続く幸福の軌道であり、私のいくべき道なのだろう。

 その軌道に載ったことがわかれば、生命は安心し、自ずと歓喜と感謝の世界に入っていく・・・次はもちろん、多くの人に仏法を語らねばならない。その先輩もすごい題目の人だったが、自分の功徳は折伏でいただいたと仰っていた。

 怖かったその先輩の眼差しも、今は秋の陽差しのように優しいものに思える。来世もきっとその先輩に会うことだろう。その時に、「あの時の教えを守り、創価の道を全うしました」と胸を張って言えるように、しっかり精進していきたいと思う。







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/243-0dfd7878
トラックバック
コメント
こんにちは。

「池田先生についていくんだな…」
良い言葉ですね。
出会いの縁によって、自分自身を成長させて頂いたりと教えて頂くことは感謝をしていくことが大切ですね。

壮年部が団子になっての唱題会は、声も力強いものでしょう。
私の地区は、先生の卒寿慶祝までにと唱題表を作って、皆さんと目標に向けて挑戦しています。
新聞啓蒙推進もありますが、会合へ出てこられない部員さんも…と祈っていましたから、幹部の方に家庭訪問して頂いて、その部員さんが「入れていいよ」とのことでしたので、嬉しく思いました。
12月は、私の地区では『地区総会』になりますが、出てこなれない部員さん方達のことも参加して頂けるように、祈っているところです。

私事ですが、職場の中では折伏は出来ないので、先生の本からの内容を抜粋したミニカードをしたものを頂いたので、11・18まで何とか渡せないかと祈ってましたから、エレベーターの出入りする時にまわりは誰もいません!
「創価学会の池田先生の言葉です」と渡せました。
それから、もうひとつ11日に1800万遍を達成しましたが、その数日前に、喉が痛くて耳鼻科へ行きました。
耳の中も診察してもらいましたが、「中耳炎で鼓膜が奥に引っ込んでいるので、このままだと聴こえなくなりますよ。お薬を飲んで元に戻るかもしれないので、2週間後に診て戻ってなかったら切開しましょう」と言われました。
私の場合は処置が出来るのですが、鼓膜と骨が癒着して処置出来ない人もいるそうです。
転重軽受なのだと思いました。

土曜日夜の座談会の幹部の方のお話の中で、御書と祈りだと仰ってました。
先生のご指導での毎日1行でも、2行でも御書を拝読していくこと、その幹部の方は題目2000万遍達成した時に病気が出たそうです。それを乗り越えた時に福運がつくんですよとのお話でした。

現場でしっかり根を張り、自分自身での課題に挑戦していき、そして実際に関わっていく人達を思いながら、一念の祈りをしていくことが大事なことだと、実感した思いです。

最後になりましたが、綺麗なお写真ありがとうございます。
王者の剣さんの写真は、季節を大切にされていて、とても癒されます。

お身体を大切にされ、新聞配達も学会活動、お仕事をされて下さい。
プリッツdot 2017.11.13 11:39 | 編集
プリッツさんへ

いつもありがとうございます。

宇宙の森羅万象が、自力で生きているようで、大きな力で生かされている・・・
そういうことをよく感じます。

人それぞれ深い悩みがあっても、妙法に生ききる時、大きな宇宙の力用に我が身が納受され、
悪業も罪業も転じて、幸福への軌道に入っていくものだと思います。

大事なことは、瞬間、瞬間、御本尊に、妙法に、命を奉っていくことですね。

耳の病も、妙法を根本にする時、必ずいい方向へと向かうものと思います。
どうぞ、大事になさって、医者の治療を受けてくださいね。

>エレベーターの出入りする時にまわりは誰もいません!
「創価学会の池田先生の言葉です」と渡せました。

その勇気が、御本尊様に通じないわけがないと思います。
心こそ大切なれ・・・その志に功徳が多からんことを祈ります。
素晴らしいです。

写真はネタ切れ(笑)でしたので、しばらくお休みしていましたら、
ある方から、「写真がみたいですので、ぜひ」と言われました。

うだうだ記事を書くより、一枚の写真のほうが人を励ませることもあります。
その方は記事より、写真を楽しみにされていたようです。(笑)

先日、近くの花の公園に寄ったのですが、マリーゴールドの花壇が、秋の陽射しに輝いていました。
生まれて初めて、マリーゴールドの写真を取ったのですが、自分でも好きな一枚です。
秋の陽射しが優しくて、柄にもなく、昔の先輩を思い出して切なくなりました。

「仏種は縁に従って起こる」(高橋殿御返事)・・・縁ほど大切なものはありません。
私も人のため、良い縁の人になりたいと思います。

学会活動こそが、仏法を身で知る一番の方法です。
智慧は愚かであっても、ひたすら自行化他の修行に励んでいく・・・
そこに智慧も福運も備わっていきます。

最後まで気を緩めること亡く、健気な一庶民として妙法を行じて参りましょう。
寒くなりますが、お体を大切に、どうか地に足つけて前進していってください。
王者の剣dot 2017.11.13 12:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top