FC2ブログ
2017
11.17

私の変毒為薬

Category: 信心


 最近、私も頓(とみ)に信仰実践の素晴らしさを知り、ますます学会活動中心の信心となってきた。国政、地方選と二つの法戦に勝利し、その中で多くの共戦の同志の方と、絆、友情を深めることができた。そのことが何よりも嬉しい。正直、自分がこんなに学会活動を好きになり、躍動するとは、当の本人が一番驚いている。

 というのも私は入会5年目から7,8年、真言宗の実家に戻ったこともあり、ほとんど信心らしい活動をしないで過ごした。それが30代の時で、一番、体も動く時に、ただ仕事に行って帰るという生活を送っていた。



IMG_0801a_R.jpg



 それでも題目は胸中で常に唱え、必ず開く時がくると心に期していた。その一念が通じたのか、40代になって、母が入会に応じてくれ、ようやく我が家も真言宗からの改宗を果たせた。それを契機に、信心の扉が開き、組織嫌いだった私は、意を決して学会活動に飛び込んで行った。

 ところが生命が濁っているせいか、その活動がとても苦しい・・・修羅や怨嫉もよく出て、頭が痛み、会合の帰りにはドッと疲れて、善をなすのになぜにこんなに苦しいのか?と呻吟する時期が長く続いた。自分はほとほと学会から、先生から見放された生命だと、あきれたものである。

 そこで私は、「それならば」と腹をくくった。「無冠の友」を志願し、家の前の田んぼを潰して、車が十台とまれる駐車場とし、支部、地区の拠点に我が家を提供。大勢人が来てもいいようにと、仏間の床を補強し、破れたふすまを張り替え、仏壇を拠点用にと大きなものに買い替えた。学会に対し、やれることを全部やってそれで駄目なら、組織に出ずに一人で信心しようと考えたのだ。

 その後、王城会や地区、支部役職と頼まれた役職は全部受け、会館回りの草刈りなども志願してやった。そんな潔い信心が良かったのか・・・ある頃から、あれよと言う間に、学会嫌い、組織嫌いが治ってしまった。

 「あの人のここが嫌だ、信心が感じられない」などと偉そうに思っていたのが、「この人も素晴らしい、立派だな」と思えるようになり、人を尊敬の目で見ることも多くなった。幹部に対して文句が多かった私だが、その人達の良い部分が見えてきた。健気な信心の会員の方も、もちろん尊敬できるようになった。そうなると回りも私に、親しみと笑顔で接してくれるようになり、今ではどなたとも楽しくやっている。「自分が変われば回りが変わる」ということを一つ学んだ。

 大の組織嫌いだった私がこんなふうに変われた。これは自分の命が180度転換した現証であるから、「変毒為薬」とはこうだと人にいえる。過去の法華誹謗の罪で、命が学会に反発していたのが、学会大好きへと転じた。人嫌いが大いに人好きになってしまった。今、多くの人たちを愛せる自分を感じている。信心は悪い子がいい子に変わるのである。

 そうなると「ありがとう」「うれしい」の心が起こってくる。苦しい生命が「ありがとう」の生命に変わる。そこから人として勝利の人生が始まっていくだろう。それは大きな変毒為薬だ。

 信心に励めば、生命から毒が吹き出す。過去世の謗法の傷が現れ、宿業の波に翻弄されもする。魔も必死に領土を取られんと、十軍の戦を仕掛けてくる。その苦しさの中で「人間革命」を目指すのであるから、よほどの覚悟、決意が求められる。戦いは壮絶で厳しいに違いない。私など辛い時には、腹の底から雄叫びをあげる。「魔性め!くるなら来い、お前には負けんぞ!」「先生、私は必ず勝って見せます!」と・・・その魂からの叫びがある限り、胸中の悲哀を乗り越えて人は前進できるものだ。

 自分を称え、人を称え、御本尊を賛嘆し、池田先生との師弟に生きるなら、その生命は幸福であり、人間主義であり、仏の生命と言っていいに違いない。私もその生命の人となって、多くの人に幸福の明かりを灯して生きていこう。「変毒為薬」の仏法の素晴らしさを語りながら、ともに「一生成仏」の頂きを目指していく決意である。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/244-e69f29d3
トラックバック
コメント
「信心は悪い子がいい子に変わるのである。」

いや~ 素晴らしい
感動しました

『そこで私は、「それならば」と腹をくくった。「無冠の友」を志願し、家の前の田んぼを潰して、車が十台とまれる駐車場とし、支部、地区の拠点に我が家を提供。』

「はらきめろ」
これは 婦人部書記長が 
ある方にメールで送った言葉です\(^o^)/

覚悟の信心しかないですよね
ちよdot 2017.11.17 23:26 | 編集
ちよさんへ

凡夫は「志」で決まると思いますね。
わたしのようにお金も智慧もない者は、「心」「真心」を供養するしかない。
命を惜しまず、法のために働いてそれで仏になる信心です。

その真心に功徳は果報として現れ、宿命転換も変毒為薬も可能になると思います。

結局、私のような人間には、仏様はうんと困るところへ導いて、法華経に腹を決めさせる・・・
それが慈悲なのです。そのお蔭でいよいよ腹が決まったのですから、それで良かったのです。
そこへ行けば腹が決まる私の性分を、仏様はもちろんご存知なのでしょう。
真面目に信心すれば途中はいろいろあっても最後はきちっと救ってくださいます。

成仏を期するならば、最後は命全部を法華経に賭けるところへと連れて行かれますね。
厳しい道ですが、それが創価の師弟です。

我らもその列に連なり、漏れ落ちないように精進していきたいものです。
王者の剣dot 2017.11.18 10:28 | 編集
真坂様

コメントをありがとうございます。
せっかくコメントをいただきましたが、特定の方のURLが貼ってありますので、公開は控えさせていただきます。

その上で世の中にはいろんな考えの方がおられます。内部のアンチ学会という方もおられることでしょう。創価に様々疑問を持たれるのも、一応は理解できることもあります。私もすべてがいいとは申しません。何事にも善悪がついてきます。

前者の方とはメールで2,3度やり取りがありまして、「池田先生の心に反すること」、「そのままでは「師子身中の虫」になってしまうこと」など伝えました。
後者の方とは対話はありませんが、人として興味はあるものの、どのような言葉をかけるかは、お会いしないとわかりません。むしろこの方からはいろいろとお話を聞いてみたいですね。考えは違いますが学べることもあると思います。

いずれにしろ同じ地域に住んでいれば、私はその方たちを訪問し、対話をすると思います。

人間主義で言えば、どの方も仏の生命です。その中で仏の生命が強く出ているか、それとも無明である不信の生命が強く出ているか、その違いで善悪が現れます。反学会と言っても、奥底は仏の生命ですので、現場で粘り強く見守り、対話の糸口を見つけていくしかありません。
人間主義は、一人ひとりの胸中に打ち立てていくものです。それは言動や姿、振る舞いとなって、現実社会の中で示され、人を触発、感化していきます。残念ですが、ネットではそれは難しいと感じています。

「会則の改正」などについて私の考えは記事の中にも時々書いています。池田先生も数々のメッセージで今の学会のあり方を認め、応援、激励されています。その学会で活動してどうか?私は体験を交えて、世の中に発信しています。それが私なりのその人達への「声」ということになります。
王者の剣dot 2017.11.18 11:18 | 編集
こんばんは
私のように暗いの嫌いかなと思ってコメントやめよかなと迷いました。

今創価のブログで激しい意見交換がなされてるように組織は現場は醜悪な修羅場です。
ネットもリアルも人の気質や性格や考えやこだわりは同じです。
けなしてるわけではありません。
真剣で熱い人の集まりです。
貴方の話は夢のように感じます。

財務したくないから退会したいと言う人がいて今月の私はこれです。
勿論新聞も投票も含みます。

一番ムカつくのは、嫌われたくないから皆のご機嫌とってあんな風には絶対ならないとよく言われます

貴女の本音はどれと軽蔑されます。
言いたい事いう人は気楽でよい
嫌なら退会したらと言えば学会員は協議会に参加する人だけになります。

だったら退会したい人を引き留める説得など私に頼むな自分でやれ、引き留めないで退会してもらえばよい

これで相当かなりの精神的苦痛を要しました。

貴方のこの記事を読んで朝日が登って行くのを見たような、暖かい気持ちになって来たのでコメントさせていただきました。

ようやく決心が着きました。

私は退会しなくても良いと相手が諦めるまでいい続けるつもりはありません

幸せになってほしいから退会しては駄目と言ってるのよと恩に着せるつもりはありません。
相手が学会に利用されてると感じれば聞く耳を持ちません

また御機嫌とりと皆から言われますが私のやり方で説得します

相手の土俵に行って決着を着けることにしました。
未活動の方は会館にも行かないし、財務負担は納得出来ないのは当然です。
組織を維持するのに経費がかかるし、会員だから一万円で充分

自分の考えを押し付けて申し訳ないが、心の状態をよくしてほしいから信仰はしてほしい。

学会員でも御本尊様を引き出しにしまって出さない人もいる

退会しても勤行は出来るがいずれはやらなくなる。
学会員でいると言うことは信仰を肯定してる。

きっちりおまとめします。
miudot 2017.11.18 23:12 | 編集
たびたび御投稿を拝見しに来ていました。
今回は初めてコメントさせていただこうと思います。

すべての記事を読んだわけではないので、ある意味頓珍漢なコメントになるかもしれません。
それを前提にして聞いていただくとしまして、いろいろこれまでBlogを見てきた中で、
内容的にとても優れたものになっているような気がします。
貴方と同様、私も基本的には仏法の基本は師弟であろうと考えます。
もっとはっきりいえば、個人的には日蓮仏法でいうところの
化法というのは、師弟のことにほかならないのではないかと思っています。

今回の記事をみて、相変わらず切れのいい潔い信心の姿を描かれておるなあと思いましたが、
それにもまして、考えてしまったことは、ご家族の理解のことでした。
たしか奥様は去年のいまごろに発心されたというような話ではありませんでしたか?
と、いうことは、無冠の友を志願したり、田んぼをつぶして駐車場にしたり、仏間仏壇を補強したり、
新規購入したりするというのは、その発心前のことなのかな?と思いましたがどうなんでしょうか。
こういったことは、伴侶が多少信心強盛であろうとも、その伴侶に暴挙と思われることもあるんじゃないかと思う。
ましてや、そうではないならば、暴挙を通り越して「おまえ狂ったか」と考えるような人も多いのではないかと思います。
文脈からみて、それを実行されているようですので、奥様の信心の状態がどうであれ、
旦那さんである貴方の御意見を奥様は受け入れたということなのでしょうから、これはものすごいことであると、思いました。

貴方の信心の潔さを毎回感じていましたが、今回は奥様の信心のものすごさを感じました。
信心の状態云々という話が以前有りましたが、このお話は結局は奥様の信心の凄さを語ることになるんじゃないかなと
私は思いました。 あなたには大変たのもしい味方が伴侶としてついておられますね。たいしたものだと率直に思います。
dot 2017.11.19 12:19 | 編集
私は組織嫌いで学会員も好きになれませんでした。
しかし、諸天があらわれないと文句を言いながら題目をあげていると、ひょんなことから千葉に住む婦人部の方と親しくなりました。
御本尊は偉大だな、と思った矢先。
その方のご尊父が倒れられたとの知らせを受けて、すぐさま題目を唱えました。
Mさんのご尊父にまだ使命があるなら生かせてあげてください。
もし、もう使命を果たせたのなら楽にひきとらせてあげてください、と。
そしてMさんから父が亡くなりなりました、との報告を受ける数分前に、御本尊に祈っているとき、南無妙法蓮華経の文字がまた光輝いていました。
その時、Mさんのご尊父の成仏を確信しました。
後日、亡くなられたご尊父は半眼半口の見事な成仏の相をされていたと伝聞しました。
私は12年ぶりに交際相手が見つかり、どうしても暖かい創価家族の一員になってもらいたいと、祈っています。
話は変わりますが、私は8月に引っ越したのですが、とうかん?がうまくいっていないのか新組織の方から今まで何の連絡もありません。確か奇数月にとうかん?が行くと聞いたのですが、私嫌われてるのかな?(笑)
星屑ビーナスdot 2017.11.19 12:59 | 編集
miuさんへ

こんにちは。
お元気そうでなによりです。
暗いというより、いろんなことが書かれていて、ついていくのが大変です。(笑)
まあ、それがあなたらしいのかもしれませんが・・・

人のことが気になるようですが、あまりたくさんのことをかかえると大変ではないですか?
自分がしっかりと信心して堂々としていることも大事だと思います。
そうしていれば自分が救うべき人は御仏智で現れてきます。
人に何か言われても、「素晴らしい信心よ」と言える自分であればいいではないですか?
人は決して自分の思い通りにはならないものです。その代り、こちらも自分の信念を語る・・・それでいいと思います。

miuさんも太陽の人、仏の生命です。
毎日の信心で、その太陽を昇らせる思いでやっていきましょう。
そのためにも自分は太陽の人、仏だと覚悟することが大事ですよね。

太陽は堂々と、赫々と輝いて、雨の日も嵐の日も悠々と軌道を進んでいますね。
そういう人を目指して、焦らずに、日々精進していきたいと私も思います。
10年後、こうなりたいという希望を描いて歩いていくぐらいでいいと思いますよ。

寒くなりましたので、風邪などひかないようにお過ごしください。
王者の剣dot 2017.11.19 13:47 | 編集
梅様へ

はじめまして。
長文のコメントをありがとうございます。

昔のことで記憶も定かではありません。(笑)
またプライベートのことは書きにくいものですが・・・

実は私は結婚が大変遅く、彼女は再婚になります。
結婚の時のお互いの条件は、「私は信心をやりたいだけ自由にやる」一方、家内は「私と、私の両親には信心を強制しない」というものでした。もちろんお互いにその条件を呑んで一緒になりました。ところが時々、我が家で座談会がありましたし、同中に誘えば一緒に参加するというふうで、学会にひどいアレルギーはなかったかと思います。
信心は決して強制しませんでしたが、結婚して2,3年したある年の5月3日を前に「入会するか?」といったら「いいよ」と言ってくれました。ただ自分が拝むということについては「拝む理由がない」ということで、唱題はしませんでした。池田先生の指導に「一家で一人、熱心にやる人がいればいいのです。」との指導がありましたので、私も彼女には信心の話はしませんでした。母親もそうですが、家内にも入会してくれるだけで、十分だと思っていました。
その前後だったと思いますが、私は記事に書いたように、学会に力を入れることにしまして、「無冠の友」や「拠点提供」「役職」など、様々挑戦していきました。彼女もそれに特に反対しませんし、仏壇の購入など、むしろ協力してくれました。その後、役職だけは絶対に受けないと言っていましたが、人材がいないこともあり、やむなく白ゆり長を受けました。その流れで座談会や会館行事では司会をしたり裏方をしたり、相変わらず題目もあげないのに、堂々とやるので、こちらがハラハラしたほどです。(笑)

そんな家内に昨年、甲状腺の癌が見つかり、本人も「どうして自分が?」「大丈夫だろうか?」と不安が出たのでしょう。朝晩、一緒に勤行をするようになりました。はじめて自分から御本尊の前に座るようになりました。リンパにもたくさん癌が散らばっていて悪性でしたが、手術は無事成功し、その後は転移もなく元気でやっています。先日は地方選のウグイス嬢までやっていました。私も病の時はあれこれサポートしましたが、「お父さん(私)が信心で支えてくれて助かった。」と言ってくれました。後にも先にも感謝されたのはその時だけですが・・・(笑)
圏で夫婦で体験発表して、皆さんに感動してもらえたこともいい思い出です。

まだ本当の意味で信心に熱心とは言えませんが、私はそれでいいと思っています。自分がもっと立派な人間になれば、彼女も信心に熱心になる日も来るぐらいに考えています。信心のことで夫婦で争うほど愚かなことはありませんしね。応援、協力してくれるだけでありがたいというものです。

お互い、我の強い者同志ですが、まあ、すべてを修行と捉えて(笑)今世はこのコンビで広宣流布に向かっていきたいと思います。
そんなところでしょうか・・・

王者の剣dot 2017.11.19 15:26 | 編集
星屑ビーナス様

コメントをありがとうございます。
ビーナスさんお元気でしょうか?

信心をしていく上で、善知識となるいい同志との出会いは大事ですね。
また人に誉められなくても、御本尊に純粋な信心を果たした人は、必ず成仏の相で旅立っていかれると思います。
それは社会的な地位や名誉とは関係ない、その人と御本尊様だけの間の秘密です。
私達も毎日、その秘密の中で本当は信心しているといえないでしょうか?
だから「御本尊、御本尊」と恋い慕って生きていく人が、立派な人だといえますね。
その秘密には世間も他人も入れない、仏と信者との二人だけの世界です。

12年ぶりの彼女ですか?うらやましいですねえ。私などとうに年貢を納めましたので(笑)来世まで辛抱です。
12年ぶりですので、どうかうまくいきますようにと念願します。

とうかんは「統監」と書きます。2ヶ月に一度が基本(偶数月)ですので、次の統監(12月)で来ないようでしたら、今か以前の地区部長さんに連絡をお取りください。どちらかの組織に手落ちがあることも考えられます。引っ越し先の地区部長さんにお会いになるのであれば、早めにその旨を伝えて調べてもらってください。あなたのような方を決して嫌うなどということはありませんので、ご心配なく。(笑)

(※朝、いただきましたコメントを誤まって消してしまいましたが、本文が残っていましたので、コピペして再投稿いたしました。そのため投稿時間にずれが出ています。どうぞお許し願います。)
王者の剣dot 2017.11.19 15:53 | 編集
さっそくの丁寧なご返答をわざわざありがとうございました。
病によりて道心はおこり候といいますが、これはやはり勇気のいることです。
師とともに、ご家族で共戦し立派に乗り越えることができて何よりでした。
先生もきっと喜ばれたことであろうと思います。
今後もときどき拝見しに参ります。 よろしくお願いいたします。
dot 2017.11.19 17:13 | 編集
梅様へ

こちらこそありがとうございました。
共々に創価師弟の道を堂々と歩んで参りましょう。
師匠に勝利の報告を届けていけるよう、私も頑張ります。

梅様の御多幸、ご健康をお祈りいたします。
王者の剣dot 2017.11.19 17:41 | 編集
私も無冠の友となって
正で8年 副で10年になります
あっという間でした
覚悟というにはお恥ずかしいです
2年前からほぼ娘が配達してくれるようになりました
この信心は覚悟を決める事が大切ですね
まだまだ甘い信心ですが
王者の剣さんのように
自分の人生 広宣流布の為に
身体と頭とお金と時間を 惜しみなく使う決意をしています
いつも 前向きで勇気が出るブログ
ありがとうございます
チャコdot 2017.11.23 17:40 | 編集
チャコさん

こんばんは。
無冠の友を長くされているのですね。
素晴らしいではないですか。

私だってそんなに自分に厳しくはやっていません。
ただ、自然と信心に向かっていけるようになりました。
それは、様々悩みもあり、追いつめられた結果です。

悩んで苦しまないと、確かに信心はつかめないものですね。
30年ほどは、苦しい信心でしたけど。(笑)
なかなか絵に描いたようにうまくはいかないものです。

今は一つの確信がつかめました。
それを元に歓喜で前進できるようになりました。

何があっても「御本尊」にぶつかっていけば必ず開くことを確信しています。
自分を苦しめる魔に心が負けないことを目標にやっています。
そして自分に自信を持つことが大事です。

時には自分をほめたたえ、希望を湧き立たせて、共々に前進していきましょう!
王者の剣dot 2017.11.23 21:56 | 編集
こんにちは、先日は生命に響くメッセージを頂き
本当にありがとうございました。
お陰さまで、毎月我が家で行っていた小グループの
勉強会も、無事に開催させて頂く事が出来ました。

地区組織の方々との諸々の出来事に対しても、
柔軟に捉え、大らかに受け止めて行く事が大事なんだ
と思えるようになりました。

そんな感じで一時は、復活を果たせたと喜んだのも
束の間、またも失速してしまいやる気が失われ、、、
何故、どうしてこんなふうになってしまうのか、
自問自答し、先日頂いた王者さんのコメントをもう一度
読み直し、こちらの記事も読ませて頂き、そして、

『信心に励めば、生命から毒が吹き出す。過去世の謗法の傷が現れ、宿業の波に翻弄されもする。魔も必死に領土を取られんと、十軍の戦を仕掛けてくる。その苦しさの中で「人間革命」を目指すのであるから、よほどの覚悟、決意が求められる』

と言う言葉に、そうか!と、気付かされました。

私は、お題目を上げても上げてもまた失速してしまう自分に
未来の希望がどんどん遠ざかってしまう焦りを感じて
いました。やってもやっても後退してしまうと。

でもそうじゃない、頑張って来たからこそ自身の生命から
毒が出てきたのですね。
過去世の謗法の傷が現れ、宿業の波に翻弄されているんだと。

と言う事は後退じゃなくて、間違いなく前進して
いるんですよね!
本当に苦しい戦いです、人間革命は・・!
次から次へと、畳み掛けるように魔が襲ってくる。
でも、それがわかったらまた闘う勇気が出て来ました。

いつもいつも王者さんには、背中を押され、手を引かれ
ひっぱり上げられ、抱えられ、導かれる思いです。
よし!また前に進もう!!






ゆじゅりんdot 2017.11.24 17:28 | 編集
ゆじゅりんさんへ

こんばんは。

「勇気りんりん」・・・いいタイトルですね。
「少年探偵団」の歌を思い出しました。(古いですね。(笑))

信心すると必ず魔が競いますね。魔の働きは生命力を奪い、信心を動揺させ、不信を抱かせます。
信心はその魔との戦いですから、出た時はつらいですが、実は境涯革命のチャンスです。

御聖訓には「しおのひるとみつと、月の出ずるといると、夏と秋と冬と春とのさかいには、必ず相違する事あり。凡夫の仏になる、またかくのごとし。必ず三障四魔と申す障りいできたれば、賢者はよろこび愚者は退く、これなり」(1091㌻)とあります。

凡夫はこのことすらわからないものですね・・・教学で学んでいても身の上に実際に魔や宿命が噴くと、動揺して自分を見失うのです。
太陽はいつも輝いて悠々と軌道を進んでいる。雨の日も風の日も・・・それが私達の本当の姿です。
ところが魔はそれを見えなくし、疑わせることばかりやろうと隙きを狙っています。
さっきまで歓喜だったのが、すぐに曇ってしまいます。そしてなかなか今度は晴れない・・・
それが凡夫の拙い生命だと言えるかもしれません。

宿命に悩み泣くこともあるでしょうし、謗法の毒に心身がうずくこともありますよね。
そうした三障四魔の働きに動揺しない、強き信の賢者となる戦いが幸福への道だとあります。

太陽が見えない時は迷いであり凡夫です。はっきり見えれば悟りであり仏です。
悟るためには心を強く持つ以外にない。また信を強めていく以外にありません。
魔が一番嫌うのも、強い心と信じる力です。これが出れば必ず魔に勝てます。

魔や宿命が出た時にたじろいでは、まだほんとうに信じているとは言えませんよね。
お恥ずかしいことに私もそういう経験はいっぱいありますよ。(笑)
でも今は負けない心がだいぶ出るようになりました。その分、強くなったようにおもいます。

仏法は仏と魔との勝負です。その土俵にゆじゅりんさんは既に立っておられます。
絶対勝つとの信念を見失わず戦っていきたいですね。

どうか晴れ渡る明るい明日が来ることを信じて、ともどもに前進してまいりましょう!
王者の剣dot 2017.11.24 22:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top