FC2ブログ
2017
12.09

松栄れば柏悦ぶ

Category: 信心
 
「松栄れば柏悦ぶ芝かるれば蘭なく情無き草木すら友の喜び友の歎き一つなり」(光日上人御返事934P)

 私はこれまでこの御文を、それほど心に留めて拝したということはなかったが、最近になって、味わい深い言葉として感じられるようになり、好きな御文の一つとなった。

 人の幸せなどあまり思えなかった私が、最近はいろんな方の幸せを思い生きている。「あの人は元気にされているだろうか?」「この人の力になれることはないだろうか?」と思っては、心でお題目を送ったり、電話で励ましたりしている。

 私の友人のF君は、私の小中学校の同級生である。今もって独身だが、50代なかばで私の紹介で学会に入った。入会動機も「生活が苦しい」という単純なものだった。しかし、入会後に様々に宿業が噴き出た。住宅ローンの支払いが滞り、家が競売にかかる・・・自営の仕事の方も、元請けと折り合いが悪くなり廃業になる、といったように、瞬く間に窮地に立たされた。その後も学会に反対していた弟さんが脳梗塞で半身不随となり、同居のお母さんにも内蔵疾患の病気が出たりと、私も入会に導いた手前、どう励ませばよいのか困ったほど、つらい出来事が立て続けに起きた。



IMG_7514q.jpg




 回りから「学会に入ってロクなことがないやないか、やめてしまえ!」と責め立てられ、本人も心が揺らいだに違いない。やがて会合にも顔を見せなくなり、訪問しても冷たく素っ気ない態度を取ることも多くなった。

 私も何とかしたいと思い、別の友人が自宅でやっていた金属研磨の仕事を見つけてきて紹介した。会社での研修期間の仕事ぶりが社長の眼にとまり、機械は会社持ちで、自宅の作業場に運びいれた。自宅は買い手がついたが、それもその人の好意で、そのままそこに住めることにもなった。肝心なところでは不思議に諸天善神のはからいがあった。年老いた母親と二人、電気も水道も止められた事があり、その時ばかりはさすがに私も見かねて、助け船を出さねばならなかった。

 それから3年ほどの間、朝から晩まで研磨の仕事をする毎日・・・いつ訪ねても機械の前で仕事をしている。もとより器用だった彼は、みるみる技術も上達し、難しい仕事もこなせるようになっていった。そして時折だが座談会にも顔を出すようになった。「拝んでるか?」と聞いても「題目三唱・・・」という返事。それでもたまに会合に出てくればいいと私も考え、いつか彼が確信を掴めるようにと祈り続けた。

 先日、地区の座談会があり、今年最後ということもあり、参加者全員に、一言づつ話をしてもらった。彼に順番が回ってくると、彼は立って、「今年、一番になりました」と指を一本立てた。司会をしていた私が「何の一番?」と聞くと、「仕事の外注組の中で、成績1位になりました」と言うのである。これには参加者のみんなも驚いて、「わ~すごい!」と歓声が上がり、見ると彼の顔からも、はにかんだ笑みがこぼれていた。

 「それで会社のある人に幸せになってもらいたいと、今、お題目を上げています」というのである。入会以後、辛い出来事がトラウマとなり、信心に消極的だったことを私は知っていたので、「あ、これは一つ壁が破れたかもしれない」と、その時、感じた。自分のために題目をあげなかった彼が、人の幸せのために題目をあげ始めたのである。

 彼はこれまでさほど一生懸命、信心したわけではない。私も彼の様子に、「退転」だけは防ぎたいと思っていた。しかし、彼は決して信心はやめないと秘かに心に誓っていたようだ。家が競売に出たときも廃業したときも、むしろ周囲のほうが慌て騒いだ。昨年はお母さんとの別れもあった。そうしたつらい時期を耐え抜いて、仕事を通して彼なりに一つの確信を掴んだのだと思う。その間、彼の生命の奥深く、妙法の種は絶えることなく息づき、今、生命の大地から瑞々しい若葉となって芽を吹いたのだ。

 友が幸せへと蘇生していく姿に、こちらもほのぼのと幸せを感じる。その夜、彼の心にともった火が、座談会に集ったみんなの心をパーと明るく照らし出してくれた。

 「松栄れば柏悦ぶ」・・・友の幸せを見るのが楽しみになったから、きっと私はこの御文が好きになったのかもしれない。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/247-968ee028
トラックバック
コメント
このコメントは不適切なら非公開でも良いですよ

こんばんは

王者の剣さんの話は実在の話とはとても信じられない涙うるうるの麗しい同志愛です。

組織の現場

友達A:新聞推進やって~

miu:入会とるよ
新聞も投票も入会も3つ一度にとれ


友達A:入会なんて1年に1人とれるかと
れないかの話
新聞推進やってと言わなければmiuと一生友達でいられる。
でも私は決意した。
自分の住んでる地区を栄える為にmiuと友達の縁を切られても新聞推進をしてほしいとmiuにお願いする事にした。
私も気楽に会合参加してる訳ではないよ
新聞推進の活動してほしいとmiuにお願いするために毎日1~3時間も1ヶ月題目あげた。

miu:新聞推進はお金使って友達付き合いして実質自腹でないと無理。
その予定してない
友達でいるのは厳しくなってきたかな?
相手が望んでる以上の事を求める人嫌だなぁ
じゃあ私も言うけど退会したいと言う人の説得は私しか出来ないのにもう少し感謝してくれても良いと思うけど

友達A:miuがそれを私に言うのわかってた。
決意して題目あげて、私も自分の考えてる事を話した。

miu:電話で新聞購読お願いしたら断れた

新聞推進したかった訳ではないよ
友達Aが私に新聞推進してと言う為に1ヶ月苦しんで題目あげたから、私も新聞推進して断られただけ

私と友達Aは同じブロックで一生友達としてこれからも一緒に生きていく。






miudot 2017.12.09 17:41 | 編集
私の同級生は、私の紹介で20年前に入信しました。
しかし、座談会同中には、ほとんど参加しない、新聞購読は、ほとんどしない20年間でした。
選挙は、いつも快く応援してくれました。
選挙の応援してくれるだけでも、ありがたいと思いました。活動家になることは、ないと思っていました。
ところが今年から座談会同中に毎月参加し、新聞購読をするようになりました。
これには彼の地区の皆さん、驚きと歓喜です。
今月の座談会は彼と一緒にミニライブをしました。
座談会不参加だった彼が座談会を盛り上げていました。
いつの日か、彼と座談会でミニライブがしたい夢がありました。
忘れかけていた夢が実現しました。
楽しい座談会でした。
ここまでくるのに20年かかりました。
私が、もう少し、彼の命にある仏界を信じ切れていれば
20年かからなかったと反省しています。私にとって、前人未到の題目で、友人共に勝ちきっていこうと決意をしています。
うるとらまんdot 2017.12.10 12:30 | 編集
柏ってさ
柏餅の柏じゃなくて「子の手柏」コニファーみたいね。
同じ常緑針葉樹ってことで。
ゆりかもめdot 2017.12.10 14:01 | 編集
素晴らしい!
心こそ大切なれ
目に見えないものが 大切なんだな~って ホントに思います
友情 素晴らしいですね!(^^)!

12月27日は 11時から 友人の入会勤行会です
事情があって お守り本尊ですが・・・ 
是非 お時間があれば 同盟でお願いしたいです
ちよdot 2017.12.10 19:50 | 編集
miuさんへ

信心は喜んでするものだと私は思います。
聖教啓蒙であれ、財務であれ、義務や強制はないはずです。

もしそれを強要する人がいれば、間違っていると思います。
喜んで啓蒙する、喜んで折伏する・・・・

そう出来るためには、御本尊をたもてたことに感謝していくことだと思います。

そういう信心を目指してやっていきましょう!
王者の剣dot 2017.12.11 09:38 | 編集
うるとらまんさんへ

>ここまでくるのに20年かかりました。

そうですね。
どんなことも信頼が生まれるまでは大変です。

私もこの記事のF君の信心を疑ったこともありました。
結局、相手を信じられるかどうかは、こちらが問われているのですね。

今では彼の成仏を信じて接することができます。
彼がそれを(人を信じること)を教えてくれました。

ありがたいことです。

どこまでも相手を信じて粘り強くやってまいりましょう。
王者の剣dot 2017.12.11 09:42 | 編集
ゆりかもめ様

そうですね。私も柏餅かと思っていました。(笑)
「松柏」という言葉は古来からあって、二つの針葉樹がともに栄える意のようです。

それにしてもお詳しいですね。
ご教示ありがとうございました。
王者の剣dot 2017.12.11 09:45 | 編集
ちよさんへ

この体験から相手を信じることを一つ学びました。
自分の心が彼に通じたのだと思っています。

これからはいい方向に向かっていくと思います。
やはり一つづつ丁寧に粘り強くやっていくことが大事です。
その心しか人には通じないものです。

ご友人の入会おめでとうございます。
同盟まではお約束できませんが、その方が末永く信心をたもっていかれることをお祈りします
王者の剣dot 2017.12.11 09:55 | 編集
こんばんは

追伸

誤解されてるかもしれませんので

学会員になって良かった事は1度もないと思ってました。
良いことは忘れるので

昨日は飲み薬が体に合わず蕁麻疹と皮膚が赤くなって外に出たくない学会員の方のお見舞いに行ってきました。

明日は風邪引いて寝ている学会員の訪問してきます。

二人とも他の学会員の訪問は断ってますが、私は家にあがらせてもらえるので、本当に本当に私が感謝しております。

私は題目あげたらとか言わないし、会合にもっと参加したらとかも言わないし、訪問先の仏壇で一緒に題目あげたりもしません。

早くお迎えが来てほしいとか言ってる高齢者が多い中で75歳以上の学会員の方におかれましては、お元気で題目あげてる事が最高の広宣流布だと思ってます。
miudot 2017.12.12 21:10 | 編集
miuさんへ

いろんな方を訪問されているのは立派ですね。
友好対話ですので、まずは家に上がらせてもらえるかどうかも大事ですね。
どうか明るく楽しい対話を拡大してください。

ネット上の対話ではお互い、相手のことはよくわかりません。
誤解と不信が生じやすいですね。
ただ、「相手にも仏性がある、仏の生命だ」という一点を信じて対話するしかありません。
相手のことがわからないのだから、懐に飛び込むのも良し悪しがありますので、
時には気をつけたほうがいいですね。

その分、現場は違います。
だんだんに相手への理解が深まっていきます。
だから相手の方と大事な話もできます。
池田先生は訪問先でよく一緒に勤行もされています。
一緒に勤行をするということもいいことだと私は思います。

どうかこれからも現場中心の活動で前進してください。
王者の剣dot 2017.12.13 10:34 | 編集
こんばんは(*^▽^*)ノ

素敵な記事ですね。

私は人間関係の悩みで先日月曜日に10時間唱題を唱えました。

その時は早く縁を切りたいという祈りでしたが、その人が私を苦しめるから、こうして真剣に祈り、御書も拝読し、池田先生の指導も貪るように吸収出来るのだと思うと感謝の気持ちが湧いてきました。

他人を変えようとする一念が、自身を変えようとする一念に変わったことは驚くべきことです。

会合に参加していないから、信心がないとかはいえないないですよね。

凡夫の儚い知識や眼では、その人の生命に内在する仏性がいつ開花するかなんてわかりません。

因果具時の不可思議の妙法を理屈だけで捉えようとすると、天台本覚思想のような顛倒した考えに陥るかも知れませんね。

なんか偉そうなことを書いて申し訳ありません。

私は御本尊様が誰よりも好きです。

御書の黒い文字が何故かあの光の文字に感じます。

妙法の光に照らし照らされる、最高の今を共々に勝ち開いて参りましょう!

拙文失礼致しました。
星屑ビーナスdot 2017.12.14 05:05 | 編集
こんにちは。
ご友人に対し長きにわたり誠実に接し続けられた、素晴らしい体験に感動しました。心が温かくなりました。

唐突かつ、ぶしつけな提案なのですが、王者の剣さんのこちらの記事の体験を、もし宜しければ、拙ブログの信仰体験集へ載せさせて頂けないでしょうか。

ご自分でブログがおありですから、私が出しゃばる必要はないのですが、とても良い体験と思いましたので、あえて提案させて頂きます。
ご検討を宜しくお願いします。
レオdot 2017.12.14 10:06 | 編集
星屑ビーナス様

コメントをありがとうございます。
私もビーナスさんのブログを拝見しています。

この記事のF君からは「人を信じる」と言うことを教えてもらいました。
私自身が彼の仏性を頭でしか思ってなかったのかもしれません。
その間、二人の関係もギクシャクしていました。
時を待つことの大切さ、また時を作ることの大切さも学びました。
これからが本当の戦いですので、しッかりと応援していきたいと思います。

>凡夫の儚い知識や眼では、その人の生命に内在する仏性がいつ開花するかなんてわかりません。

その通りですね。我々ができることは、相手を信じて、その幸せを祈り励ますことだけです。
あとは御本尊様が、それぞれに応じて化導してくださるものです。
その間、うまくいかなくても相手を信じていくことが大事です。
人間不信は幸福と広布の破壊につながっていきます。
御本尊への信はもちろん、同志、人間への信がとても大事なことだと思います。
そのためにも、自分自身の生命を磨き輝かせないとなりませんね。

今年も残り僅かです。
ビーナスさんもお体を大切に、元気で素晴らしい妙法の詩を綴りゆかれますよう、お祈り致します。

王者の剣dot 2017.12.14 12:27 | 編集
レオさんへ

北海道はしばれるでしょうね。
わが町にも、今日はうっすらと雪が積りました。
道の遠きに、また環境の厳しさの中に功徳はいや増して大きいものと確信します。

先日は北海道のSTBモバイルを視聴しました。
戸田先生の墓苑の銅像があまりに立派で、本当に世界を見つめておられるようでした。
桜が咲くのですね。その景色はまるで寂光土ですね。
北海の天地で信心できることは、素晴らしいことなのだと思います。
レオさんらしく、最後の勝利まで前進していってください。

私の記事の件ですが、レオさんのブログの中でしたらどうぞご自由にお使いください。
同志を励ますことが出来るなら、私も嬉しく思います。
よろしくお願いします。

王者の剣dot 2017.12.14 12:39 | 編集
こんにちは

度々コメントさせていただくのも申し訳ないかなと思い躊躇致しました。

喧嘩を売ってるようで大変恐縮ですが王者の剣さんの記事と私のコメントを両方を読者の方に読んでほしいと思ってます。

一昨日、私の友達Bさんからメールが来て、お孫さんが病気で手術をする事になったらしく、入会しても不運ばかりで、会員を増やしたかっただけだ、創価に騙されたと言うのです。

昨日は友達Bさんの家でお茶を飲みながら話をしていました。
学会員でも良いこと悪いことはおきます。
むしろ悩みがあるから入信した方がほとんどで、信仰しなくても幸せな人は信仰する必要はなく、悩みと言っても改善や解決に相当の年数を要すると思います。

不運な事しかおきないから、馬鹿馬鹿しいから信仰をやめると言うのはうなずけますが、やめてもやめただけで幸せになれるわけではありません。

お孫さんが病気で手術なさるなら、御家族の皆さんは、心痛の面持ちでいらっしゃると思います。
どうか題目をあげて御家族を安心させてあげて下さいと私は友達Bさんに言いました。

私の娘も病気で1日3万の入院費が3ヶ月かかった事がありました。
私は1日3ヶ所勤務で家事は小学4年生の長女が全部やっておりました。
私は一言も文句も言わず家事をやってくれてる長女に今でも感謝しています
入院していた次女は私のせいでお姉ちゃんやお母さんに迷惑をかけてと1日中泣いてばかりいましたが、私は次女に大丈夫よ、貴方は優しい良い子だから、お姉ちゃんもお母さんも貴方を恨んでなどちっともいないのよ本当よと言いました。

不運と不幸は違うと思います。
私は友達Bさんに今まで以上に信頼される人間になってほしいと願っています。

王者の剣さんの書いてる記事を批判してる訳でも侮辱してる訳でも決してありません。
祈りは希望を持って生きていくことです。
それでも、学会員でない方がおられる一般社会、物凄く嫌な人達が多い中で、職場や近隣や親戚付き合いなど相性の合わない方も混ざってる中で、物事をよりよく変えていく為に信仰していきたいし、私の考えてる事を無宗教の方に説明して、一緒に信仰していきたいと思います。

他のコメント者の方は王者の剣さんの記事を大絶賛なさる中、大変に不躾なコメントを失礼しました。




miudot 2017.12.15 11:17 | 編集
miuさんへ

様々なことが起きるのがこの世界です。
善悪いろいろあると思いますが、信心した以上はそれらを良い方向へと転換していけるはずです。
希望をもって前進してまいりましょう。

記事の評価は人それぞれであり、褒めてもらいたくて書くわけでもありませんので、
どなたも自由な感想でいいと思います。

またmiuさんの日常の出来事について、たくさん書かれていますが、私はそうしたことへの対応ができませんし、
よくわかりません。またネット上やコメント欄では、相手のこともわからないのに細かなお話はできかねます。
どうぞその点、よろしくお願いします。
miuさんご自身でブログをお持ちですので、むしろそちらで発信されるほうがいいと思いますよ。
私も自分のことはこの記事に書くようにしています。

それでは年末に向けてお体を大切にお過ごしください。
王者の剣dot 2017.12.15 17:54 | 編集
王者の剣さん、ブログ掲載への承諾を有難うございます。早速、掲載させて頂きました。

余談ですが、自分のコメントが表示されていませんが、うっかりして「管理者だけ表示を許可する」にチェックしたかもしれません。公開OKですので、切り替え出来ましたらお願いします。お手数おかけしスミマセン。
レオdot 2017.12.15 18:08 | 編集
レオさんへ

再三のコメントありがとうございます。
承認はこちらが怠っていたようです。(というか、承認したつもりでおりました。)
申し訳ありませんでした。先程、開示いたしました。

創価の大道を雄々しく進んでまいりましょう。
レオさんにとっても「栄光の年」となりますように・・・


王者の剣dot 2017.12.15 18:13 | 編集
ゆうじさんへ

御書講義は大変ですね。
私もどなたかに変わってもらいたい時があります。(笑)

また人にわかりやすくお話することは意外と難しいものです。
自分が感じた事を自分の言葉で話すこともしますが、できるだけ皆さんと一緒に学ぶという
姿勢で臨んでいます。

自分の命と向き合って、御本尊様と対話する思いで、日々、人間革命を目指して行きたいですね。
今年も残りわずかです。どうか事故のないように、希望を持って朗らかに「栄光の年」を目指して前進していきましょう!
王者の剣dot 2017.12.17 01:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top