2017
12.18

私の関西魂

Category: 徒然の記


 昨日は、午後から同志の方を訪問し、カレンダーや新年勤行会の入場券を手渡しながら地区を廻った。年賀状の準備や家の整理などもあり、この時期の休日は慌ただしい。そんな中、この一年を振り返り、また明年への決意を固めゆくことも、私にとっては希望に満ちた楽しい作業だ。
 
 特に今年は自分の生命にまた一つ、大きな変毒為薬が起こったことを感じている。生来、悩み症とも言える私が、その苦しみが、根底から生きる希望や歓喜へと転換した。これからも様々悩みは起こるにしても、それに負けずに歓喜の心で生きていくだろうと思う。「煩悩即菩提」の法理を、わずかなりともこの身で味わえたことは、とてもありがたいことだ。



asayake2.jpg



 その日の家庭訪問が終わり一息ついていると、総県長と圏長が連れ立って、遠いところを訪ねてこられた。聞けば朝から圏内の拠点提供の家庭などを回られていたようだ。本当に立派なことだと思う。時間を作り足を運ぶことがいかに大切か・・・ネットやメールなどは便利かもしれないが、やはり顔を合わせない、足を運ばない活動はどこか浅薄で物足りない。せめて声を交わすこと、また膝を交えて話すことに私も努めたい。その意味でも、やはり現場、地域の活動に徹するのが一番大事だと思っている。

 総県長、圏長ともに偉ぶったところのない、とてもおおらかな方である。この方々を見ていると、学会の幹部にとって一番大切なことは、権威臭、官僚臭がないことではないかと思う。そういう人とは兄弟のように胸襟を開いて対話ができ、笑顔が絶えない。自ずと人望も集まる。

 今年の法戦などを振り返り、関西の勝利についても話題になった。ある議員のスキャンダルで魔が競うスタートとなったが、関西は負けなかった・・・何故か?その原因は関西の「負けじ魂」と「団結」にあったと言われた。ある地域が危ないと聞くと、全関西がその地域に結集し、交流をし、友人知人に総当りする。その勢い、パワーがいつも常在戦場の如く充満しているのが関西であり、「関西は一つ」との思いが、多くの会員にみなぎっているからだとも言われた。私も全くその通りだと思う。

 私は関西の田舎に居住しているが、組織にあっても居心地がいい。ノルマだとか義務とか、押し付けられることを関西人は嫌い、本音を好む。国やお上の言いなりには動かないという反骨精神もある。その代わり、意気や情で感じれば、損得抜きで骨身を惜しまず動く。「先生に喜んでもらいたい」との思いが溢れていると思う。

 関西は先生の手作りの組織であり、そのぬくもりと闘魂の魂が流れ通う地域だ。関西だけで6人もの議員を輩出できる底力というのは、やはりそこに本当の「師弟」があるからであり、本気で戦う人がいかに多いかということではないだろうか。

 若くして上京し、落ちぶれて学会に拾われた私も、すでにユーターンした関西での生活が30年を超えた。思うにならない信心ではあったが、御本尊様への確信をつかみ、いつしか体内から「関西魂」の血が湧いて流れる人間になった。

 阪神淡路大震災で、全てが一瞬に崩壊する姿を、目の当たりにされたこの総県長は、「牧口先生は罰論から仏法を広められた。戸田先生は病人と貧乏人をなくさんと、功徳論をもってかかられた。そして池田先生は人間主義の生命論を持って世界へと飛び込んでいかれた。あの大震災を見た時、信心はお金や物ではない、何があっても壊れない生命の宝を求めていかねばならないのだと思った。」と話をしてくださった。本当にわかってらっしゃる方だと、私も思わず嬉しくなった。こういう長のもとでは、活動にも歓喜の輪が広がるものと思う。

 「私は生命がこう革命しました」「こんなに明るく楽しく、生きることが嬉しいのです」と、生命内奥の「心の財」の功徳を語っていく時代が、今、まさに到来している。それは学会の信心に体当たりでぶつかっていく人だけが得られる功徳だと、私は体験を通し信じる。

  自分が変わることがこの信心の眼目だ。それなくして、理屈だけでは何も変わらない。まして人も環境も変えることはできない・・・それが「依正不二」の原理でもある。
 ならばどこまでも自身の人間革命を追い求め、歓喜と感謝をもって、「師弟の大道」を歩む人が正道の人だと思う。

 さあ、今日の協議会、財務、そして週末の唱題会を持ってこの一年の組織活動がすべて終わる。気を緩めることなく、地区の皆さんと有終の美を飾る戦いで、この一年を締めくくりたいと思う。


※12.19に記事を少し修正いたしました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/248-05bcce49
トラックバック
コメント
こんばんは。

雲海ですか?
とても幻想的な綺麗な風景ですね。
撮る時は、感動的な場面だったのではないでしょうか?

さて、今年もあと10日あまりでしょうか。
王者の剣さんもお忙しいご様子ですが、またその中でも楽しく活動されて歓喜や躍動感が伝わってきます。

私は職場や地区などたくさんの人に助けられてきたなあと思います。
香城会も、代理を立てることもなく着任できました。
新聞も、皆さんが頑張ってくれましたから、支部では私の地区はトップとなりました。
使命を果たせたことは、とても嬉しく思っています。
今回、隣のブロックですが白ゆり長として、使命を果たしていきます。
年末は、ブロックをご挨拶廻りします。
職場でも楽しい交流ができました。

『強盛の大信力をいだして 法華宗の四条金吾・四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたわれ給へ、あしき名さへ流す 況やよき名をや 何に況や法華経ゆへの名をや』とありますが、今のいる場所で、信頼と友好を拡大できるようにとの思いです。

寒さが厳しいですが、王者の剣さんもご家族の皆様も、健康第一でお過ごし下さい。
プリッツdot 2017.12.18 22:28 | 編集
プリッツさんへ

コメントをありがとうございます。
写真は昔のもので、このころは朝、4時起きで雲海の出る山にいったりもしました。
今はそんなこともしなくなり、写真のために動くということは、殆どなくなりました。

今年はいい一年だったでしょうか?
よく現場で頑張っておられますね。
 
学会で一つ役職を果たすということは大事なことだと思います。
不思議なことですが、そこに必ず成長していける力が潜んでいるものです。

私もいくつかの役職や無冠の友などを通じて大きな功徳をいただいたと思っています。
毎日の活動は地味でも、継続していけばある時から、俄然開けていきます。
その間が大事ですし、辛抱もいりますね。

来年はさらなる成長と功徳を受けられますように祈ります。
年末、風邪などを引かず、事故などもないように、お体たいせつにお過ごしください。

王者の剣dot 2017.12.18 23:36 | 編集
一年早いものですね。
この一年どうだったか?
功徳も沢山頂いて 良い年でした。
今夜は来月の新聞の打ち合わせに出かけます
関西は本当に素晴らしい
池田先生を求める思いにあふれていると思います
「常勝の空」が大好きで 歌いながら何度も励まされてきました
今回中部総会で
改めて「この道の歌」も素晴らしいと気づきました
ひとたび決めたこの道を
来年もまっしぐらに進んで行こうと思います
来年は 家庭訪問しまくりの年にします
お題目ももう少しで目標に届きます
何があっても 苦楽共におもひ合わせ
題目根本に 頑張ります

来年も ブログを通じて
いっぱい勇気を下さいね
風邪など引かれませんように
一年ありがとうございました
チャコdot 2017.12.24 18:32 | 編集
チャコさんへ

一年間ご苦労様でした。
功徳の一年だったと自分で言えることは素晴らしいですね。

人に勝つのではなく自分に勝つことが大事だと私も思います。
でもその自分が一番手ごわい相手ですね。

中部歌ですか?同中で初めて聞いた時、素晴らしい歌だと思いました。
「常勝の空」ばかり歌ってきましたので、とても新鮮で心に響きました。

関西は確かにすごいと思いますが、自分の住む地域を一番だと思ってやっていくべきです。
そこが自分自身の寂光土ですからね。

家庭訪問は地味で難しい活動ですが、そこに徹する人が勝利者だと思います。
そういうところに福運がついてくるのだと思います。
いい信心をしている人は、やはり家庭訪問に歩いている人ですね。

ブログも自分らしく、やれるところまでやれればいいと思っています。
皆さんの励ましで何とかここまでやってこれました。
今後ともよろしくお願いします。

一年一年がかけがいのない大事な勝負の年です。
共々に人間革命の前進をして参りましょう。
どうか良い年をお迎えください。


王者の剣dot 2017.12.24 21:04 | 編集
こんばんは。

今日は拠点の大掃除をしました。
感謝の心を、込めてですね。
人数が多いので1時間で終わりました。

今年は、よく動きました。『動』です。
交流も楽しかったです。
年内はB討議後に、カレンダーと新年勤行会の入場券は、お渡しにまわります。
新聞長は、兼任ですることになりました。
新しい人材が見つかるまでは、使命を果たしなさいということでしょうか。

寒い冬の朝との戦いですが、リズムは崩さずいきます。
プリッツdot 2017.12.24 23:13 | 編集
プリッツさんへ

一年間ご苦労様でした。
遅くまで組織の活動があるのですね。私の方は先週ですべて終わりました。

「動」の一年とは素晴らしいですね。理があっても実践行動がなければ、絵に描いた餅で終わります。
池田先生がそうであるように、我々も地域での活動に汗を流すことで、人間革命ができます。
「動きに動き、語りに語り・・・」地域に風を起こしていきたいですね。

どの地域も人材を探し育てることがこれからの大事な課題です。
すぐに結果が出なくても、しっかりと継続していくことが大事だと思います。

現場でよく動かれるプリッツさんですので、来年も地域の人々と仲良く前進してください。
宿業の壁を突き抜け、勝利の人生となりますことをお祈り致します。

この一年、ありがとうございました。
王者の剣dot 2017.12.25 11:43 | 編集
王者の剣さん、今年一年 素敵なお写真&記事をありがとうございました✨よいお年をおむかえください。
ランdot 2017.12.27 10:04 | 編集
ランさんへ

こちらこそありがとうございます。
毎年のことですが、今年もいろいろあった一年だったと思います。
過去は過去・・・心を入れ替えて新年にチャレンジですね。

ランさんもブログの方はしばらくお休みのようですが、それもいいと思います。
私もしばらく休みたいときもありますが(笑)、どういうわけか継続しています。
自分にとって価値があればやればいですが、そうでなければ特にネットはやる必要はないと思います。
そのかわり、地域、現場はしっかりとやっていきたいですね。
何があろうとも迷うことなく御本尊一筋、学会一筋でやってまいりましょう。

どうぞ、素晴らしい新年をお迎えください。来年のさらなる飛躍をお祈りいたします。

王者の剣dot 2017.12.27 14:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top