FC2ブログ
2017
12.28

皆様、良いお年を!

Category: 徒然の記


 今月届いた聖教「SGIグラフ」1月号には、創価三代の会長先生の写真がとじ込みの付録でついている。特に牧口先生のお写真は私もいいものがなく、この機会にと思い、いつもとは別に2冊を注文した。

 牧口先生、戸田先生のあの獄中の大闘争を、私のようなものに語る資格はない。その代り、その師弟に連なり、戸田先生にお仕えし抜かれた池田先生に随順していくことが、私にとっては三代会長先生へのせめてもの報恩だと思っている。

 とじ込み写真の次のページには、昭和31年日大グランドで開催された「若人の祭典」で、グランドを歩かれる戸田先生・池田先生のお写真が載っている。大股で歩むお二人の姿には圧倒される力強さがあり、私はしばし見とれた。

 そこには100年後200年後を見据えたような、どんな魔軍が前に立ちはだかろうと、ものともせず敢然と進みいかんとする師弟の姿と絆がある。その写真の添え書きには池田先生の「新・人間革命22巻」「波濤の章」から次の一節が引かれている。

 「戸田先生にお仕えし、お守りし、共に広宣流布に戦う中で、自分の地涌の菩薩の使命を知りました。創価学会を貫く信仰の生命線は、この師弟にあります。どうか諸君も、生涯、師弟の道を貫き、この世に生まれた自身の崇高な使命を知り、堂々たる師子の人生を歩み抜いて頂きたいのであります。」・・・

 「生涯、師弟の道を貫くこと」、「この世に生まれた自身の崇高な使命を知ること」、「堂々たる師子の人生を歩むこと」・・・それをやりなさいと池田先生は言われている。先生自身も戸田先生と戦う中で、「地涌の菩薩の使命を知りました」と仰せである。

 何の活動もしないで、頭だけで仏法を考えるような、インテリや臆病者であってはならないと、私は常々思う。不信と謗法が充満する現場に一人立つ心を持って飛び込み、同志の方と異体同心の団結を組み、悩める人のため、広布のために戦かってこそ、池田先生の弟子と言えるのだと思う。

 その意味で私もまだまだ・・・来年こそは唱題を根本に、自分に勝つ戦いをし、折伏に生活に地域で実証を勝ち取る戦いをしなければならない。

 本当の幸福とは自身の崇高な使命を知り、それに生きることだとは言えないだろうか?自分が何のために生まれてきたか・・・その深い意味を知る人はきっと少ないだろう。お金でも名誉でも、まして贅沢な衣食住の生活でもない、相対的幸福とは全く別次元の生命の究極の実体・・・仏という絶対的存在を悟り、その生命に生きる人が本当の幸福者であり、真の哲学者だと私は信じている。

 信心しながら自身の宿業に深く悩む人もおられることだろう。また組織や活動、人間関係に悩まれる人もいるだろう。しかし、全ては広宣流布という崇高な目的に生きる事によって、我が仏の生命を輝かす燃料、薪となっていく・・・悩みが重く深い人ほど仏法の世界に来れば、選ばれし使命の人として輝ける。

 さあ、来年は「栄光の年」である。同志の方と共に力強い前進を誓いあって、私も出発をしていきたい。

 この一年、当ブログに訪問くださった皆様、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
どうか皆さんにとって来年が良い年でありますように・・・そうご祈念申し上げ、今年はこれにて終しまいです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/249-562ed571
トラックバック
コメント
仕事納めは、大変忙しく終えました。
毎日、活動との両立もありますが健康第一で動くことは、大変幸福なのだと思います。

カレンダーと新年勤行会の入場整理券をお渡しをして、ご挨拶も終えました。

一年間、勇気を頂きました。
本当にありがとうございました。
王者の剣さん、そしてご家族の皆様も健康第一で、よいお年をお迎え下さい。
プリッツdot 2017.12.28 22:18 | 編集
プリッツさんへ

良い一年になりましたか?

信心は最後に勝つためにやっているのだといえますね。
途中はそれなりに苦しいことが多いものです。
私もどうなることかと思いつつ、倒れることなく何とかやってきました。
大きな意味で護られていくものです。

この人生で仏果を得るため、難や魔に負けないでやりぬくことです。
年々、功徳を味わいながら、創価学会員は前進していける。
歓喜と感謝の信心が最も大事ですね。

年末年始お忙しいでしょうけど、事故のないように、希望に満ちて
新しい年をお迎えになりますようお祈り致します。

一年間、ありがとうございました。

王者の剣dot 2017.12.29 11:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top