FC2ブログ
2018
01.05

大王の膳

Category: 徒然の記

 皆様、新年あけましておめでとうございます

 4日から聖教配達が開始され、気持も新たに出発したが、山も雪を抱き道も凍てており、車も足元も滑りがちの状況であった。悪路の上、今月は啓蒙も大変多く、新規の配達でミスが出たりと、初日は1時間半もかかってしまった。

 大変な配達をしんどいと愚痴にするか、それとも法のために尽くせるといよいよ歓喜を増すか・・・一念はまことに微妙だ。私も厳寒の配達を歓喜に変えて、無事故優先で走破していきたい。

 1日の新年勤行会には、94歳になる母を伴って参加した。母は少し足元がおぼつかないが、母を連れての勤行会もこれから先、そう何度も行けないかもしれない。この歳の母を新年勤行会に連れて行けるのだから、私は幸福と言わねばなるまい。父親が早逝であった分、母には少しでも長生きをしてほしい。



101q.jpg




 「正月の一日は日のはじめ月の始めとしのはじめ春の始め・此れをもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく・日の東より西へわたりてあきらかなるがごとく・とくもまさり人にもあいせられ候なり」 「十字御書」

 最近は新年がくると私はこの「十字御書」を拝する。仏前を清め、正月のお供えをし、清らかな心で御本尊様と新春を迎えられることは、何とありがたくうれしいことだろうか。

 「十字御書」の中には次なる一節もある。「我等が心の内に父をあなづり母ををろかにする人は地獄其の人の心の内に候」・・・

 私は「真言亡家」のままに親不孝ばかりしてきたので、この御文は身に沁みるし、耳にも痛い。(笑)それ故、今になって多少なりとも罪滅ぼしをしたいのかもしれない。2日から家内と子供が実家へ行ったこともあり、すき焼きやお刺身など母の好物を揃え、久々二人で正月を過ごした。私は一人暮らしが長かったこともあり、調理や皿洗いはお手の物だ。(笑)

 幸福になるための要素として親孝行ということはとても大事なことだと思う。池田先生も親孝行ということを本当によく指導される。また世の中で何かを成す人はたいてい親孝行者だ。スポーツをやる高校生でも勝利の後に、「誰に報告したいですか?」と問われ、「ここまで育ててくれたお母さんに」などと答えるのを見ると、それだけで「うーん、なんて素晴らしい」と感心させられる。私は自分の不幸を省みた時、「嗚呼、俺のような不孝者ではそう簡単に幸福などになれるものではない」とよく思ったものだ。

 そんな私があそこを治し、ここも治しと歴劫修行などやった日にはとても今世で間に合わない・・・仏法は「親不孝の地獄界」を「貧しき餓鬼界」を即座に「心豊かな菩薩界・仏界」へと開くことが出来る信心だ。その上、我が身が仏になれば、目連尊者の如く餓鬼界の母を救い仏に成すこともできる。親不孝者にとってはこの信心以外に、もはや選択の余地はない。(笑)
 
 私が信心で受ける功徳は、父母も同時に受けると説かれる。信心に励み功徳を積めば、両親の罪障消滅も叶えてあげることが出来る。親の根本的な苦を抜いてあげられるのだから、それに勝る親孝行があるだろうか?「大聖人様、私が受ける功徳は余すところなく、父母にも譲り給え」と、愚か者の息子は日々祈っている。

 お陰で大変穏やかな正月で、こちらも唱題をしては仏法の本を読み、また唱題しては昼寝をしたりと、(笑)ゆっくりと体を休めることができた。さほど見たいテレビもなし、お酒も美味しくなくなった・・・御本尊様と池田先生の本と、お茶とみかんでもあれば、それはわたしにとって「大王の膳」となる。その「大王の膳」を前にして私の三が日はゆるゆると過ぎていった。

 いよいよ今日から組織での会合も始まり、私は地区代表で決意発表をさせてもらう。今日からギアを切り替え、「栄光の年」の学会活動へと朗らかに出発していこう!

 それでは皆様にとって、信心倍増の善き一年となりますように・・・
本年もどうぞよろしくお願い致します。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/250-3b2b7f6e
トラックバック
コメント
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新聞配達は、無事故で終えられて良かったと思いました。
冬の寒さや厳しさもあるからこそ、春がやって来るころはまた楽しみもあるのでしょうか。功徳は大きいですね。

私は元旦3が日は仕事でしたので、新年勤行会には参加は出来ませんでしたが、今日の地区唱題会の前に拠点で新年勤行会での先生のスピーチを観ました。
誰が見ていようとも見てなくても…とのお話での中で、自分の使命を果たさせて頂く思いでいこうと思いました。
一人で自宅で唱題するよりも、地区での唱題会に同志の皆さんと唱題すると生命力が強く増しますね。
今月は、支部で10時間唱題会ですが、地区ごとのリレー唱題があります。
仕事の行く前と終えてから参加します。

法戦もあるので、交流へ行きます。
前回お断りされた厳しいお宅と、初めてのお宅へと伺います。
私の年明けは、祈りから出発します。

王者の剣さんも、寒さ対策は万全にして無事故で、風邪を引かれませんようにお過ごし下さい。



プリッツdot 2018.01.05 22:37 | 編集
プリッツさんへ

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

元旦からお仕事ということで大変にご苦労様です。
私の方は記事にあるように三が日だけゆっくりといたしました。

昨夜は支部の活動者大会ということで、こちらは折伏の熱で盛り上がっています。
我が地区も分世帯で御本尊授与が出ましたが、入会を含め新春から支部で3名の方に
御本尊授与ができ、私も歓喜で決意発表をいたしました。

今年は私自身がめっちゃ明るい太陽となって、地区、支部を牽引するつもりです。
もう、爆発して(笑)やっていきます。
支部の皆さんもよく頑張っておられるのにまだまだ控えめで遠慮がちです。
もっと胸を張って、明るく朗らかにやりましょうと、元気に声がけいたしました。

記事の更新もゆっくりとなるやもしれませんが、これからもよろしくお願いいたします。

プリッツさんのご多幸をお祈りしております。

王者の剣dot 2018.01.06 14:18 | 編集
*。:.゚アケマシテヽ(´∀`)ノオメデトウ゚.:。+゚ゴザイマス

突然ですが、無冠の友の皆さんに対して疑問に思っていることがあります。こんなこと訊いたら失礼なのかな?

あの…私は聖教新聞をとっていません。

というか聖教オンラインを契約しているので、聖教新聞は毎朝スマホでチェックしています。

これから更なる少子高齢化の時代を迎え、過疎地区での配達の不便や、また人手不足なことも考えあわせると、今までのような聖教新聞の配達作業が、ネット時代の聖教オンラインへと移行していくのではないかと考えております。

このことに関して王者の剣さんはどうお考えですか?

それと私は昨年の八月に引越ししたのに統監がまだで、1月になっても新組織の方から何の連絡もありません。

ちょっと緊急の悩み事があるので関西文化会館別館の指導を受けようと思うのですが、自らの所属がわからないので困っています。

星屑ビーナスdot 2018.01.07 07:13 | 編集

星屑ビーナス様

新年明けましておめでとうございます  

まずは統監の件ですが、前にも言ったように思いますが、早めに組織と連絡をとられたら良いかと思います。
以前にお住いの地域または今の地域の地区部長か支部長さんと連絡はとれますか?
またお近くの会館か関西文化に相談されても、幹部さんに対応してもらえると思います。
どこかでミスがあり、転出処理が滞っているのだと思います。

聖教新聞ですがネットがこれから普及はするでしょうけど、紙のほうはなくならないと思います。
配達される紙の新聞には、ネットにはない良さがたくさんあります。
また配達員が直接届けるところにも値打ちがあると思います。

今朝の池田先生の詩と写真もそうですが、やはり紙の新聞には美しさと温もりを感じます。
パソコンの画面ではそれは感じられないものだと私は思います。
ネットが普及すればするほど、アナログのメディアの良さが見直されるだろうと思います。
そうあってほしいという私の個人的な願望もありますが・・・

高齢者の方にしてもスマホやネットを持てない方が多くおられます。
持つためにはそれなりに高額な費用もいりますし、高齢者には操作も難しいものです。
また外部の方に啓蒙する時も「ネットで見てね」というのもどうでしょうか?
広宣流布の推進力として考えたとき、やはり直接の配達が丁寧で、相手の方と信頼を結べるのではと思います。

おっしゃるように地域によっては配達員が確保できないなど、大変なこともあると思います。
でも地域で配達員の灯を消さないように、同志が力を合わせ、後継を育てやっていくしかありません。
それも広宣流布の大事な戦いだと思います。
王者の剣dot 2018.01.07 20:02 | 編集
君が一歩踏み出せ~感動して座談会で体験発表します。
今年も宜しくお願いします。
うるとらまんdot 2018.01.21 19:04 | 編集
うるとらまんさん

新年あけましておめでとうございます。

元気で「栄光の年」をスタートされたことと思います。
沖縄は暖かいことでしょうね?
こちらは今週からまた寒波襲来の予想です。

今年は折伏に燃えてやっていこうとスタートしましたが、しっかりと題目をあげていくことが基本です。
題目と折伏・・・結局、これ以外ありませんね。

そう思い信心できることはいいことだと思っています。

お互い、体を大切にし、有意義な一年にしていきたいですね。
個性を発揮して、素晴らしい一年にしていってください。


王者の剣dot 2018.01.22 00:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top