2018
01.26

羊千匹より獅子一匹

Category: 信心


 090q.jpg



 今週、日本列島は寒気に包まれています。特に北陸、関東は雪が多いようですね。思えばまだ一月・・・それでも春はきっと私達の周りで準備怠りなく、極寒の冬にあっても辛抱強く出番を待っていることでしょう。

 1月の本部幹部会では池田先生の1998年のスピーチが放映されていました。学会草創の頃の様子を語っておられました。当時、出獄された戸田先生を取り巻く状況は大変厳しく、人心も荒んだ時代でした。お金も何もない中で、「妙法がある、この妙法を皆に与えていこう。そのために戦闘開始だ」と戸田先生は一人立たれたのです。そして一対一のひざ詰め対話をもって、75万世帯への行軍を開始されたのです。

 それは本当の大確信なくしてはできない戦いでしょう。あの時代にあって、獄中闘争を耐え抜き、一人立たれたということが戸田先生の悟達の証明であり、それは末法にあって、大聖人様御出現以来の、まさに世界の民衆の夜明けともいうべき壮挙であったと私は思います。

 広宣流布の使命を帯びた創価学会という団体が、在家の信者を師匠として現れたということに、私は民衆を救うとの御本仏の大慈大悲を感じます。学会を仏意仏勅とも創価学会仏というのも決して誇張ではない。世界に広がった広宣流布の姿がそれを証明しています。僧侶が師匠では、やはり在家はどこまでもそれに跪(ひざまず)く立場を強いられたことでしょう。その意味でも宗門と袂(たもと)を分かったことは、学会の「発迹顕本」というべき慶事であったと思います。

 池田先生はスピーチで、経済苦の友を励まされる戸田先生のユーモアのある指導をひかれます。

「今にすぐに幸せになる!心配しなくてもいいよ。必ずなるんだから。仏に仕えた功徳は大きい。必要な時にはどっと功徳が出てくるんだ。ちょうど水道の蛇口のようなものだ。ふだんは余計なお金は使えないように、蛇口が閉まっている。(笑)必要な時にその蛇口をあければいいんだ。そういう功徳あふれる自分の生命に必ずなっていくんだよ」・・・

 物欲に溺れがちな私など、いつも蛇口が閉まっていますがそれでいいのです。(笑)

「この仏法はどんなことがあっても、最後は、幸せで幸せで困るような境涯になることが決まっているんだ。それがすぐによくなってしまったら、もう死ななければいけないことになる。(笑)若いうちにはうんと苦労した方がいい」

 戸田先生の大確信から迸(ほとばし)る指導にどれだけ多くの人が勇気づけられたでしょう。功徳が感じられない時もそれには意味がある。そこを耐えて朗らかに前進していく・・・その時の羅針盤になるのが師匠の励まし、指導です。師弟という「糸」で結ばれているから私たちは軌道を修正し、正しく「一生成仏」の道に入っていける。「糸」が切れれば自由のように見えるが、空の凧のようにやがて奈落へと落下してゆく。それが退転者の末路です。

 「先生がいなくなったら学会は空中分解する」、「幹部から腐って弱体化する」等々、周囲には好き勝手をいう輩がいます。しかし、私は一人の師子がいれば学会は壊れないだろうと思います。戦後の焼け野原に戸田先生が一人立たれたように、また戸田先生なき後、池田先生が一人立たれたように、仏法滅亡の時には必ずリーダーとなる本当の師子の一人が出現すると考えます。それこそ「羊千匹より獅子一匹」(注1)のたとえ通りです。

 学会の信心に大確信をもつ師子が、あの地域にもこの地域にもいる・・・それがこれからの学会発展の大きな礎となるでしょう。決して一部の幹部で決まらない・・・どこまでいっても無名の一人の偉大な「人間革命」が世界を変えるというのが仏法の方程式です。その人に日蓮大聖人の御生命は流れ通い、仏力法力をもって広宣流布を進展させていくのだと思います。

 我らの自行化他の精進は、九界の氷に冷え切った生命に、8月のまばゆい太陽を昇らせる「人間革命」の戦いです。
限りある人生をむなしく過ごすことなく、創価の信心で自他を明るく照らし、最高に価値ある人生にしていこう・・・私はその道を自ら「我が誉れの道」と決めて、また「私たちこそ御本仏直結の閻浮提第一の果報者」と確信して前進していきたいと思います。
 

(注1)牧口先生の言葉・「羊千匹より獅子一匹」・・・羊が千匹いても、一頭の獅子にはかなわない。獅子がくれば、羊はすぐに逃げてしまう。臆病な小善人が千人いるよりも、勇気ある大善人が一人いれば、大事を成就することができる。人材は数ではない。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/253-37b9b3aa
トラックバック
コメント
さくらさんへ

コメントをありがとうございます。

無冠の友として、また母として、広宣流布のために頑張っておられること素晴らしいですね。
今年は寒さが例年以上かもしれません。
私も朝起きるのが、本当につらいときがあります。(笑)

それでもそのつらいことが喜びに思えることがあります。
池田先生が讃えてくださる「無冠の友」の一員となれたのですから何よりの名誉です。
法華経のために苦労したことは、三世に自分の福運となっていくことを確信しています。

私にも子どもがいますが、親はいつも子供のことが心配なものですね。
またどの子もかけがえのない宝です。
いろんなことがあってもどこまでも子供を信じて守っていきたいと思います。

誰でも負けそうになることはあります。私なんか年中その弱さと戦っています。
苦しい時、楽しい時、いよいよ御本尊を信じて進むことだと思います。

戸田先生のこの指導に多くの人が救われたことでしょう。
みんな未来がわからないから悩みますが、「幸せになるに決まっている」との言葉は嬉しい言葉ですね。
またそれを信じることが、信心だといえるかもしれません。それで楽観的になれます。

どうか寒い時期ですので、体を大切に休息も取りながら焦らず前進したいですね。
また同志で励まし合いながら、負けない心を奮い起こしてやっていきましょう。

お子様のことも含め、さくらさんの御多幸をお祈りいたします。

王者の剣dot 2018.01.27 10:20 | 編集
2.2m様

どの人にも楽しくて歓喜で生きていける生命があります。仏界の生命はどなたにもあります。
暗い自分の生命に、それをどうやって湧き上がらせるか・・・
それが大問題で、そのことを求めて信心しているといえます。

その方法は組織ではあまり詳しく教えてくれないかもしれませんね。
だからそのことを知っている人に学ぶ以外にないのです。
それが池田先生ということになります。

詩でも随筆でも写真でも池田先生のものを信じてよく学び、その心と一つになろうとすることが大事です。
あなたが今いるところから、ありのままで池田先生を求めぬいて生きていけばいいのです。
そうすると先生の生命とつながり、先生の生命が感応します。
先生の生命は仏界ですので、あなたにもその生命が感応したり、しみ込んだりしてくるのです。
そうなるとあなたの仏界も目覚めていきます。

逆にアンチの方の文章などに染まれば仏界を隠してしまいます。
だから悪縁には安易にかかわらないことです。

まずは自分です。自分がよくならないと、信心に自信が持てませんし、人に歓喜は伝わりません。
あなたが楽しく信心できるようになれば、それはそれはすごい人間革命ですよ。
折伏ももっと無理なく楽しくできるようになります。
そのためにも池田先生と共に生きていくことです。
先生の心とあなたの心をしっかりと結ぶことです。
そうすればあなたが求めている希望や勇気、歓喜がいっぱい湧いてきます。
その決意、腹決めがあなたにできているかどうかです。
もし私とあなたに違いがあるとすれば、そういうところだと思います。

「私の文章を読んでほしい」ということですので、これからも読ませていただきます。
公開するかどうかはこちらで決めます。

あなたの心にある太陽がもっともっと輝きますように!
私なりにあなたがよくなるようにと祈っています。
王者の剣dot 2018.02.02 17:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top