FC2ブログ
2018
02.16

求道の人へのお手紙

Category: 信心
 

141.jpg



 小説「新・人間革命」がいよいよ佳境に入り、連日、先生の遺言のごとき鋭い指導、邪宗門に対する正義の師子吼が綴られています。多くの同志の方が日々楽しみに、また真剣に読み学んでおられることと思います。私も時には目の前に先生がおられ、一対一で指導をしていただく思いで拝読に挑むようにしています。

 真剣に戦っている人、また求道の人には、先生の言葉が命に刺さってくるのではないでしょうか?反面、戦わない人、求道心のない人にはただの文字にしか見えないことでしょう。同じ水であっても天人は甘露に、餓鬼は火と見る・・・まさにこちらの心次第というものです。

 この小説は先生から「求道の人」に毎日届けられるお手紙であり、それは信心の「血脈」のように、会員の心に流れ通って、命を潤し耕しゆくものだと思います。どれほど多くの人がこの小説に勇気をもらい発心をし、蘇生されたことでしょう。

 30巻の上下をもって、完結するとの予告ですが、私も今一度、この小説を一から読み直さねばと考えています。もっと真剣に研さんしておけばよかったと、今頃、反省の心も起きている私です。

 例えば2月8日付の「新・人間革命」には次のようにあります。

「広宣流布を進めていくうえで最優先すべきは、皆が呼吸を合わせていくことであるといっても過言ではない。学会が未曽有の大発展を遂げたのも、御本尊の仏力、法力によるのは当然として、皆が信心を根本に呼吸を合わせ、それぞれの地域の広宣流布に邁進してくださったからにほかなりません。」

 学会にはいろんな方がおられ、桜梅桃李で自分らしく輝いていくべきですが、広宣流布という大目的に向かっては心を一つにするべきとの指導です。意見がある時は皆でよく話し合い、理解を得ていくことが大事です。それを一人蚊帳(かや)の外に出て、学会を否定するような「己疑」や「我見」をいうだけでは、やがて同志を迷わし、その人自体、「異体同心」の団結から落ちてしまいます。それではその人もかわいそうです。

さらに小説では戸田先生の言葉をひかれます。

「よく戸田先生は、言っておられた。『信心のうえで呼吸が合わない人は、必ず落後していく』と。こころすべき指導です。」
と結ばれています。
 
 先生とまた同志と呼吸を合わせることがどれほど大事か・・・私も自分勝手な時期も長くありましたので、「信心のうえで呼吸の合わない人は、必ず落後していく」との指導は胸に刺さりました。

 純粋に学会を信じて活動に励む人は、決して愚かでも盲目でもないと私は思います。信仰である以上、初信であっても信をもって入るのは当然ですし、教学を学ぶのはその信をさらに高めるためです。逆に理を知って創価に反旗を翻すようなことになれば、それこそ本末転倒であり愚者の道を行くことなります。「自分は仏法をよくわかっている」「理論では負けない」などという人ほど危ないことは、これまでの退転者を見ればよくわかることだと思います。

 尊き同志の方々と呼吸を合わせ自分も「異体同心」の一人になる時、、そこに池田先生を通じて流れ来る創価学会の功徳を受けきることができます。生命には歓喜と感謝の思いが充満していきます。その「師弟不二」の軌道から決して外れてはならない、「我見」で道を過(あやま)ってはいけない・・・私もよくよく心し、地域の同志の皆様とのスクラムを第一に、これからもやっていきたいと決意しています。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/255-5040f858
トラックバック
コメント
赤い屋根と白い塔。
青い空に白い雲。
とても素敵な風景ですね。
旅をしたくなります。

新・人間革命連載も、佳境に入りましたね。
組織のこと、宗門のこと、自分の生命に刻んでいかなくてはとの思いです。
組織は色々とあるけれど、私の場合は連携が取れるようにと、助けられることが多いです。
お互いに心を砕くことだと思いますね。
今日は仕事が終わってから、ブロック座の内容ですが、集って来られる部員さんに楽しんでもらえる内容をと、四字熟語編、仏法用語編とクイズ式にしました。
三○四○、○行○他などのさて何でしょうか?とのクイズ式です。
クイズを盛り上げる人も、また面白くなるのですね。
賞品も何にしようかな?とか、当日が楽しみです。

今、20代、30代の青年へとPR版を渡したりと、
若い人達との縁が出てきて、こちらが思うよりは、素直に聞いてくれるので、私も楽しみながら対話をしています。
仕事をしていなかったら、縁がなかったかもしれません。
それから春からは、お給料が少し上がります。
これも願っていたので、嬉しいです。

私のこれからの挑戦は、新・人間革命を読むことです。
先生との呼吸を合わせることでもあります。

まだまだ寒さも続きますが、春を待ち遠しく日々を過ごしていきましょう。






プリッツdot 2018.02.16 23:54 | 編集
5日前ぐらいにアンチ創価の名前でコメントした者です。
先日勉強会?みたいなのに初めて参加させられたのですが、最初は嫌々聞いていたのですが どなたも優しく気さくに教えてくれたので話にのめり込みました。 池田先生の素晴らしさや創価学会について少し学べたような気がします。折伏も単に学会員を増やしたいだけかと思ってましたが、全然違いました笑 これからは座談会にも出たいと思います。これを気に心を入れ換えて創価学会と向き合いたいと思います。 この前は失礼なコメントすみませんでした。
創価三世dot 2018.02.17 04:27 | 編集
プリッツさんへ

いつもありがとうございます。
また写真を気にいっていただいてありがとうございます。

これは島根県の美保関(みほのせき)灯台です。
白くてかわいい灯台でしょう。

もう15年以上前に、出雲を旅した時に写したものですが、ポジフィルム(ネガじゃないもの)を使っていましたので
今のデジタルよりも発色が深くてきれいだと思います。

座談会でリラックスするために、私も子供にクイズをやってもらうこともあります。
御書の一節もいいですよ。「○仏事をなす」とか「○をきるにやすみぬれば〇をえず」とか・・・

前者は「声」ですが、後者は今月の座談会御書にある「火」です。(笑)
そういえば今夜は座談会で御書講義の担当です。

こちらは田舎で青年がいないことが悩みですが、一人でも青年大会に連れていきたいと思っています。
信心の環境も決して楽ではありませんが、いつの時代であろうと、与えられた環境で勇ましく立つのが創価の丈夫です。
「ついに願うべきは仏国土なり」との一念で、戦ってまいりましょう。

私も月に一冊程度のスピードで、「新・人間革命」に挑戦していきたいと思います。
読み進んだら教えてください。
こちらもそれを刺激にやっていきたいと思います。
そのうち読もうでは寒苦鳥のままで終わりそうですからね(笑)

ではともどもに前進してまいりましょう!
王者の剣dot 2018.02.17 11:33 | 編集
創価三世様

朝、コメント欄を見てとても驚き、またうれしく思いました。
昨日まで学会をうざく思っておられたのに、勉強会に参加し、今度は座談会にも出たいなんて・・・

>これを気に心を入れ換えて創価学会と向き合いたいと思います。

そんな言葉を聞くと小躍りして歓喜の舞を舞いたい気持ちですよ。(笑)

ご家族や周囲の方もどれほど喜ばれたことでしょう。

本当によかった・・・三世さんの生命に種を破って仏の新芽が吹いたのでしょう。
雨の日、風の日、日照りの日と様々あるでしょうけど、御本尊を信じてまっすぐに生きていかれるなら
必ずや素晴らしい人生になることと思います。

それにしてもあなたは本当に心の素直な方ですね。
仏の生命は心の清らかな人にわたらせ給うものですからね。

祖父母、御両親が守ってこられた創価の灯を絶やすことなく、
これから自他ともの幸福に生きていかれますように!

このたびの発心、心よりお祝い申し上げます。
王者の剣dot 2018.02.17 12:05 | 編集
両親や身内もとても喜んでました!こんな日が来るなんてと言ってました笑

>そんな言葉を聞くと小躍りして歓喜の舞を舞いたい気持ちですよ。(笑)

ありがとうございます!創価学会は本当に暖かい人でいっぱいですね。今まで批判してたと思うと情けなく思います…

王者の剣さんが言ってた自分から学べば面白くなると言う言葉を思いだして勉強会に行きました。
この言葉がなければ今の自分はないと思ってます。 お礼が言いたくてコメントさせて頂きます
本当にありがとうございます
創価三世dot 2018.02.17 13:07 | 編集
この場をお借りして一言
私も小躍りしたくなりました!
組織である以上 時にはぶつかったり
感情の行き違い等あるかとも思いますが
前向きに成長していこうと思われたこと
全くお会いしたことない方ですが
すごく嬉しく思いました パチパチ!
きっとご両親も 喜んでいらっしゃることでしょうね
王者の剣さん
ブログ続けてくださいね!
これからも ブログをみた人達に
勇気をわけてあげて下さい
創価三世さん 共々に頑張りましょう^_^

チャコdot 2018.02.17 16:22 | 編集
今日、新・人間革命8巻、9巻が届きました。
今、8巻を読んでいます。7巻までは読んでいましたので。
毎朝、御書拝読をしていますが、新・人間革命の中でも御書を通してあるので、私の中では深く生命に入ってきます。
布陣の章の中に『仏法と申すは勝負をさきとし』
自己自身に勝利していくことであり、そのための、いわば道場が、学会活動の場であるともいえますとあります。
さて、もう少し読み進めて休むことにします。
プリッツdot 2018.02.18 21:57 | 編集
創価三世さん、私も嬉しいです。
南の島から応援します。確かに、組織では理想と違うところあります。いいかげんな幹部います。
友人から池田先生は素晴らしいが、~といわれてしまいました。先生の指導通りに、なかなかできないのが私達と思います。その組織で、自分ができることは何か、自問自答した結果が座談会での体験発表でした。
先週の座談会では自分の地区とゾーンが違う座談会で体験発表しました。
フェイスでの私の体験を読んだ同志から座談会での体験発表依頼があり、違うゾーンでの体験発表となりました。
座談会で体験発表することは20粋年ぶりでした。
20数年間、発言することはなく席を温めるだけの私でした。
そんな私が一歩踏み出して体験発表しました。
とても勇気がいりました。
やって良かったです。
体験発表の原稿をまとめていくうちに、信心の反省、お思いがけない功徳を発見し、驚愕しています。
いつの日か、王者の剣さん、皆さんの座談会で体験発表することが夢です。
うるとらまんdot 2018.02.19 19:07 | 編集
プリッツさんへ

7巻8巻からですね。
私はもう少し若い巻からのスタートです。

あさっては人間革命の勉強会もあり、4巻を今やっています。

御書拝読とは素晴らしいですね?
私も今日は3篇を拝読しました。

私は気になること、学びたいことから追いかけて拝読しています。
昨年買った文字サイズの大きい御書が拝読しやすくていいです。

一篇でも一節でも大聖人様の心に触れていこうという挑戦が大事だと思います。
時間を見つけて生命を妙法で染めていきたいものです。

王者の剣dot 2018.02.19 23:07 | 編集
うるとらまんさんへ

そちらの性格からして20年間も席を温めるだけとは・・・もったいない。
語っていかなければ伝わらない・・・体験を語ることが一番確かですよ。

私も地域ではできるだけ話をするようにしています。
こう見えて人前でしゃべるのは苦手なんですけどね。

その時に感じたこと、本当にいいたいことを一つ話せばいいと思っています。
ともに「声仏事をなす」で行きましょう!
王者の剣dot 2018.02.19 23:16 | 編集
miuさんへ

こんにちは

時折いただくコメントは読んでいますよ。

公開はしないでいいということですし、私も返信も含めしない方がよいと思えばそうします。
内容的にも愚癡や恨みがましいことが多いので、それはいただく方もつらいものです。(笑)

みんな同じでしょうけど、私だって読んでうれしくなれるコメントが好きです。
池田先生だって会員の「苦しい」お手紙より、「私は勝ちました」という勝利の報告を待っておられるでしょう。

miuさんは明るく楽しいことは嫌いですか?
私は好きですので、普段からそうなるように祈り振る舞うように心がけています。

つらいこともあると思いますが、みんな何かしら抱えてやっています。
私とて傷の一つや二つはありますし(笑)、綺麗ごとだけで生きているわけではありません。
だからこそ明るく楽しく生きていきたいですし、ブログもそうありたいですね。

少しでも周りを明るくしたい・・・太陽の仏法ですから。

そして同じやるなら私なりに「利・善・美」で価値創造したいのです。
それが私のスタンスです。それを人が嫌うならそれは仕方ありません。


miuさんは池田先生の指導や「人間革命」などから学んでおられますか?
今日の「御書と歩むⅡ」にも「仲良く」「賢く」価値創造を!とあります。
そのように生きていこうとすれば、愚癡は出てきませんよ。

少しでも楽しいことうれしいことを人に伝えたくなるものです。
学会は苦しいことや悩みを楽しい悟りへと変えていく世界ですから。
たとえ苦しくても、前を向いて明るくやっていく人が私は好きです。
そんな人からはこちらも元気がもらえます。それが価値的ということです。

日蓮大聖人の仏法をたもった私たちは、本来おめでたい衆生なのです。
悲壮感ではなく、歓喜で法のために活動していきたいですね。
それが「人間革命」につながっていくのだと思いますよ。
王者の剣dot 2018.02.21 17:11 | 編集
お返事ありがとうございます。

2時間ほど前に入会断られました。

他の学会員にもっと活動やれとか平然と言ってる人をみると退会してほしいです。

王者の剣さんのコメントを読んで池田先生の文章読みます。

まだ土曜日に統監を住んでる所に移籍してない人とお茶します。

大変に疲れましたので失礼します。
miudot 2018.02.21 18:35 | 編集
おはようございます。

新・人間革命8巻は、夜会合があったり家庭訪問したりすることもあり、次の日は仕事もあるので早く休むようにしていたら、2日ばかりストップしてました。
また昨日から読み始めましたが、朝は大白蓮華3月号が届いていて、楽しみが増えました。

多宝会の人でB担当者ですが、体調が悪くて題目があがらない、折伏する人がいてもこのままでは…不安があり愚痴が出てきたので、昨日の夜は担当幹部の人に激励をお願いしました。
体調が悪いと私もですが、前に進めないこともあります。その中での折伏の悩みは頭が下がります。
自分のためにと、とても喜んでくださり元気になってお帰りになりました。
人の激励ですが、一緒にいた私も元気を頂きました。
目の前にいる人を元気になってもらうには?と悩んだり行動したりとしていますが、実のところ私自身が励まされているんですね。

「自分が一生懸命しても、あれこれ言う人もいるけど、人間革命してもらえると感謝出来るようになることが大事なことよ」と私にも激励を頂きました。
失敗しても前に進むことよとも。
そのためには、一歩でも先生と繋がり、祈り根本にいくことですね。
3月はB担当者の方の折伏の同行と、私自身の対話にと行ってきます。

三寒四温、風は冷たいですが、春はもうすぐですね。
体調管理しながら、負けずに行きましょう!

プリッツdot 2018.02.22 10:46 | 編集
プリッツさんへ

毎日の活動ご苦労様です。
家庭訪問はいいですね。

地道な活動の中にしか広宣流布はありませんね。
私もいよいよ励まし運動に歩く時が来たと思っています。

折伏入会はスポットライトが当たりますが、家庭訪問は地味な活動です。
でも私は折伏と同じ功徳があるだろうと思っています。

先日もある幹部さんが二人で家庭訪問された。
相手は未活の一人暮らしの人ですが、長年のうつとガンとの闘病で「もう死にたい」とはじめは言われたそうです。
「死んでガンが治るならいいけど、また生まれても同じ地獄ですよ」と言って、それから2時間半
対話・説得されたそうです。その人の寿命はわかりませんが、信心をたもって生き抜いていただきたい・・・
その思いが最後には通じたようです。
そして今日から勤行をすると約束をして帰られたそうです。
一人の人を蘇生させるのは本当に大変です。

どの人にも仏性がありますので、それを信じて粘り強くいくしかありません。
何があっても朗らかに、菩薩の道に徹していきたいですね。

励ましには励ましが返ってくる。(笑)
人を励ましながらこちらが励まされているというのは、よく感じることですね。
帰りには双方が元気になればうれしいものです。

誰が見ていなくとも、仏は見ている・・・そう確信して歓喜の対話で前進していきましょう!

王者の剣dot 2018.02.23 13:04 | 編集
miuさんへ

>他の学会員にもっと活動やれとか平然と言ってる人をみると退会してほしいです。

幹部さんであれ同志の方に退会してほしいなどというのはどうでしょうか?
どの人も尊い仏子です。あなたが正しくて周りだけが悪いなどとは私は思いません。

現場や会員への不平をネットであれ陰でいうのはやめましょう。
戸田先生も「陰口は怨嫉になる。本人に直接言えば怨嫉にはならない」と指導されています。

問題があるなら、現場で本人と語り合いましょう。
コメント欄にそんなことを書いてもあなたの値打ちが下がりますよ。

もっと読んだ方が元気になったり、勇気をもらったり、そういう言葉がいいですよ。
信心している人ならそういう思いが出るはずです。
怨嫉には怨嫉が、愚癡には愚癡が返ってきます。
感謝には感謝が、歓喜には歓喜が返ってくると思います。
生命はやまびこのようなものですね。
幸せを求めていくのですから感謝や歓喜の心を出さないと・・・

池田先生の指導に学び、地域の組織の人たちを尊敬し、仲良く、常に同志の輪の中で活動に励んでください。
そして池田先生は「かわいい心で信心しなさい」と言われていますよ。

相手が入会しなくてもさわやかな印象を残して、「学会員はいいな」と思われることが広宣流布です。
不平や不満を拡散してたら、みんなを暗く不幸にしてしまいます。

そのためにも相手が悪いということでなく、どこまでも自分です。
どうか人を讃嘆し、誰よりも明るく生きるんだと決意して、一歩ずつ楽しい生命の人へと「人間革命」していってください。
王者の剣dot 2018.02.23 17:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top