FC2ブログ
2018
02.25

更賜寿命(きょうしじゅみょう」の信心

Category: 信心
IMG_9381b_R.jpg



 私もまた仏様から見れば「病子」であり、なんとしても今世のうちに法華誹謗の罪を消して真人間になりたいと、それは本心から思います。そんな私も、過去に十万億の仏を供養した功徳があり、この法華経をたもつことができたのですから、そんなことすっかり忘れるぐらいに生命の因果というものは奥深いものです。

 信心したての頃は生命力も弱いし、木でいえば苗木のようなものですから大きな難は出ませんが、信心を長年やってくるとそれなりに強いものが襲ってきます。
 御聖訓にも
「各々、随分に法華経を信じられつる・ゆえに過去の重罪をせめいだし給いて候」
(兄弟抄1083P)とあります。

 2月度の御書講義、「法華証明抄」では、南条時光殿の病について「殿はいよいよ仏に成ると見えるので、天魔外道が病をつけて脅すのでしょう」と言われています。この時、南条殿は24歳。その後、重病を乗り越え、74歳まで50年も寿命を延ばされます。法華経はまさに「健康長寿」であり「更賜寿命(きょうしじゅみょう」の信心ですね。

  池田先生も30歳までもつかと言われた命を、90歳と今なお60年も寿命を延ばされています。それも激闘の人生であり、今世の疲れを取っていただくためにも、今はご自由に悠々お過ごしいただければと思います。それを「表に出てこないのはおかしい」とか言う人を見ると、この上、何を先生にさせたいのかと呆れます。あとは後継の人が団結してやっていけばよいことです。

 私も40代半ばで「腎臓がん」を患いました。不思議と自分はこの病では死なないだろうという思いで、手術に臨むことができました。この世で果たす使命がまだある・・・そう思っていたからかもしれません。術後15年経過し、再発もなく元気でやっております。病ある人仏になるべきよしとかれて候妙心尼御返事1480P)との御文に意を強くするものです。

 戸田先生は「人生に病気がなければおもしろくありません。法華経には、仏も病気になることが説かれています。」と・・・そして天台の釈をひかれ「衆生を救うには、仏自身も病気をもっていないとつきあいにくいからです。」と言われています。「願兼於業」の原理ともいえますが、その宿命・宿業を使命に変えてやっていくのが地涌の菩薩である創価学会員の本領です。

  凡夫ですので難にあうとやはり怖気づき不安にもなりますね。私も「もう駄目か」というところを薄氷を踏む思いでしのぐことがあります。それでも万策尽きると腹が決まる・・・「やっぱり信心しかない・・・」(笑) そうして背水の陣で信心に打って出る時、わが身に不思議な力が湧いてきます。

 そして「信心だけあれば大丈夫なのだ」と不安よりも自信が勝ってくる。そうやって宿命を打開した体験が、聖教新聞には毎日のように掲載されているのですからすごいことです。

 「今の学会には功徳がない」などという人は、それらの体験を否定する人であり、ひいては仏様を否定する人です。現証ほど理論を立証するものはありません。その意味で功徳の体験が、また世界広布の進展が学会の正しさを証明しています。

 最近は御書の拝読が楽しみです。時間を見つけて一行でも一節でも、命に刻みたい・・・ある時は山深い身延、ある時は極寒の佐渡の大聖人様をお慕い申し上げながら、大聖人様と対話させていただく思いで拝読しています。
  
「しをのひると みつと 月の出づると いると 夏と秋と冬と春とのさかひには 必ず相違する事あり 凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず三障四魔と申す障いできたれば 賢者はよろこび愚者は退くこれなり」
(兵衛志殿御返事)
 
 難が来た時が成仏できるかどうかの分かれ目です。「三障四魔」が出た時に、けっして退くような愚者にはならないようにありたいものです。今日は私も地域の皆さんと一緒に「法華証明抄」を研鑽します。みんなで寄り合って御書を学ぶ・・本当に素晴らしい集いです。「心ざしあらん諸人は一処にあつまりて御聴聞あるべし」 (寺泊御書951P)・・・学会の集いは御聖訓通りです。

 信心は煩悩・業・苦が充満したこの身を大歓喜の仏の生命へと一大転換しゆく戦いです。私も「鬼神めらめ!」と𠮟咤できる強い信心でがんばってまいります。



<最近は写真を撮ることが少なく、時折、再掲しますがよろしくお願いします。>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/257-a3e68051
トラックバック
コメント
こんばんは 昨日座談会に参加しました。
小学生ぶりに参加したので緊張しましたが皆さんとても優しかったです。
これから信心していくことや 去年は嫌で受けなかった任用試験も今年は受ける事を座談会で言えたので良かったです!
創価三世dot 2018.02.25 20:25 | 編集
創価三世様

座談会への参加よかったですね。
私もとてもうれしく思います。

皆さんが歓迎してくださったことでしょう。
それにしても今年は大きな変化が起こりましたね。
命に芽生えた仏性が、同志の方に守られ、また三世さんの素直な信心で
りっぱな若木へと伸びていかれることをお祈りいたします。

人が信心に目覚めることは自分のこと以上にうれしいものです。
ご両親のためにもいい親孝行をされましたね。

これからいろんなことがあると思いますが、今の心を忘れずに
わからないことは先輩同志に教わりながら焦らずに歩んでいってください。

今は外部の方も任用試験は受けられます。
合否に関係なく、挑戦することは素晴らしいです。
少しでも日蓮大聖人の仏法を研鑽していってください。
それがいつか自分の信心の支えになっていきます。

私も入信した時の初々しい気持ちを思い出して今日からともに
励んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

王者の剣dot 2018.02.26 16:32 | 編集
創価三世さん、座談会参加お疲れ様。
王者の剣さん、先日、数年ぶりに御書講義に
参加しました。
地区部長が代わり、御書講義の連絡が来るようになりました。
講師は男子部時代、大変お世話になった幹部で
わかりやすい講義に感銘しました。
かなり、事前準備をされ、講義の内容を熟慮したと思います。お蔭様まで、やる気が湧いてきました。
これから、毎回、参加しようと決意しています。
相変わらず、チンタラ信心ですが確実に前進し、勢いを加速しつつあります。
楽しく、活動しています。
うるとらまんdot 2018.02.26 18:43 | 編集
うるとらまんさんへ

御書講義参加おめでとうございます。

一人で研鑽することもいいですが、皆さんと一緒に読みあって学ぶことはとてもいいことです。
大聖人の教学をみんなで寄りあって分かち合う・・・ここに平和の縮図もあると思います。

私も講師担当ですがこれは大変な役目です。こちらの信心が丸裸になるものです。(汗)
たとえ講師の方が拙くても、また人間的に好き嫌いがあっても、学ぶ気持ちが真剣であれば必ず何かが得られます。
どうぞ、皆さんと輪になって学ぶ機会を大事にやっていってください。

「相変わらず」、「チンタラ」という言葉は確か信心の教科書にはありませんよ。(笑)
自分に喝を入れながら、昨日よりは今日、今日よりは明日との思いで前進していきましょう!
私も自分が緩んだ時は、顔を両手でバシバシ叩いて気合を入れています。(笑)

さらなる勢いを加速して、沖縄の天地をアクセルふかして疾駆していってください。
王者の剣dot 2018.02.27 10:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top