FC2ブログ
2018
03.23

信仰者の道

Category: 徒然の記


 私などもうあまり難しい話は何もありません。ただ妙法を唱え学会活動に励めば、毎日が希望にあふれ楽しい・・・精神的にもシンプルな日常となりました。入会当初の凍え切った冬の生命からすれば、春のような心になれることほどありがたいことはありません。「冬は必ず春となる」のです。悩みはありますが「南無妙法蓮華経」だけあればそれでいい。そして心はどこか楽しくて口笛を吹くように軽快です。

 そうなると脳病も業病も妙法の光に照らされて氷のように溶けていく思いがします。それでまた信心に感謝して励もうという気にもなります。そんな生命の好循環がきっと幸福への軌道ですね。


 信仰というものについて考えますと、それは「より信じる」ことによって成立していく世界だと私は思います。私の周りにもキリスト教や天理教、真言宗などたくさんの宗教の信者がいますが、時折、その人たちと対話して感じるのは、その宗教を「信じて疑わない」という彼らのどこか一途な心です。



sakyu1a.jpg
                            <鳥取砂丘>



 これは考えてみますと当たり前のことで、信じているから布教にも回れるのであり、キリスト教の人が私のところにきて「この信仰が信じられないのですが・・・」とは言わない。(笑)やはりどの人もその信仰を素晴らしいと思い行動している。正邪は別にして、それで信仰として成立しているものです。

 不思議なことに人の脳内には「信」と「不信」があり、そのどちらにつくかで人は絶えず道を選んでいます。電車でどこかに行くにも、この電車に乗れば目的地に着くと信じるから乗るのであり、疑えば乗らない。宝くじを買うのも秘かに自分に当たることを信じて買うのであり、(笑)当たるはずないと思えば買わないでしょう。多くの行動もその時々の「信」と「不信」から成り立っています。

 創価学会に対し「信」を元にすれば学会の信仰者ですし、そこに流れる血脈・功徳にも浴せる。逆に「不信」を元にすれば学会への信仰は不成立となり、血脈・功徳も通わない・・・宗教においても「信」と「不信」のどちらを自分とするかによって、信者となるかならないか決めています。

 私たちは宗教の批評家や評論家になりたくて学会にいるのではないですね。人として正しい道、幸福の道を求めてこの信仰をやっています。その功徳を受けるためには信じて実践するしかない。なぜなら信仰は観念ではなく、実践によって利益・功徳を受けることが目的です。学会でいえば唱題や折伏、日々の学会活動です。

 よくテレビやマスコミの人が学会について語ることがあります。しかし、その人たちの大半は学会に対し「信」もなければ実践もない、いわば学会の真実を知らない人です。真実を知らない人の話ほど危ないないものはありません。表層的な出来事を見て何か言えても、学会の根本的な素晴らしさや深い意義も知らない。それはあたかも海上に立つ波を見て、「海というのはこういうものだ」と決めつけるようなもので、海の中に棲むものからすると、とても浅薄で時に的外れな話です。

  翻(ひるがえ)って自分を見ますと、私には学会に対し何ら不信の心が出ません。これは「疑い」なり「不信」を長年の信心によって淘汰したからだと思います。それは言い方を変えれば、これまでの信心よって自分の生命の基底部(難しい言い方ですいません)に創価学会があることを知ったとも言えます。

 生命が仏であるという意味において、その仏とは「創価学会仏」だと私は確信するのです。そんな仏などあるわけないだろうと笑う人もいるでしょう。どう思われてもいいのですが、「私にはわかるのです」というほかありません。そしてそれは表面的な出来事や一時的な幹部の姿などでぶれたりするという軽薄なものではないのです。

 今ではそれが自分の生命だと悟ったわけで、その意味で私は信仰者として迷いがなく、大変ありがたい道に立てたんだと思います。逆に今なお学会を信じることができないで、様々に批判なりしている人を見ますと、私にはその人が自身の生命の中の不信や慢心という魔の働きに、たぶらかされていると見えるのです。

 信仰の道とはどこまでも信じゆくことであり、「信」をもって実践しなければ何もつかめない・・・私は私なりにその道に徹し、感謝と歓喜の珠をいつしか生命に抱くようになりました。さらに「信」を貫いてこの道を行けば「人間革命」の太陽がますます輝きを増し、やがて所願は満足していくだろうと安心できるのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/261-bcf05d9c
トラックバック
コメント
こんばんは。
3・11世界青年部総会のダイジェスト版を、座談会で観て、今日午後から拠点で約75分間、3回の上映会がありました。夜に観ました。
夜会館でもありましたが、拠点が近いので。
新・人間革命11巻を読んでいますが、先生が世界へ行き学会の誤解や偏見を解くために対話をされ、草創期の方々の大変な戦いがあったので、今は凄い時代になったと思いました。
最後の原田会長の勤行は速かったですが、気持ちのよいリズムでした。
「信心とは会員を守ることだ」との先生の思い。
私も家庭訪問へとまわりますが、人に会い話を聞くことだと思いました。
地区統監があり、その後は新しい体制になります。
4月はブロック座です。
私を知ってるからと安心してくださったそうです。
活動をされてない方も数名いらっしゃいますが、地道に足を運びます。
4月20日以降に、夏号PR版が届くとのことです。
対話に挑戦します。

北海道総会もあります。冬から春への躍動や歓喜。
北海道同志の皆さんの頑張りを楽しみに、中継へ参加します。
プリッツdot 2018.03.25 22:38 | 編集
こんばんは

近所の高齢者の学会員が突然何も食べれなくなったみたいで、多分風邪ひいたと思いますが、今付き添ってます。

大事な事に早く気付くよ
点滴とか打てば体力回復するし
離れて暮らしてる子供さんから感謝されたよ

私のやってる事が学会活動です。
話を聞いてもらえる人間になる
理解できなければ良いです
miudot 2018.03.28 18:19 | 編集
プリッツさんへ

暖かな春の陽気となりました。
毎日の活動、本当にご苦労様です。

「新・人間革命」もいよいよ誓願の章に入りましたね。
私は組織の勉強会に合わせて今、4巻、5巻に挑戦中です。

今日から道中も始まりますが、北海道ということで楽しみですね。
きっと素晴らしい同中になると思います。

また先日の「ルネサンス体験主張大会」も感動的でした。
どの人も個性にあふれていて、魅力がありました。

信心したからと言って、みんなが同じになるわけではない・・・
一人一人の個性を輝かせて行くことが大事ですし、そこに「人間主義」を感じますね。

プリッツさんも春に合わせて気分を一新して、個性輝く活動を展開してください。
私も家庭訪問に全力で取り組んでいきます。ともに元気に前進しましょう!

王者の剣dot 2018.03.29 09:45 | 編集
miuさんへ

早く気づかれてよかったですね。
また付き添いまでされて立派ですね。

学会員は皆さん地域にあって、同志や友人を訪問激励し、力になっています。
まさにそれが菩薩としての学会活動ですね。

私も今、家庭訪問、友人訪問に全力で頑張っています。
どうかmiuさんもお体を大切に前進なさってください。

王者の剣dot 2018.03.29 09:55 | 編集
プリッツさんへ

上記コメント(今日から道中)は(明日から同中)の誤りです。すいません。
王者の剣dot 2018.03.29 15:35 | 編集
素晴らしい記事ありがとうございます。

私は15才の夏に虚空会の儀式を体験しました。

音楽隊に入隊していた私は、活動に行く前はどれだけ嫌でも活動に参加すると歓喜の生命が躍動することに不思議を感じていました。

小学生高学年から死の恐怖の発作があり、この信仰で絶対に死の問題を解決してみせる!もしそれができなければ今すぐ死んでもいいという覚悟で5時唱題をしているとき、ご本尊の南無妙法蓮華経の「妙」の文字が光輝き始めました。視界の縁が膨張し縮小し、何かがあると確信したとき、睡魔とも死魔ともなんとも表現のしようのない暗黒の手が私を捉え奪い貶めようと襲い掛かってきました。その時、私なりに一念に億劫の辛労を尽くし、信の一字をもって開くことができたのです。

何千、何億の人の形をした光が一堂に会していました。

中央にはひと際輝く、懐かしい日蓮大聖人様の生命が、そして池田先生の生命が輝いているのを目の当たりにしました。

その光は太陽のようなぎらぎらとした嫌な光ではなく。

その光は月のようなよわよわしい軟弱な光ではなく。

燦然と輝く太陽と、玲瓏たる月を融合した完全な光でした。
星屑ビーナスdot 2018.03.30 01:38 | 編集
生も歓喜、死も歓喜の突き抜けるような歓びが生命の隅々まで満たし、私は死の問題を(つまり時間の問題を)解決することができたのです。

その後、半年くらいは記憶がなく、殴られても怒鳴られても躓いてもガムを靴底に踏んづけても、嬉しくて嬉しくてたまらないのです。

しかし、これは私の人生でたった一度きりの体験です。

ある人は幻覚だというかもしれません。

ある人は脳内麻薬のせいだというかもしれません。

それでも構わないのです。宗門と決別するちょうどその前に私が観た創価学会の真実の姿がそこに在ったからです。

光は波であり粒子でもあります。

生命とは本来誰かの生命を照らすための光なのではないでしょうか?

御書によく日月の光明という文字を見る度に「あの光」を思い出すのです。

しかし、人間から離れてはならないですし、常に変化変化が生命の実相であるならば、水のようにたゆまぬ信仰で生命の基底部を鍛え向上させるしか他に道はありません。

なので、私は私の縁した人にこの信仰の歓びを素直に伝えようと思います。

拙文失礼致しました。
星屑ビーナスdot 2018.03.30 01:39 | 編集
星屑ビーナスさんへ

いつもコメントをありがとうございます。

不思議な体験をなさったのですね。
お話を読んで思ったのは化城宝処の譬えです。
神通力によって幻の化城を見せ、疲れた衆生に歓喜を生じさせ、再び精進を励ましたお話です。
我々も時に素晴らしい結果が出てそれに励まされて前進していくものです。

私はビーナスさんのような体験はありませんが、夢の中で池田先生と対話したり励まされたりという経験は何度かあります。目覚めた後はなんとも不思議な気持ちになり、また自分と先生はひとつだとの感覚を持ったものです。

その不思議な体験はビーナスさんにしかわからないものだと思いますが、それによってビーナスさんも確信を持たれ今日があるわけですから、さらなる精進で現実の自分の身の上、生活の上により強く仏界を現していけるように励んでいってください。

生命の基底部が仏界で安定すれば、煩悩、業、苦があろうとも仏として歓喜の姿で衆生を救っていけるものと思います。私もそれを目的に精進しています。

ともに縁した人々に喜んで妙法の偉大さを語っていきたいものですね。
王者の剣dot 2018.03.30 11:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top