2018
04.19

原田会長の指導を読んで

Category: 徒然の記

 4月14日付の聖教新聞には全国総県長会議での原田会長の指導(要旨)が出ています。私もその記事を読んで、私なりに思うところがありました。(文中、青字は原田会長、赤字はその中の池田先生の指導です。)

 一、2010年6月、本部幹部会の前夜、池田先生から大変に大切なご指導がありました。
 「明日の本部幹部会については、弟子の君たちが、団結して、しっかりやりなさい。皆が、創価学会のすべての責任を担って戦う時が来ているのである。学会の将来にとって、今が一番大事な時である。
 ゆえに、私を頼るのではなく、君たちが全責任をもって、やる時代である。
 私は、これからも君たちを見守っているから、安心して、総力を挙げて広宣流布を推進しなさい」
――

 これは池田先生が表舞台に出られなくなった時のお話かと思います。私は先生が表に出られないのは、学会の未来のことを考え、訓練の意味もあり、弟子たちの力を試しておきたいというお考えではないかと当時から思っていました。「私を頼るのではなく、君たちが全責任をもって、やる時代である」との言葉はまさにそのことを指していると思います。

 先生が最後まで表で指揮を取られていて、ある日突然去っていかれるようなことがあれば、世間もマスコミも大変な騒ぎになるでしょう。また学会や会員の動揺もきわめて大きいに違いありません。しかし、ここ数年出られないことにより、御長寿であっていただきたいのはもちろんですが、私たちもいつかその日を受け入れねばならない。ならばいつまでも先生に頼らずに、自分たちが責任をもってやっていく時がきているのだとの覚悟を持つのは当然のことです。一方、世間やマスコミに対しても今、出てこられないことが、万一の時の緩衝材の役割を果たすと思います。

 「弟子が団結をする」
 「弟子が全責任を担う」
 「弟子が師匠に頼らない」
 この3点こそ、池田先生が教えてくださった、「学会の将来にとって一番大事な時」の根本姿勢であります。


 「君たちを信頼しているから、もう私を頼らずにやっていきなさい」との思いが池田先生が当時、会員に伝えたかった心情だったと私は思っています。

 先生のお言葉からも、先生が今の学会に全幅の信頼をおいて、見守っておられることがわかります。池田先生と現執行部の考えが相反しているといったその手の記事は、この言葉でいい加減なものだとわかるでしょう。池田先生という大指導者が、晩年ともいうべき時において、後事に遺漏(いろう)などあろうはずがありません。綿密に智を尽くされたものであったと思います。

 この数年、取り組んでまいりました、教義条項をはじめとする「会則改正」も、世界教団としての根本規範たる「会憲」の制定も、全ては池田先生のご構想を弟子が実現しゆく戦いであり、だからこそ一つ一つ、全て先生にご指導を仰ぎ、ご了解をいただきながら進めていることは言うまでもありません。
 それは、「私は、これからも君たちを見守っているから、安心して、総力を挙げて広宣流布を推進しなさい」とのお言葉通りです。
 にもかかわらず、師のご構想を具現化する戦いを、自分勝手なエゴで妨げようとするならば、破和合僧(はわごうそう)というほかありません。

 ネット上でも時々話題に上りました「会則の改正」等の教義改正が、すべて池田先生のご了承のもとで行われたことを断言されています。公式に原田会長が、こう言われたのは初めてのことではないでしょうか?「幹部が勝手に改正したのであって、それは池田先生の心に反している」等の一部の人の考えも、勝手な妄想であったということです。「会則の改正」当時、これは池田先生のお考えと一致しているだろうか?と、思った方も多いと思います。私も当時、その点を知りたいと思った一人ですが、今回の指導でそのことがより明確になりました。

 結論として、今日までの流れはすべて池田先生のご構想であったということです。そしてそれを原田会長以下、学会をあげて、池田先生の指導を仰ぎながら、忠実に具現化してきたということです。聖教新聞紙上でそのことを断言されたことは、会員にとって大変良いことであったと思います。

 魔というのは自分勝手な己義を構えて、和合僧を分断させるということが目的です。もっともらしい理屈をもって、会員の不信を喚起させ、師匠や学会と会員をかい離させる・・・それこそが魔の常とう手段でしょう。魔に魅入られた人は自身が魔にたぶらかされたとは気が付かないものです。それに対峙する人が見破る以外にありません。

 いずれにしろ、学会は大変革の時を超えて、誰に気兼ねすることなく、自由に広宣流布に前進しゆく時を迎えました。それはまさに「発迹顕本」というべきであり、池田先生の御一念によって切り開かれた新時代だと思います。

 戸田先生には池田先生という、本物の弟子がおられました。池田先生の弟子にそれに匹敵する立派な青年がおられるか、それは私にはわかりません。しかし志のある創価の丈夫が連帯していけば、これだけの世界的人材群です。創価学会の新時代を築くことは必ずできるものと確信いたします。「私はやりきった、これで盤石だ」との思いが先生には必ずおありだと私は思います。

 池田先生は常々、「各人がその地域で勝利しなさい」と言われています。後継と言っても、足元で勝利することが一番であり、一人一人が信心で幸福になることだと思います。私も地域、地元で実証を示しつつ、学会同志の方々と「異体同心」の団結でやっていきます。先生が作ってくださった新時代のステージで、最後まで学会員として、後継の道、師弟の道を歩みぬく決意です。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/264-0f8203b1
トラックバック
コメント
まさにおっしゃる通りです。私たち弟子である一般会員が先生と同じ心を持って、進んでゆく時代になってきたのだとおもいます。身近なところから、またじぶんから、これが人間革命なのでしょう。
YIdot 2018.04.20 10:22 | 編集
まさにおっしゃる通り、学会は正しい道を歩んでいるという事ですね。弟子である私たちがしっかりせよとゆうことですね。まずは自分から、一歩ずつ確かなあゆみで進みたいものです。
YIdot 2018.04.20 11:37 | 編集
こんにちは。

副白ゆり長さんの連絡で、未活動の部員さんとミニ座談会の予定が立つようになりました。
今年になって、3人目になります。
お会いできなかった人も含めて4人目です。
(玄関のドアが開き会話が出来た)

今年は、新・人間革命完結の年ですね。
節目の年でもあるので、良いことも、悪いことも、1度に来ますよと話を聞きました。
大変ではあるけれど、信心の戦いをさせて頂くことは、後になれば大きな福運となるのですね。
「月月・日々につより給へ・すこしもたゆむ心あらば魔たよりをうべし」
油断なくですね。

今日の聖教新聞5面に、府中の中華料理屋の記事がありました。
「いつも選挙の時期はお願いに来られるよ。熱心な人だよ」とおじから聞いていたのですが、新聞読んでいたら、驚きました。
都議選の時に知り合いがいるかも…で地区婦人部長さんと東京へ一緒に行きました。おじ夫婦のことをお願いにいこうかとも思いましたが、時間的なことで、またの機会にしようと次に移動したのです。まだお会いしてませんが、不思議なご縁を感じます。
プリッツdot 2018.04.20 12:05 | 編集
YI様

再三のコメント、ありがとうございます。
日蓮大聖人様と直結している団体が広宣流布の大任をになっていく・・・それは現証面からも学会だということになります。そのことを信じるか信じないか・・・それは人それぞれでしょう。私は池田先生と学会を信じていくと決めています。自分がどの道を行くか・・・後悔のないようにしたいものですね。

まずは自分がしっかりと信心をして、実証を示しながら、迷える多くの人と連帯していきたいと思います。先ごろの支部の壮年大会でも「生涯を学会とともに」と言われた方がおられました。また法華講から帰還された方もおられました。その人たちの顔が晴れやかだったのが印象に残りました。

先生と共に、学会とともにともどもに前進してまいりましょう。
王者の剣dot 2018.04.20 12:45 | 編集
プリッツさんへ

こんにちは

暖かい日が続きますが、お元気そうで何よりです。

 私も朝方、聖教新聞を読んでいて、何気にその府中の中華料理屋さんの記事に惹かれ読みました。というのも昔、世田谷にいました頃、「○○軒」という中華料理店によくお世話になったもので、(そこも学会員のご夫婦の店です)そこと雰囲気がよく似ており、つい懐かしい気分になったのです。そこはニラとひき肉入りラーメンがおいしくて、風邪などひいたときはそれに生ニンニクをたっぷり乗せて、スタミナをつけてました。30年以上前のお話です。(笑)

 プリッツさんは府中のその方とご縁があるのですね。世間は広いようで狭いものです。とてもいいご夫婦のようですね。こういう方が庶民の王者です。昨日の大阪の串カツのおばちゃんもよかったですしね。そういう人たちが縦糸横糸になって築き上げた学会です。ちょっとやそっとではびくともしないはずです。(笑)

 こちらでも支部の男子部員の折伏があと一歩で、私も近々応援に入ります。
先生、学会に大感謝の思いで、創立記念日をお祝いしながら悠々戦ってまいりましょう。
王者の剣dot 2018.04.20 13:10 | 編集
色んな人が色んなことを言いますね。

以前、勤めていた会社の社長がよく「批評家になるなよ!アクションを起こせ!」と仰っていました。

自分は動かずに他人を批判するのは簡単ですね。

それでは何一つ結果を出せないし、赤ちゃんにすら認めてもらえません。

ドストエフスキーというロシアの大文豪の晩年の未完の小説「カラマーゾフの兄弟」に、民衆から絶大な支持を集めるゾシマ長老という人物がいるのです。

ゾシマ長老が存命中は民衆はゾシマ長老が亡くなったら奇跡が起きるのではないかと期待しているのですね。

しかし、ゾシマ長老の死後、死体から腐臭が発生すると、慕っていた民衆は手のひらを返したようにゾシマ長老を非難するのです。

ゾシマ長老の側近もです。

私は10代の頃にこの物語を読んだときに、いつか池田先生が…と思ったとき、絶対にゾシマ長老を裏切った側の人間にはなりたくない、絶対にならないと誓いました。

人間の心は移ろい易いものです。また弱いものでもあります。

だからしっかりこの目で、先生がいなくなった世界で、人がどう変わっていったか見極めていくつもりです。

拙文失礼致しました。
星屑ビーナスdot 2018.04.21 01:04 | 編集
星屑ビーナス様

よいお話をありがとうございます。
仏法でも仏といえば、金色に輝く聖者のイメージがありますね。しかし、それは像法時代の仏像から来たイメージでしょう。実際には私が仏であり、あなたが仏であり、一切衆生が仏です。これが仏法の真髄の教えです。「八百屋仏」もいれば「サラリーマン仏」もいます。(笑)「主婦仏」もたくさんおられます。凡夫が仏であり、最後は戦いきって、ボロボロになり、セミの抜け殻のようになって死んでいく・・・それで当たり前です。池田先生も法華経の智慧の中で、ダヴィンチの絵だったと思いますが、例にあげてそういうお話をされています。八百屋や平凡な主婦の人の生命深奥に仏の生命を見ていく・・・それが法華経ですね。ゾシマ長老の周りの人々にはその表面の抜け殻となって腐りはてた姿しか見えなかった・・・智慧の眼が開いてはいなかったのですね。

本当の大事な時に、人の仮面ははがされ、正体が現れることでしょう。不知恩の輩たちがその時に浮足立つに違いありません。哀れなその人たちの屍を超えて、三世の信義に生ききる一人でありたいものです。

ビーナスさんのますますの精進をお祈りいたします。
王者の剣dot 2018.04.21 11:57 | 編集
星屑ビーナス様

先の私のコメント返信で、「池田先生も法華経の智慧の中で、ダヴィンチの絵だったと思いますが」と書きました。その後気になり調べましたら、ダヴィンチではなく、ミケランジェロの「最後の審判」とでした。どうもすいません。「法華経の智慧」3巻に出ていますので訂正いたします。
王者の剣dot 2018.05.02 02:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top