2018
04.27

言葉は信じない、行動を見る

Category: 信心


 今、地方の大学に行っている長男が、先日20歳になりましたので、その記念に池田先生の「青春対話」を贈ることにしました。頂き物の大吟醸も一緒に送ってやったのですが、こちらの封はすぐに開きそうです。(笑)その勢いで「青春対話」の扉も開けてほしいものです。

 それでも無事に成人を迎えましたのでありがたい限りです。「全部信頼しているから、責任をもってやるんやで」とメッセージも添えました。反抗心もあってこれまで素直に信心はしませんでしたが、それでもこの春、一緒に勤行をして「お守り御本尊」を受けました。それだけでも大前進です。引き続き、彼が前向きに信心する日をしっかりと祈っていきたいと思います。

 「青春対話」は中高校生向きの本ですが、大人が読んでもとても勉強になると思います。贈る前に少し読みましたら、「私は言葉は信じない。行動をじっと見ています。」との一節が目に入り、胸を突かれる思いがいたしました。




IMG_8467a.jpg




 「言葉は信じない・・・行動を見る」と先生は言われます。これは学園性などが「先生、やります」「頑張ります」というのに対し、「言葉は当てにしない、行動を見ているよ」という意味で言われたものと思います。私も毎朝、毎日、同じ道を踏み固めていくような平凡な活動の繰り返しですが、「無冠の友」「勤行唱題」「学会活動」「役職」「仕事」・・・それらをしっかりやっているかどうか、その一念、心はどうか?先生は逐一見ておられる・・・そう思うと私などまだまだ甘いものです。

 外の御本尊様も、私自身の生命の中におられます。そうでないと私が仏になれませんので、いていただかないと困るのですが、そしてやはりすべての振る舞いをご覧になっていることでしょう。その前で怨嫉や嘘の報告なんかをやってもすべてお見通しです。

  おまけに同生天同名天というのがいて漏らさず天に報告するそうで、これではたまったものではありませんね。(笑)少しは見逃してほしいというか、目をつぶっていただきたい・・・それが凡夫の偽らざる気持ちです。(笑)

 今でこそバリ活のように書いている私ですが、30代のころは訪ねてくる男子部に冷たく当たったり、会合をすっぽかしたり、白百合長さんに全部まかせてB長の自分は居眠りしていたり・・・とそんないい加減な時もありました。今思うと冷や汗タラリです。とても信用などできたものではありません。そんなひどい自分を自分は知っているものです。

 かつての私を知っている人は、私がこうしようと言っても、「そういうあなたも昔は何もやらなかったじゃない」などと言われ、一瞬、凹みます。(笑)でもそれだけ変わったということですので、その分「人間革命」も果たしたのです。「使用後」を見るには「使用前」が必要だから、最初にわざとダメな方を演じたというのが、私の言い分です。

 「自分を一番知っているのは自分です。他人の目は感情で見たり、おとしいれの目で見たりする。わからない。だから仏法の眼で、自分を見つめながら生きることが大事なのです。」

 これも「青春対話」の中の言葉です。人の評価など気にしなくていい。まして自分を知らない人の評価など的外れが多い。それに惑わされるのは愚かです。自分を見つめ、自分はこうすると決めたら、その自分を信じて生きていきたい。自分を信じられない人が、人の言葉に惑わされるものでしょうか?堂々とした自分を築き上げていくことが「人間革命」の目的ですね。

 年々、信心が進むにつれ、強く逞しい歓喜の生命となっていきます。自分がそのように変わっていけるから、この先いけばどんな自分になるだろうと、それが楽しみで私は信心を続けるのです。

 言葉は「理」、行動は「事」・・・行動の人だけが「事の一念三千」を体得でき、わが身を仏と悟ることができる・・・学会員としてまた活動家として、行動できる誉れを胸に、今日も地域を駆けたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/265-af28c687
トラックバック
コメント
miuさんへ

こんにちは

 今回もそうですが、最近はコメントの内容に誤解や被害者意識の強いものが多くなりました。どうにも理解に苦しむ内容となっています。
あなたが退会するとかいうことも私にはよくわかりませんし、あなたを非難するつもりなどもありません。ましてあなたのことを念頭において記事を書くということもありません。あなたには明るく元気に生きていってほしいと願うものです。

そういう現状ですので、しばらくはコメントを控えられたらいいかと思います。私も有意義な返信ができませんので、コメントの公開も含め、返信を控えます。どうぞご了承ください。
王者の剣dot 2018.04.28 17:21 | 編集
毎度、素敵な記事をありがとうございます。

頭で考える暇があれば行動したほうが早いですし、行動しながら考えることもできるので、とにかく行動をしたほうがいいですよね。

願兼於業と云いますが、私は統合失調症と双極性障害とパニック障害とおまけに喘息まで患っていて、こんな宿業を願った覚えはないんですが、とすっとぼけてもダメですね(笑)

今、行政書士の資格勉強をしています、合格後に社会保険労務士の資格を取って、悩み苦しむ人の為に働きたいと強く祈っています。

王者の剣様は、宿命転換し人間革命もされておられる方なので、どの記事も安定していて、読んでいて励まされます。

いつも(人''▽`)ありがとう☆
星屑ビーナスdot 2018.04.28 18:12 | 編集
星屑ビーナス様

こんばんは

いつもコメントありがとうございます。
行き詰った時、言葉などに答えを探す人もおられると思います。私は行動することで突破口を見つけるタイプのようです。家庭訪問なり、仏法対話なりに出かけていく・・・動くことで風をおこし、自分を勇気づけ、新たな道を模索していく・・・そうやって打開してきたように思います。

ビーナスさんもたくさんの病を抱えながら戦っておられるのですね。詩やコメントから日々の葛藤や苦しさに負けない清らかな強さを感じます。きっと生命の奥から妙法の聖水が昏々と湧いてくるのだと思います。

>今、行政書士の資格勉強をしています、合格後に社会保険労務士の資格を取って、悩み苦しむ人の為に働きたいと強く祈っています。

すごいですね。地域で先日、社会労務士の試験に通られた方がおられますが、大変難しい試験だと伺いました。挑戦の人生は素晴らしいですね。私もまだまだこれからですし、広宣流布のために、学会とともに戦いぬきたいと思っています。

死ぬまでこの道を貫いて、人間王者、人間勝利者となって、多くの人を妙法に導きたい・・・そのために毎日、行動で自分を磨きたいと思います。

病のある人が仏になると説かれる妙法です。ビーナスさんもお体を大切に、使命の道を喜んで前進してまいりましょう!
王者の剣dot 2018.04.29 00:47 | 編集
王者の剣さん、こんにちは。

「平成最後の覇者は、俺たちだ」
私はこの言葉を信じます。なのでその行動をじっと見ています。
しかしこれを信じようとしない人もいるのです。
人の評価など気にしなくていい。
まして知らない人の評価など的外れが多い。
それに惑わされるのは愚かです 。

それにしても、「この先いけばどんな自分になるだろうと、それが楽しみ」とは
物凄い境涯ですね。
私など、この先うまくいけば、こうなって、こんな自分になっているだろう、って予測がついてしまってますよ。それも予定通りいけばの話です。
何か予定外の不測の事態でもあれば、もう盛り返す生命力がないでしょうね。
この先どんな自分になるのか楽しみ、ていうのは凄いの一言です。生命の鍛え方が違うんですね。
虎キチdot 2018.04.29 16:23 | 編集
虎キチさんへ

こんばんは お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。

阪神ファンの心で、記事を読んでくださりありがとうございます。生涯、虎キチでいかれるのでしょうね?素晴らしいことです。

こちらは何の取り柄もありませんが、宇宙大の御本尊を拝んでいますので、どこまでいくやら無限大です。信心していくと、そんな心になるのです。その代わり、自分を賭けてやる・・・それだけやりがいのある信心だと思っています。虎キチさんもぜひ挑戦してください。

>何か予定外の不測の事態でもあれば、もう盛り返す生命力がないでしょうね。

大丈夫・・・そういう人に限って、しぶとい。虎キチさんもそう簡単にくたばる感じはしませんよ。

共に価値ある人生のために、一緒に前進していきましょう!
どうぞよろしくお願いいたします。
王者の剣dot 2018.04.29 22:50 | 編集
おはようございます

今朝の勤行唱題中にふと感じた事が有りまして
弘教についてなんですが

新聞啓蒙だとか会合に誘ってみるとか色々な形は有ると思いますがそれ以前に実はもっとシンプルで大事な事が有るのではと?

それは唱題すること
そしてその唱題した感想を他人に伝えること
これって凄く自然な感じがしていいなと感じました
確信を得たい学会員dot 2018.04.30 07:34 | 編集
確信を得たい学会員様

どんどんと智慧が湧くのですね。素晴らしい!
唱題は基本ですので、どなたも相手のことや幸福を祈りながら対話されていると思います。
もちろん出合い頭で折伏ということもありますし、一概には言えませんが・・・

題目が前向きによく上がっていると、自然と折伏したくなると思いますし、相手の幸せも考えていくことになると思います。またそういう人にも巡り合えることも多くなるはずです。題目をよくあげて相手と対話することは、とても大事だと思います。また自分の唱題した感想をを伝えれば、相手もやってみたくなるということもあると思います。

折伏している人にも、自宅や会館に来てもらって、一緒に題目をあげることも私はやるようにしています。初めての人ですと、2分から5分ぐらいでいいかと思いますけど・・・お題目をあげれば何かが変わり、何かを感じるでしょうから、その体験を積ませてあげることはいいと思います。もちろん強制ではなく、合意しながらですけど。

きっといつかあなたの折伏が決まることを私も祈っています。勇気をもって、行動してまりましょう!
王者の剣dot 2018.05.01 12:43 | 編集
「私は言葉は信じない。行動をじっと見ています。」

私も この言葉 大好き\(^o^)/
ちよdot 2018.05.04 22:44 | 編集
ちよさんへ

創立の月・・・いかがお過ごしですか?

言葉に出すことも大事ですが、行動がなければ絵にかいた餅に終わりますね。
行動しなければ自分が変わらない・・・ということは活動や行動に参加しないときは停滞です。

組織嫌いの私も組織の流れに乗って、おおいに活動できる自分となりました。「変毒為薬」の功徳です。
報恩感謝の思いで、行動第一で頑張ってまいります。



王者の剣dot 2018.05.05 11:09 | 編集
はじめまして。私は十数年前、女子部から入会したものです。
結婚して主人を折伏して二人で活動しておりましたが、主人は激しい男子部の方に嫌気がさして、私はそれにつられて二人とも非活動になりました。まあ、二人とも確信がなかったのです。
それから10年近く経ち、学会員の方と同じ職場ということが縁で、私は少しづつ活動を始めました。同時に来月の任用試験も受けることになりました。
しかし、確信がありません。いいとは分かっているのですが、言い切れる確信がありません。
言葉よりも行動、、、突き刺さる言葉でした。大変いいお言葉を知ることができました。
その言葉を胸に頑張ってみようかと思います。
活動をしようと思ったときに、婦人部総会があったり、任用試験があったり、偶然にしては私にはとても良い時期でしたので、必然ではないかと思っています。
これからも読ませていただきますのでよろしくお願いいたします。
あおいdot 2018.05.06 12:20 | 編集
あおい様

コメントをありがとうございます。

過去の信心はいろいろとあったかもしれませんが、仏法は過去は問わないとなっていますので、これからどう生きるかだと思います。
最初から確信にあふれてというわけには、なかなかいきません。絶望や諦めや不信の穴に落ちては、そこから信を奮い起こして這い上がっていくしかないと思います。常に不信との戦いです。その繰り返しの中で、強い確信が出てくることを私も体験しました。

強い確信を持てるようになったのも、入会して30年も経ってからです。でも自分の不信に打ち勝ってつかんだ確信は決して崩れることはありません。その意味でどこまでも弱い自分の心との戦いですね。

婦人部総会、任用試験と溌剌と参加して、さらに確信を深めていかれますように。
あおいさんが体験を積まれ「信」の人となっていかれることをお祈りいたします。
王者の剣dot 2018.05.06 20:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top