FC2ブログ
2018
05.04

折伏応援記

Category: 信心

 先週の日曜日は、わが支部の男子部N君に同行し、彼が今折伏している友人を一緒に訪ねました。男子部長のK君も加わり、N君の軽自動車に乗り合わせで、片道1時間半の折伏行となりました。

 二人とも実直な青年です。私など彼らの年のころは創価学会も知らず、どこか暗い青春でしたが、それに比べ20代で信心一途に生きている二人は素晴らしいの一言です。

 K君は大阪、N君は横浜の出身。N君は就職で神戸だと思って来たら、それが私の住む町で、とんでもない山奥だったのでびっくりしたそうです。こちらに来て、ある日、車で大事故をやり奇跡的にも一命をとりとめ、なおかつ軽傷だった体験に確信をつかみ、それから熱心な活動家となりました。

 道中、K君が「生まれも育ちも違う3人が、同じ組織で、同じ車に乗り合わせ折伏に向かっている・・・不思議ですね。」というので、「仏法に偶然はないから、ここで3人会う約束をもって生まれてきたんや。」と、私は答えました。



yuuhi1a.jpg



 事前にK君が相手の住む市の学会会館と連絡を取り、折座に使わせてもらう手筈を整えていました。途中で相手の方を乗せて会館へと向かいました。私は学会の会館に案内することもりっぱな折伏であると思います。

 折伏の相手Hさんは40歳の青年で、いろいろと悩み不幸を抱えています。ところが今一つ入会に踏み切れないようです。N君K君がHさんより若いので、年上の相手に強く言えないところもあり、それで今日は私に応援の声がかかったようでした。

 その日は年長の私に話をしてほしいということで、車座になって、私は自分の入会のこと、その後の体験、この信心の大事な点など、確信をもって話しました。話す内容もさることながら、声に確信があることが何より大事です。こちらの迷いのない強い心が、相手の迷妄を打ち破ります。

 途中からHさんの話を聞きながら、質問にも様々答えました。今の家の宗教を変えるのに抵抗があるとのこと・・・それなら家の宗教はそのままに、あなただけが自分のためにまず信心を始めてはどうかと勧めました。

 緊張気味のHさんの気持ちも次第にほぐれ、笑顔も出るようになったので、「一緒にお題目を唱えましょう」と言って御本尊を拝し、数分お題目をあげました。三唱を終えて振り向き、彼の顔を見ますと様子が変わっています。「あれ?顔が明るくなりました。」と言うと、「そうですか?」と驚いたようでした。

 悩み深い心に一条の光が射したのか・・・それとも体内の仏様がにっこり微笑まれたのか?暗かった顔が確かに明るくなっています。その時、私はこの人は近いうちにきっと入会するだろうと思いました。

 慎重なHさんはもう少し学会を見たいというので、5月の同中、座談会に出てもらうこととし、その日の入決とはなりませんでしたが、紹介者のN君と連絡を取りながら、毎日題目をあげていくことになりました。

 その後、二階の大広間なども案内し、Hさんも学会の素晴らしさを実感されたようです。「今日はお疲れさんでした。次は座談会で会いましょう。」と、私は用意していた数珠と経本、先生の本をHさんに差し上げました。

 Hさんを送った後、帰りは3人でこれからHさんの入会までのことを語り合いました。折伏行は楽しいものです。何と言っても仏様のお使いです。私もその日は男子部員になった気分で行動させてもらいました。60を超えても心は20代です。(笑)

 ともあれ、これから残りの人生で後継の青年を育てなければならない・・・元気なうちに、わが支部に10人の若き精鋭を輩出したい。それが私の願望であり、日ごろの祈りです。そのためにもみんなの力を結集したいと思います。

 まずは一人であり自分が立たねばなりませんが、地域広布を阻む強い魔、一人一人の心に巣くう魔を破るには、どうしても同志の団結が必要です。魔は何かと同志間の分断を狙い、人を臆病にさせるものです。

 5月3日・・・今日の創立記念日から、心新たに信心の波動を起こしながら、広宣流布の長征に「今、再び」の出発をしていきたいと思います。


 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/266-e146bb29
トラックバック
コメント
王者の剣様へ捧げる詩

いつも素敵な記事をありがとう

今日も生きていてくれてありがとう

折伏の応援、人材の育成ありがとう

文面から人々を励ましてくれてありがとう

あなたの足音は

希望の足音

あなたの呼吸は

歓喜の呼吸

あなたの鼓動は

南無妙法蓮華経のリズム

言葉では言い尽くせないけれど

ありがとう

最期の最後まで光り輝き続けてください

いつもありがとう
星屑ビーナスdot 2018.05.05 15:11 | 編集
星くずビーナス様

こんばんは

詩をいただきありがとうございます。

生まれてこの方、詩をいただいたのは、初めてで照れてしまいます。
それほど立派な人間でもありませんので、ありのままやっていきたいと思います。

信心をしていくことは、生命が妙法のリズムに則っていくことは確かですね。
その世界は無限であり、歓喜であり、勇気であり、挑戦であり、大いなる希望です。
自他共の幸福を祈りながら、対話という行動によって、世界を変えていく戦いでもあります。

その妙法を受持して生きていくことは、どんな大金持ちや地位名誉よりも素晴らしい人生だと実感します。
これからも歓喜と希望を語り、妙法の波動を広げながら、生き抜いていこうと思います。

ビーナスさんも菩薩の歌を、宇宙の歌を世界に広げながら、絶対的幸福、桜梅桃李の劇を謳い演じつつ
価値創造の人生を生きていってください。

勝利の人生をめざし、お互いに使命の天地で前進してまいりましょう。
王者の剣dot 2018.05.06 00:49 | 編集
王者の剣さん こんにちは。

「応援記」と言えば甲子園を思ってしまいますね。車では行けませんが。
声に確信があることが何より大事なのは同感です。
まずは自分が立たねばなりませんが、どうしても同志の団結が必要です。
応援中は60になっても心は20代です。(笑)
「今、再び」の出発をしているところです。

王者の剣さんは外野からの見物ではなく中心ですからね。
確実に波動を起こして、仏様のお使い、がもう体に染み渡っておりますね。

ところで王者の剣さん、池田SGI会長が新・人間革命の30巻を上巻、下巻に分けてまで伝えたかった最終章の誓願の章ですが、
関西青年平和文化祭での「平和宣言」
ここで広島市長と長崎市長の来賓挨拶、国連事務総長のメッセージ紹介、
ペルー大統領、ドミニカ、パナマ大統領との会見、ゴルバチョフ氏との会見、そして今マンデラ氏が登場しているところです。
わくわくしながら読んでいます。
再び「私の世界交友録」も読みたくなり読んでいるところです。
読んでる時は60になっても心は20代です。

王者の剣さんのもとからは若き精鋭が結集するとおもいます。
益々のご活躍を期待しております。
虎キチdot 2018.05.06 12:40 | 編集
虎キチさんへ

今日は中日戦の勝利おめでとうございます。
農作業が忙しく(笑)15分だけテレビで見ました。

甲子園のデーゲームはいいですね。5月の薫風の中、縦じまのユニフォームが躍動するのを見るのも気持ちいいものです。
今年はまだまだ可能性はありますね。もちろん優勝を信じておられるものと思います。

「新・人間革命」も熱心に読まれているのですね。「私の世界交友録」も読んでおられるということで素晴らしいです。私もなかなか読書が進みませんが、虎キチさんを見習って、進めていきたいと思います。

広宣流布の本流の中で戦っていきたい・・・同じ人生ですので、やるならど真ん中で堂々とやりたいと思います。虎キチさんも阪神応援団の本流ですね。それでこそ泣けるし笑えます。ともどもに前進していきましょう!
王者の剣dot 2018.05.06 21:00 | 編集
王者の剣さん、ブログ、全て読み終えました。

多くのことを学ばせて頂きました。
5歳年下の私ではありますが、今後、私がどう歩むべきかに道標となりました。
また、四季折々に添付されている画像にも感銘いたしました。

Fさんの事、とても嬉しく、心が震えました。
口の悪い地区の人、王者の剣さんが好きでなかった幹部の方、我が地区の方と置き換え読んでいました。

中でも2017.11.10.「池田先生についていくんだな・・・。」との王者の剣さんの先輩の言葉は、私の生命を貫き、改めて私の誓願ともなりました。
本当にありがとうございました。

詳しくはメールにてお伝えします。
雅啓dot 2018.05.06 22:30 | 編集
雅啓様

こんにちは

ブログ記事をすべてお読みになったということで、とても恐縮です。
創価の一会員として、道を求めていくその道すがらに、気ままに綴っているブログです。
時にはおかしなことも書いていると思いますが、自分の信じるところは書いているつもりです。

世間にはいろんな声がありますが、私は池田先生を信じていきたいと思います。それが自分の道だということも知りました。自分に正直に生きる意味でも、私はこの道を全うする決意です。そこに迷いはありません。迷い即悟り、不幸即幸福と開いていきます。

「池田先生についていくんだな・・・」その言葉は私の命にも楔となり私を護り、灯となってこれまで道を照らしてくれました。大変に重い言葉だったと思います。

雅啓さんのこれからの信仰の道に多少なりとも力になれるなら、これほどうれしいことはりません。共にこの大道を進み、大勝利の人生としてまいりましょう!ご健闘御活躍をお祈りいたします。
王者の剣dot 2018.05.07 16:37 | 編集
私も今折伏している人がいます。
1年前はなかなか会えず 会っても一言二言だけの会話でしたが
最近は玄関先ではありますが 色々と話ができるようになりました
ご主人の了解も取れているのですが
3歳1歳の子育てとフルタイムの仕事で
なかなか心に余裕が持てず 腹が決まらないと言われてます
でもめげずに 相手の腹を決めさせてあげられないのは 無慈悲だと思って 祈り続けてます
幸せになるにはこの御本尊しかないのですよ
勇気を持って一歩踏み出しましょう!
これからも真心の対話を頑張ります
王者の剣さん
いつも勇気をありがとうございます
チャコdot 2018.05.10 10:16 | 編集
チャコ様

チャコさんこそ折伏ご苦労様です。

入会が簡単に決まればいいですが、折伏は難事ですね。こちらは男子部のN君が行動的ですので、私も連携して男子部員の気概でやっています。最後は入会を阻む魔との戦いだと思っていますので、応援をしっかりしていきたいと思います。
腹が決まらないというのも、優柔不断な念仏の命だといえるかもしれませんね。相手に紛動されないで、じっくり時を作っていくしかありません。成果を急がない、堂々と構えてやることだと思います。

折伏に挑戦されているだけですごいことですよ。勇気が道を開くと決めて、一歩も引くことなく前進していきましょう!
王者の剣dot 2018.05.10 16:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top