2018
05.24

S君の任用試験

Category: 徒然の記
 
 
IMG_8998d.jpg



 学会では任用試験の受け付けも終わり、日曜日の夜には支部で勉強会を開始しました。3地区の支部ですが、受験者も11名と当初の目標を大きく超えました。私も壮婦の皆さんと共に、受験者の方のお世話をさせていただきます。

 今回、私が受験を勧めた中に高校生のS君がいます。3人兄弟ですが、両親が離婚し、事情があってどちらの親とも離れ、今は兄弟一緒におばあさんの家で生活しています。

 おばあさんは学会員ですが、御本尊様を安置し聖教新聞をひく以外、活動はされません。S君は未入会ですが、いつも家で寝転んでゲームばかりをしています。そこで、「ゲームもいいけど信心はもっとええよ。任用試験いうのがあるんやけど受けようや」と声掛けしたら、思いがけず「受けてみようかな」と返事をくれたのです。仏縁と言うのはどこに落ちているかわからないものです。

 先日の勉強会も迎えに行きますと、「ハーイ」と言って元気に出てきてくれました。勉強会を始めてみると、さすがに現役の高校生・・・ものの飲み込みも早く、態度も素直ではありませんか?おまけに隣の壮年に親切に教えたり・・・「思った以上にいい子やな」と思えるのでした。

 家庭環境だって決していいとは言えないのですが、「この子が信心に目覚めれば面白いなあ・・・この子の命を妙法で磨けばどうなるやろ?」などと、私の心にむらむらとした思いが起こってきます。(笑)「また今日から祈る人が一人増えた」・・・そう思いながら、勉強を進めておりました。教学の勉強会即折伏の場となるなんてすごいことです。その意味で会友さんの参加はとてもいいことですね。

 初日は、壮婦各1名とS君の3人と少なかったのですが、日曜の夜、田んぼでゲコゲコと鳴くカエルの合唱を聞きながら、ともどもに日蓮仏法を学びゆく・・・・(笑)思えば不思議な光景です。しかし決してこれは偶然ではない、約束された光景なのだと私には思えます。S君はこの勉強会できっとしっかりと幸福の種を、下種される運命をもって生まれてきたのでしょう。

 ありがたいことに私は信心が楽しくてうれしい境地になりました。言われなくても自然と広宣流布の活動へと命が向かいます。ほとんど毎晩、学会活動がありますが、お題目を根本とした集いは、世の中で一番輝かしい集いだと思えるようになりました。

 学会活動が楽しくて充実している・・・「信心即生活」ですのでそれは生活にも反映します。仕事に生活に躍動的でハリのある世界が広がっていくのです。歓喜と感謝の命で生きていけるから、いろんなことがうまくいきます。自分が清らかで楽しい命へと変わっていける、題目はまさに「変毒為薬」の力に満ちているのです。

 聖教新聞22日付の「池田先生と共に新時代を進む」(29)には「信仰の世界に入るのではない。信仰の世界に出るんだよ」(牧口先生)すなわち正しい信心とは、狭く堅苦しい形式に閉ざされることではない。苦しみの流転を断ち切って、心も広々と、歓喜と福徳の世界へ自由自在に羽ばたいていくことなのである」との素晴らしい一文が記されています。

 「今日も地域の先頭に立って、広布の大道をみんなと楽しく歩いていこう!」それが私の生きる原動力です。

 心は広々と自由であり、信心が強ければ、自分を遮るものもない。自在に夢に向かって、翼を広げることができる・・・そんな豊かな心になって、私も使命の大空を舞いゆきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/269-d3b3e2ec
トラックバック
コメント
のどかな風景写真ですね。
カエルも、アマガエル、トノサマガエル、ウシガエルと様々な応援合唱隊ですね。
任用試験は2週間あまりですが皆さん、頑張って下さい。

今日の四季の励ましは、素晴らしいですね。
うまくいかないことがあっても、「よし!」と思い直して、何度でも挑戦すればいい。
その連続の中に成長があり、幸福もある。

大事なのは 「今から」決意だ。「これから」の行動だ。

長文なのでそうだなと思うところですが、挑戦しないで現状を嘆いても、変わらないことはたくさんありましたから(笑)

今月は、ブロック座談会ですが『言葉』をテーマにしてみようかなと思っています。
言葉を掛けることは、相手だけではなくて自分自身も元気になるし、折伏にも繋がると思います。
『ただ心こそ大切なれ』ですね。

梅雨時です。食やお身体を大切にされてお過ごし下さい。
プリッツdot 2018.06.02 10:01 | 編集
プリッツ様

こんにちは

こういうのどかなところで広宣流布をやっています。
因習や偏見がまだまだ強く、一筋縄ではいきませんが、その分やりがいもあれば功徳も大きいかと思います。
仏法があればいずこの山谷曠野であれ仏国土になせるのですからありがたいことです。

本当に周りが水田ですので、カエルのほうがもちろん人の数よりは多いことでしょう。
一度田舎で暮らすと、もう都会に戻りたいとは思いません。私のDNAは田舎者です。
農業を仕事にしたいと思う時もあります。ものを育てるのは楽しい仕事です。

これからは若い人材を育てなければいけませんが、これは難事ですね。

今日の四季の励ましは本当に詩も写真も素晴らしいですね。配達していても元気が出ます。
何度も何度も踏み固めて道ができるように、単調であっても日が当たらなくても
正しい仏法をコツコツと行じていく・・・それが幸福への正道です。
「挑戦、挑戦、挑戦」であり、「ただ題目、ただただ広布」です。

ともどもに前進してまいりましょう!


王者の剣dot 2018.06.02 11:35 | 編集
素敵な記事を✿❀ぁりが(。◕ˇ∀ˇ◕人)㌧❀✿

私は以前、悩みに悩んだ末、関西文化会館別館にて行われている指導を受けてきました。

そのときに、人間関係で悩み憔悴しきっていた私に「悪縁を善縁に変えましょう!」との指導を受けました。

必ず味方にかわりますよ、との激励を頂きました。

そして、それから半年も経たず、あれだけ私を苦しめた人が、最大の学会理解者になり、私のことを応援してくれる存在になりました。

その相手はBPD(ボーダーラインパーソナリティーディスオーダー)という医者も嫌がる病気なのに、がらりと変わったのです。

もちろん、仏法対話や一緒にお題目を唱えたからだとは思いますが、本当に仏法は偉大ですね。一つまた確信を掴んだので、これからも仏法対話に励んでいきたいです。
星屑ビーナスdot 2018.06.02 13:48 | 編集

星屑ビーナス様

いつもコメントをありがとうございます。

また素晴らしい体験をありがとうございます。それにしても劇的な変化ですね。
私も苦手な人がいたのですが、克服するのに20年かかりました。(笑)

本当に信心はありがたいですね。私も自分の中で生命に新しい生気が湧出していくことを感じます。
病名こそありませんが、実はある意味精神的な病の人だと私も自分のことを思ってきました。
それが偉大な妙法の力で、少しずつそ病の堅き氷が太陽の光に溶けていくように消える思いがいたします。

一人一人が使命の人です。ビーナスさんも偉大な使命に生きていかれますように。
どうかお体を大切に・・・関西同志のスクラムで大前進していきましょう!

王者の剣dot 2018.06.02 14:59 | 編集
勉強会いいですね。僕も勉強会がきっかけで信心が目覚めたので、S君にも芽が咲くといいですね!
創価三世dot 2018.06.07 02:44 | 編集
創価三世様

こんにちは、お久しぶりです。

このS君はとてもいい子です。組織につれていきましたら皆さん「いい子やね」と言っておられました。
両親が離婚して男3人の兄弟ですが、母親にも引き取ってもらえずに、おばあちゃんが面倒見ています。
そのおばあさんも障害があり、住まいも古くて取り壊し寸前の小さな町営住宅での暮らしです。

何とか信心を持たせて、幸せにも立派にもなってほしいです。私がしっかり祈っていくことだと思っています。
任用試験の勉強会はほかの受験者も参加されていますが、私も全力で彼の命に仏法がしみ込むように教えています。

三世さんからエールをいただきましたので、これに力を得て頑張ってまいります。

三世さんもお体を大切に、ともに前進してまいりましょう!


王者の剣dot 2018.06.07 12:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top