2018
06.14

メダカと衆生所遊楽

Category: 徒然の記

 我が家では長年、古い火鉢や丹波焼の甕などに白メダカや赤メダカを飼って楽しんでいます。メダカがのんびりと泳いでいるのを眺めていると、どこか心も涼やかに癒され、目の保養にもなります。世話とお金がかからないことも、私の家庭向きです。

 先日もしばし眺めていますと 「メダカだってこの世に遊びに来ているんだ」と、そんな思いが心に浮かびました。それと同時に「遊ぶ」と言う感覚が、最近の自分には少し欠けていると思えたのです。何かと目まぐるしい日々を過ごしていると、どこか追い立てられて生きる癖がついている・・・「もっとゆっくり楽しもうよ」と、珍しくその瞬間、思ったものです。

 仏法にはどなたもご存知のように「衆生所遊楽」との言葉があります。 法華経寿量品の自我(じがげ)には、皆さん毎日読誦されている、「園林諸堂閣(おんりんしょどうかく) 種種宝荘厳(しゅじゅほうしょうごん) 宝樹多花菓(ほうじゅたけか) 衆生所遊楽(しゅじょうしょゆうらく)」と何ともリズミカルで楽しい言葉が連なって出てきます。


IMG_9237q.jpg


 戸田先生はこの経文について、「人間は楽しむためにこの世に生まれてきたのです。苦しむため に生まれてきたのではないのです。これが法華経の人生観の根 本です。 (中略)なんだかんだ、嫌なことがあっても、お汁粉に少々、塩が入ってかえ っておいしくなるみたいに、面白く感じる。 人生に愉快を感じる。 こういう大生命力になりますよ、という経文です」と。

 「法華経の人生観の根本」が「楽しむ」とはうれしいではありませんか。これが「苦行」なんて説かれたら、私など撃沈です。(笑)おまけに日本人はどこか苦しみに耐えることがいいことであるような精神風土で、笑って楽しむことを軽薄に思う風潮が強いですね。
 
 いつも文句や愚痴が先に立って、人を批判したくなるようでは、その人自体、魅力がないと思います。人を素晴らしいと思えるようになれば、自然と楽しいし、相手を生かしてあげることができる。そうなることが「人間革命」だと思います。人間革命することが本当の「楽」であり、日々の学会活動こそが私にとってその源泉です。

 私も数年前まで、「組織は面白くない」とか「あの人はダメだ」・・・とか、偉そうにそんなことばかり思っていました。そんなことをやっていれば、「還著於本人」でそのうち自分が腐ってくる・・・(笑)それでは法華経の心に反します。そんな自分は生命があたかも塩でできた饅頭のようで、きっと人からも好かれない。

 それが信心に励むにつれ、ある時から程よい甘さの饅頭に変じていく・・・人が見て「うまそうだな、どれ一つ食べてみよう」となれば、それが福運でしょう。商売をやっても勤め人でも人に愛されなければ、繁盛も出世もできません。そして自分が愉快で楽しければ誰しも生き生きとしてくる。私などまだまだしょっぱい方なので、いよいよこれから信心に励もうと思います。

 法華経の信心は大いにその人の個性を伸ばし、朗らかに伸び伸びとした方向に向かわせるものではないでしょうか?その中で人は輝き成長していくに違いありません。「自分を信じてやりたいようにやってごらんよ」と言ってあげれば、人は思いもかけない力を発揮し、未知なる世界の扉を開けることができます。そこに個性の花開く「衆生所遊楽」への道があると私は信じます。

 煩悩は多いけれどやっぱりメダカに生まれるよりは人界に生まれ出て、この仏法に出会う方が数万倍いいに違いありません。我が家のメダカの命もいつの日か人界に出て、仏法をたもつ日が来るでしょうか?「メダカさん、この世を楽しむんだよ」とそんな思いで私は今日もメダカを眺めています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


※「所遊楽」の文字が一部で「所有楽」になっており、訂正いたしました。(6.14)
トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/271-fd7905c3
トラックバック
コメント
王者の剣様、メダカとは何とも風流ですね。

戸田先生の指導は明快でユニークですね。

私の今の目標は、今を受け入れ、認め今を生きることです。

欲をいえば病気すら楽しめる境涯になりたいです。

池田先生も常々明るいところに人は寄ってくると言われていますが、自分が如何に楽しく朗らかに生きていくかですね。

またその為の仏法だと思います。

王者の剣様は役職も兼任されているようなので、どうか花やメダカを愛でる心の余裕を持って、共々に楽しくどこまでも朗らかに広宣流布に邁進してまいりましょう。
星屑ビーナスdot 2018.06.21 13:53 | 編集
星屑ビーナス様

お元気ですか?
関西在住と思いますので地震は大丈夫でしたか?

こちらも一瞬、強く揺れましたが、被害はありませんでした。
大阪の友人知人にも被害はなかったのですが、高槻方面は女の子も亡くなり大変な災害となりましたね。
私も追善のお題目を送っています。

世間の「楽」と仏法の「楽」は似て非なるものでしょうか?
六道などの欲を満たし喜ぶ「楽」と違い、自他共の絶対的幸福を目指す「楽」は悪を善に転じる宿命転換の世界であり、人を救いゆく菩薩業の世界ですね。広宣流布に向かい戦いゆくことが「楽」であり、真の「安穏」だと確信します。

ビーナスさんも病との戦いの「苦」をもって広宣流布に戦われている使命の人だと思います。「宿命を使命に」とは池田先生の指導ですね。私も様々なことがありますが、最後は必ず勝つと決めて前進しています。

つらい時もおありでしょうが、「1mmだけでも」「一歩だけでも」「苦楽ともに思い合わせて・・・」日々前進しようとの気持ちでやっていきましょう!ビーナスさんに大きな功徳がありますように!

私も花やメダカだけでなく、人や同志を愛でる広い心をもっと養っていきたいと思います。
王者の剣dot 2018.06.21 14:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top