広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 其の国の仏法

其の国の仏法

 私の住む地域は田舎でいわゆる農村地帯です。若い頃、都会に出ましたが、父親の早逝に伴って田舎に帰ることになりました。その頃はまだ私も30代そこそこで、入信して4年ほどのことでした。入会したときに信心を教えていただいた方から、邪宗教の恐ろしさをよく聞いたものですから、こちらに帰った時、そうした宗教がらみの行事が多いのでどうつきあえばよいのか随分ととまどいました。

 神社、天照大神、伊勢の御講、寺の付き合いと何かと用事が回ってきます。都会にいればそんな付き合いも知らん顔で済ませられますが、田舎は少々うるさいですし、当時、未入会だった母からも「ここの人達と同じようにしてほしい」と泣き言を言われて困ったものでした。

 しかも我が家は真言の寺と親戚筋にあたり、母も毎晩のようにご詠歌の練習に寺に行ってました。家の仏間には当然、真言の仏壇があり、私は自室に小さな学会用の仏壇を置いて御本尊様をご安置、小声で拝むという日々が何年も続きました。


IMG_3286q.jpg


 その後、7年たってようやく母が入会してくれたのですが、今では我が家を学会の拠点に解放、支部、地区の会場として使ってもらえるようにもなりました。

 そんな中、今年は地域の大きな神社の世話役が10数年ぶりに回ってくる年にあたっています。お祷(とう)と言って8人ほどで一年間、神社の世話をするのですが、これについても受けたものかどうか思案しました。と言うのもこの対応について、幹部さんに聞いても意見がまちまちで、「気にせずにやれ」と言う人と「謗法厳戒」を立てる人と二色あるからです。そのためか会員さんの中でも受ける人と断る人がいたりします。

 思いあぐねてある日、学会本部に聞いてみようと思い、信濃町の本部に電話して担当の方とお話をしました。担当者は「信心は強く持たねばいけませんが、地域のお付き合いで役目上、またその土地の人間として、一般的に受けていくことが習わしなら、あまり気にしないでおやりください。参加しないで学会を悪く理解されたり、あなたが独りよがりに思われることの方が、マイナスになることもあります。自分から進んで神社を参拝しない限り、謗法にはあたりません。」と言うことでした。

 これは戸田先生のころの指導とはだいぶ違ってきていることも確かです。それだけ学会が開けてきたともいえますし、現に友好関係を作っていくことを思えば、相手の懐に飛び込むことも時に大切なことです。山にこもって一人で生きて行くわけではない…信心をしていない人々とどれだけ友人になれるか、その外交戦こそ、広宣流布の要です。学会の正しさだけを押し付けては独善と言われても仕方がない、そういう思いもありました。

 そこで先日、新旧の神社の世話人の引き継ぎの会合がありましたので、折を見て私は発言の機会をもらいました。
「御存じのように我が家は創価学会で信心しています。そのため神社への参拝、神事、お札の配布などできないこともありますが、そのほかの掃除や祭りの手伝い、会計などはできますので、できればお祷人の末席においてもらいたい」と申し出ました。

 その結果、「信仰が理由ならしょうがない」との意見で私の願い通りになりました。地域の人々も「信教の自由」は理解されており、神社の世話役を絶対的に押し付けることもできないことはわかっておられます。
 ここらでも別の新興宗教やキリスト系の宗教の方などはっきり断られる人もおられます。でも私は地域の人々と一緒に生き、信頼関係を築くことを第一に考え受けることにしました。

 「学会やのに神社の会計したり、神殿の掃除や餅投げなんかして大丈夫か?」と言ってくれる人もいました。「大丈夫やで。役の上で、地域のためにすることやからな、その代りまた公明党も頼むで!」と笑って答えました。

 謗法厳戒と言う考えもあれば、随方毘尼(ずいほうびに)ということもあります。いずれにしろ、御本尊を信じ、広宣流布のためにどの振る舞いが正しいか思索することも大事だと思います。昔、ある方から「身は落ちても心までは落ちてはいけない」と聞きました。役目上、やむなく神社に行くことはあっても心から拝まなければよいとの意味と思います。同様に他宗の葬式や仏事などもその考えでいいと思います。

 今、私はそういう役柄を多く受けなければならない年代です。自治会の役員、人権委員、子供会の三役、そして学会の地区部長と、夜は毎日のように会合に追われます。

 そういう役職を通して、ある人には学会宣言をし、信心の功徳を語り、仏縁を広げていくことができる・・・そのうれしさの方が私にとってずっと大切であり、ありがたいことなのです。

 学会が正しいと主張するだけでは相手は理解してくれません。それはよその宗教もそうだからです。その上で、学会員は何かが違う、積極的で献身的だ、なにより笑いがあって楽しい、この人なら信頼できる・・・そう思われて初めて相手がこちらを認めてくれるのです。そしてその行動の基準はこの地の広宣流布を一歩でも進めていこうとする心であらねばと思います。

 以前は神社のお祭りなどあってもほとんど参加せず、村の幼なじみがハッピを着て御輿を担いでいるのを、遠くから見ておりました。

 今年は世話役として、また子供会の会長として、祭りや御輿の運行にも参加しなければなりません。けれど決して心苦しく思うことはありません。周りの人からも、「あなたは昔と変わったね」と言ってもらうこともあります。そうやって友好を深め、ここで生きる同じ人間として私は仏法を語ってゆく・・・今その生き方に大いなる未来の広布の展望が開けていく思いがします。

 有名な高橋殿御返事の御文には「其の国の仏法は貴辺にまかせたてまつり候ぞ」とあります。この地域で一人立つ精神で、同志とともに師子の如く私も生き抜いていきます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

Re: 有り難うございます
編集
コメントありがとうございます。御本尊様の元ではどこで暮らそうとみんな平等な仏子ですね。環境が厳しければ厳しいほどファイトを燃やすのが創価魂です。戸田先生は牢獄で悟りを開かれました。大聖人様は極寒の佐渡の地です。地獄即寂光土にできる信心です。「自分はこの地で人間革命すると志願してやってきたんだ、私だから選ばれてここにこれたんだ」そういう思いで私もやってきました。まだまだこれからですが、題目と仏法対話に挑戦、また挑戦と頑張ってまいります。関西の地から、じぶ様のさらなるご健闘をお祈りいたしております。
2013年09月10日(Tue) 10:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30