FC2ブログ
2018
11.16

身に説法、心に説法

Category: 信心


 御本尊様はきっと我々を幸福にするために、口ではお話されませんが、毎日、「身に説法、心に説法」をくださっているのでしょう。法華経の寿量品には、「毎自作是念」(毎(つね)に自ら是(こ)の念を作(な)す)とあります。休むことなく衆生の幸福を思っていてくださるのですから、こちらも休むことなく御本尊様を求めていかねばなりませんね。

 説法と言っても、こちらも耳を澄ましたり、思索したりしませんと、ぼんやりと過ぎてしまうことだってあります。毎日の出来事の中に、自分自身を知る機会は実に多いものです。「奥さんとの些細な口喧嘩」(笑)にしても、「会員さんとのやり取り」にしても、一日の諸法にこちらの人間性や境涯が、ことごとく映しだされると言っても過言ではありません。それをどう捉えていくか・・・そこに「信心」はあるはずです。

 ある時のことですが、私も自分の生活上において苦しんだことがありました。その苦しみを打開するために、学会活動にも熱心に取り組んでやっていたのですが、ところがいつまでたっても打開できません。そんなわけでつい御本尊様にも文句を言いたい気分にもなっていました。「こんなに頑張っているのにどうして?」と・・・

 そんなある日のこと、ふと気がついたのです。「あれれ?俺はこの苦しみから逃れようとして、そのことばかり御本尊様にお願いしているじゃないか?」「一日も早く、この苦しみが消えてなくなりますように!と、本当はそう祈っているだろう?」

 「その一念は「宿命転換」ではなくて、現実逃避だよ。御本尊様拝みながら他力本願な念仏やってどうする?」と・・・そこで初めて目が覚めた思いがしました。「御本尊様、私が間違っていました。今日よりは心を入れ替えて、自力で壁を破る法華経の信心をします。」その場でそうお誓い申し上げました。

 私たちはつい苦しみから逃げ出したり、甘い姑息な解決を願ったり・・・浅ましい爾前の心にとらわれがちです。宝くじが当たるような幸せをつい妄想しますが、信心に「棚からぼた餅」もなければ、「信心しているから何とかなる」もありません。鑿(のみ)を手に固い岩盤を掘り下げていくように、自分の苦悩と正面から向き合って戦ってこそ、信心の力も威力を発揮するのです。

 活動を熱心にやっても、一念が念仏臭くては、これでは打開できない・・・自分の苦悩から逃げ出さずに、信心でその壁にぶつかり、自力で壁をうち破っていこう・・・その一念が私には弱かったのです。そのことを御本尊様は辛抱強く、私に教えようとされたのだ・・・そう気づかされました。

 「煩悩よ!今日から俺は一歩も引かずにお前の相手になろう。さあ、かかってこい!」・・・そういう心境に立ちますと、生命には逆境を跳ね返す気力が充満します。悩みはあれど心は清々しく、「一切は自分を強くしてその力で打開するのだ」と、そう思えます。環境は同じでも、前と違って心が強く負けないのです。

 もしあのまま悩みから逃げ出していれば、一時的に楽になったかもしれませんが、私という人間は何ら「人間革命」することなく終わったことでしょう。しかし、その宿業と正面から向き合って戦った分、私は負けない自分となって、「宿命転換」することができたのです。

 そういうところに、自分が変わりゆく、「人間革命」の醍醐味があると言えないでしょうか?これからは何が起ころうと、すべてを自身の生命で受けきって、正々堂々、自身の力を信心で磨いて乗り越えていく・・・そのことを学んだのですから、まさに闘争者の心境です。この信心は何があろうと逃げ出してはいけない信心なのです。

 これが私がいただいた仏様からの説法であり、数年、苦しんだとはいえ、今となっては本当に素晴らしいことを教えてくださったと、感謝している次第です。





トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/281-b50208fc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top