FC2ブログ
2018
11.28

「いをのぼりぬれば・りうとなる」

Category: 未分類

  朝晩、寒さが身に沁みる季節となってきました。朝の聖教配達もいよいよこれからが本番です。「この冬も自分は休まずに配達するのだ。暖かな春の日差しが降り注ぐ日まで・・・」  朝、5時を回って布団から抜け出すときに、御本尊様、池田先生のことを思いつつ、「さあ、今日も師匠との誓いを果たす一日としよう」・・・そう思い、暖かな布団を蹴とばして一日の行動開始です。

「このたきにををくのふなあつまりて・のぼらむと申す、ふなと申すいを(魚)のぼりぬれば・りうとなり候」(上野殿御返事1560p)

 今朝の「御書と歩むⅡ」に紹介された御文です。本当に素晴らしい御文ですね。滝を昇ることは人にとっての試練であります。その試練に勝ち切れば竜となる。竜とは「仏」だと言っていいでしょうか。

 私の尊敬する信心の先輩は。この御文を拝した時、「いつか仏になるのではない。今、仏だと決めきりなさい」と教えてくださいました。私もそれ以来、その心でやってきました。「私は仏なのだ」そう決めきることによって、仏の姿が現れ、振る舞いもそうなっていく・・・御本尊を信じることは自分自身を仏だと信じ切ることに他ならないのです。


朝焼け②



 先日、ある学会の地域の先輩の方が私のことをこう言われたそうです。「よくあの男は学会をやめなかったな。私はきっと学会を去って行くと思っていたよ」と・・・

 私は若いころ、組織嫌いで組織に出ていなかったのです。男子部時代にもほとんど一人拝むぐらいで、組織についてやるだけの生命力も、素直さもなかったのかもしれません。そうした反抗的な私の姿勢を見て、その先輩は心配されたのでしょう。

 しかし、今、私は地域の先頭に立ち、同志の方と広宣流布に向かい疾駆するまでに変貌を遂げました。日々、生命が革新していくことを感じながら、さらに成長したいと念じつつ、信心に励むことができる・・・自分自身の変わりようにも驚いてもいますが、そこになぜか自分の力ではない、大きな力によってここまで連れてこられたような、不思議な思いがするのです。

 私自身、今も悩み満載の身です。決して何不自由のない生活をしているわけでもありません。毎月のお金のやりくりにも苦労しながら、腎臓がんをやった疲れやすい体をなんとかなだめながら、家内の病との戦いも抱えています。しかし、悩みが深いければ深いほど、「面白い・・・やってやろうじゃないか。今に見ていろ!ここから信心の力を証明して見せるのだ」と、そう心が燃えてくるのです。

 法華経の信心の素晴らしさの一つは、不幸に負けないということです。それを証明するために、自分はのっぴきならない不幸を演じているのだ・・・そう思えば、心はいつも強気であり、攻勢に転じることができます。

 「御本尊様と創価学会にこの命を捧げ生きていこう・・・後は「煮るなり焼くなり」好きになさってください!」と、腹を決めれば、なぜか心にはさわやかな青空が広がっていくではありませんか?(笑)

 苦難の中を呵々大笑しながら、今日も妙法のエンジンをブイブイと鳴らして前進することができる。そのわけを聞かれれば私はこう答えるでしょう。「それは私が仏だからです」・・・と。

 さあ、今日も同志の皆さんと共に、希望と歓喜の創価の大道をまっしぐらに走っていきたい・・・まさに学会の信心は人生勝利、三世勝利の歓喜の無上道です。その生命歓喜の歌を歌いながら、時に舞いながら、私は朗らかに前進してまいります。




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/282-c3a64ed2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top