FC2ブログ
2019
01.20

魔が競ってこその信心

Category: 信心

 一月もはや半ばを過ぎ、私のほうも革新しゆく生命を感じながらの日々です。今年はきっと大きく変われる・・・そんな予感でやっています。組織の方も、法戦を中心に早速動き始めましたが、私も新年の地区部長会で「今年は変わります」と宣言をいたしました。

 革新しゆく生命とは、自分の命が明るく軽快になっていくことだとも言えます。信心を始めたころは、体も心も水を含んだ布団のようなもので、「重い、冷たい、穢い」といった様子でしたが、それがだいぶ良くなってきました。悩みもたくさんありますが、それらは前進するための燃料であり、悩みがないと前に進まない・・・「人間革命」は煩悩の薪(たきぎ)を燃やし、幸福の智慧へと転じる戦いですね。

 また同時に内外に魔も競ってきました。一つは先日来、支部内の地区部長宅に家庭訪問に行ったのですが、どうも地区部長の様子がおかしい。すっかり魔に信心を食い破られてしまっている様子なのです。

 詳細は書けませんが、学会に対する不信が以前からあったのが、それがはっきりと形になって出てきました。一年ほどまえから、昼の勤めに加え、深夜にも一般紙の配達をするようになり、仕事を理由に夜の会合にまったく来なくなってしまったのです。過疎地域で人材がいないため、50代の壮年と言えば地区の柱でありますし、男子部時代から聖教配達を30年以上、頑張ってきた人です。その彼の変節は、地域にとって痛手ですし、大きな事件だと言えます。

 「○○長も一度、考えた方がいいですよ。学会を一途に信じるのは、危ないですよ。少しは疑っていかないと・・・」

 退転していく人というのは、なぜかこのような言葉を必ずいうものです。それが自分の中の不信という魔が言わせていることに気が付かない。心が魔に誑(たぶら)かされて善悪が逆転してしまうのでしょう。

 もちろん地区部長には、改心してほしいと思いますし、私も祈り、対話をしていきたいと思います。そう簡単には目が覚めないかもしれませんが、すべてに深い意味があり、無駄なことなどないはずです。残念ではありますが、その反面、これは地域の広宣流布が発展する前兆だと私は感じます。それは自分の信心にも関わってくるのですが、どんなことがあっても、いい方向に転じていくという確信が、今の私にはあるのです。

 仏の軍勢が、不信という魔に負けるなどということは絶対にない・・・そうであるなら、最後は勝利するのは学会員です。法華経に身を任せて、池田先生との師弟の道を歩んでいく限り、行き詰りも敗北もない・・・私はそのことを信じています。

 あらゆる試練は、波のようなものです。それを乗り越えて、さらなる大海へと出ていくことができる。それ自体が境涯革命ですし、地域の広布の発展につながります。私はこの問題の行く末を楽しみに、その魔を粉砕する祈りでやっていく決意です。
 
 「魔が競ってこその正法だ。もっと大きな魔をあぶりだして、さらに前進!」・・・そういう決意で、今年は戦いきっていこうと思います。


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/285-471005e0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top