FC2ブログ
2019
05.01

貴辺にまかせたてまつり候ぞ

Category: 徒然の記
 
 平成から令和へと、元号も改まったこのゴールデンウイークを、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 法戦の方も一息つきましたが、連休明けからはまた忙しくなりそうです。こちら兵庫も7月の参議院選挙には新人候補が立ちますが、先月はその候補が私の地区に来られ、田舎の拠点に50名を超える支持者の方が集いました。背の低い私と違い、候補は185㎝の痩身の外交官、一緒に並んで二人で写真を撮りましたが、できれば撮りたくなかったほど(笑)、同じ男とは思えない凛々しき好青年です。なんとしても勝たせてあげたい、そんな思いでガッチリと握手を交わしました。



IMG_7031q.jpg



 今朝は体にも疲れがあって、シャキッとしないなと思いつつ、外で車を洗っていましたら、向こうから我が家を訪問してくる見知らぬ人がいます。二人連れの女性で、一目見て「○○の証人」というキリスト系の信者だと思いましたら、案の定そうでした。

 仕事の時はお断りですが、今日は時間もありますので、「こんにちは、○○の証人さんですね。」と、こちらから話しかけました。実は私の従弟夫婦が熱心にその宗教をやっていますので、向こうの話の内容はだいたいわかっています。

 創価学会の話をしても、その人たちがそこで改心するということはありませんので、ここはしっかりと下種したいと思い、私は日蓮大聖人の「南無妙法蓮華経」の話を、内外相対や三世の因果の上から話をしました。内道ゆえに宿命転換ができること、また生命や宇宙を貫く法を説き、その法に則って生きていくところに、その人本来の幸福が現れてくることなどを話しました。向こうは神がこの世を作り、神が我々を産み広げたという考えであり、神と信者とは別々です。「そのような外道の生命観では、生命力を強くすることもできず、宿命を打開できない、挙句、正しい法に背くために不幸になるのです」と切り返しました。       

 その間、私はいらだちもせず、にこやかに話をしたこともあり、向こうもよく話を聞いておられました。「何か生き生きとされていますね」と、私を見てそう言われました。(本当は調子よくなかったのですが、話しているうちに元気が出たようです。)
 「あなたがたの生命も仏ですよ。過去の因果もあって、今世はその宗教をやっておられますが、いつか法華経に必ず入ってこられます。その時はまた訪ねてきてくださいね。一緒に幸福になりましょう。」と、そう言って別れました。

 朝からだるかった体も、仏法対話でシャキッとしました。私を元気づけるために、この人たちが訪ねてきてくれたような、突然の訪問でした。

 こちらには私の家からそう遠くないところに、日蓮系の仏立宗というのがありますし、真言や念仏はもとより、天理教や新興宗教もあります。いつかそこの人たちとも対話をするべく、私は常日頃、「会わせてください」と祈っています。仏法を人に語った分だけ、生命の妙法が歓喜して勢いづくことは、どなたも体験されていることでしょう。「人を憎まず、邪教を憎みて」・・・人を救うべく対話に励みたいと思います。


 「其の国の仏法は貴辺にまか(任)せたてまつり候ぞ、仏種は縁に従って起る是の故に一乗を説くなるべし」
(御書1467p)

 有名な「高橋殿御返事」の一節です。これほど勇気づけられる御文はありません。その地域の仏法はあなたに任せますと、大聖人様は言われています。「え?私? 何かの間違いではございませんか?ほかにも信者さんが大勢おられますし・・・」などと言ってはいけません。(笑)

 「私に任せられたのだ」「その使命をもってこの世に出現したのだ」「がってん!」と、そう呼応したいものです。姿かたちは凡夫でも、内証は仏との確信を奮い起こし、広宣流布に生きていく・・そう決意すれば、大宇宙の軌道に載って、目先の不幸など小さくなるものです。

 さて、連休は鋭気を養い、栄光の5.3から7月、後半の折伏戦へと、弾みをつけていきたいものです。どうか皆様も有意義な連休をお過ごしください。

 


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/293-66b38856
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top