FC2ブログ
2019
05.25

「喜捨」の信心

Category: 未分類


 我が家では先日、コシヒカリの田植えが終わり、植えたばかりの小さな苗が水田で五月の風にそよいでいます。これから九月末の収穫期まで4か月余りで米となります。小さな兼業農家ですが、私もちなみに農漁光部員でもあります。

 土を耕し、苗を植え、毎日、成長を見守り、やがて収穫する・・・そういう自然のサイクルにあった仕事は、体はつらいですが、充実を感じますし、そこから多くのことを学ぶことができます。育てるということは何であれ、楽しく生きがいを感じるものです。


IMG_7386q.jpg


 ちょうど今、わが支部にも、元気な男子部員がいます。この青年を確信ある大人材に育てたいというのが私の願いです。そのことを祈り、ともに行動もしています。青年の成長こそ私の喜びであり、「青年を育てる」という池田先生の心にも適ったことと思います。

 仏法には「喜捨」ということがあります。命を捨てるという意味では「不惜身命」「死身弘法」などの言葉もあります。御書では盛んにこの信心に身命を捨てることが成仏の要諦であると説かれています。そしてその通りの実践をされたのが、創価三代の会長です。命をこの仏法に捨てるというのは、そう簡単にできることではありませんが、半偈のために身を投げた雪山童子の説話にも、いつもそこに信心の真髄があることを教えられ、私は感動します。

 「喜捨」については、「新・人間革命」第四巻凱旋の章で、祇園精舎を供養した須達長者の故事を通して、詳しく述べられています。(その部分を末尾に載せてますので、よければお読みください。)

 日蓮大聖人は「蔵の財」「身の財」「心の財」と人に三つの財のあることを教えてくださっています。その中でも「心の財第一なり」と仰せです。また「凡夫は志ざしと申す文字を心へて仏になり候なり」(1596ページ)との教えもあります。「心」「志」で仏になるかどうかが決まります。仏法のためにこの命を使おうという心ほど尊い心はないはずです。その「心」「志」を仏様がどれほど喜んでくださるか・・・必ず功徳となって、その人の生命を荘厳することは間違いありません。

 厳しい宿命と戦いゆく中を「喜捨」の心で活動することは大変です。しかし大変であればあるほど真剣にやれます。また深く悩んだ分、それを乗り越えた時の喜び、菩提は大きいものです。蔵の財、身の財は少なくても、どなたも命は一つあります。私も苦しい時ほど開き直ってというか、もう破れかぶれで(笑)、「この命はいつでも学会に投げ出します」と宣言してやってきました。三毒熾盛(しじょう)のこの命を学会活動に投じて、「常楽我浄」の仏の身に変えてもらうのですから、しぶしぶやるようでは本当に申し訳ない話です。

 五月の陽光に照らされて、田んぼの稲も宇宙のリズムと合致して、これからすくすく伸びていきます。今日、明日には成長はわからずとも、必ず秋には稲となり米となります。私たちの「心の田」にもすでに妙法の種が芽吹いています。植物に太陽と水が必要なように、仏の生命を育むには信力行力が必要です。根を枯らそうとする魔性とのし烈な戦いもあります。強く清らかな信心で生命の奥深く丈夫な根を張り巡らせ、今世に人間王者の凱歌を勝ち取りたいものです。

 「喜んで信心しています!」「学会活動は最高です!」・・・池田先生が目の前におられたら、そう笑顔で報告できるようにありたいものです。「あの人はいつも喜々としているね」「顔や姿が生き生きしているよ」と、周りからもそう言われるように、私も力強く周囲に波動を起こしていきたいと思います。



『新・人間革命第四巻』(凱旋の章)より

 昔、インドに、須達多と妻が住んでいた。
 彼らの生活はいたって貧しかった。しかし、二人には深い信仰心があった。
 ある時、須達多は、わずかな米を手に入れることができた。妻は、夫が家に帰ってきたら、ともに食べようと、その米を炊いた。
 すると、そこに仏弟子の一人である阿那律(アヌルッダ)が、托鉢にやって来た。妻は阿那律を見ると、礼拝し、彼の鉢に、炊き上がった飯を盛って渡した。
 さらに、須達多の家に、釈尊の高弟である須菩提(スブーティ)、摩訶迦葉(マハーカッサパ)、目連(モッガラーナ)、舎利弗(サーリプッタ)などが、次々と托鉢にやって来た。
 妻は、そのたびに飯を盛って渡していった。
 最後にやって来たのは、釈尊自身であった。釈尊が食を求めると、妻は喜んで、残っていた飯をすべて供養した。喜捨である。仏を求め、敬う彼女の信心の発露であった。
 もし、須達多が家にいれば、当然、彼女は夫に相談していたし、夫も喜んで供養していたにちがいない。
 しかし、夫が不在であっただけに、彼女には一抹の不安があった。
 しばらくして、須達多が家に帰って来た。彼は、たいそう腹を空かしていた。
「腹が減った。さあ、食事にしてくれないか」
 妻は、じっと夫の顔を見つめて、尋ねた。
「もしも、釈尊の弟子である阿那律様が托鉢に来られたとしたら、あなたなら、供養をなさいますか」
「もちろん、食べ物があれば供養する。たとえ、自分は食べなくとも……」
 須達多(スダッタ)の妻は、重ねて夫に尋ねた。
「それでは、須菩提様や、摩訶迦葉様や、それに釈尊ご自身が来られて、食をお求めになられたら、どうなさいますか」
 須達多は答えた。
「言うまでもないことだ。当然、食べ物があれば、供養させていただくに決まっているではないか」
 妻は笑みを浮かべた。
「実は、今日、釈尊のお弟子の方々、そして、釈尊が次々とお出でになったのです。私は嬉しくなって、あなたが苦労して手に入れた食べ物を、すべて供養してしまいました。
 でも、あなたが、なんと言われるか心配でした。しかし、今、自分は食べなくても、供養すると聞いたので、安心いたしました」
 須達多も、微笑を浮かべて言った。
「そうか。本当によいことをしてくれた。これで、私たちの罪業も消すことができ、きっと幸福になるに違いない」
 この供養の功徳によって、須達多は、大長者となったという。
 妻の一途な決心と、それを喜ぶ夫―純真な信仰から生まれた、この喜捨の心こそ、まことの供養であり、そこに偉大なる福徳の源泉がある。
 さて、大長者となった須達多の、祇園精舎の寄進はあまりにも有名だが、仏典には、次のような話が残されている。
 須達多は、釈尊のために、立派な精舎の建立を決意する。
 彼は場所の選定にあたって、都の舎衛城(サーヴァッティー)から遠すぎず、また、近すぎもせず、行き来に便利な、静かな場所にしようと決めた。
 思案を重ね、彼が選んだのは、祇陀(ジェータ)太子の園林であった。
 須達多は祇陀太子に会って、ぜひ、その土地を譲り受け、精舎を建てたいと申し出た。しかし、太子はその申し出を拒んだ。
「あの園林は、私が最も気に入っている場所だ。たとえ、あの土地に黄金を敷きつめても、譲ることはできない」
 だが、須達多はあきらめなかった。二人は押し問答となり、話は裁判を担当する大臣のもとに持ち込まれた。そこで、両者の言い分を聞いて、結論が下されることになった。
 大臣は、須達多が黄金を敷きつめた分だけ、太子は土地を譲ってやるべきだとの結論を出した。
 須達多は、急いで家に帰ると、車に黄金を積んでやって来た。そして、厳かに園林に敷きつめていった。
 だが、車一台の黄金で得られる土地は、ほんの少しでしかない。
 彼は家にある黄金を、すべて運ぼうとしていた。
 祇陀太子は、その真剣な様子に驚き、考えた。
"なぜ、須達多は、これほどの黄金を投げ出そうとするのか。釈尊とは、それほど偉大な方なのか。仏陀の出現というのは、真実であったのか″
 太子は、黄金を敷きつめている須達多に言った。
「もうよい。黄金を並べる必要はない。この園林はあなたに譲ろう」
 須達多の真剣さと、揺るがざる信念に、太子は心を動かされたのであった。
 更に、太子は、園林を須達多に譲るだけでなく、自らもそこに荘厳な門をつくり、寄進することを申し出た。須達多の喜捨の姿に、共感したのである。
 こうして出来上がった精舎が、「祗樹給孤独園精舎」である。
 須達多は、よく身寄りのない人びとに食を給したことから、給孤独長者と呼ばれていた。その彼が、祇陀太子の樹林に建てた精舎であることから、こう呼ばれたもので、略して祗園精舎と言われるようになったのである。
 やがて、須達多から、完成した祗園精舎の寄進の申し出を受けた釈尊は、威儀を正して言った。
「この精舎は、私のためだけではなく、広く僧団に供養し、修行僧が皆で使えるものにしてほしい」
 かくして、祇園精舎は、修行者全員のためのものとなった。
 この考え方が、その後の寺院に受け継がれ、現代における学会の会館へとつながっていくのである。
 祗園精舎の寄進は、須達多のさらに大きな功徳、福運となっていったことは間違いない。
 喜捨の心は、境涯を高め、無量の功徳をもたらし、それがまた、信心の確信を深める。そこに、幸福の軌道を確立する、仏法の方程式がある。
トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/296-8b84d2bf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top