FC2ブログ
2019
07.25

法戦を終えて

Category: 徒然の記


 多くの同志の皆様、法戦大勝利おめでとうございます。兵庫は苦しい選挙戦でしたが、激戦に勝利することができました。地元をはじめとする全国同志の団結の勝利だと思います。「兵庫を勝たそう!」という支援を全国各地から頂きました。その意味で兵庫の勝利は創価同志全員の勝利だと思います。

 また今日よりは気持ちを切り替え、勝って奢らず・・・兜の緒を締めて、次なる峰に向かって歩を進めたいと思います。



IMG_7476q.jpg



 選挙当日、私も諸天の加護を感じながら走っておりました。早朝から「Tさん入れたよ!」「投票、行ってきたよ」と外の方からいつになく連絡をいただいたり、また普段は話がうまく通じない障碍者の方が、喜んで選挙に行くと言ってくださったり・・・すべてがスムーズにうまくいきますので、「今日は勝てるぞ」との確信を持って回っていました。婦人部の方とも連携を取り、皆さん連れ出しによく動いていただきました。結果、全体の投票率が下がる中、前回よりもわが町は得票数を伸ばし、候補も当落線上から2位当選・・・県内では歓喜が爆発しました。

  一人一人、自身の宿命転換を賭けての戦いです。広宣流布のために、健気に戦った人には必ず功徳があります。私も動くほどに、生命に勢いが出て、これまで会えなかった人ともたくさん対話できました。そして大きな功徳をいただきました。戦い終えて、今、私が一番感じることは先生と共に、先生の下で戦うことほど誇らしくまた楽しいことはないということです。終わったばかりですが、早く次の戦いがやりたい・・・と、そんな前のめりの心境でもあります。

 翌日、聖教新聞を配達しながら、「池田先生、兵庫は勝ちました。」と心の中で叫んでいました。これからは、行くところ行くところ連戦連勝でいくのだ!との思いが湧いてきます。途中、出会った外の婦人も(前回の記事で四国の婦人達を案内した地元の方です。)「良かったねえ。私も心配で、あれから2回も友人のところに頼みにいったのよ」と言われたので、「あなたはもう学会員以上ですよ。これを機会に入会しましょう!」と言いますと「いや、それはまだあかんねん!」(笑)・・・しかしその顔は学会の勝利を我が事のように喜んでくださっていました。

 学会の題目の力はいざという時に諸天を動かすことができる・・・兵庫中の題目で諸天が大いに動いた法戦でした。時には魔民さえも仏の応援に回ります。K市では立憲の党員である市長が、公明市議の日ごろの市政への貢献に感動し、「今回はTさんを応援します」といって、公明支援に大きく動いてくださったとの話も聞きました。

 仏の生命とは、三世永遠に師匠とともに戦いゆく生命です。今世だけではない・・・来世も、次も、またその次も、永遠に師匠と共に広宣流布に戦うことを決意した生命です。その心で自身の生命を固めることができれば、死も恐れなく来世に旅立てる。また明るい未来を三世に開いていくことができる・・・そういう安心と確信の生命へと変革していくのですからすごいことです。信心に反対する人は、その徳をもらうことができない・・・これは同じ人に生まれ、大きな損だろうと思います。

 ともあれ冥の照覧は絶対です。人の眼につかなくとも、足で歩き、口で語り、広布に貢献した人の功徳は絶大であります。私が言わずとも、戦った人はみんな功徳を受けられることでしょう。

 さあ、白馬がパッパッと駆けゆくように、大宇宙に信強き題目の音声を轟かせ、いよいよの思いで後半戦のスタートを切っていきたいと思います。

 

 
トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/304-d3e50d7a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top