FC2ブログ
2019
08.19

悩みに負けない生命力

Category: 信心
 

 台風も日本列島を通過していきましたが、皆さんのところは大丈夫だったでしょうか?こちらは台風の暴風域でしたが田んぼの稲が少し倒伏したぐらいで、大きな被害はありませんでした。それにしても暑さが尋常でありません。私も日中はなるべく外に出ないで、自宅で題目をあげたり本を読んだり、高校野球も見たりしながら、お盆はゆっくりと過ごしておりました。



13_R.jpg



 我が家ではここ数年、家内が病との戦いを強いられたもので試練が続いていましたが、ようやく一山超えたように思います。この夏も検査で引っかかっていたこともあり、娘も一緒に無事を祈り勤行唱題を真剣にいたしました。個々の信心を励まし家族の絆を強めるという意味で、病こそ「人間革命」の機縁となります。御聖訓に「このやまひは仏の御はからひか・そのゆへは浄名経・涅槃経には病ある人仏になるべきよしとかれて候、病によりて道心はをこり候なり」(妙心尼御前御返事1480p)とあります。家内もまた病によって信心に目覚めていった一人です。

 精密検査の結果が出るまでは、家内はとても不安な心境だったのですが、検査結果では何ら異常もなく、みんなで手を取り合って喜びあいました。「お父さんに比べたら、私はまだまだ自分を信じられてないわ」と家内が言いますので、「それがわかっただけでもすごいやん」と私は言いました。

 今の私は、「いつでも仏の力を出せるのだ」「題目があれば鬼に金棒なのだ」・・・そういう心境で生きています。何もないことが幸福なのではなく、何があっても負けない強い心こそが幸福です。それが本当の安穏であり自信です。そう確信できれば「煩悩即菩提」へといつでも開くことができます。結局はわが生命を御本尊と信じきって唱題行に励むほかありません。

 いまだその確信が家内にはないのかもしれませんが、その間は私が杖柱となって支えていくしかありません。「今日も励まし明日も励まし」・・・そうやってお互いの信頼も強まれば、おのずと和楽の家庭も築けるのではないかと思います。一緒になったころは喧嘩もよくありましたので、病を通じて夫婦の人間関係も深まっていったように思います。

 何かあるごとに、信心が強くなっていく・・・その姿があればその人は、「一生成仏」への軌道を正しく進んでいるといえるのではないでしょうか?

 8月4日付の聖教新聞一面、<四季の励まし>で池田先生は次のように綴られています。

 信心したからといって、悩みの「汚泥」が
 なくなるわけではない。
 「悩みに負けない生命力」が出るということだ。

 むしろ、悩みをいっぱいもっていくことだ。
 それらの悩みに どれだけ挑戦できるかを
 楽しみにできるような 境涯になることである。

 大いなる境涯の人は幸福である。
 広々とした心で、毎日を生きぬいていける。
 強き境涯の人は幸せである。
 苦しみにも負けることなく、
 悠々と一生を楽しんでいける。

 

 そして希望をもって自己の課題に挑戦していくことの大切さ、またその源こそが信仰であると指導されています。私もその通りに生きていきたいと思います。「むしろ、悩みをいっぱいもっていくことだ。」・・・この一行に信心の醍醐味が感じられ、何とも頼もしい心を感じます。

 かくいう私の眼前にも不可能と思えるような壁が横たわっています。しかし、必ず超えて見せるとの強い信念と不屈の闘志を燃え上がらせていきたいと思います。不幸の壁にマシンガンを撃ち続けるが如く、力強き唱題行に専念するのみです。「私には題目がある、今こそ題目ですべての壁を打ち砕くのだ」との思いで挑戦です。

 組織にあってはいよいよ今週から唱題会を中心に後半戦の活動が始まります。誰よりも題目に挑戦する「唱題行の王者」、「地域の黄金柱」となって、先陣を切って戦っていきたいと思います。



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/307-3e65d3e5
トラックバック
コメント
兵○様

コメントをありがとうございます。
どこまでも確信をもって歓喜で前進しましょう!

暑さもあとしばらくですね。
体調を整えてともどもに後半戦に臨みたいと思います。


王者の剣dot 2019.08.26 17:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top