FC2ブログ
2019
09.27

凡夫は勇気で仏となる

Category: 信心

 こちらでは11.18の創立記念日、また世界聖教会館の竣工を祝って、11月実配の聖教新聞の啓蒙に挑戦しています。新聞を自ら読み、記事に感動し、人に啓蒙していく。これは立派な折伏になると思います。そして推進した相手の方の幸せを祈り、仏法対話へとつなげていく・・・そうやって相手が信じても信じなくても種を蒔き続ける人こそ、如来の使いの人に違いありません。

 「闘争心のないものには福運はつかない」とは戸田先生のお言葉です。闘争心があるかないか・・・ここが勝負の分かれ目です。「凡夫の慈悲は勇気だ」とも言われています。「勇気と闘争心」、これがあれば人間革命は必ずできるはずです。いつまでたっても変わらないというのは、勇気と闘争心をもって戦わないからだと言えないでしょうか?

 私もこの一月で27人の方に新聞を啓蒙することができました。これは地区の世帯数と同じ数です。ほとんどの方が初めてで、一か月だけの購読なのですが、それでも私なりに挑戦した結果です。お願いしたうちの半分は断られましたが、組織で「打率5割です」と言いましたら、「それはすごい」と逆に皆さんに驚かれました。



IMG_8192q.jpg




 とはいえ、兄弟や身内ならまだしも、人にお願いするためには、まず自分の心に勝たねばなりません。小さな戦いかもしれませんが、この日々の小さな心の勝利を積み上げて、大きな宿命の壁がやがて崩れていく・・・それが人間革命の戦いだと言えます。「あの人は多分読まないだろう」「あの人は学会が嫌いだからなあ」・・・そんなネガティブな思いが命に湧いて、気が付くと「そうだ、やっぱり無理だから今はやめとこう」(笑)と弱い心にはあっけなく追従するものです。その心を打ち負かしてぶつかっていくのですから、まさに勇気、勇気を出さずして宿命転換がどうしてできるでしょうか。

  私の地区で未活で新聞もとっていないある壮年の方がおられ、その人を訪問した時のことです。当初はこの人はひいてもらえないだろうと思い、行くのを躊躇していましたが、「いや、この人も仏の生命、とにかく真心と誠意で一度ぶつかってみよう」と思い訪ねました。先入観で無理だと決めつけたその心が間違っていたと思ったのです。すると意外にも訪問したことをとても喜んでくださり、快く新聞をひいてくださったのです。そして座談会にもお誘いすることができました。

 こちらが仏の生命を湧きたたせ、相手の仏性を信じて行動するなら、無理が無理でなくなる、何か不思議なことが起こるものです。結局は一念を強くもって、誠実に行動すればいいのです。そのことも多くの方にお願する中で学びました。「凡夫は勇気をもって仏になる」・・・これが末法の仏道修行だと思います。

 私も聖教新聞をつい読まない時もありますが、時間を見つけてたとえ一つでも記事を読みますと、やはり滋養のあるものを食したような気持になるものです。教学であったり、体験であったり、「名字の言」も毎日素晴らしい。それらは幸福になるための智慧の宝庫です。聖教啓蒙を継続していく秘訣は、まず自分がよく読むということに尽きるのかもしれません。自分が読まないものを人に勧めることほどおかしな話はありませんからね。

 池田先生は「仏は文字をもって衆生を度し給うなり」(御書153p)との御文をひかれ、仏は文字の力で広宣流布していく、それが聖教新聞だと言われています。「正義を師子吼する文字」、「相手を慈しみ励ます文字」、「人と友好を結び平和を創造する文字」・・・それらはすべて平和と幸福を創造しゆく仏の文字であり言葉です。紙面を開けばいたるところにそれらの文字が躍っている、それが聖教新聞です。

 「世界中の人に読ませたい」との戸田先生の言葉を胸に、私も「読者」としてまた「無冠の友」として、聖教啓蒙から人間革命の突破口を切り開いていきたいと思います。


トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/310-bca8b195
トラックバック
コメント

TKさんへ

コメントをありがとうございます。ブログを辞めようと思ったこともありましたが、あなたのような方に逆に励まされて続けています。少しでも励ましになったならうれしく思います。信心以外に本当の幸福はありません。それぞれが不信と戦って、絶対の信を確立し勝利していきたいですね。ご活躍をお祈り申し上げます。
王者の剣dot 2019.10.04 14:00 | 編集
非公開Hさんへ

暖かな励ましのお言葉ありがとうございます。
また拙いブログをいつもお読みくださりありがとうございます。
ブログは池田先生の元、人間革命に挑戦している一人の人間として
同志の皆さんに何らかの励ましになればと思い綴っています。
未熟者ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

何より私自身が地域で一人立ち、戦いの先陣を切っていくことが大事だと思います。
それなくしては人を励ますこともできないものと考えます。

季節の変わり目ですのでどうかお体ご自愛ください。
Hさんのこれからのご活躍、御多幸と益々の信心をお祈り申し上げます。
共々に人生勝利に向かって前進してまいりましょう!

王者の剣dot 2019.10.07 00:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top