FC2ブログ
2019
10.07

自力の信心

Category: 未分類
 
 
 信心は自分に起こるすべての苦難に対し、自分自身が変革することで勝利していくことを教えています。世間では苦難を避けたり、まわりのせいにする考えも多いと思いますが、信心の世界はどこまでも自分自身に原因を求め、自分を変えることで環境世界を変えていくという、信仰者に自己変革の主体性を持たせる哲学だと言えます。

 その意味でどこまでも信心で自分を強くしていく・・・周りに甘えず自力で人生を切り開いていく・・・そんな人間を目指すものです。信心したての頃は「御本尊様に何とかしてほしい」という、どこか他力本願的な祈りであったりもしますが、信心に確信を持つことができれば、自分で一人立ち、自分の力で戦うのだというその一念で御本尊に向かっていくのではないでしょうか。「どんなことも自分で解決するのだ」・・・その心こそ人を頼らない丈夫の心だと思います。

 本来、御本尊というのは自分の生命のことなのですから当然と言えば当然です。しかし、自分の信心を振り返っても、どこかそういう他力本願的な甘ったれた考えがあったように思います。そんな時は「信心していれば何とかなるだろう」という、一種、逃避に似た無責任な考えに陥りやすいものです。ところが今は、「自分の信心でつかみ取るのだ、必ずこうして解決して見せるのだ」という、強い決意と確信で戦えるようになりました。


IMG_8298i.jpg



 少し話は変わりますが、聖教新聞には病気のお子さんを持つ人の体験が良く出てきます。そこでは多くの方が「この子に信心を教えられました」ということを語られています。そうなるまでには愚癡も出たり、また暗い心で悩まれたりもされたことでしょう。誰しも「どうして自分だけがこんな目にあうのだ」といった、まるで自分のせいではないような心が出るものです。それを自分が作った宿命だと真正面から捉え、御本尊に懺悔し、この信心で絶対に乗り越えていこうと決意した時、きっと何か変化が起こっていくのではないでしょうか?

 自分の周りの環境というのは、自身の生命が鏡に映しだされたものだと説かれます。自分の生命が歓喜と感謝の生命へと変革していけば、自分を取り巻く環境も歓喜と感謝の世界へと転じていきます。同じ環境であっても、穢土なのか、寂光土なのか、それは自分の生命の境涯で決まります。

 子供が病で苦しい・・・そのことでこの世は穢土だと思っていたのが、信心によって子供に感謝し歓喜の世界へと転じていった。それによって穢土が寂光土へと変わる。自分が変わることで宿命転換を果たしていくなら、「人間革命」」とはつくづく素晴らしい言葉だと思います。そして宿命転換のキーワード・・・それは「感謝」ということではないでしょうか。自分に与えられた苦難に感謝するとき、人間革命の光はいや増して輝いていくことでしょう。

 池田先生は「幸せだから感謝する」以上に「感謝するから幸せになる」と教えてくださっています。無慈悲で恩知らずな自分がどうすれば感謝の世界に入れるか・・・「南無妙法蓮華経」を唱え、学会活動に励み、生命を仏界に染めあげていくしかない、そうやって仏となれば歓喜と感謝に満ちた世界へと移り住める。それを信じていきたいものです。

 臨終の時まで信心を貫き通し、「一生成仏」を果たすなら、三世永遠に仏として生きていくと言われます。三世の幸福を思えば、今世の数十年の苦労など一睡の夢のようなものです。ゆめゆめ退転なきように、人を頼らない自力の信心で一人立ち、これからも精進していきたいものだと思います。




トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/311-2d6a0c9d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top