FC2ブログ
2019
12.27

この一年に感謝を込めて・・・

Category: 徒然の記

IMG_8408a.jpg



 2019年もいよいよ押し詰まり、皆さまも慌ただしく年末をお過ごしのことと思います。今年も『広布の大河に君ありて』を訪問していただきありがとうございました.。多くの方に訪問していただき、そのことに励まされつつこの一年続けることができました。

 もし私が地道に学会活動をしていなければ、また池田先生との師弟を根幹に信心していなければ、おそらくブログはやっていなかったと思います。なぜなら、「師弟」のない信心をする人が信心の話を書いても、あまり世の中にいい影響を与えないというのが私の考えです。

 実は私も昔は組織が苦手で、活動には渋々という時期もありました。今、男子部時代から学会でやっていた人たちが、県長や圏長などの組織の中核におられます。その方々は男子部時代の信心が、壮年になって信頼や福運に結実しているように思います。ところが私は若いころにさぼっていた分、あとあと苦労をしました。最近になって錆び付いた命にやっと信心の油が回ってきたのか、遅まきながら60代になって生命に活気が増してきました。稲で言えば私は相当な奥手です。

 こんな私が学会から離れずにやってこれたのは、ある意味不思議なことです。過去の宿縁か、はたまた仏様の憐みか・・・周りの友人の多くが法華講に行った中、私は学会に踏みとどまり、異体同心の組織に身を投じたことで三世の苦海に沈まずにすみました。それどころか太陽の光が降り注ぐ幸福の大道を歩かせていただけるのですからありがたいことです。



DSC00351a.jpg



 この一年、私の心に常にあったのは「師弟」ということでした。入会して何年も池田先生が雲の上のような人としか思えませんでしたが、ある時、学会に池田先生にすべてを賭けてやろうと決意した時から、少しづつ生命に変革が起きました。それは自分の我を折って創価学会という大きなギアに合わせて生きていこうと決意したのであり、その時から私も人間革命の軌道に載ったものと思います。

 その決意から始まった信心が、今年は一つ結実した感があります。信心が深まるということは「師弟」「師弟不二」という世界により深く入っていくことだと思います。このことを知るのに私は30年もかかっているのですから、度し難い衆生です。池田先生は戸田先生とお会いになって即座に「師弟」を悟られ、ほどなく「師弟不二」の生命を覚知されたのでしょうから、本当にすごい人であります。妙法の根幹をなすのはまさしく「師弟不二」であり、そこからつつがなく仏の智慧も流れ通い、今日の世界広宣流布の基盤を完成されました。

 信心をしていきますと、玉ねぎの皮を剥くように、だんだんと本当の自分の核が現れていきます。カメラに例えれば、ぼやけていた光景がピントリングを回すにつれ、すっきり見えてくるようなものです。長年、暗い谷底に落とされ、仏という鉱脈を求め泣き泣きさまよっていたのが、「これだ!」というものに行き当たったのでしょうか。そこへ行くまでが大変でしたが、お金には代えられない「宿命転換」ができたと喜んでいます。

  「宿命転換」にも様々あるでしょうけど、私が感じる宿命転換はすべての不幸を転じて幸福になるというものです。何をやっても不幸に向かう生命が、何があっても幸福に向かっていく生命になる・・・それはまた自分のために生きる「自利」の生命から人のために生きる「利他」の生命への変革だともいえると思います。ともあれどんな時も御本尊を信じ、「すべてに意味がある」と言い聞かせ、一歩も引かずに前進し続けたことがよかったに違いありません。

 私もようやく仏様の家の門のあたりにたどり着いたのでしょうか?門がわかったら後は門をくぐり、仏様の大邸宅に入っていこうと思います。仏の家に住むようになれば私も仏の家の人であり仏です。その代わりしっかりと使命を果たさなければなりません。たっぷり水を含んだ綿のように、煮えっぷり、燃えっぷりの悪い私ですが、仏となれば命も乾き、燃え上がる時を迎えるだろうと確信します。

 信心は確信をもってやればいくらでも進んでいける世界です。「お金や名誉はないけれど確信だけは日本一!」どんな時もその心意気でやろうではありませんか!

 どうか皆様も良いお年をお迎えください。学会創立90周年、去りゆく年に感謝を捧げつつ、私も新たな決意で新たな年を迎えてまいります。

 訪問されます方々のご健康、ご多幸を祈りつつ、また明年お会いしましょう!





トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/318-61d142b2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top